DeflateStream.WriteAsync メソッド

定義

オーバーロード

WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)

圧縮されたバイトを、指定された読み取り専用メモリ領域から、基になる Deflate ストリームに非同期で書き込みます。

WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

圧縮されたバイトを、指定されたバイト配列から、基になる Deflate ストリームに非同期で書き込みます。

WriteAsync(ReadOnlyMemory<Byte>, CancellationToken)

圧縮されたバイトを、指定された読み取り専用メモリ領域から、基になる Deflate ストリームに非同期で書き込みます。

public override System.Threading.Tasks.ValueTask WriteAsync (ReadOnlyMemory<byte> buffer, System.Threading.CancellationToken cancellationToken = default);
override this.WriteAsync : ReadOnlyMemory<byte> * System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.ValueTask
Public Overrides Function WriteAsync (buffer As ReadOnlyMemory(Of Byte), Optional cancellationToken As CancellationToken = Nothing) As ValueTask

パラメーター

buffer
ReadOnlyMemory<Byte>

データを書き込む元のメモリの領域。

cancellationToken
CancellationToken

キャンセル要求を監視するためのトークン。 既定値は None です。

戻り値

ValueTask

非同期の書き込み操作を表すタスク。

注釈

この WriteAsync メソッドを使用すると、メイン スレッドをブロックすることなく、リソースを大量に消費する I/O 操作を実行できます。 このパフォーマンスに関する考慮事項は、時間のかかるストリーム操作によって UI スレッドがブロックされ、アプリが動作していないと見なされる可能性がある Windows 8.x Store アプリまたはデスクトップ アプリで特に重要です。 非同期メソッドは、Visual Basic および C# の and async キーワードと await 組み合わせて使用されます。

プロパティを CanWrite 使用して、現在のインスタンスが書き込みをサポートしているかどうかを判断します。

操作が完了する前に取り消された場合、返されるタスクにはプロパティの値がTaskStatus.CanceledTask.Status含まれます。

適用対象

WriteAsync(Byte[], Int32, Int32, CancellationToken)

圧縮されたバイトを、指定されたバイト配列から、基になる Deflate ストリームに非同期で書き込みます。

public:
 override System::Threading::Tasks::Task ^ WriteAsync(cli::array <System::Byte> ^ array, int offset, int count, System::Threading::CancellationToken cancellationToken);
public:
 override System::Threading::Tasks::Task ^ WriteAsync(cli::array <System::Byte> ^ buffer, int offset, int count, System::Threading::CancellationToken cancellationToken);
public override System.Threading.Tasks.Task WriteAsync (byte[] array, int offset, int count, System.Threading.CancellationToken cancellationToken);
public override System.Threading.Tasks.Task WriteAsync (byte[] buffer, int offset, int count, System.Threading.CancellationToken cancellationToken);
override this.WriteAsync : byte[] * int * int * System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task
override this.WriteAsync : byte[] * int * int * System.Threading.CancellationToken -> System.Threading.Tasks.Task
Public Overrides Function WriteAsync (array As Byte(), offset As Integer, count As Integer, cancellationToken As CancellationToken) As Task
Public Overrides Function WriteAsync (buffer As Byte(), offset As Integer, count As Integer, cancellationToken As CancellationToken) As Task

パラメーター

arraybuffer
Byte[]

圧縮するデータを格納しているバッファー。

offset
Int32

Deflate ストリームへのバイトのコピー元となる array 内のゼロベースのバイト オフセット。

count
Int32

書き込む最大バイト数。

cancellationToken
CancellationToken

キャンセル要求を監視するためのトークン。 既定値は None です。

戻り値

Task

非同期の書き込み操作を表すタスク。

注釈

この WriteAsync メソッドを使用すると、メイン スレッドをブロックすることなく、リソースを大量に消費する I/O 操作を実行できます。 このパフォーマンスに関する考慮事項は、時間のかかるストリーム操作によって UI スレッドがブロックされ、アプリが動作していないと見なされる可能性がある Windows 8.x Store アプリまたはデスクトップ アプリで特に重要です。 非同期メソッドは、Visual Basic および C# の and async キーワードと await 組み合わせて使用されます。

プロパティを CanWrite 使用して、現在のインスタンスが書き込みをサポートしているかどうかを判断します。

操作が完了する前に取り消された場合、返されるタスクにはプロパティの値がTaskStatus.CanceledTask.Status含まれます。

適用対象