ClaimsIdentity コンストラクター

定義

ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

オーバーロード

ClaimsIdentity()

空のクレーム コレクションを使用して、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(IIdentity, IEnumerable<Claim>, String, String, String)

指定したクレーム、認証の種類、名前クレームの種類、およびロール クレームの種類を使用して、指定した ClaimsIdentity から IIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(IEnumerable<Claim>, String, String, String)

指定したクレーム、認証の種類、名前クレームの種類、およびロール クレームの種類を使用して、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(String, String, String)

指定した認証の種類、名前クレームの種類、およびロール クレームの種類を使用して、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(SerializationInfo, StreamingContext)
古い.

ISerializable を使用して作成されたシリアル化ストリームから、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(IEnumerable<Claim>, String)

指定したクレームと認証の種類を使用して ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(IIdentity, IEnumerable<Claim>)

指定したクレームと指定した ClaimsIdentity を使用して IIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(IIdentity)

指定した ClaimsIdentity の名前と認証の種類を使用して IIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(ClaimsIdentity)

既存の ClaimsIdentity インスタンスを使用して ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(SerializationInfo)
古い.

ISerializable を使用して作成されたシリアル化ストリームから、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(BinaryReader)

BinaryReader を指定して、ClaimsIdentity のインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(IEnumerable<Claim>)

ClaimsIdentity オブジェクトの列挙された配列を使用して、Claim クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity(String)

空のクレームのコレクションと指定した認証の種類で ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

ClaimsIdentity()

ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs

空のクレーム コレクションを使用して、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 ClaimsIdentity();
public ClaimsIdentity ();
Public Sub New ()

注釈

ClaimsIdentity クラスのインスタンスのプロパティの初期値を次の表に示します。

プロパティ
Actor null.
AuthenticationType null.
BootstrapContext null.
Claims 空のコレクション。
IsAuthenticated メモ: アクセスすると、プロパティの値に IsAuthenticated 基づいて プロパティの値が AuthenticationType 返されます。
Label null.
Name メモ:アクセスすると、 および コレクションにNameNameClaimType基づいて プロパティの値がClaims返されます。
NameClaimType DefaultNameClaimType.
RoleClaimType DefaultRoleClaimType.

適用対象

ClaimsIdentity(IIdentity, IEnumerable<Claim>, String, String, String)

ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs

指定したクレーム、認証の種類、名前クレームの種類、およびロール クレームの種類を使用して、指定した ClaimsIdentity から IIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 ClaimsIdentity(System::Security::Principal::IIdentity ^ identity, System::Collections::Generic::IEnumerable<System::Security::Claims::Claim ^> ^ claims, System::String ^ authenticationType, System::String ^ nameType, System::String ^ roleType);
public ClaimsIdentity (System.Security.Principal.IIdentity identity, System.Collections.Generic.IEnumerable<System.Security.Claims.Claim> claims, string authenticationType, string nameType, string roleType);
public ClaimsIdentity (System.Security.Principal.IIdentity? identity, System.Collections.Generic.IEnumerable<System.Security.Claims.Claim>? claims, string? authenticationType, string? nameType, string? roleType);
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : System.Security.Principal.IIdentity * seq<System.Security.Claims.Claim> * string * string * string -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
Public Sub New (identity As IIdentity, claims As IEnumerable(Of Claim), authenticationType As String, nameType As String, roleType As String)

パラメーター

identity
IIdentity

新しいクレーム ID の基となる ID。

claims
IEnumerable<Claim>

新規クレーム ID を設定するクレーム。

authenticationType
String

使用されている認証の種類。

nameType
String

名前のクレームに使用するクレームの種類。

roleType
String

ロールのクレームに使用するクレームの種類。

例外

identityClaimsIdentity であり、Actor の結果は this への循環参照になります。

注釈

ClaimsIdentity クラスのインスタンスのプロパティの初期値を次の表に示します。

プロパティ
Actor が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 プロパティの値。それ以外のidentity.Actor場合nullは 。
AuthenticationType authenticationType パラメーター。 パラメーターが authenticationTypenull または空の文字列の場合は、 (IIdentity.AuthenticationType) プロパティのidentity.AuthenticationType値が使用されます。
BootstrapContext が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 プロパティの値。それ以外のidentity.BootStrapContext場合nullは 。
Claims パラメーターから初期化されます claims 。 が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identity、 からのidentity要求は、 パラメーターで指定された要求の前に新しいインスタンスにclaims追加されます。
IsAuthenticated メモ: アクセスすると、プロパティの値に IsAuthenticated 基づいて プロパティの値が AuthenticationType 返されます。
Label が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 プロパティの値。それ以外のidentity.Label場合nullは 。
Name が からClaimsIdentity割り当てられない場合identity、 が ではなく、 にではないnullnullプロパティがありますIIdentity.Name。名前要求は、 プロパティの値を使用して新しいインスタンスにIIdentity.Name追加されます。 メモ:アクセスすると、 および コレクションにNameNameClaimType基づいて プロパティの値がClaims返されます。
NameClaimType nameType パラメーターの値。 ただし、 パラメーターの値が null または 空のnameType文字列でidentity、 からClaimsIdentity割り当て可能な場合は、 プロパティの値が使用されます。それ以外のidentity.NameClaimType場合は がDefaultNameClaimType使用されます。
RoleClaimType roleClaimType パラメーターの値。 ただし、 パラメーターの値が null または 空のroleClaimType文字列で、 から ID が割り当て可能なClaimsIdentity場合は、 プロパティの値が使用されます。それ以外のidentity.RoleClaimType場合は がDefaultRoleClaimType使用されます。

適用対象

ClaimsIdentity(IEnumerable<Claim>, String, String, String)

ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs

指定したクレーム、認証の種類、名前クレームの種類、およびロール クレームの種類を使用して、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 ClaimsIdentity(System::Collections::Generic::IEnumerable<System::Security::Claims::Claim ^> ^ claims, System::String ^ authenticationType, System::String ^ nameType, System::String ^ roleType);
public ClaimsIdentity (System.Collections.Generic.IEnumerable<System.Security.Claims.Claim> claims, string authenticationType, string nameType, string roleType);
public ClaimsIdentity (System.Collections.Generic.IEnumerable<System.Security.Claims.Claim>? claims, string? authenticationType, string? nameType, string? roleType);
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : seq<System.Security.Claims.Claim> * string * string * string -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
Public Sub New (claims As IEnumerable(Of Claim), authenticationType As String, nameType As String, roleType As String)

パラメーター

claims
IEnumerable<Claim>

クレーム ID の設定に使用するクレーム。

authenticationType
String

使用されている認証の種類。

nameType
String

名前のクレームに使用するクレームの種類。

roleType
String

ロールのクレームに使用するクレームの種類。

注釈

ClaimsIdentity クラスのインスタンスのプロパティの初期値を次の表に示します。

プロパティ
Actor null.
AuthenticationType authenticationType パラメーターの値。 パラメーターが authenticationTypenull または空の文字列の場合、 プロパティは に null設定されます。
BootstrapContext null.
Claims パラメーターから初期化されます claims
IsAuthenticated メモ: アクセスすると、プロパティの値に IsAuthenticated 基づいて プロパティの値が AuthenticationType 返されます。
Label null.
Name メモ:アクセスすると、 および コレクションにNameNameClaimType基づいて プロパティの値がClaims返されます。
NameClaimType nameType パラメーターの値。 ただし、 パラメーターが nameTypenull または空の文字列の場合、 プロパティは に DefaultNameClaimType設定されます。
RoleClaimType roleClaimType パラメーターの値。 ただし、 パラメーターが roleClaimTypenull または空の文字列の場合、 プロパティは に DefaultRoleClaimType設定されます。

適用対象

ClaimsIdentity(String, String, String)

ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs

指定した認証の種類、名前クレームの種類、およびロール クレームの種類を使用して、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 ClaimsIdentity(System::String ^ authenticationType, System::String ^ nameType, System::String ^ roleType);
public ClaimsIdentity (string authenticationType, string nameType, string roleType);
public ClaimsIdentity (string? authenticationType, string? nameType, string? roleType);
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : string * string * string -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
Public Sub New (authenticationType As String, nameType As String, roleType As String)

パラメーター

authenticationType
String

使用されている認証の種類。

nameType
String

名前のクレームに使用するクレームの種類。

roleType
String

ロールのクレームに使用するクレームの種類。

注釈

ClaimsIdentity クラスのインスタンスのプロパティの初期値を次の表に示します。

プロパティ
Actor null.
AuthenticationType authenticationType パラメーターの値。 パラメーターが authenticationTypenull または空の文字列の場合、 プロパティは に null設定されます。
BootstrapContext null.
Claims 空のコレクション。
IsAuthenticated メモ: アクセスすると、プロパティの値に IsAuthenticated 基づいて プロパティの値が AuthenticationType 返されます。
Label null.
Name メモ:アクセスすると、 および コレクションにNameNameClaimType基づいて プロパティの値がClaims返されます。
NameClaimType nameType パラメーターの値。 パラメーターが nameType null または空の文字列の場合、 プロパティは に DefaultNameClaimType設定されます。
RoleClaimType roleType パラメーターの値。 パラメーターが roleType null または空の文字列の場合、 プロパティは に DefaultRoleClaimType設定されます。

適用対象

ClaimsIdentity(SerializationInfo, StreamingContext)

ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs

注意事項

This API supports obsolete formatter-based serialization. It should not be called or extended by application code.

ISerializable を使用して作成されたシリアル化ストリームから、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

protected:
 ClaimsIdentity(System::Runtime::Serialization::SerializationInfo ^ info, System::Runtime::Serialization::StreamingContext context);
protected ClaimsIdentity (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info, System.Runtime.Serialization.StreamingContext context);
[System.Obsolete("This API supports obsolete formatter-based serialization. It should not be called or extended by application code.", DiagnosticId="SYSLIB0051", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
protected ClaimsIdentity (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info, System.Runtime.Serialization.StreamingContext context);
[System.Security.SecurityCritical]
protected ClaimsIdentity (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info, System.Runtime.Serialization.StreamingContext context);
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
[<System.Obsolete("This API supports obsolete formatter-based serialization. It should not be called or extended by application code.", DiagnosticId="SYSLIB0051", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
[<System.Security.SecurityCritical>]
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo * System.Runtime.Serialization.StreamingContext -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
Protected Sub New (info As SerializationInfo, context As StreamingContext)

パラメーター

info
SerializationInfo

シリアル化データ。

context
StreamingContext

シリアル化のコンテキスト。

属性

例外

infonullです。

適用対象

ClaimsIdentity(IEnumerable<Claim>, String)

ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs

指定したクレームと認証の種類を使用して ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 ClaimsIdentity(System::Collections::Generic::IEnumerable<System::Security::Claims::Claim ^> ^ claims, System::String ^ authenticationType);
public ClaimsIdentity (System.Collections.Generic.IEnumerable<System.Security.Claims.Claim> claims, string authenticationType);
public ClaimsIdentity (System.Collections.Generic.IEnumerable<System.Security.Claims.Claim>? claims, string? authenticationType);
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : seq<System.Security.Claims.Claim> * string -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
Public Sub New (claims As IEnumerable(Of Claim), authenticationType As String)

パラメーター

claims
IEnumerable<Claim>

クレーム ID の設定に使用するクレーム。

authenticationType
String

使用されている認証の種類。

注釈

ClaimsIdentity クラスのインスタンスのプロパティの初期値を次の表に示します。

プロパティ
Actor null.
AuthenticationType authenticationType パラメーターの値。 パラメーターが authenticationTypenull または空の文字列の場合、 プロパティは に null設定されます。
BootstrapContext null.
Claims パラメーターから初期化されます claims
IsAuthenticated メモ: アクセスすると、プロパティの値に IsAuthenticated 基づいて プロパティの値が AuthenticationType 返されます。
Label null.
Name メモ:アクセスすると、 および コレクションにNameNameClaimType基づいて プロパティの値がClaims返されます。
NameClaimType DefaultNameClaimType.
RoleClaimType DefaultRoleClaimType.

適用対象

ClaimsIdentity(IIdentity, IEnumerable<Claim>)

ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs

指定したクレームと指定した ClaimsIdentity を使用して IIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 ClaimsIdentity(System::Security::Principal::IIdentity ^ identity, System::Collections::Generic::IEnumerable<System::Security::Claims::Claim ^> ^ claims);
public ClaimsIdentity (System.Security.Principal.IIdentity identity, System.Collections.Generic.IEnumerable<System.Security.Claims.Claim> claims);
public ClaimsIdentity (System.Security.Principal.IIdentity? identity, System.Collections.Generic.IEnumerable<System.Security.Claims.Claim>? claims);
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : System.Security.Principal.IIdentity * seq<System.Security.Claims.Claim> -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
Public Sub New (identity As IIdentity, claims As IEnumerable(Of Claim))

パラメーター

identity
IIdentity

新しいクレーム ID の基となる ID。

claims
IEnumerable<Claim>

クレーム ID の設定に使用するクレーム。

注釈

ClaimsIdentity クラスのインスタンスのプロパティの初期値を次の表に示します。

プロパティ
Actor が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 プロパティの値。それ以外のidentity.Actor場合nullは 。
AuthenticationType authenticationType パラメーター。 パラメーターが authenticationTypenull または空の文字列の場合は、 (IIdentity.AuthenticationType) プロパティのidentity.AuthenticationType値が使用されます。
BootstrapContext が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 プロパティの値。それ以外のidentity.BootStrapContext場合nullは 。
Claims パラメーターから初期化されます claims 。 が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identity、 からのidentity要求は、 パラメーターで指定された要求の前に新しいインスタンスにclaims追加されます。
IsAuthenticated メモ: アクセスすると、プロパティの値に IsAuthenticated 基づいて プロパティの値が AuthenticationType 返されます。
Label が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 プロパティの値。それ以外のidentity.Label場合nullは 。
Name が からClaimsIdentity割り当てられない場合identity、 が ではなく、 にではないnullnullプロパティがありますIIdentity.Name。名前要求は、 プロパティの値を使用して新しいインスタンスにIIdentity.Name追加されます。 メモ:アクセスすると、 および コレクションにNameNameClaimType基づいて プロパティの値がClaims返されます。
NameClaimType が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 プロパティのidentity.NameClaimType値が使用されます。それ以外の場合は がDefaultNameClaimType使用されます。
RoleClaimType が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 プロパティのidentity.RoleClaimType値が使用されます。それ以外の場合は がDefaultRoleClaimType使用されます。

適用対象

ClaimsIdentity(IIdentity)

ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs

指定した ClaimsIdentity の名前と認証の種類を使用して IIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 ClaimsIdentity(System::Security::Principal::IIdentity ^ identity);
public ClaimsIdentity (System.Security.Principal.IIdentity identity);
public ClaimsIdentity (System.Security.Principal.IIdentity? identity);
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : System.Security.Principal.IIdentity -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
Public Sub New (identity As IIdentity)

パラメーター

identity
IIdentity

新しいクレーム ID の基となる ID。

注釈

ClaimsIdentity クラスのインスタンスのプロパティの初期値を次の表に示します。

プロパティ
Actor が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 プロパティの値。それ以外のidentity.Actor場合nullは 。
AuthenticationType (IIdentity.AuthenticationType) プロパティのidentity.AuthenticationType値が使用されます。
BootstrapContext が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 プロパティの値。それ以外のidentity.BootStrapContext場合nullは 。
Claims が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 からのidentity要求が新しいインスタンスに追加されます。それ以外の場合は、空のコレクションです。
IsAuthenticated メモ: アクセスすると、プロパティの値に IsAuthenticated 基づいて プロパティの値が AuthenticationType 返されます。
Label が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 プロパティの値。それ以外のidentity.Label場合nullは 。
Name が からClaimsIdentity割り当てられない場合identity、 が ではなく、 にではないnullnullプロパティがありますIIdentity.Name。名前要求は、 プロパティの値を使用して新しいインスタンスにIIdentity.Name追加されます。 メモ:アクセスすると、 および コレクションにNameNameClaimType基づいて プロパティの値がClaims返されます。
NameClaimType が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 プロパティのidentity.NameClaimType値が使用されます。それ以外の場合は がDefaultNameClaimType使用されます。
RoleClaimType が からClaimsIdentity割り当て可能な場合identityは、 プロパティのidentity.RoleClaimType値が使用されます。それ以外の場合は がDefaultRoleClaimType使用されます。

適用対象

ClaimsIdentity(ClaimsIdentity)

ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs

既存の ClaimsIdentity インスタンスを使用して ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

protected:
 ClaimsIdentity(System::Security::Claims::ClaimsIdentity ^ other);
protected ClaimsIdentity (System.Security.Claims.ClaimsIdentity other);
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : System.Security.Claims.ClaimsIdentity -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
Protected Sub New (other As ClaimsIdentity)

パラメーター

other
ClaimsIdentity

コピーする ClaimsIdentity

例外

othernullです。

注釈

次の表は、 からコンストラクターに提供される クラスClaimsIdentityのインスタンスに対するプロパティ値のClaimsIdentity割り当てを示しています。

プロパティ
Actor プロパティの値が other.Actor でないClaimsIdentitynullother.Actor場合、 は複製され、割り当てられます。それ以外の場合nullは 。
AuthenticationType other.AuthenticationType プロパティの値。
BootstrapContext other.BootstrapContext プロパティの値。
Claims List<Claim>プロパティ内のクレーム (存在する場合) の other.Claims
Label other.Label プロパティの値。
NameClaimType other.NameClaimType プロパティの値。
RoleClaimType other.RoleClaimType プロパティの値。
CustomSerializationData が でないnullother.CustomSerializationData場合other.CustomSerializationDataは、複製されて割り当てられます。それ以外の場合nullは 。

適用対象

ClaimsIdentity(SerializationInfo)

ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs

注意事項

This API supports obsolete formatter-based serialization. It should not be called or extended by application code.

ISerializable を使用して作成されたシリアル化ストリームから、ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

protected:
 ClaimsIdentity(System::Runtime::Serialization::SerializationInfo ^ info);
protected ClaimsIdentity (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info);
[System.Obsolete("This API supports obsolete formatter-based serialization. It should not be called or extended by application code.", DiagnosticId="SYSLIB0051", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
protected ClaimsIdentity (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info);
[System.Security.SecurityCritical]
protected ClaimsIdentity (System.Runtime.Serialization.SerializationInfo info);
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
[<System.Obsolete("This API supports obsolete formatter-based serialization. It should not be called or extended by application code.", DiagnosticId="SYSLIB0051", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
[<System.Security.SecurityCritical>]
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : System.Runtime.Serialization.SerializationInfo -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
Protected Sub New (info As SerializationInfo)

パラメーター

info
SerializationInfo

シリアル化データ。

属性

例外

infonullです。

適用対象

ClaimsIdentity(BinaryReader)

ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs

BinaryReader を指定して、ClaimsIdentity のインスタンスを初期化します。

public:
 ClaimsIdentity(System::IO::BinaryReader ^ reader);
public ClaimsIdentity (System.IO.BinaryReader reader);
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : System.IO.BinaryReader -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
Public Sub New (reader As BinaryReader)

パラメーター

例外

readernullです。

注釈

通常、リーダーは から返されたバイトから WriteTo構築されます。

適用対象

ClaimsIdentity(IEnumerable<Claim>)

ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs

ClaimsIdentity オブジェクトの列挙された配列を使用して、Claim クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 ClaimsIdentity(System::Collections::Generic::IEnumerable<System::Security::Claims::Claim ^> ^ claims);
public ClaimsIdentity (System.Collections.Generic.IEnumerable<System.Security.Claims.Claim> claims);
public ClaimsIdentity (System.Collections.Generic.IEnumerable<System.Security.Claims.Claim>? claims);
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : seq<System.Security.Claims.Claim> -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
Public Sub New (claims As IEnumerable(Of Claim))

パラメーター

claims
IEnumerable<Claim>

クレーム ID の設定に使用するクレーム。

注釈

ClaimsIdentity クラスのインスタンスのプロパティの初期値を次の表に示します。

プロパティ
Actor null.
AuthenticationType null.
BootstrapContext null.
Claims パラメーターから初期化されます claims
IsAuthenticated メモ: アクセスすると、プロパティの値に IsAuthenticated 基づいて プロパティの値が AuthenticationType 返されます。
Label null.
Name メモ:アクセスすると、 および コレクションにNameNameClaimType基づいて プロパティの値がClaims返されます。
NameClaimType DefaultNameClaimType.
RoleClaimType DefaultRoleClaimType.

適用対象

ClaimsIdentity(String)

ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs
ソース:
ClaimsIdentity.cs

空のクレームのコレクションと指定した認証の種類で ClaimsIdentity クラスの新しいインスタンスを初期化します。

public:
 ClaimsIdentity(System::String ^ authenticationType);
public ClaimsIdentity (string authenticationType);
public ClaimsIdentity (string? authenticationType);
new System.Security.Claims.ClaimsIdentity : string -> System.Security.Claims.ClaimsIdentity
Public Sub New (authenticationType As String)

パラメーター

authenticationType
String

使用されている認証の種類。

注釈

ClaimsIdentity クラスのインスタンスのプロパティの初期値を次の表に示します。

プロパティ
Actor null.
AuthenticationType authenticationType パラメーターの値。 パラメーターが authenticationTypenull または空の文字列の場合、 プロパティは に null設定されます。
BootstrapContext null.
Claims 空のコレクション。
IsAuthenticated メモ: アクセスすると、プロパティの値に IsAuthenticated 基づいて プロパティの値が AuthenticationType 返されます。
Label null.
Name メモ:アクセスすると、 および コレクションにNameNameClaimType基づいて プロパティの値がClaims返されます。
NameClaimType DefaultNameClaimType.
RoleClaimType DefaultRoleClaimType.

適用対象