System.Runtime.Versioning 名前空間

.NET の実装と連携したバージョン管理をサポートする、高度な開発を想定した型が含まれます。

クラス

CompatibilitySwitch

.NET の実装と連携したバージョン管理をサポートする、高度な開発を想定した型が含まれます。

ComponentGuaranteesAttribute

複数のバージョンにわたる可能性があるコンポーネント、型、または型メンバーの互換性の保証を定義します。

FrameworkName

.NET のバージョンの名前を表します。

ObsoletedOSPlatformAttribute

特定のオペレーティング システムのバージョンで廃止された API をマークします。

OSPlatformAttribute

プラットフォーム固有のすべての API 属性に対する基本データ型。

RequiresPreviewFeaturesAttribute

API がプレビュー中であることを示します。 この属性を使用すると、プレビュー機能が使用されていることを示す診断で通話サイトにフラグを設定できます。 作成者は、この属性を使用して、アセンブリにプレビュー機能を配布できます。

ResourceConsumptionAttribute

クラスのメンバーが消費するリソースを指定します。 このクラスは継承できません。

ResourceExposureAttribute

クラスのメンバーに対するリソースの公開を指定します。 このクラスは継承できません。

SupportedOSPlatformAttribute

指定されたプラットフォームまたはオペレーティング システムに対して API がサポートされていることを示します。 バージョンが指定されている場合、それより前のバージョンから API を呼び出すことはできません。 複数の属性を適用して、複数のオペレーティング システムがサポートされていることを示すことができます。

SupportedOSPlatformGuardAttribute

サポートされているプラットフォーム名とオプションのバージョンを使用して、カスタム ガード フィールド、プロパティ、またはメソッドに注釈を付けます。 複数の属性を適用して、サポートされている複数のプラットフォームのガードを示すことができます。

TargetFrameworkAttribute

特定のアセンブリがコンパイルされた対象の .NET のバージョンを識別します。

TargetPlatformAttribute

プロジェクトのターゲットとするオペレーティング システム (Windows や iOS など) を指定します。

UnsupportedOSPlatformAttribute

特定のオペレーティング システム バージョンで削除された、またはサポートされていない API をマークします。

UnsupportedOSPlatformGuardAttribute

サポートされていないプラットフォーム名とオプションのバージョンを使用して、カスタム ガード フィールド、プロパティ、またはメソッドに注釈を付けます。 複数の属性を適用して、サポートされていない複数のプラットフォームのガードを示すことができます。

VersioningHelper

バージョン セーフなコードの作成を支援するメソッドを提供します。 このクラスは継承できません。

列挙型

ComponentGuaranteesOptions

複数のバージョンにわたる可能性があるコンポーネント、型、または型のメンバーの互換性の保証を表します。

ResourceScope

共有可能なリソースのスコープを識別します。

注釈

この名前空間で見つかった型は、ユーザー アプリケーションではなく.NET 内で使用することを目的としています。