DebuggerStepperBoundaryAttribute クラス

定義

属性の後に続くコードがステップ モードではなく実行モードで実行されることを示します。

public ref class DebuggerStepperBoundaryAttribute sealed : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method, Inherited=false)]
public sealed class DebuggerStepperBoundaryAttribute : Attribute
public sealed class DebuggerStepperBoundaryAttribute : Attribute
[System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method, Inherited=false)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
[System.Serializable]
public sealed class DebuggerStepperBoundaryAttribute : Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method, Inherited=false)>]
type DebuggerStepperBoundaryAttribute = class
    inherit Attribute
type DebuggerStepperBoundaryAttribute = class
    inherit Attribute
[<System.AttributeUsage(System.AttributeTargets.Constructor | System.AttributeTargets.Method, Inherited=false)>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
[<System.Serializable>]
type DebuggerStepperBoundaryAttribute = class
    inherit Attribute
Public NotInheritable Class DebuggerStepperBoundaryAttribute
Inherits Attribute
継承
DebuggerStepperBoundaryAttribute
属性

注釈

この DebuggerStepperBoundaryAttribute 属性は、 DebuggerNonUserCodeAttribute. デザイナーが指定したコードの DebuggerNonUserCodeAttribute境界内で実行すると、次のユーザーが指定したコードが検出されるまで、ステップ スルーとして実行されます。 コンテキスト スイッチがスレッドで行われると、次にステップインされたユーザー指定のコード モジュールが、デバッグ中のコードに関連していない可能性があります。 このデバッグ エクスペリエンスを回避するには、コードのステップ実行からコードの DebuggerStepperBoundaryAttribute 実行までのエスケープに使用します。 たとえば、Visual Studio 2005 では、F10 キー (または ステップ オーバー コマンド) を使用してコードをステップ実行しているときに発生DebuggerStepperBoundaryAttributeした場合、F5 キーを押すか 、[デバッグの開始] コマンドを使用する場合と同じ効果があります。

コンストラクター

DebuggerStepperBoundaryAttribute()

DebuggerStepperBoundaryAttribute クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

TypeId

派生クラスで実装されると、この Attribute の一意の識別子を取得します。

(継承元 Attribute)

メソッド

Equals(Object)

このインスタンスが、指定されたオブジェクトと等価であるかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

(継承元 Attribute)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
IsDefaultAttribute()

派生クラスでオーバーライドされるとき、このインスタンスの値が派生クラスの既定値であるかどうかを示します。

(継承元 Attribute)
Match(Object)

派生クラス内でオーバーライドされたときに、指定したオブジェクトとこのインスタンスが等しいかどうかを示す値を返します。

(継承元 Attribute)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

明示的なインターフェイスの実装

_Attribute.GetIDsOfNames(Guid, IntPtr, UInt32, UInt32, IntPtr)

一連の名前を対応する一連のディスパッチ識別子に割り当てます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfo(UInt32, UInt32, IntPtr)

オブジェクトの型情報を取得します。この情報はインターフェイスの型情報の取得に使用できます。

(継承元 Attribute)
_Attribute.GetTypeInfoCount(UInt32)

オブジェクトが提供する型情報インターフェイスの数 (0 または 1) を取得します。

(継承元 Attribute)
_Attribute.Invoke(UInt32, Guid, UInt32, Int16, IntPtr, IntPtr, IntPtr, IntPtr)

オブジェクトによって公開されたプロパティおよびメソッドへのアクセスを提供します。

(継承元 Attribute)

適用対象