Enumerable.SkipWhile メソッド

定義

指定された条件が満たされる限り、シーケンスの要素をバイパスした後、残りの要素を返します。

オーバーロード

SkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,Boolean>)

指定された条件が満たされる限り、シーケンスの要素をバイパスした後、残りの要素を返します。 要素のインデックスは、述語関数のロジックで使用されます。

SkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件が満たされる限り、シーケンスの要素をバイパスした後、残りの要素を返します。

SkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,Boolean>)

指定された条件が満たされる限り、シーケンスの要素をバイパスした後、残りの要素を返します。 要素のインデックスは、述語関数のロジックで使用されます。

public:
generic <typename TSource>
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static System::Collections::Generic::IEnumerable<TSource> ^ SkipWhile(System::Collections::Generic::IEnumerable<TSource> ^ source, Func<TSource, int, bool> ^ predicate);
public static System.Collections.Generic.IEnumerable<TSource> SkipWhile<TSource> (this System.Collections.Generic.IEnumerable<TSource> source, Func<TSource,int,bool> predicate);
static member SkipWhile : seq<'Source> * Func<'Source, int, bool> -> seq<'Source>
<Extension()>
Public Function SkipWhile(Of TSource) (source As IEnumerable(Of TSource), predicate As Func(Of TSource, Integer, Boolean)) As IEnumerable(Of TSource)

型パラメーター

TSource

source の要素の型。

パラメーター

source
IEnumerable<TSource>

返される要素が含まれる IEnumerable<T>

predicate
Func<TSource,Int32,Boolean>

各ソース要素が条件に当てはまるかどうかをテストする関数。この関数の 2 つ目のパラメーターは、ソース要素のインデックスを表します。

戻り値

IEnumerable<TSource>

predicate で指定されたテストに合格しない連続する最初の要素から入力シーケンスの要素を含む IEnumerable<T>

例外

source または predicatenull です。

次のコード例は、要素のインデックスに SkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,Boolean>) 依存する条件が true である限り、配列の要素をスキップする方法を示しています。

int[] amounts = { 5000, 2500, 9000, 8000,
                    6500, 4000, 1500, 5500 };

IEnumerable<int> query =
    amounts.SkipWhile((amount, index) => amount > index * 1000);

foreach (int amount in query)
{
    Console.WriteLine(amount);
}

/*
 This code produces the following output:

 4000
 1500
 5500
*/
' Create an array of integers.
Dim amounts() As Integer =
{5000, 2500, 9000, 8000, 6500, 4000, 1500, 5500}

' Skip items in the array whose value is greater than
' the item's index times 1000; get the remaining items.
Dim query As IEnumerable(Of Integer) =
amounts.SkipWhile(Function(amount, index) _
                      amount > index * 1000)

' Output the results.
Dim output As New System.Text.StringBuilder
For Each amount As Integer In query
    output.AppendLine(amount)
Next
Console.WriteLine(output.ToString())

' This code produces the following output:
'
' 4000
' 1500
' 5500

注釈

このメソッドは、遅延実行を使用して実装されます。 即時戻り値は、アクションの実行に必要なすべての情報を格納するオブジェクトです。 か、呼び出すことによって、オブジェクトが列挙されるまで、このメソッドによって表されるクエリは実行されません、GetEnumeratorメソッドを使用して直接またはforeachVisual C# またはFor EachVisual Basic で。

メソッドはSkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Int32,Boolean>)、使用して各要素をpredicate``sourceテストし、結果が発生した場合はtrue要素をスキップします。 述語関数が要素に false 対して戻った後、その要素と残りの要素 source が生成され、それ以上の predicate呼び出しはありません。

シーケンス内のすべての要素を返trueす場合predicateは、空IEnumerable<T>が返されます。

最初の predicate 引数は、テストする要素を表します。 2 番目の引数は、内 sourceの要素の 0 から始まるインデックスを表します。

メソッド TakeWhileSkipWhile メソッドは、機能的な補数です。 コレクション シーケンス coll と純粋関数 pを指定すると、結果 coll.TakeWhile(p) が連結され coll.SkipWhile(p) 、次と coll同じシーケンスが生成されます。

Visual Basicクエリ式の構文では、句は Skip While SkipWhile.

こちらもご覧ください

適用対象

SkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>)

指定された条件が満たされる限り、シーケンスの要素をバイパスした後、残りの要素を返します。

public:
generic <typename TSource>
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static System::Collections::Generic::IEnumerable<TSource> ^ SkipWhile(System::Collections::Generic::IEnumerable<TSource> ^ source, Func<TSource, bool> ^ predicate);
public static System.Collections.Generic.IEnumerable<TSource> SkipWhile<TSource> (this System.Collections.Generic.IEnumerable<TSource> source, Func<TSource,bool> predicate);
static member SkipWhile : seq<'Source> * Func<'Source, bool> -> seq<'Source>
<Extension()>
Public Function SkipWhile(Of TSource) (source As IEnumerable(Of TSource), predicate As Func(Of TSource, Boolean)) As IEnumerable(Of TSource)

型パラメーター

TSource

source の要素の型。

パラメーター

source
IEnumerable<TSource>

返される要素が含まれる IEnumerable<T>

predicate
Func<TSource,Boolean>

各要素が条件を満たしているかどうかをテストする関数。

戻り値

IEnumerable<TSource>

predicate で指定されたテストに合格しない連続する最初の要素から入力シーケンスの要素を含む IEnumerable<T>

例外

source または predicatenull です。

次のコード例は、条件が true である限り、配列の要素をスキップするために使用 SkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>) する方法を示しています。

int[] grades = { 59, 82, 70, 56, 92, 98, 85 };

IEnumerable<int> lowerGrades =
    grades
    .OrderByDescending(grade => grade)
    .SkipWhile(grade => grade >= 80);

Console.WriteLine("All grades below 80:");
foreach (int grade in lowerGrades)
{
    Console.WriteLine(grade);
}

/*
 This code produces the following output:

 All grades below 80:
 70
 59
 56
*/
' Create an array of integers that represent grades.
Dim grades() As Integer = {59, 82, 70, 56, 92, 98, 85}

' Sort the grades in descending order and
' get all grades greater less than 80.
Dim lowerGrades As IEnumerable(Of Integer) =
grades _
.OrderByDescending(Function(grade) grade) _
.SkipWhile(Function(grade) grade >= 80)

' Display the results.
Dim output As New System.Text.StringBuilder("All grades below 80:" & vbCrLf)
For Each grade As Integer In lowerGrades
    output.AppendLine(grade)
Next
Console.WriteLine(output.ToString())

' This code produces the following output:
'
' All grades below 80:
' 70
' 59
' 56

注釈

このメソッドは SkipWhile<TSource>(IEnumerable<TSource>, Func<TSource,Boolean>) 、遅延実行を使用して実装されます。 即時戻り値は、アクションの実行に必要なすべての情報を格納するオブジェクトです。 か、呼び出すことによって、オブジェクトが列挙されるまで、このメソッドによって表されるクエリは実行されません、GetEnumeratorメソッドを使用して直接またはforeachVisual C# またはFor EachVisual Basic で。

このメソッドは、使用して各要素をsource``predicateテストし、結果が発生した場合はtrue要素をスキップします。 述語関数が要素に false 対して戻った後、その要素と残りの要素 source が生成され、それ以上の predicate呼び出しはありません。

シーケンス内のすべての要素に対して返trueされる場合predicateは、空IEnumerable<T>が返されます。

およびTakeWhileSkipWhileメソッドは、機能的補数です。 コレクション シーケンス coll と純粋関数 pを指定すると、結果 coll.TakeWhile(p) を連結し coll.SkipWhile(p) 、同じシーケンス collを生成します。

Visual Basicクエリ式構文では、句SkipWhileSkip While .

こちらもご覧ください

適用対象