HMAC.Create メソッド

定義

ハッシュ ベース メッセージ認証コード (HMAC) の実装のインスタンスを作成します。

オーバーロード

Create()
古い.
古い.

ハッシュ ベース メッセージ認証コード (HMAC) の既定の実装のインスタンスを作成します。

Create(String)
古い.

ハッシュ ベース メッセージ認証コード (HMAC) の指定した実装のインスタンスを作成します。

Create()

注意事項

The default implementation of this cryptography algorithm is not supported

注意事項

The default implementation of this cryptography algorithm is not supported.

ハッシュ ベース メッセージ認証コード (HMAC) の既定の実装のインスタンスを作成します。

public:
 static System::Security::Cryptography::HMAC ^ Create();
[System.Obsolete("The default implementation of this cryptography algorithm is not supported", DiagnosticId="SYSLIB0007", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
public static System.Security.Cryptography.HMAC Create ();
[System.Obsolete("The default implementation of this cryptography algorithm is not supported.", DiagnosticId="SYSLIB0007", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
public static System.Security.Cryptography.HMAC Create ();
public static System.Security.Cryptography.HMAC Create ();
[<System.Obsolete("The default implementation of this cryptography algorithm is not supported", DiagnosticId="SYSLIB0007", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
static member Create : unit -> System.Security.Cryptography.HMAC
[<System.Obsolete("The default implementation of this cryptography algorithm is not supported.", DiagnosticId="SYSLIB0007", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
static member Create : unit -> System.Security.Cryptography.HMAC
static member Create : unit -> System.Security.Cryptography.HMAC
Public Shared Function Create () As HMAC

戻り値

<cryptoClass> 要素を使用して既定の設定が変更されていない限り、新しい SHA-1 のインスタンス。

属性

例外

.NET Core 2.0 - 3.1 および .NET 5 以降: すべての場合。

注釈

このメソッドは、.NET 5 以降のバージョンでは使用されていません。

既定では、このオーバーロードでは HMAC の SHA-1 実装が使用されます。 別の実装を指定する場合は、 オーバーロードを Create(String) 使用します。これにより、代わりにアルゴリズム名を指定できます。

SHA-1 との競合の問題により、Microsoftは SHA-256 以上に基づくセキュリティ モデルを推奨しています。

適用対象

Create(String)

注意事項

Cryptographic factory methods accepting an algorithm name are obsolete. Use the parameterless Create factory method on the algorithm type instead.

ハッシュ ベース メッセージ認証コード (HMAC) の指定した実装のインスタンスを作成します。

public:
 static System::Security::Cryptography::HMAC ^ Create(System::String ^ algorithmName);
public static System.Security.Cryptography.HMAC? Create (string algorithmName);
[System.Obsolete("Cryptographic factory methods accepting an algorithm name are obsolete. Use the parameterless Create factory method on the algorithm type instead.", DiagnosticId="SYSLIB0045", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")]
public static System.Security.Cryptography.HMAC? Create (string algorithmName);
public static System.Security.Cryptography.HMAC Create (string algorithmName);
static member Create : string -> System.Security.Cryptography.HMAC
[<System.Obsolete("Cryptographic factory methods accepting an algorithm name are obsolete. Use the parameterless Create factory method on the algorithm type instead.", DiagnosticId="SYSLIB0045", UrlFormat="https://aka.ms/dotnet-warnings/{0}")>]
static member Create : string -> System.Security.Cryptography.HMAC
Public Shared Function Create (algorithmName As String) As HMAC

パラメーター

algorithmName
String

使用する HMAC 実装。 algorithmName パラメーターの有効値、およびそれらの割り当て先のアルゴリズムを次の表に示します。

パラメーター値
System.Security.Cryptography.HMACHMACSHA1
System.Security.Cryptography.KeyedHashAlgorithmHMACSHA1
HMACMD5HMACMD5
System.Security.Cryptography.HMACMD5HMACMD5
HMACRIPEMD160HMACRIPEMD160
System.Security.Cryptography.HMACRIPEMD160HMACRIPEMD160
HMACSHA1HMACSHA1
System.Security.Cryptography.HMACSHA1HMACSHA1
HMACSHA256HMACSHA256
System.Security.Cryptography.HMACSHA256HMACSHA256
HMACSHA384HMACSHA384
System.Security.Cryptography.HMACSHA384HMACSHA384
HMACSHA512HMACSHA512
System.Security.Cryptography.HMACSHA512HMACSHA512
MACTripleDESMACTripleDES
System.Security.Cryptography.MACTripleDESMACTripleDES

戻り値

指定した HMAC 実装の新しいインスタンス。

属性

注釈

HMAC では、MD5、SHA-1、SHA-256、RIPEMD160 など、さまざまなハッシュ アルゴリズムがサポートされています。 完全な一覧については、 パラメーターでサポートされている値を algorithmName 参照してください。

MD5 と SHA-1 の競合の問題により、Microsoftは SHA-256 以上に基づくセキュリティ モデルを推奨しています。

適用対象