MemoryExtensions.TryWrite メソッド

定義

オーバーロード

TryWrite(Span<Char>, IFormatProvider, CompositeFormat, Int32, Object[])

文字列を CompositeFormat 文字範囲に書き込み、書式指定項目またはアイテムを対応する引数の文字列表現に置き換えます。

TryWrite(Span<Char>, MemoryExtensions+TryWriteInterpolatedStringHandler, Int32)

指定した補間文字列を文字スパンに書き込みます。

TryWrite(Span<Char>, IFormatProvider, MemoryExtensions+TryWriteInterpolatedStringHandler, Int32)

指定した補間文字列を文字スパンに書き込みます。

TryWrite(Span<Char>, IFormatProvider, CompositeFormat, Int32, ReadOnlySpan<Object>)

文字列を CompositeFormat 文字範囲に書き込み、書式指定項目またはアイテムを対応する引数の文字列表現に置き換えます。

TryWrite<TArg0,TArg1,TArg2>(Span<Char>, IFormatProvider, CompositeFormat, Int32, TArg0, TArg1, TArg2)

文字列を CompositeFormat 文字範囲に書き込み、書式指定項目またはアイテムを対応する引数の文字列表現に置き換えます。

TryWrite<TArg0,TArg1>(Span<Char>, IFormatProvider, CompositeFormat, Int32, TArg0, TArg1)

文字列を CompositeFormat 文字範囲に書き込み、書式指定項目またはアイテムを対応する引数の文字列表現に置き換えます。

TryWrite<TArg0>(Span<Char>, IFormatProvider, CompositeFormat, Int32, TArg0)

文字列を CompositeFormat 文字範囲に書き込み、書式指定項目またはアイテムを対応する引数の文字列表現に置き換えます。

TryWrite(Span<Char>, IFormatProvider, CompositeFormat, Int32, Object[])

文字列を CompositeFormat 文字範囲に書き込み、書式指定項目またはアイテムを対応する引数の文字列表現に置き換えます。

public:
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static bool TryWrite(Span<char> destination, IFormatProvider ^ provider, System::Text::CompositeFormat ^ format, [Runtime::InteropServices::Out] int % charsWritten, ... cli::array <System::Object ^> ^ args);
public static bool TryWrite (this Span<char> destination, IFormatProvider? provider, System.Text.CompositeFormat format, out int charsWritten, params object?[] args);
static member TryWrite : Span<char> * IFormatProvider * System.Text.CompositeFormat * int * obj[] -> bool
<Extension()>
Public Function TryWrite (destination As Span(Of Char), provider As IFormatProvider, format As CompositeFormat, ByRef charsWritten As Integer, ParamArray args As Object()) As Boolean

パラメーター

destination
Span<Char>

文字列の書式を設定するスパン。

provider
IFormatProvider

カルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

charsWritten
Int32

このメソッドが戻るとき、 にはスパンに書き込まれた文字数が含まれます。

args
Object[]

書式指定するオブジェクトの配列。

戻り値

true 補間された文字列全体を正常に書式設定できる場合は 。それ以外の場合は false

例外

format または argsnull です。

書式指定項目のインデックスは、指定された引数の数以上です。

適用対象

TryWrite(Span<Char>, MemoryExtensions+TryWriteInterpolatedStringHandler, Int32)

指定した補間文字列を文字スパンに書き込みます。

public:
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static bool TryWrite(Span<char> destination, MemoryExtensions::TryWriteInterpolatedStringHandler % handler, [Runtime::InteropServices::Out] int % charsWritten);
public static bool TryWrite (this Span<char> destination, ref MemoryExtensions.TryWriteInterpolatedStringHandler handler, out int charsWritten);
static member TryWrite : Span<char> * TryWriteInterpolatedStringHandler * int -> bool
<Extension()>
Public Function TryWrite (destination As Span(Of Char), ByRef handler As MemoryExtensions.TryWriteInterpolatedStringHandler, ByRef charsWritten As Integer) As Boolean

パラメーター

destination
Span<Char>

挿入文字列の書式を設定するスパン。

handler
MemoryExtensions.TryWriteInterpolatedStringHandler

参照渡しされる補間文字列。

charsWritten
Int32

このメソッドが戻るとき、 にはスパンに書き込まれた文字数が含まれます。

戻り値

true 補間された文字列全体を正常に書式設定できる場合は 。それ以外の場合は false

適用対象

TryWrite(Span<Char>, IFormatProvider, MemoryExtensions+TryWriteInterpolatedStringHandler, Int32)

指定した補間文字列を文字スパンに書き込みます。

public:
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static bool TryWrite(Span<char> destination, IFormatProvider ^ provider, MemoryExtensions::TryWriteInterpolatedStringHandler % handler, [Runtime::InteropServices::Out] int % charsWritten);
public static bool TryWrite (this Span<char> destination, IFormatProvider? provider, ref MemoryExtensions.TryWriteInterpolatedStringHandler handler, out int charsWritten);
static member TryWrite : Span<char> * IFormatProvider * TryWriteInterpolatedStringHandler * int -> bool
<Extension()>
Public Function TryWrite (destination As Span(Of Char), provider As IFormatProvider, ByRef handler As MemoryExtensions.TryWriteInterpolatedStringHandler, ByRef charsWritten As Integer) As Boolean

パラメーター

destination
Span<Char>

挿入文字列の書式を設定するスパン。

provider
IFormatProvider

カルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

handler
MemoryExtensions.TryWriteInterpolatedStringHandler

参照渡しされる補間文字列。

charsWritten
Int32

このメソッドが戻るとき、 にはスパンに書き込まれた文字数が含まれます。

戻り値

true 補間された文字列全体を正常に書式設定できる場合は 。それ以外の場合は false

適用対象

TryWrite(Span<Char>, IFormatProvider, CompositeFormat, Int32, ReadOnlySpan<Object>)

文字列を CompositeFormat 文字範囲に書き込み、書式指定項目またはアイテムを対応する引数の文字列表現に置き換えます。

public:
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static bool TryWrite(Span<char> destination, IFormatProvider ^ provider, System::Text::CompositeFormat ^ format, [Runtime::InteropServices::Out] int % charsWritten, ReadOnlySpan<System::Object ^> args);
public static bool TryWrite (this Span<char> destination, IFormatProvider? provider, System.Text.CompositeFormat format, out int charsWritten, ReadOnlySpan<object?> args);
static member TryWrite : Span<char> * IFormatProvider * System.Text.CompositeFormat * int * ReadOnlySpan<obj> -> bool
<Extension()>
Public Function TryWrite (destination As Span(Of Char), provider As IFormatProvider, format As CompositeFormat, ByRef charsWritten As Integer, args As ReadOnlySpan(Of Object)) As Boolean

パラメーター

destination
Span<Char>

文字列の書式を設定するスパン。

provider
IFormatProvider

カルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

charsWritten
Int32

このメソッドが戻るとき、 にはスパンに書き込まれた文字数が含まれます。

args
ReadOnlySpan<Object>

書式設定するオブジェクトのスパン。

戻り値

true 補間された文字列全体を正常に書式設定できる場合は 。それ以外の場合は false

例外

formatnull です。

書式指定項目のインデックスは、指定された引数の数以上です。

適用対象

TryWrite<TArg0,TArg1,TArg2>(Span<Char>, IFormatProvider, CompositeFormat, Int32, TArg0, TArg1, TArg2)

文字列を CompositeFormat 文字範囲に書き込み、書式指定項目またはアイテムを対応する引数の文字列表現に置き換えます。

public:
generic <typename TArg0, typename TArg1, typename TArg2>
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static bool TryWrite(Span<char> destination, IFormatProvider ^ provider, System::Text::CompositeFormat ^ format, [Runtime::InteropServices::Out] int % charsWritten, TArg0 arg0, TArg1 arg1, TArg2 arg2);
public static bool TryWrite<TArg0,TArg1,TArg2> (this Span<char> destination, IFormatProvider? provider, System.Text.CompositeFormat format, out int charsWritten, TArg0 arg0, TArg1 arg1, TArg2 arg2);
static member TryWrite : Span<char> * IFormatProvider * System.Text.CompositeFormat * int * 'TArg0 * 'TArg1 * 'TArg2 -> bool
<Extension()>
Public Function TryWrite(Of TArg0, TArg1, TArg2) (destination As Span(Of Char), provider As IFormatProvider, format As CompositeFormat, ByRef charsWritten As Integer, arg0 As TArg0, arg1 As TArg1, arg2 As TArg2) As Boolean

型パラメーター

TArg0

書式設定する最初のオブジェクトの型。

TArg1

書式設定する 2 番目のオブジェクトの型。

TArg2

書式設定する 3 番目のオブジェクトの型。

パラメーター

destination
Span<Char>

文字列の書式を設定するスパン。

provider
IFormatProvider

カルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

charsWritten
Int32

このメソッドが戻るとき、 にはスパンに書き込まれた文字数が含まれます。

arg0
TArg0

1 番目に書式設定するオブジェクト。

arg1
TArg1

2 番目に書式設定するオブジェクト。

arg2
TArg2

3 番目に書式設定するオブジェクト。3 番目に書式設定するオブジェクト。

戻り値

true 補間された文字列全体を正常に書式設定できる場合は 。それ以外の場合は false

例外

formatnull です。

書式指定項目のインデックスは、指定された引数の数以上です。

適用対象

TryWrite<TArg0,TArg1>(Span<Char>, IFormatProvider, CompositeFormat, Int32, TArg0, TArg1)

文字列を CompositeFormat 文字範囲に書き込み、書式指定項目またはアイテムを対応する引数の文字列表現に置き換えます。

public:
generic <typename TArg0, typename TArg1>
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static bool TryWrite(Span<char> destination, IFormatProvider ^ provider, System::Text::CompositeFormat ^ format, [Runtime::InteropServices::Out] int % charsWritten, TArg0 arg0, TArg1 arg1);
public static bool TryWrite<TArg0,TArg1> (this Span<char> destination, IFormatProvider? provider, System.Text.CompositeFormat format, out int charsWritten, TArg0 arg0, TArg1 arg1);
static member TryWrite : Span<char> * IFormatProvider * System.Text.CompositeFormat * int * 'TArg0 * 'TArg1 -> bool
<Extension()>
Public Function TryWrite(Of TArg0, TArg1) (destination As Span(Of Char), provider As IFormatProvider, format As CompositeFormat, ByRef charsWritten As Integer, arg0 As TArg0, arg1 As TArg1) As Boolean

型パラメーター

TArg0

書式設定する最初のオブジェクトの型。

TArg1

書式設定する 2 番目のオブジェクトの型。

パラメーター

destination
Span<Char>

文字列の書式を設定するスパン。

provider
IFormatProvider

カルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

charsWritten
Int32

このメソッドが戻るとき、 にはスパンに書き込まれた文字数が含まれます。

arg0
TArg0

1 番目に書式設定するオブジェクト。

arg1
TArg1

2 番目に書式設定するオブジェクト。

戻り値

true 補間された文字列全体を正常に書式設定できる場合は 。それ以外の場合は false

例外

formatnull です。

書式指定項目のインデックスは、指定された引数の数以上です。

適用対象

TryWrite<TArg0>(Span<Char>, IFormatProvider, CompositeFormat, Int32, TArg0)

文字列を CompositeFormat 文字範囲に書き込み、書式指定項目またはアイテムを対応する引数の文字列表現に置き換えます。

public:
generic <typename TArg0>
[System::Runtime::CompilerServices::Extension]
 static bool TryWrite(Span<char> destination, IFormatProvider ^ provider, System::Text::CompositeFormat ^ format, [Runtime::InteropServices::Out] int % charsWritten, TArg0 arg0);
public static bool TryWrite<TArg0> (this Span<char> destination, IFormatProvider? provider, System.Text.CompositeFormat format, out int charsWritten, TArg0 arg0);
static member TryWrite : Span<char> * IFormatProvider * System.Text.CompositeFormat * int * 'TArg0 -> bool
<Extension()>
Public Function TryWrite(Of TArg0) (destination As Span(Of Char), provider As IFormatProvider, format As CompositeFormat, ByRef charsWritten As Integer, arg0 As TArg0) As Boolean

型パラメーター

TArg0

書式設定するオブジェクトの型。

パラメーター

destination
Span<Char>

文字列の書式を設定するスパン。

provider
IFormatProvider

カルチャ固有の書式情報を提供するオブジェクト。

charsWritten
Int32

このメソッドが戻るとき、 にはスパンに書き込まれた文字数が含まれます。

arg0
TArg0

書式指定するオブジェクト。

戻り値

true 補間された文字列全体を正常に書式設定できる場合は 。それ以外の場合は false

例外

formatnull です。

書式指定項目のインデックスは、指定された引数の数以上です。

適用対象