Assembly クラス

定義

再利用でき、バージョン管理可能で自己記述型の共通言語ランタイム アプリケーションのビルド ブロックであるアセンブリを表します。

public ref class Assembly abstract
public ref class Assembly abstract : System::Reflection::ICustomAttributeProvider, System::Runtime::Serialization::ISerializable
public ref class Assembly abstract : System::Reflection::ICustomAttributeProvider
public ref class Assembly : System::Reflection::ICustomAttributeProvider, System::Runtime::InteropServices::_Assembly, System::Runtime::Serialization::ISerializable, System::Security::IEvidenceFactory
public ref class Assembly abstract : System::Reflection::ICustomAttributeProvider, System::Runtime::InteropServices::_Assembly, System::Runtime::Serialization::ISerializable, System::Security::IEvidenceFactory
public ref class Assembly : System::Reflection::ICustomAttributeProvider, System::Runtime::Serialization::ISerializable
public abstract class Assembly
public abstract class Assembly : System.Reflection.ICustomAttributeProvider, System.Runtime.Serialization.ISerializable
public abstract class Assembly : System.Reflection.ICustomAttributeProvider
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Serializable]
public class Assembly : System.Reflection.ICustomAttributeProvider, System.Runtime.InteropServices._Assembly, System.Runtime.Serialization.ISerializable, System.Security.IEvidenceFactory
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class Assembly : System.Reflection.ICustomAttributeProvider, System.Runtime.InteropServices._Assembly, System.Runtime.Serialization.ISerializable, System.Security.IEvidenceFactory
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public abstract class Assembly : System.Reflection.ICustomAttributeProvider, System.Runtime.InteropServices._Assembly, System.Runtime.Serialization.ISerializable, System.Security.IEvidenceFactory
[System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)]
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class Assembly : System.Reflection.ICustomAttributeProvider, System.Runtime.Serialization.ISerializable
type Assembly = class
type Assembly = class
    interface ICustomAttributeProvider
    interface ISerializable
type Assembly = class
    interface ICustomAttributeProvider
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Serializable>]
type Assembly = class
    interface _Assembly
    interface IEvidenceFactory
    interface ICustomAttributeProvider
    interface ISerializable
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type Assembly = class
    interface _Assembly
    interface IEvidenceFactory
    interface ICustomAttributeProvider
    interface ISerializable
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type Assembly = class
    interface ICustomAttributeProvider
    interface ISerializable
[<System.Runtime.InteropServices.ClassInterface(System.Runtime.InteropServices.ClassInterfaceType.None)>]
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type Assembly = class
    interface ICustomAttributeProvider
    interface _Assembly
    interface IEvidenceFactory
    interface ISerializable
Public MustInherit Class Assembly
Public MustInherit Class Assembly
Implements ICustomAttributeProvider, ISerializable
Public MustInherit Class Assembly
Implements ICustomAttributeProvider
Public Class Assembly
Implements _Assembly, ICustomAttributeProvider, IEvidenceFactory, ISerializable
Public MustInherit Class Assembly
Implements _Assembly, ICustomAttributeProvider, IEvidenceFactory, ISerializable
Public Class Assembly
Implements ICustomAttributeProvider, ISerializable
継承
Assembly
派生
属性
実装

次のコード例は、現在実行中のアセンブリを取得し、そのアセンブリに含まれる型のインスタンスを作成し、遅延バインディングを使用して型のメソッドのいずれかを呼び出す方法を示しています。 この目的のために、コード例では、という名前のメソッドを使用して、という名前Example``SampleMethodのクラスを定義します。 クラスのコンストラクターは整数を受け入れます。これは、メソッドの戻り値を計算するために使用されます。

このコード例では、アセンブリの完全な名前を GetName 解析するために使用できるオブジェクトを AssemblyName 取得するためのメソッドの使用も示しています。 この例では、アセンブリ、プロパティ、およびプロパティの CodeBase バージョン番号を EntryPoint 表示します。

using namespace System;
using namespace System::Reflection;
using namespace System::Security::Permissions;

[assembly:AssemblyVersionAttribute("1.0.2000.0")];

public ref class Example
{
private: 
    int factor;

public:
    Example(int f)
    {
        factor = f;
    }

    int SampleMethod(int x) 
    { 
        Console::WriteLine("\nExample->SampleMethod({0}) executes.", x);
        return x * factor;
    }
};

void main()
{
    Assembly^ assem = Example::typeid->Assembly;

    Console::WriteLine("Assembly Full Name:");
    Console::WriteLine(assem->FullName);

    // The AssemblyName type can be used to parse the full name.
    AssemblyName^ assemName = assem->GetName();
    Console::WriteLine("\nName: {0}", assemName->Name);
    Console::WriteLine("Version: {0}.{1}", 
        assemName->Version->Major, assemName->Version->Minor);

    Console::WriteLine("\nAssembly CodeBase:");
    Console::WriteLine(assem->CodeBase);

    // Create an object from the assembly, passing in the correct number and
    // type of arguments for the constructor.
    Object^ o = assem->CreateInstance("Example", false, 
        BindingFlags::ExactBinding, 
        nullptr, gcnew array<Object^> { 2 }, nullptr, nullptr);

    // Make a late-bound call to an instance method of the object.    
    MethodInfo^ m = assem->GetType("Example")->GetMethod("SampleMethod");
    Object^ ret = m->Invoke(o, gcnew array<Object^> { 42 });
    Console::WriteLine("SampleMethod returned {0}.", ret);

    Console::WriteLine("\nAssembly entry point:");
    Console::WriteLine(assem->EntryPoint);
}

/* This code example produces output similar to the following:

Assembly Full Name:
source, Version=1.0.2000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null

Name: source
Version: 1.0

Assembly CodeBase:
file:///C:/sdtree/AssemblyClass/cpp/source.exe

Example->SampleMethod(42) executes.
SampleMethod returned 84.

Assembly entry point:
UInt32 _mainCRTStartup()
 */
using System;
using System.Reflection;
using System.Security.Permissions;

[assembly:AssemblyVersionAttribute("1.0.2000.0")]

public class Example
{
    private int factor;
    public Example(int f)
    {
        factor = f;
    }

    public int SampleMethod(int x)
    {
        Console.WriteLine("\nExample.SampleMethod({0}) executes.", x);
        return x * factor;
    }

    public static void Main()
    {
        Assembly assem = typeof(Example).Assembly;

        Console.WriteLine("Assembly Full Name:");
        Console.WriteLine(assem.FullName);

        // The AssemblyName type can be used to parse the full name.
        AssemblyName assemName = assem.GetName();
        Console.WriteLine("\nName: {0}", assemName.Name);
        Console.WriteLine("Version: {0}.{1}",
            assemName.Version.Major, assemName.Version.Minor);

        Console.WriteLine("\nAssembly CodeBase:");
        Console.WriteLine(assem.CodeBase);

        // Create an object from the assembly, passing in the correct number
        // and type of arguments for the constructor.
        Object o = assem.CreateInstance("Example", false,
            BindingFlags.ExactBinding,
            null, new Object[] { 2 }, null, null);

        // Make a late-bound call to an instance method of the object.
        MethodInfo m = assem.GetType("Example").GetMethod("SampleMethod");
        Object ret = m.Invoke(o, new Object[] { 42 });
        Console.WriteLine("SampleMethod returned {0}.", ret);

        Console.WriteLine("\nAssembly entry point:");
        Console.WriteLine(assem.EntryPoint);
    }
}

/* This code example produces output similar to the following:

Assembly Full Name:
source, Version=1.0.2000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null

Name: source
Version: 1.0

Assembly CodeBase:
file:///C:/sdtree/AssemblyClass/cs/source.exe

Example.SampleMethod(42) executes.
SampleMethod returned 84.

Assembly entry point:
Void Main()
 */
Imports System.Reflection
Imports System.Security.Permissions

<assembly: AssemblyVersionAttribute("1.0.2000.0")>

Public Class Example
    Private factor As Integer
    
    Public Sub New(ByVal f As Integer) 
        factor = f
    End Sub 
    
    Public Function SampleMethod(ByVal x As Integer) As Integer 
        Console.WriteLine(vbCrLf & "Example.SampleMethod({0}) executes.", x)
        Return x * factor
    End Function 
    
    Public Shared Sub Main() 
        Dim assem As Assembly = GetType(Example).Assembly
        
        Console.WriteLine("Assembly Full Name:")
        Console.WriteLine(assem.FullName)
        
        ' The AssemblyName type can be used to parse the full name.
        Dim assemName As AssemblyName = assem.GetName()
        Console.WriteLine(vbLf + "Name: {0}", assemName.Name)
        Console.WriteLine("Version: {0}.{1}", assemName.Version.Major, _
            assemName.Version.Minor)
        
        Console.WriteLine(vbLf + "Assembly CodeBase:")
        Console.WriteLine(assem.CodeBase)
        
        ' Create an object from the assembly, passing in the correct number
        ' and type of arguments for the constructor.
        Dim o As Object = assem.CreateInstance("Example", False, _
            BindingFlags.ExactBinding, Nothing, _
            New Object() { 2 }, Nothing, Nothing)
        
        ' Make a late-bound call to an instance method of the object.    
        Dim m As MethodInfo = assem.GetType("Example").GetMethod("SampleMethod")
        Dim ret As Object = m.Invoke(o, New Object() { 42 })
        Console.WriteLine("SampleMethod returned {0}.", ret)
        
        Console.WriteLine(vbCrLf & "Assembly entry point:")
        Console.WriteLine(assem.EntryPoint)
    
    End Sub 
End Class 

' This code example produces output similar to the following:
'
'Assembly Full Name:
'source, Version=1.0.2000.0, Culture=neutral, PublicKeyToken=null
'
'Name: source
'Version: 1.0
'
'Assembly CodeBase:
'file:///C:/sdtree/AssemblyClass/vb/source.exe
'
'Example.SampleMethod(42) executes.
'SampleMethod returned 84.
'
'Assembly entry point:
'Void Main()
'

注釈

このクラスを Assembly 使用してアセンブリを読み込み、アセンブリのメタデータと構成要素を調べ、アセンブリに含まれる型を検出し、それらの型のインスタンスを作成します。

アプリケーション ドメインに現在読み込まれているアセンブリを表すオブジェクトの Assembly 配列 (単純なプロジェクトの既定のアプリケーション ドメインなど) を取得するには、メソッドを AppDomain.GetAssemblies 使用します。

アセンブリを動的に読み込むには、Assemblyクラスは次の静的メソッド (SharedVisual Basic内のメソッド) を提供します。 アセンブリは、読み込み操作が行われるアプリケーション ドメインに読み込まれます。

  • アセンブリを読み込む方法として推奨される方法は、表示名 ("System.Windows" など) によって読み込まれるアセンブリを識別するメソッドを使用Loadすることです。Forms、Version=2.0.0.0、Culture=neutral、PublicKeyToken=b77a5c561934e089")。 アセンブリの検索は、「ランタイムがアセンブリを 検索する方法」で説明されている規則に従います。

  • and ReflectionOnlyLoad ReflectionOnlyLoadFrom メソッドを使用すると、リフレクション用にアセンブリを読み込むことができますが、実行には読み込めません。 たとえば、64 ビット プラットフォームを対象とするアセンブリは、32 ビット プラットフォームで実行されているコードによって調べることができます。

  • アセンブリを LoadFile パスで識別する必要があるまれなシナリオでは、メソッドと LoadFrom メソッドが用意されています。

現在実行中の Assembly アセンブリのオブジェクトを取得するには、メソッドを GetExecutingAssembly 使用します。

クラスの多くのメンバーは Assembly 、アセンブリに関する情報を提供します。 次に例を示します。

  • このメソッドは GetNameAssemblyName アセンブリの表示名の部分へのアクセスを提供するオブジェクトを返します。

  • このメソッドは GetCustomAttributes 、アセンブリに適用される属性を一覧表示します。

  • このメソッドは GetFiles 、アセンブリ マニフェスト内のファイルへのアクセスを提供します。

  • このメソッドは GetManifestResourceNames 、アセンブリ マニフェスト内のリソースの名前を提供します。

このメソッドは GetTypes 、アセンブリ内のすべての型を一覧表示します。 このメソッドは GetExportedTypes 、アセンブリの外部の呼び出し元に表示される型を一覧表示します。 このメソッドを GetType 使用して、アセンブリ内の特定の型を検索できます。 この CreateInstance メソッドを使用して、アセンブリ内の型のインスタンスを検索および作成できます。

アセンブリの詳細については、「アプリケーション ドメイン 」トピックの 「アプリケーション ドメインとアセンブリ」セクションを参照してください。

コンストラクター

Assembly()

Assembly クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

CodeBase
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

たとえば AssemblyName オブジェクトで、初めに指定されたアセンブリの場所を取得します。

CustomAttributes

このアセンブリのカスタム属性を含むコレクションを取得します。

DefinedTypes

このアセンブリで定義されている型のコレクションを取得します。

EntryPoint

このアセンブリのエントリ ポイントを取得します。

EscapedCodeBase
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

コードベースを表す URI を、エスケープ文字も含めて取得します。

Evidence

このアセンブリの証拠を取得します。

ExportedTypes

アセンブリの外側で参照できる、このアセンブリ内で定義されているパブリック型のコレクションを取得します。

FullName

アセンブリの表示名を取得します。

GlobalAssemblyCache
互換性のために残されています。

アセンブリがグローバル アセンブリ キャッシュから読み込まれたかどうかを示す値を取得します (.NET Frameworkのみ)。

HostContext

アセンブリの読み込みに使用したホスト コンテキストを取得します。

ImageRuntimeVersion

マニフェストを格納しているファイルに保存された共通言語ランタイム (CLR: common language runtime) のバージョンを表す文字列を取得します。

IsCollectible

このアセンブリが収集可能な AssemblyLoadContext に保持されているかどうかを示す値を取得します。

IsDynamic

現在のアセンブリが、現在のプロセスでリフレクション出力を使用して動的に生成されたかどうかを示す値を取得します。

IsFullyTrusted

現在のアセンブリが完全信頼で読み込まれたかどうかを示す値を取得します。

Location

マニフェストを格納している読み込み済みファイルの完全パスまたは UNC 位置を取得します。

ManifestModule

現在のアセンブリのマニフェストを格納しているモジュールを取得します。

Modules

このアセンブリ内のモジュールを含むコレクションを取得します。

PermissionSet

現在のアセンブリの許可セットを取得します。

ReflectionOnly

このアセンブリがリフレクションのみのコンテキストに読み込まれたかどうかを示す Boolean 値を取得します。

SecurityRuleSet

共通言語ランタイム (CLR: Common Language Runtime) によってこのアセンブリに適用されるセキュリティ規則のセットを示す値を取得します。

メソッド

CreateInstance(String)

大文字小文字を区別する検索を使用してこのアセンブリから指定された型を検索し、システム アクティベーターを使用してこの型のインスタンスを作成します。

CreateInstance(String, Boolean)

オプションの大文字小文字を区別する検索を使用してこのアセンブリから指定された型を検索し、システム アクティベーターを使用してこの型のインスタンスを作成します。

CreateInstance(String, Boolean, BindingFlags, Binder, Object[], CultureInfo, Object[])

オプションの大文字小文字を区別する検索を使用して、このアセンブリから指定された型を検索し、システム アクティベーターを使用してこの型のインスタンスを作成し、指定されたカルチャ設定、引数、バインディング属性、およびアクティベーション属性を設定します。

CreateQualifiedName(String, String)

アセンブリの表示名で修飾された型名を作成します。

Equals(Object)

このアセンブリと指定したオブジェクトが等しいかどうかを判断します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetAssembly(Type)

指定した型が定義されている、現在読み込み済みのアセンブリを取得します。

GetCallingAssembly()

現在実行中のメソッドを呼び出したメソッドの Assembly を返します。

GetCustomAttributes(Boolean)

このアセンブリのすべてのカスタム属性を取得します。

GetCustomAttributes(Type, Boolean)

型を指定して、このアセンブリのカスタム属性を取得します。

GetCustomAttributesData()

現在の Assembly に適用されている属性に関する情報を、CustomAttributeData オブジェクトとして返します。

GetEntryAssembly()

既定のアプリケーション ドメインで実行できるプロセスを取得します。 他のアプリケーション ドメインでは、ExecuteAssembly(String) で実行された最初の実行可能ファイルです。

GetExecutingAssembly()

現在実行中のコードを格納しているアセンブリを取得します。

GetExportedTypes()

アセンブリの外側で参照できる、このアセンブリ内で定義されているパブリック型を取得します。

GetFile(String)

このアセンブリのマニフェストのファイル テーブル内の指定されたファイルの FileStream を取得します。

GetFiles()

アセンブリ マニフェストのファイル テーブルのファイルを取得します。

GetFiles(Boolean)

リソース モジュールを含めるかどうかを指定して、アセンブリ マニフェストのファイル テーブルのファイルを取得します。

GetForwardedTypes()
GetHashCode()

このインスタンスのハッシュ コードを返します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetLoadedModules()

このアセンブリの一部であるすべての読み込み済みモジュールを取得します。

GetLoadedModules(Boolean)

リソース モジュールを含めるかどうかを指定して、このアセンブリの一部であるすべての読み込み済みモジュールを取得します。

GetManifestResourceInfo(String)

指定されたリソースが永続化された方法に関する情報を返します。

GetManifestResourceNames()

このアセンブリのすべてのリソースの名前を返します。

GetManifestResourceStream(String)

このアセンブリから、指定されたマニフェスト リソースを読み込みます。

GetManifestResourceStream(Type, String)

このアセンブリから、指定された型の名前空間によってスコープが指定されている、指定されたマニフェスト リソースを読み込みます。

GetModule(String)

このアセンブリから指定されたモジュールを取得します。

GetModules()

このアセンブリの一部であるすべてのモジュールを取得します。

GetModules(Boolean)

リソース モジュールを含めるかどうかを指定して、このアセンブリの一部であるすべてのモジュールを取得します。

GetName()

このアセンブリの AssemblyName を取得します。

GetName(Boolean)

このアセンブリの AssemblyName を取得し、copiedName の指定に従ってコードベースを設定します。

GetObjectData(SerializationInfo, StreamingContext)

シリアル化情報と、このアセンブリの再インスタンス化に必要なすべてのデータを取得します。

GetReferencedAssemblies()

このアセンブリが参照するすべてのアセンブリの AssemblyName オブジェクトを取得します。

GetSatelliteAssembly(CultureInfo)

指定されたカルチャ設定のサテライト アセンブリを取得します。

GetSatelliteAssembly(CultureInfo, Version)

指定されたバージョンの、指定されたカルチャ設定のサテライト アセンブリを取得します。

GetType()
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
GetType(String)

指定した名前の Type オブジェクトを、アセンブリ インスタンスから取得します。

GetType(String, Boolean)

指定した名前の Type オブジェクトをアセンブリ インスタンスから取得し、型が見つからない場合は、オプションで例外をスローします。

GetType(String, Boolean, Boolean)

指定した名前の Type オブジェクトをアセンブリ インスタンスから取得します。オプションで、大文字と小文字の区別を無視したり、型が見つからない場合は例外をスローしたりできます。

GetTypes()

このアセンブリで定義されている型を取得します。

IsDefined(Type, Boolean)

指定した属性がアセンブリに適用されているかどうかを示します。

Load(AssemblyName)

AssemblyName を指定してアセンブリを読み込みます。

Load(AssemblyName, Evidence)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

AssemblyName を指定してアセンブリを読み込みます。 アセンブリは、指定された証拠を使用して、呼び出し元のドメインに読み込まれます。

Load(Byte[])

生成されたアセンブリを含む COFF (Common Object File Format) ベースのイメージを使用して、アセンブリを読み込みます。 このアセンブリは、呼び出し元のアプリケーション ドメインに読み込まれます。

Load(Byte[], Byte[])

生成されたアセンブリが含まれている COFF ベースのイメージを使用して、このアセンブリを読み込みます。アセンブリのシンボルを含めることもできます。 このアセンブリは、呼び出し元のアプリケーション ドメインに読み込まれます。

Load(Byte[], Byte[], Evidence)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

生成されたアセンブリが含まれている COFF ベースのイメージを使用して、このアセンブリを読み込みます。アセンブリのシンボルと証拠を含めることもできます。 このアセンブリは、呼び出し元のアプリケーション ドメインに読み込まれます。

Load(Byte[], Byte[], SecurityContextSource)

生成されたアセンブリが含まれている COFF ベースのイメージを使用して、このアセンブリを読み込みます。シンボルを含めることも、セキュリティ コンテキストのソースを指定することもできます。 このアセンブリは、呼び出し元のアプリケーション ドメインに読み込まれます。

Load(String)

指定した名前でアセンブリを読み込みます。

Load(String, Evidence)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

表示名を指定してアセンブリを読み込みます。アセンブリは、指定された証拠を使用して、呼び出し元のドメインに読み込まれます。

LoadFile(String)

指定したパスのアセンブリ ファイルの内容を読み込みます。

LoadFile(String, Evidence)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

パスを指定してアセンブリを読み込みます。アセンブリは、指定された証拠を使用して、呼び出し元のドメインに読み込まれます。

LoadFrom(String)

ファイル名またはパスを指定してアセンブリを読み込みます。

LoadFrom(String, Byte[], AssemblyHashAlgorithm)

ファイル名またはパス、ハッシュ値、およびハッシュ アルゴリズムを指定してアセンブリを読み込みます。

LoadFrom(String, Evidence)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

ファイル名またはパスを指定してアセンブリを読み込み、セキュリティ証拠を提供します。

LoadFrom(String, Evidence, Byte[], AssemblyHashAlgorithm)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

ファイル名またはパス、セキュリティ証拠、ハッシュ値、およびハッシュ アルゴリズムを指定してアセンブリを読み込みます。

LoadModule(String, Byte[])

生成されたモジュールを含んだ COFF ベースのイメージ、またはリソース ファイルと共に、このアセンブリの内部モジュールを読み込みます。

LoadModule(String, Byte[], Byte[])

生成されたモジュールを含んだ COFF ベースのイメージ、またはリソース ファイルと共に、このアセンブリの内部モジュールを読み込みます。 モジュールのシンボルを表す生バイトも読み込まれます。

LoadWithPartialName(String)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

アプリケーション ディレクトリまたはグローバル アセンブリ キャッシュから、部分名を使用してアセンブリを読み込みます。

LoadWithPartialName(String, Evidence)
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

アプリケーション ディレクトリまたはグローバル アセンブリ キャッシュから、部分名を使用してアセンブリを読み込みます。 アセンブリは、指定された証拠を使用して、呼び出し元のドメインに読み込まれます。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ReflectionOnlyLoad(Byte[])
互換性のために残されています。

生成されたアセンブリを含む COFF ベースのイメージを使用して、アセンブリを読み込みます。 アセンブリは、呼び出し元のアプリケーション ドメインの、リフレクションのみのコンテキストに読み込まれます。

ReflectionOnlyLoad(String)
互換性のために残されています。

表示名を指定して、アセンブリをリフレクションのみのコンテキストに読み込みます。

ReflectionOnlyLoadFrom(String)
互換性のために残されています。

パスを指定して、アセンブリをリフレクションのみのコンテキストに読み込みます。

ToString()

アセンブリの完全名を返します。この名前は表示名とも呼ばれます。

UnsafeLoadFrom(String)

一部のセキュリティ チェックをバイパスして、アセンブリを読み込み元コンテキストに読み込みます。

演算子

Equality(Assembly, Assembly)

2 つの Assembly オブジェクトが等しいかどうかを示します。

Inequality(Assembly, Assembly)

2 つの Assembly オブジェクトが等しくないかどうかを示します。

events

ModuleResolve

共通言語ランタイム クラス ローダーが、通常の方法で参照をアセンブリの内部モジュールに解決できないときに発生します。

明示的なインターフェイスの実装

_Assembly.GetType()

現在のインスタンスの型を返します。

ICustomAttributeProvider.GetCustomAttributes(Boolean)

名前付きの属性を除く、このメンバーに定義されているすべてのカスタム属性の配列、またはカスタム属性がない場合は空の配列を返します。

ICustomAttributeProvider.GetCustomAttributes(Type, Boolean)

型で識別された、このメンバーに定義されているカスタム属性の配列、または、この型のカスタム属性がない場合は空の配列を返します。

ICustomAttributeProvider.IsDefined(Type, Boolean)

attributeType の 1 つ以上のインスタンスがこのメンバーで定義されているかどうかを示します。

拡張メソッド

GetExportedTypes(Assembly)
GetModules(Assembly)
GetTypes(Assembly)
GetCustomAttribute(Assembly, Type)

指定されたアセンブリに適用される指定された型のカスタム属性を取得します。

GetCustomAttribute<T>(Assembly)

指定されたアセンブリに適用される指定された型のカスタム属性を取得します。

GetCustomAttributes(Assembly)

指定されたアセンブリに適用されるカスタム属性のコレクションを取得します。

GetCustomAttributes(Assembly, Type)

指定されたアセンブリに適用されている、指定された型のカスタム属性のコレクションを取得します。

GetCustomAttributes<T>(Assembly)

指定されたアセンブリに適用されている、指定された型のカスタム属性のコレクションを取得します。

IsDefined(Assembly, Type)

指定された型のカスタム属性が指定されたアセンブリに適用されているかどうかを示します。

TryGetRawMetadata(Assembly, Byte*, Int32)

で使用 MetadataReaderするために、アセンブリのメタデータ セクションを取得します。

適用対象

スレッド セーフ

この型はスレッド セーフです。

こちらもご覧ください