Bitmap クラス

定義

GDI+ ビットマップをカプセル化します。このビットマップは、グラフィックス イメージのピクセル データとその属性で構成されます。 Bitmap は、ピクセル データで定義したイメージを処理する場合に使用するオブジェクトです。

public ref class Bitmap sealed : System::Drawing::Image
public sealed class Bitmap : System.Drawing.Image
[System.Serializable]
public sealed class Bitmap : System.Drawing.Image
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public sealed class Bitmap : System.Drawing.Image
type Bitmap = class
    inherit Image
[<System.Serializable>]
type Bitmap = class
    inherit Image
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type Bitmap = class
    inherit Image
Public NotInheritable Class Bitmap
Inherits Image
継承
属性

次のコード例では、 メソッドと SetPixel メソッドを使用してGetPixelイメージの色を変更して、ファイルから新しい Bitmap を構築する方法を示します。 また、、Width、および Height の各プロパティも使用しますPixelFormat

この例は、、 という名前Label1PictureBox1Button1の Windows フォームLabelPictureBoxButtonで使用するように設計されています。 コードをフォームに貼り付け、 メソッドを Button1_Click ボタンの Click イベントに関連付けます。

private:
   Bitmap^ image1;
   void Button1_Click( System::Object^ /*sender*/, System::EventArgs^ /*e*/ )
   {
      try
      {
         
         // Retrieve the image.
         image1 = gcnew Bitmap( "C:\\Documents and Settings\\All Users\\"
         "Documents\\My Music\\music.bmp",true );
         int x;
         int y;
         
         // Loop through the images pixels to reset color.
         for ( x = 0; x < image1->Width; x++ )
         {
            for ( y = 0; y < image1->Height; y++ )
            {
               Color pixelColor = image1->GetPixel( x, y );
               Color newColor = Color::FromArgb( pixelColor.R, 0, 0 );
               image1->SetPixel( x, y, newColor );

            }

         }
         
         // Set the PictureBox to display the image.
         PictureBox1->Image = image1;
         
         // Display the pixel format in Label1.
         Label1->Text = String::Format( "Pixel format: {0}", image1->PixelFormat );
      }
      catch ( ArgumentException^ ) 
      {
         MessageBox::Show( "There was an error."
         "Check the path to the image file." );
      }

   }
Bitmap image1;

private void Button1_Click(System.Object sender, System.EventArgs e)
{

    try
    {
        // Retrieve the image.
        image1 = new Bitmap(@"C:\Documents and Settings\All Users\" 
            + @"Documents\My Music\music.bmp", true);

        int x, y;

        // Loop through the images pixels to reset color.
        for(x=0; x<image1.Width; x++)
        {
            for(y=0; y<image1.Height; y++)
            {
                Color pixelColor = image1.GetPixel(x, y);
                Color newColor = Color.FromArgb(pixelColor.R, 0, 0);
                image1.SetPixel(x, y, newColor);
            }
        }

        // Set the PictureBox to display the image.
        PictureBox1.Image = image1;

        // Display the pixel format in Label1.
        Label1.Text = "Pixel format: "+image1.PixelFormat.ToString();
    }
    catch(ArgumentException)
    {
        MessageBox.Show("There was an error." +
            "Check the path to the image file.");
    }
}
Dim image1 As Bitmap

Private Sub Button1_Click(ByVal sender As System.Object, _
    ByVal e As System.EventArgs) Handles Button1.Click

    Try
        ' Retrieve the image.
        image1 = New Bitmap( _
            "C:\Documents and Settings\All Users\Documents\My Music\music.bmp", _
            True)

        Dim x, y As Integer

        ' Loop through the images pixels to reset color.
        For x = 0 To image1.Width - 1
            For y = 0 To image1.Height - 1
                Dim pixelColor As Color = image1.GetPixel(x, y)
                Dim newColor As Color = _
                    Color.FromArgb(pixelColor.R, 0, 0)
                image1.SetPixel(x, y, newColor)
            Next
        Next

        ' Set the PictureBox to display the image.
        PictureBox1.Image = image1

        ' Display the pixel format in Label1.
        Label1.Text = "Pixel format: " + image1.PixelFormat.ToString()

    Catch ex As ArgumentException
        MessageBox.Show("There was an error." _
            & "Check the path to the image file.")
    End Try
End Sub

注釈

ビットマップは、グラフィックス イメージとその属性のピクセル データで構成されます。 ビットマップをファイルに保存するための標準形式は多数あります。 GDI+ では、BMP、GIF、EXIF、JPG、PNG、TIFF のファイル形式がサポートされています。 サポートされている形式の詳細については、「 ビットマップの種類」を参照してください。

いずれかのコンストラクターを使用して、ファイル、ストリーム、およびその他のソースからイメージを Bitmap 作成し、 メソッドを使用してストリームまたはファイル システム Save に保存できます。 イメージは、 オブジェクトの メソッドを使用して、画面またはメモリにDrawImageGraphics描画されます。 イメージ ファイルの操作に関するトピックの一覧については、「 画像、ビットマップ、アイコン、メタファイルの操作」を参照してください。

Note

.NET 6 以降のバージョンでは、この種類を含む System.Drawing.Common パッケージは Windows オペレーティング システムでのみサポートされています。 クロスプラットフォーム アプリでこの型を使用すると、コンパイル時の警告と実行時の例外が発生します。 詳細については、「 Windows でのみサポートされる System.Drawing.Common」を参照してください。

Note

クラスには Bitmap 、アプリケーション ドメイン間でアクセスできません。 たとえば、動的AppDomainを作成し、そのドメインに複数のブラシ、ペン、ビットマップを作成し、これらのオブジェクトをメインアプリケーション ドメインに渡すと、ペンとブラシを正常に使用できます。 ただし、 メソッドを DrawImage 呼び出してマーシャリングされた Bitmapを描画すると、次の例外が発生します。

リモート処理では、"System.Drawing.Image" 型のフィールド "ネイティブ イメージ" が見つかりません。

コンストラクター

Bitmap(Image)

指定した既存のイメージを使用して、Bitmap クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Bitmap(Image, Int32, Int32)

指定したサイズにスケールを設定して、指定した既存のイメージで Bitmap クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Bitmap(Image, Size)

指定したサイズにスケールを設定して、指定した既存のイメージで Bitmap クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Bitmap(Int32, Int32)

指定したサイズを使用して、Bitmap クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Bitmap(Int32, Int32, Graphics)

指定したサイズと指定した Graphics オブジェクトの解像度を使用して、Bitmap クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Bitmap(Int32, Int32, Int32, PixelFormat, IntPtr)

指定したサイズ、ピクセル形式、ピクセル データを使用して、Bitmap クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Bitmap(Int32, Int32, PixelFormat)

指定したサイズと形式を使用して、Bitmap クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Bitmap(Stream)

指定したデータ ストリームで Bitmap クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Bitmap(Stream, Boolean)

指定したデータ ストリームで Bitmap クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Bitmap(String)

指定したファイルで Bitmap クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Bitmap(String, Boolean)

指定したファイルで Bitmap クラスの新しいインスタンスを初期化します。

Bitmap(Type, String)

指定したリソースで Bitmap クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Flags

この Image のピクセル データに対する属性フラグを取得します。

(継承元 Image)
FrameDimensionsList

この Image 内のフレームの大きさを表す GUID の配列を取得します。

(継承元 Image)
Height

この Image の高さ (ピクセル単位) を取得します。

(継承元 Image)
HorizontalResolution

この Image の水平方向の解像度 (1 インチあたりのピクセル数) を取得します。

(継承元 Image)
Palette

この Image に使用するカラー パレットを取得または設定します。

(継承元 Image)
PhysicalDimension

このイメージの幅と高さを取得します。

(継承元 Image)
PixelFormat

この Image のピクセル形式を取得します。

(継承元 Image)
PropertyIdList

この Image に格納されたプロパティ項目の ID を取得します。

(継承元 Image)
PropertyItems

この Image に格納されたすべてのプロパティ項目 (メタデータの一部) を取得します。

(継承元 Image)
RawFormat

この Image のファイル形式を取得します。

(継承元 Image)
Size

このイメージの幅と高さ (ピクセル単位) を取得します。

(継承元 Image)
Tag

イメージに関する追加データを提供するオブジェクトを取得または設定します。

(継承元 Image)
VerticalResolution

この Image の垂直方向の解像度 (1 インチあたりのピクセル数) を取得します。

(継承元 Image)
Width

この Image の幅 (ピクセル単位) を取得します。

(継承元 Image)

メソッド

Clone()

この Image の同一コピーを作成します。

(継承元 Image)
Clone(Rectangle, PixelFormat)

Rectangle 構造体と、指定された PixelFormat 列挙体で定義された、この Bitmap のセクションのコピーを作成します。

Clone(RectangleF, PixelFormat)

指定された PixelFormat 列挙体で定義されたこの Bitmap のセクションのコピーを作成します。

CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

この Image によって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 Image)
Dispose(Boolean)

Image によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

(継承元 Image)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
FromHicon(IntPtr)

アイコンへの Windows ハンドルから Bitmap を作成します。

FromResource(IntPtr, String)

指定した Windows リソースから Bitmap を作成します。

GetBounds(GraphicsUnit)

指定した単位でイメージの境界を取得します。

(継承元 Image)
GetEncoderParameterList(Guid)

指定したイメージ エンコーダーでサポートされるパラメーターについての情報を返します。

(継承元 Image)
GetFrameCount(FrameDimension)

指定したディメンションのフレームの数を返します。

(継承元 Image)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetHbitmap()

この Bitmapから GDI ビットマップ オブジェクトを作成します。

GetHbitmap(Color)

この Bitmapから GDI ビットマップ オブジェクトを作成します。

GetHicon()

アイコンへのハンドルを返します。

GetLifetimeService()
古い.

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
GetPixel(Int32, Int32)

この Bitmap の指定したピクセルの色を取得します。

GetPropertyItem(Int32)

この Image の指定したプロパティ項目を取得します。

(継承元 Image)
GetThumbnailImage(Int32, Int32, Image+GetThumbnailImageAbort, IntPtr)

この Image のサムネイルを返します。

(継承元 Image)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()
古い.

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
LockBits(Rectangle, ImageLockMode, PixelFormat)

Bitmap をシステム メモリにロックします。

LockBits(Rectangle, ImageLockMode, PixelFormat, BitmapData)

Bitmap をシステム メモリにロックします。

MakeTransparent()

既定の透明色をこの Bitmap で透明します。

MakeTransparent(Color)

指定の透明色をこの Bitmap に使用します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
RemovePropertyItem(Int32)

指定したプロパティ項目をこの Image から削除します。

(継承元 Image)
RotateFlip(RotateFlipType)

Image の回転、反転、または回転と反転の両方を行います。

(継承元 Image)
Save(Stream, ImageCodecInfo, EncoderParameters)

指定したエンコーダー パラメーターおよびイメージ エンコーダー パラメーターを使用して、このイメージを指定したストリームに保存します。

(継承元 Image)
Save(Stream, ImageFormat)

このイメージを、指定した形式で指定したストリームに保存します。

(継承元 Image)
Save(String)

この Image を指定したファイルまたはストリームに保存します。

(継承元 Image)
Save(String, ImageCodecInfo, EncoderParameters)

指定したエンコーダー パラメーターとイメージ エンコーダー パラメーターを使用して、指定したファイルにこの Image を保存します。

(継承元 Image)
Save(String, ImageFormat)

この Image を、指定した形式で指定したファイルに保存します。

(継承元 Image)
SaveAdd(EncoderParameters)

前の Save メソッドの呼び出しで指定されたファイルまたはストリームにフレームを追加します。 このメソッドは、多重フレーム イメージから選択したフレームを別の多重フレーム イメージに保存する場合に使用します。

(継承元 Image)
SaveAdd(Image, EncoderParameters)

前の Save メソッドの呼び出しで指定されたファイルまたはストリームにフレームを追加します。

(継承元 Image)
SelectActiveFrame(FrameDimension, Int32)

ディメンションおよびインデックスで指定されたフレームを選択します。

(継承元 Image)
SetPixel(Int32, Int32, Color)

指定したピクセルの色を Bitmap で指定します。

SetPropertyItem(PropertyItem)

この Image に、プロパティ項目 (メタデータの一部) を格納します。

(継承元 Image)
SetResolution(Single, Single)

この Bitmap の解像度を設定します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
UnlockBits(BitmapData)

システム メモリからこの Bitmap のロックを解除します。

明示的なインターフェイスの実装

ISerializable.GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

SerializationInfo に、オブジェクトをシリアル化するために必要なデータを設定します。

(継承元 Image)

適用対象

こちらもご覧ください