Directory.EnumerateFileSystemEntries メソッド

定義

指定された条件を満たすファイル システム エントリの列挙可能なコレクションを返します。

オーバーロード

EnumerateFileSystemEntries(String)

指定されたパスに存在するファイル名とディレクトリ名の列挙可能なコレクションを返します。

EnumerateFileSystemEntries(String, String)

指定されたパス内にあり、検索パターンと一致するファイル名とディレクトリ名の列挙可能なコレクションを返します。

EnumerateFileSystemEntries(String, String, EnumerationOptions)

指定したパス内にあり、検索パターンと列挙オプションに一致する、ファイル名とディレクトリ名の列挙可能なコレクションを返します。

EnumerateFileSystemEntries(String, String, SearchOption)

指定されたパスにあるディレクトリのうち、検索パターンに一致するファイル名およびディレクトリ名の列挙可能なコレクションを返します。オプションでサブディレクトリを検索対象にすることができます。

EnumerateFileSystemEntries(String)

指定されたパスに存在するファイル名とディレクトリ名の列挙可能なコレクションを返します。

public:
 static System::Collections::Generic::IEnumerable<System::String ^> ^ EnumerateFileSystemEntries(System::String ^ path);
public static System.Collections.Generic.IEnumerable<string> EnumerateFileSystemEntries (string path);
static member EnumerateFileSystemEntries : string -> seq<string>
Public Shared Function EnumerateFileSystemEntries (path As String) As IEnumerable(Of String)

パラメーター

path
String

検索するディレクトリの相対パスまたは絶対パス。 この文字列の大文字と小文字は区別されません。

戻り値

IEnumerable<String>

path で指定されたディレクトリ内のファイル システム エントリの列挙可能なコレクション。

例外

2.1 より前のバージョンの.NET Frameworkと .NET Core: path は長さ 0 の文字列、空白のみを含む、または無効な文字を含みます。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars() メソッドを使用します。

pathnullです。

たとえば、マップされていないドライブへの参照など、path は無効です。

path はファイル名です。

指定されたパス、ファイル名、または結合は、システム定義の最大長を超えています。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

注釈

相対パス情報は、 パラメーターを使用して path 指定できます。 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリに対する相対パスとして解釈されます。これは、 メソッドを GetCurrentDirectory 使用して決定できます。

メソッドと GetFileSystemEntries メソッドはEnumerateFileSystemEntries次のように異なります。を使用EnumerateFileSystemEntriesすると、コレクション全体が返される前にエントリのコレクションの列挙を開始できます。を使用GetFileSystemEntriesする場合は、エントリの配列全体が返されるのを待ってから、配列にアクセスする必要があります。 そのため、多くのファイルとディレクトリを操作する場合は、 EnumerateFiles の方が効率的です。

返されたコレクションはキャッシュされません。コレクションで を GetEnumerator 呼び出すたびに、新しい列挙が開始されます。

適用対象

EnumerateFileSystemEntries(String, String)

指定されたパス内にあり、検索パターンと一致するファイル名とディレクトリ名の列挙可能なコレクションを返します。

public:
 static System::Collections::Generic::IEnumerable<System::String ^> ^ EnumerateFileSystemEntries(System::String ^ path, System::String ^ searchPattern);
public static System.Collections.Generic.IEnumerable<string> EnumerateFileSystemEntries (string path, string searchPattern);
static member EnumerateFileSystemEntries : string * string -> seq<string>
Public Shared Function EnumerateFileSystemEntries (path As String, searchPattern As String) As IEnumerable(Of String)

パラメーター

path
String

検索するディレクトリの相対パスまたは絶対パス。 この文字列の大文字と小文字は区別されません。

searchPattern
String

path 内のファイル システム エントリの名前と照合する検索文字列。 このパラメーターには有効なリテラルのパスとワイルドカード (* と ?) 文字の組み合わせを含めることができますが、正規表現はサポートされていません。

戻り値

IEnumerable<String>

path で指定されたディレクトリに存在するファイル システム エントリのうち、指定した検索パターンに一致するファイル システム エントリの列挙可能なコレクション。

例外

2.1 より前のバージョンの.NET Frameworkと .NET Core: path は長さ 0 の文字列、空白のみを含む、または無効な文字を含みます。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars() メソッドを使用します。

- または -

searchPattern には有効なパターンが含まれません。

pathnullです。

または

searchPatternnullです。

たとえば、マップされていないドライブへの参照など、path は無効です。

path はファイル名です。

指定されたパス、ファイル名、または結合は、システム定義の最大長を超えています。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

注釈

searchPattern にはリテラル文字とワイルドカード文字の組み合わせを指定できますが、正規表現はサポートされていません。 では、次のワイルドカード指定子を searchPattern使用できます。

ワイルドカード指定子 [一致する]
* (アスタリスク) その位置の 0 個以上の文字。
? (疑問符) その位置に 1 文字だけ入力します。

ワイルドカード以外の文字はリテラル文字です。 たとえば、 searchPattern 文字列 "*t" は文字 "t" で path 終わるすべての名前を検索します。 searchPattern文字列 "s*" は、文字 "s" でpath始まるすべての名前を検索します。

Note

"*.txt" などのアスタリスク ワイルドカード文字を searchPattern 使用すると、指定した拡張子の文字数が次のように検索に影響します。

  • 指定した拡張子が正確に 3 文字の場合、メソッドは指定した拡張子で始まる拡張子を持つファイルを返します。 たとえば、"*.xls" は "book.xls" と "book.xlsx" の両方を返します。
  • それ以外の場合、メソッドは指定した拡張子と完全に一致するファイルを返します。 たとえば、"*.ai" は "file.ai" を返しますが、"file.aif" は返しません。

疑問符ワイルドカード文字を使用すると、このメソッドは指定したファイル拡張子に一致するファイルのみを返します。 たとえば、ディレクトリ内に "file1.txt" と "file1.txtother" という 2 つのファイルがある場合、"file?.txt" の検索パターンは最初のファイルのみを返しますが、"file*.txt" の検索パターンは両方のファイルを返します。

searchPattern は、2 つのピリオド ("..") で終わることはできません。また、2 つのピリオド ("..") の後 DirectorySeparatorChar に または AltDirectorySeparatorCharを指定することも、無効な文字を含めることもできます。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars メソッドを使用します。

相対パス情報は、 パラメーターを使用して path 指定できます。 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリに対する相対パスとして解釈されます。これは、 メソッドを GetCurrentDirectory 使用して決定できます。

メソッドと GetFileSystemEntries メソッドはEnumerateFileSystemEntries次のように異なります。を使用EnumerateFileSystemEntriesすると、コレクション全体が返される前にエントリのコレクションの列挙を開始できます。を使用GetFileSystemEntriesする場合は、エントリの配列全体が返されるのを待ってから、配列にアクセスする必要があります。 そのため、多くのファイルとディレクトリを操作する場合は、 EnumerateFiles の方が効率的です。

返されたコレクションはキャッシュされません。コレクションで を GetEnumerator 呼び出すたびに、新しい列挙が開始されます。

適用対象

EnumerateFileSystemEntries(String, String, EnumerationOptions)

指定したパス内にあり、検索パターンと列挙オプションに一致する、ファイル名とディレクトリ名の列挙可能なコレクションを返します。

public:
 static System::Collections::Generic::IEnumerable<System::String ^> ^ EnumerateFileSystemEntries(System::String ^ path, System::String ^ searchPattern, System::IO::EnumerationOptions ^ enumerationOptions);
public static System.Collections.Generic.IEnumerable<string> EnumerateFileSystemEntries (string path, string searchPattern, System.IO.EnumerationOptions enumerationOptions);
static member EnumerateFileSystemEntries : string * string * System.IO.EnumerationOptions -> seq<string>
Public Shared Function EnumerateFileSystemEntries (path As String, searchPattern As String, enumerationOptions As EnumerationOptions) As IEnumerable(Of String)

パラメーター

path
String

検索するディレクトリの相対パスまたは絶対パス。 この文字列の大文字と小文字は区別されません。

searchPattern
String

path 内のサブディレクトリの名前と照合する検索文字列。 このパラメーターに、有効なリテラルのパスとワイルドカード文字の組み合わせを含めることができますが、正規表現はサポートされていません。

enumerationOptions
EnumerationOptions

使用する検索と列挙の構成を記述するオブジェクト。

戻り値

IEnumerable<String>

path で指定したディレクトリ内にあり、指定した検索パターンおよび指定した列挙オプションと一致する、ファイル システム エントリの列挙可能なコレクション。

例外

2.1 より前のバージョンの.NET Frameworkと .NET Core: path は長さ 0 の文字列、空白のみを含む、または無効な文字を含みます。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars() メソッドを使用します。

- または -

searchPattern には有効なパターンが含まれません。

pathnullです。

または

searchPatternnullです。

searchOption は正しい SearchOption 値ではありません。

たとえば、マップされていないドライブへの参照など、path は無効です。

path はファイル名です。

指定されたパス、ファイル名、または結合は、システム定義の最大長を超えています。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

注釈

searchPattern にはリテラル文字とワイルドカード文字の組み合わせを指定できますが、正規表現はサポートされていません。 では、次のワイルドカード指定子を searchPattern使用できます。

ワイルドカード指定子 [一致する]
* (アスタリスク) その位置の 0 個以上の文字。
? (疑問符) その位置に 1 文字だけ入力します。

ワイルドカード以外の文字はリテラル文字です。 たとえば、 searchPattern 文字列 "*t" は文字 "t" で path 終わるすべての名前を検索します。 searchPattern文字列 "s*" は、文字 "s" でpath始まるすべての名前を検索します。

Note

"*.txt" などのアスタリスク ワイルドカード文字を searchPattern 使用すると、指定した拡張子の文字数が次のように検索に影響します。

  • 指定した拡張子が正確に 3 文字の場合、メソッドは指定した拡張子で始まる拡張子を持つファイルを返します。 たとえば、"*.xls" は "book.xls" と "book.xlsx" の両方を返します。
  • それ以外の場合、メソッドは指定した拡張子と完全に一致するファイルを返します。 たとえば、"*.ai" は "file.ai" を返しますが、"file.aif" は返しません。

疑問符ワイルドカード文字を使用すると、このメソッドは指定したファイル拡張子に一致するファイルのみを返します。 たとえば、ディレクトリ内に "file1.txt" と "file1.txtother" という 2 つのファイルがある場合、"file?.txt" の検索パターンは最初のファイルのみを返しますが、"file*.txt" の検索パターンは両方のファイルを返します。

searchPattern は、2 つのピリオド ("..") で終わることはできません。また、2 つのピリオド ("..") の後 DirectorySeparatorChar に または AltDirectorySeparatorCharを指定することも、無効な文字を含めることもできます。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars メソッドを使用します。

相対パス情報は、 パラメーターを使用して path 指定できます。 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリに対する相対パスとして解釈されます。これは、 メソッドを GetCurrentDirectory 使用して決定できます。

メソッドと GetFileSystemEntries メソッドはEnumerateFileSystemEntries次のように異なります。を使用EnumerateFileSystemEntriesすると、コレクション全体が返される前にエントリのコレクションの列挙を開始できます。を使用GetFileSystemEntriesする場合は、エントリの配列全体が返されるのを待ってから、配列にアクセスする必要があります。 そのため、多くのファイルとディレクトリを操作する場合は、 EnumerateFiles の方が効率的です。

返されたコレクションはキャッシュされません。コレクションで を GetEnumerator 呼び出すたびに、新しい列挙が開始されます。

適用対象

EnumerateFileSystemEntries(String, String, SearchOption)

指定されたパスにあるディレクトリのうち、検索パターンに一致するファイル名およびディレクトリ名の列挙可能なコレクションを返します。オプションでサブディレクトリを検索対象にすることができます。

public:
 static System::Collections::Generic::IEnumerable<System::String ^> ^ EnumerateFileSystemEntries(System::String ^ path, System::String ^ searchPattern, System::IO::SearchOption searchOption);
public static System.Collections.Generic.IEnumerable<string> EnumerateFileSystemEntries (string path, string searchPattern, System.IO.SearchOption searchOption);
static member EnumerateFileSystemEntries : string * string * System.IO.SearchOption -> seq<string>
Public Shared Function EnumerateFileSystemEntries (path As String, searchPattern As String, searchOption As SearchOption) As IEnumerable(Of String)

パラメーター

path
String

検索するディレクトリの相対パスまたは絶対パス。 この文字列の大文字と小文字は区別されません。

searchPattern
String

path 内のファイル システム エントリと対応させる検索文字列。 このパラメーターには有効なリテラルのパスとワイルドカード (* と ?) 文字の組み合わせを含めることができますが、正規表現はサポートされていません。

searchOption
SearchOption

検索操作に現在のディレクトリのみを含めるのか、またはすべてのサブディレクトリを含めるのかを指定する列挙値の 1 つ。 既定値は TopDirectoryOnly です。

戻り値

IEnumerable<String>

path で指定されたディレクトリに存在するファイル システム エントリのうち、指定した検索パターンおよびオプションに一致するファイル システム エントリの列挙可能なコレクション。

例外

2.1 より前のバージョンの.NET Frameworkと .NET Core: path は長さ 0 の文字列、空白のみを含む、または無効な文字を含みます。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars() メソッドを使用します。

- または -

searchPattern には有効なパターンが含まれません。

pathnullです。

または

searchPatternnullです。

searchOption は正しい SearchOption 値ではありません。

たとえば、マップされていないドライブへの参照など、path は無効です。

path はファイル名です。

指定されたパス、ファイル名、または結合は、システム定義の最大長を超えています。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

呼び出し元に、必要なアクセス許可がありません。

注釈

searchPattern にはリテラル文字とワイルドカード文字の組み合わせを指定できますが、正規表現はサポートされていません。 では、次のワイルドカード指定子を searchPattern使用できます。

ワイルドカード指定子 [一致する]
* (アスタリスク) その位置の 0 個以上の文字。
? (疑問符) その位置に 1 文字だけ入力します。

ワイルドカード以外の文字はリテラル文字です。 たとえば、 searchPattern 文字列 "*t" は文字 "t" で path 終わるすべての名前を検索します。 searchPattern文字列 "s*" は、文字 "s" でpath始まるすべての名前を検索します。

Note

"*.txt" などのアスタリスク ワイルドカード文字を searchPattern 使用すると、指定した拡張子の文字数が次のように検索に影響します。

  • 指定した拡張子が正確に 3 文字の場合、メソッドは指定した拡張子で始まる拡張子を持つファイルを返します。 たとえば、"*.xls" は "book.xls" と "book.xlsx" の両方を返します。
  • それ以外の場合、メソッドは指定した拡張子と完全に一致するファイルを返します。 たとえば、"*.ai" は "file.ai" を返しますが、"file.aif" は返しません。

疑問符ワイルドカード文字を使用すると、このメソッドは指定したファイル拡張子に一致するファイルのみを返します。 たとえば、ディレクトリ内に "file1.txt" と "file1.txtother" という 2 つのファイルがある場合、"file?.txt" の検索パターンは最初のファイルのみを返しますが、"file*.txt" の検索パターンは両方のファイルを返します。

searchPattern は、2 つのピリオド ("..") で終わることはできません。また、2 つのピリオド ("..") の後 DirectorySeparatorChar に または AltDirectorySeparatorCharを指定することも、無効な文字を含めることもできます。 正しくない文字を照会するには、GetInvalidPathChars メソッドを使用します。

相対パス情報は、 パラメーターを使用して path 指定できます。 相対パス情報は、現在の作業ディレクトリに対する相対パスとして解釈されます。これは、 メソッドを GetCurrentDirectory 使用して決定できます。

メソッドと GetFileSystemEntries メソッドはEnumerateFileSystemEntries次のように異なります。を使用EnumerateFileSystemEntriesすると、コレクション全体が返される前にエントリのコレクションの列挙を開始できます。を使用GetFileSystemEntriesする場合は、エントリの配列全体が返されるのを待ってから、配列にアクセスする必要があります。 そのため、多くのファイルとディレクトリを操作する場合は、 EnumerateFiles の方が効率的です。

返されたコレクションはキャッシュされません。コレクションで を GetEnumerator 呼び出すたびに、新しい列挙が開始されます。

適用対象