RandomAccess クラス

定義

スレッド セーフな方法でファイルを読み書きするためのオフセット ベースの API を提供します。

public ref class RandomAccess abstract sealed
public static class RandomAccess
type RandomAccess = class
Public Class RandomAccess
継承
RandomAccess

注釈

通常のディスク ファイルのみがサポートされています。 パイプなどの見えないファイルはサポートされていません。

メソッド

GetLength(SafeFileHandle)

ファイルの長さをバイト単位で取得します。

Read(SafeFileHandle, IReadOnlyList<Memory<Byte>>, Int64)

指定されたオフセット位置にある特定のファイルからバイトシーケンスを読み取ります。

Read(SafeFileHandle, Span<Byte>, Int64)

指定されたオフセット位置にある特定のファイルからバイトシーケンスを読み取ります。

ReadAsync(SafeFileHandle, IReadOnlyList<Memory<Byte>>, Int64, CancellationToken)

指定されたオフセット位置にある特定のファイルからバイトシーケンスを読み取ります。

ReadAsync(SafeFileHandle, Memory<Byte>, Int64, CancellationToken)

指定されたオフセット位置にある特定のファイルからバイトシーケンスを読み取ります。

SetLength(SafeFileHandle, Int64)

ファイルの長さを指定した値に設定します。

Write(SafeFileHandle, IReadOnlyList<ReadOnlyMemory<Byte>>, Int64)

指定されたバッファーから特定のオフセットで指定されたファイルにバイトシーケンスを書き込みます。

Write(SafeFileHandle, ReadOnlySpan<Byte>, Int64)

指定されたバッファーから特定のオフセットで指定されたファイルにバイトシーケンスを書き込みます。

WriteAsync(SafeFileHandle, IReadOnlyList<ReadOnlyMemory<Byte>>, Int64, CancellationToken)

指定されたバッファーから特定のオフセットで指定されたファイルにバイトシーケンスを書き込みます。

WriteAsync(SafeFileHandle, ReadOnlyMemory<Byte>, Int64, CancellationToken)

指定されたバッファーから特定のオフセットで指定されたファイルにバイトシーケンスを書き込みます。

適用対象

こちらもご覧ください