Encoding.GetBytes メソッド

定義

派生クラスでオーバーライドされた場合、文字のセットをバイト シーケンスにエンコードします。

オーバーロード

GetBytes(Char[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されているすべての文字をバイト シーケンスにエンコードします。

GetBytes(String)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列に含まれるすべての文字をバイト シーケンスにエンコードします。

GetBytes(ReadOnlySpan<Char>, Span<Byte>)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した読み取り専用スパンに格納されている文字のセットをバイトのスパンにエンコードします。

GetBytes(Char[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されている文字のセットをバイト シーケンスにエンコードします。

GetBytes(String, Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列内の count で指定した数の文字を、指定した index からバイト配列にエンコードします。

GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字ポインターで始まる文字のセットを、指定したバイト ポインターを開始位置として格納されるバイト シーケンスにエンコードします。

GetBytes(Char[], Int32, Int32, Byte[], Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されている文字のセットを、指定したバイト配列にエンコードします。

GetBytes(String, Int32, Int32, Byte[], Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列に含まれる文字のセットを、指定したバイト配列にエンコードします。

GetBytes(Char[])

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されているすべての文字をバイト シーケンスにエンコードします。

public:
 virtual cli::array <System::Byte> ^ GetBytes(cli::array <char> ^ chars);
public virtual byte[] GetBytes (char[] chars);
abstract member GetBytes : char[] -> byte[]
override this.GetBytes : char[] -> byte[]
Public Overridable Function GetBytes (chars As Char()) As Byte()

パラメーター

chars
Char[]

エンコード対象の文字を格納している文字配列。

戻り値

Byte[]

指定した文字のセットをエンコードした結果を格納しているバイト配列。

例外

charsnullです。

フォールバックが発生しました (詳細については「.NET での文字エンコード」を参照)

および

EncoderFallbackEncoderExceptionFallback に設定されます。

次の例では、文字配列をエンコードし、文字をエンコードし、結果のバイトを表示するために必要なバイト数を決定します。

using namespace System;
using namespace System::Text;
void PrintCountsAndBytes( array<Char>^chars, Encoding^ enc );
void PrintHexBytes( array<Byte>^bytes );
int main()
{
   
   // The characters to encode:
   //    Latin Small Letter Z (U+007A)
   //    Latin Small Letter A (U+0061)
   //    Combining Breve (U+0306)
   //    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
   //    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
   //    a high-surrogate value (U+D8FF)
   //    a low-surrogate value (U+DCFF)
   array<Char>^myChars = gcnew array<Char>{
      L'z','a',L'\u0306',L'\u01FD',L'\u03B2',L'\xD8FF',L'\xDCFF'
   };
   
   // Get different encodings.
   Encoding^ u7 = Encoding::UTF7;
   Encoding^ u8 = Encoding::UTF8;
   Encoding^ u16LE = Encoding::Unicode;
   Encoding^ u16BE = Encoding::BigEndianUnicode;
   Encoding^ u32 = Encoding::UTF32;
   
   // Encode the entire array, and print out the counts and the resulting bytes.
   PrintCountsAndBytes( myChars, u7 );
   PrintCountsAndBytes( myChars, u8 );
   PrintCountsAndBytes( myChars, u16LE );
   PrintCountsAndBytes( myChars, u16BE );
   PrintCountsAndBytes( myChars, u32 );
}

void PrintCountsAndBytes( array<Char>^chars, Encoding^ enc )
{
   
   // Display the name of the encoding used.
   Console::Write( "{0,-30} :", enc );
   
   // Display the exact byte count.
   int iBC = enc->GetByteCount( chars );
   Console::Write( " {0,-3}", iBC );
   
   // Display the maximum byte count.
   int iMBC = enc->GetMaxByteCount( chars->Length );
   Console::Write( " {0,-3} :", iMBC );
   
   // Encode the array of chars.
   array<Byte>^bytes = enc->GetBytes( chars );
   
   // Display all the encoded bytes.
   PrintHexBytes( bytes );
}

void PrintHexBytes( array<Byte>^bytes )
{
   if ( (bytes == nullptr) || (bytes->Length == 0) )
      Console::WriteLine( "<none>" );
   else
   {
      for ( int i = 0; i < bytes->Length; i++ )
         Console::Write( "{0:X2} ", bytes[ i ] );
      Console::WriteLine();
   }
}

/* 
This code produces the following output.

System.Text.UTF7Encoding       : 18  23  :7A 61 2B 41 77 59 42 2F 51 4F 79 32 50 2F 63 2F 77 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 12  24  :7A 61 CC 86 C7 BD CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :7A 00 61 00 06 03 FD 01 B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :00 7A 00 61 03 06 01 FD 03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 24  32  :7A 00 00 00 61 00 00 00 06 03 00 00 FD 01 00 00 B2 03 00 00 FF FC 04 00

*/
using System;
using System.Text;

public class SamplesEncoding  {

   public static void Main()  {

      // The characters to encode:
      //    Latin Small Letter Z (U+007A)
      //    Latin Small Letter A (U+0061)
      //    Combining Breve (U+0306)
      //    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
      //    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
      //    a high-surrogate value (U+D8FF)
      //    a low-surrogate value (U+DCFF)
      char[] myChars = new char[] { 'z', 'a', '\u0306', '\u01FD', '\u03B2', '\uD8FF', '\uDCFF' };

      // Get different encodings.
      Encoding  u7    = Encoding.UTF7;
      Encoding  u8    = Encoding.UTF8;
      Encoding  u16LE = Encoding.Unicode;
      Encoding  u16BE = Encoding.BigEndianUnicode;
      Encoding  u32   = Encoding.UTF32;

      // Encode the entire array, and print out the counts and the resulting bytes.
      PrintCountsAndBytes( myChars, u7 );
      PrintCountsAndBytes( myChars, u8 );
      PrintCountsAndBytes( myChars, u16LE );
      PrintCountsAndBytes( myChars, u16BE );
      PrintCountsAndBytes( myChars, u32 );
   }

   public static void PrintCountsAndBytes( char[] chars, Encoding enc )  {

      // Display the name of the encoding used.
      Console.Write( "{0,-30} :", enc.ToString() );

      // Display the exact byte count.
      int iBC  = enc.GetByteCount( chars );
      Console.Write( " {0,-3}", iBC );

      // Display the maximum byte count.
      int iMBC = enc.GetMaxByteCount( chars.Length );
      Console.Write( " {0,-3} :", iMBC );

      // Encode the array of chars.
      byte[] bytes = enc.GetBytes( chars );

      // Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes( bytes );
   }

   public static void PrintHexBytes( byte[] bytes )  {

      if (( bytes == null ) || ( bytes.Length == 0 ))
        {
            Console.WriteLine( "<none>" );
        }
        else  {
         for ( int i = 0; i < bytes.Length; i++ )
            Console.Write( "{0:X2} ", bytes[i] );
         Console.WriteLine();
      }
   }
}


/* 
This code produces the following output.

System.Text.UTF7Encoding       : 18  23  :7A 61 2B 41 77 59 42 2F 51 4F 79 32 50 2F 63 2F 77 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 12  24  :7A 61 CC 86 C7 BD CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :7A 00 61 00 06 03 FD 01 B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :00 7A 00 61 03 06 01 FD 03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 24  32  :7A 00 00 00 61 00 00 00 06 03 00 00 FD 01 00 00 B2 03 00 00 FF FC 04 00

*/
Imports System.Text

Public Class SamplesEncoding   

   Public Shared Sub Main()

      ' The characters to encode:
      '    Latin Small Letter Z (U+007A)
      '    Latin Small Letter A (U+0061)
      '    Combining Breve (U+0306)
      '    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
      '    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
      '    a high-surrogate value (U+D8FF)
      '    a low-surrogate value (U+DCFF)
      Dim myChars() As Char = {"z"c, "a"c, ChrW(&H0306), ChrW(&H01FD), ChrW(&H03B2), ChrW(&HD8FF), ChrW(&HDCFF)}
 

      ' Get different encodings.
      Dim u7 As Encoding = Encoding.UTF7
      Dim u8 As Encoding = Encoding.UTF8
      Dim u16LE As Encoding = Encoding.Unicode
      Dim u16BE As Encoding = Encoding.BigEndianUnicode
      Dim u32 As Encoding = Encoding.UTF32

      ' Encode the entire array, and print out the counts and the resulting bytes.
      PrintCountsAndBytes(myChars, u7)
      PrintCountsAndBytes(myChars, u8)
      PrintCountsAndBytes(myChars, u16LE)
      PrintCountsAndBytes(myChars, u16BE)
      PrintCountsAndBytes(myChars, u32)

   End Sub


   Public Shared Sub PrintCountsAndBytes(chars() As Char, enc As Encoding)

      ' Display the name of the encoding used.
      Console.Write("{0,-30} :", enc.ToString())

      ' Display the exact byte count.
      Dim iBC As Integer = enc.GetByteCount(chars)
      Console.Write(" {0,-3}", iBC)

      ' Display the maximum byte count.
      Dim iMBC As Integer = enc.GetMaxByteCount(chars.Length)
      Console.Write(" {0,-3} :", iMBC)

      ' Encode the array of chars.
      Dim bytes As Byte() = enc.GetBytes(chars)

      ' Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes(bytes)

   End Sub


   Public Shared Sub PrintHexBytes(bytes() As Byte)

      If bytes Is Nothing OrElse bytes.Length = 0 Then
         Console.WriteLine("<none>")
      Else
         Dim i As Integer
         For i = 0 To bytes.Length - 1
            Console.Write("{0:X2} ", bytes(i))
         Next i
         Console.WriteLine()
      End If

   End Sub

End Class


'This code produces the following output.
'
'System.Text.UTF7Encoding       : 18  23  :7A 61 2B 41 77 59 42 2F 51 4F 79 32 50 2F 63 2F 77 2D
'System.Text.UTF8Encoding       : 12  24  :7A 61 CC 86 C7 BD CE B2 F1 8F B3 BF
'System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :7A 00 61 00 06 03 FD 01 B2 03 FF D8 FF DC
'System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :00 7A 00 61 03 06 01 FD 03 B2 D8 FF DC FF
'System.Text.UTF32Encoding      : 24  32  :7A 00 00 00 61 00 00 00 06 03 00 00 FD 01 00 00 B2 03 00 00 FF FC 04 00

注釈

変換するデータが、連続したブロック (ストリームから読み取られたデータなど) でのみ使用可能な場合、またはデータの量が大きく、小さいブロックに分割する必要がある場合は、 Decoder Encoder GetDecoder 派生クラスのメソッドまたはメソッドによって提供されるまたはを使用する必要があり GetEncoder ます。

メソッドによって、 GetByteCount Unicode 文字のセットをエンコードするバイト数が決定され、 GetBytes メソッドは実際のエンコーディングを実行します。 メソッドは、 GetBytes Encoder.GetBytes 1 つの入力ストリームに対して複数の変換を処理するメソッドとは対照的に、離散変換を必要とします。

とのいくつかのバージョン GetByteCount GetBytes がサポートされています。 これらのメソッドを使用するためのプログラミング上の考慮事項を次に示します。

  • アプリでは、多くの入力文字をコードページにエンコードし、複数の呼び出しを使用してそれらの文字を処理することが必要になる場合があります。 この場合は、使用されているオブジェクトによって保持されている状態を考慮して、呼び出しの間で状態を維持する必要があり Encoder ます。 (たとえば、サロゲートペアを含む文字シーケンスは、上位サロゲートで終了する場合があります。 は、 Encoder 上位サロゲートと結合して、次の呼び出しの開始時に下位サロゲートと組み合わせることができることを覚えています。 Encodingは状態を保持できないため、文字はに送信され EncoderFallback ます)。

  • アプリが文字列入力を処理する場合は、メソッドの文字列バージョンを呼び出す必要があり GetBytes ます。

  • の Unicode 文字バッファーバージョンでは、 GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32) 特にオブジェクトを使用した複数の呼び出しや既存のバッファーへの挿入など、いくつかの高速な手法を使用でき Encoder ます。 ただし、ポインターが必要であるため、このメソッドのバージョンは安全でない場合があることに注意してください。

  • アプリで大量のデータを変換する必要がある場合は、出力バッファーを再利用する必要があります。 この場合、 GetBytes バイト配列をサポートするバージョンが最適な選択肢です。

  • ではなく、メソッドを使用することを検討してください Encoder.Convert GetByteCount 。 変換メソッドは、可能な限り多くのデータを変換し、出力バッファーが小さすぎる場合は例外をスローします。 ストリームを連続エンコードする場合は、この方法が最適な選択肢です。

こちらもご覧ください

適用対象

GetBytes(String)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列に含まれるすべての文字をバイト シーケンスにエンコードします。

public:
 virtual cli::array <System::Byte> ^ GetBytes(System::String ^ s);
public virtual byte[] GetBytes (string s);
abstract member GetBytes : string -> byte[]
override this.GetBytes : string -> byte[]
Public Overridable Function GetBytes (s As String) As Byte()

パラメーター

s
String

エンコードする文字を含む文字列。

戻り値

Byte[]

指定した文字のセットをエンコードした結果を格納しているバイト配列。

例外

snullです。

フォールバックが発生しました (詳細については「.NET での文字エンコード」を参照)

および

EncoderFallbackEncoderExceptionFallback に設定されます。

次の例では、文字列または文字列の範囲をエンコードするために必要なバイト数を決定し、文字をエンコードして、結果のバイトを表示します。

using namespace System;
using namespace System::Text;
void PrintCountsAndBytes( String^ s, Encoding^ enc );
void PrintCountsAndBytes( String^ s, int index, int count, Encoding^ enc );
void PrintHexBytes( array<Byte>^bytes );
int main()
{
   
   // The characters to encode:
   //    Latin Small Letter Z (U+007A)
   //    Latin Small Letter A (U+0061)
   //    Combining Breve (U+0306)
   //    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
   //    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
   //    a high-surrogate value (U+D8FF)
   //    a low-surrogate value (U+DCFF)
   String^ myStr = L"za\u0306\u01FD\u03B2\xD8FF\xDCFF";
   
   // Get different encodings.
   Encoding^ u7 = Encoding::UTF7;
   Encoding^ u8 = Encoding::UTF8;
   Encoding^ u16LE = Encoding::Unicode;
   Encoding^ u16BE = Encoding::BigEndianUnicode;
   Encoding^ u32 = Encoding::UTF32;
   
   // Encode the entire string, and print out the counts and the resulting bytes.
   Console::WriteLine( "Encoding the entire string:" );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u7 );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u8 );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u16LE );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u16BE );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u32 );
   Console::WriteLine();
   
   // Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
   Console::WriteLine( "Encoding the characters from index 4 through 6:" );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u7 );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u8 );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u16LE );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u16BE );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u32 );
}

void PrintCountsAndBytes( String^ s, Encoding^ enc )
{
   
   // Display the name of the encoding used.
   Console::Write( "{0,-30} :", enc );
   
   // Display the exact byte count.
   int iBC = enc->GetByteCount( s );
   Console::Write( " {0,-3}", iBC );
   
   // Display the maximum byte count.
   int iMBC = enc->GetMaxByteCount( s->Length );
   Console::Write( " {0,-3} :", iMBC );
   
   // Encode the entire string.
   array<Byte>^bytes = enc->GetBytes( s );
   
   // Display all the encoded bytes.
   PrintHexBytes( bytes );
}

void PrintCountsAndBytes( String^ s, int index, int count, Encoding^ enc )
{
   
   // Display the name of the encoding used.
   Console::Write( "{0,-30} :", enc );
   
   // Display the exact byte count.
   int iBC = enc->GetByteCount( s->ToCharArray(), index, count );
   Console::Write( " {0,-3}", iBC );
   
   // Display the maximum byte count.
   int iMBC = enc->GetMaxByteCount( count );
   Console::Write( " {0,-3} :", iMBC );
   
   // Encode a range of characters in the string.
   array<Byte>^bytes = gcnew array<Byte>(iBC);
   enc->GetBytes( s, index, count, bytes, bytes->GetLowerBound( 0 ) );
   
   // Display all the encoded bytes.
   PrintHexBytes( bytes );
}

void PrintHexBytes( array<Byte>^bytes )
{
   if ( (bytes == nullptr) || (bytes->Length == 0) )
      Console::WriteLine( "<none>" );
   else
   {
      for ( int i = 0; i < bytes->Length; i++ )
         Console::Write( "{0:X2} ", bytes[ i ] );
      Console::WriteLine();
   }
}

/* 
This code produces the following output.

Encoding the entire string:
System.Text.UTF7Encoding       : 18  23  :7A 61 2B 41 77 59 42 2F 51 4F 79 32 50 2F 63 2F 77 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 12  24  :7A 61 CC 86 C7 BD CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :7A 00 61 00 06 03 FD 01 B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :00 7A 00 61 03 06 01 FD 03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 24  32  :7A 00 00 00 61 00 00 00 06 03 00 00 FD 01 00 00 B2 03 00 00 FF FC 04 00

Encoding the characters from index 4 through 6:
System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

*/
using System;
using System.Text;

public class SamplesEncoding  {

   public static void Main()  {

      // The characters to encode:
      //    Latin Small Letter Z (U+007A)
      //    Latin Small Letter A (U+0061)
      //    Combining Breve (U+0306)
      //    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
      //    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
      //    a high-surrogate value (U+D8FF)
      //    a low-surrogate value (U+DCFF)
      String myStr = "za\u0306\u01FD\u03B2\uD8FF\uDCFF";

      // Get different encodings.
      Encoding  u7    = Encoding.UTF7;
      Encoding  u8    = Encoding.UTF8;
      Encoding  u16LE = Encoding.Unicode;
      Encoding  u16BE = Encoding.BigEndianUnicode;
      Encoding  u32   = Encoding.UTF32;

      // Encode the entire string, and print out the counts and the resulting bytes.
      Console.WriteLine( "Encoding the entire string:" );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u7 );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u8 );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u16LE );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u16BE );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u32 );

      Console.WriteLine();

      // Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
      Console.WriteLine( "Encoding the characters from index 4 through 6:" );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u7 );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u8 );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u16LE );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u16BE );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u32 );
   }

   public static void PrintCountsAndBytes( String s, Encoding enc )  {

      // Display the name of the encoding used.
      Console.Write( "{0,-30} :", enc.ToString() );

      // Display the exact byte count.
      int iBC  = enc.GetByteCount( s );
      Console.Write( " {0,-3}", iBC );

      // Display the maximum byte count.
      int iMBC = enc.GetMaxByteCount( s.Length );
      Console.Write( " {0,-3} :", iMBC );

      // Encode the entire string.
      byte[] bytes = enc.GetBytes( s );

      // Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes( bytes );
   }

   public static void PrintCountsAndBytes( String s, int index, int count, Encoding enc )  {

      // Display the name of the encoding used.
      Console.Write( "{0,-30} :", enc.ToString() );

      // Display the exact byte count.
      int iBC  = enc.GetByteCount( s.ToCharArray(), index, count );
      Console.Write( " {0,-3}", iBC );

      // Display the maximum byte count.
      int iMBC = enc.GetMaxByteCount( count );
      Console.Write( " {0,-3} :", iMBC );

      // Encode a range of characters in the string.
      byte[] bytes = new byte[iBC];
      enc.GetBytes( s, index, count, bytes, bytes.GetLowerBound(0) );

      // Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes( bytes );
   }

   public static void PrintHexBytes( byte[] bytes )  {

      if (( bytes == null ) || ( bytes.Length == 0 ))
        {
            Console.WriteLine( "<none>" );
        }
        else  {
         for ( int i = 0; i < bytes.Length; i++ )
            Console.Write( "{0:X2} ", bytes[i] );
         Console.WriteLine();
      }
   }
}


/* 
This code produces the following output.

Encoding the entire string:
System.Text.UTF7Encoding       : 18  23  :7A 61 2B 41 77 59 42 2F 51 4F 79 32 50 2F 63 2F 77 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 12  24  :7A 61 CC 86 C7 BD CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :7A 00 61 00 06 03 FD 01 B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :00 7A 00 61 03 06 01 FD 03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 24  32  :7A 00 00 00 61 00 00 00 06 03 00 00 FD 01 00 00 B2 03 00 00 FF FC 04 00

Encoding the characters from index 4 through 6:
System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

*/
Imports System.Text

Public Class SamplesEncoding   

   Public Shared Sub Main()

      ' The characters to encode:
      '    Latin Small Letter Z (U+007A)
      '    Latin Small Letter A (U+0061)
      '    Combining Breve (U+0306)
      '    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
      '    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
      '    a high-surrogate value (U+D8FF)
      '    a low-surrogate value (U+DCFF)
      Dim myStr As String = "za" & ChrW(&H0306) & ChrW(&H01FD) & ChrW(&H03B2) & ChrW(&HD8FF) & ChrW(&HDCFF)

      ' Get different encodings.
      Dim u7 As Encoding = Encoding.UTF7
      Dim u8 As Encoding = Encoding.UTF8
      Dim u16LE As Encoding = Encoding.Unicode
      Dim u16BE As Encoding = Encoding.BigEndianUnicode
      Dim u32 As Encoding = Encoding.UTF32

      ' Encode the entire string, and print out the counts and the resulting bytes.
      Console.WriteLine("Encoding the entire string:")
      PrintCountsAndBytes(myStr, u7)
      PrintCountsAndBytes(myStr, u8)
      PrintCountsAndBytes(myStr, u16LE)
      PrintCountsAndBytes(myStr, u16BE)
      PrintCountsAndBytes(myStr, u32)

      Console.WriteLine()

      ' Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
      Console.WriteLine("Encoding the characters from index 4 through 6:")
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u7)
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u8)
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u16LE)
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u16BE)
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u32)

   End Sub


   Overloads Public Shared Sub PrintCountsAndBytes(s As String, enc As Encoding)

      ' Display the name of the encoding used.
      Console.Write("{0,-30} :", enc.ToString())

      ' Display the exact byte count.
      Dim iBC As Integer = enc.GetByteCount(s)
      Console.Write(" {0,-3}", iBC)

      ' Display the maximum byte count.
      Dim iMBC As Integer = enc.GetMaxByteCount(s.Length)
      Console.Write(" {0,-3} :", iMBC)

      ' Encode the entire string.
      Dim bytes As Byte() = enc.GetBytes(s)

      ' Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes(bytes)

   End Sub


   Overloads Public Shared Sub PrintCountsAndBytes(s As String, index As Integer, count As Integer, enc As Encoding)

      ' Display the name of the encoding used.
      Console.Write("{0,-30} :", enc.ToString())

      ' Display the exact byte count.
      Dim iBC As Integer = enc.GetByteCount(s.ToCharArray(), index, count)
      Console.Write(" {0,-3}", iBC)

      ' Display the maximum byte count.
      Dim iMBC As Integer = enc.GetMaxByteCount(count)
      Console.Write(" {0,-3} :", iMBC)

      ' Encode a range of characters in the string.
      ' NOTE: In VB.NET, arrays contain one extra element by default.
      '       The following line creates the array with the exact number of elements required.
      Dim bytes(iBC - 1) As Byte
      enc.GetBytes(s, index, count, bytes, bytes.GetLowerBound(0))

      ' Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes(bytes)

   End Sub


   Public Shared Sub PrintHexBytes(bytes() As Byte)

      If bytes Is Nothing OrElse bytes.Length = 0 Then
         Console.WriteLine("<none>")
      Else
         Dim i As Integer
         For i = 0 To bytes.Length - 1
            Console.Write("{0:X2} ", bytes(i))
         Next i
         Console.WriteLine()
      End If

   End Sub

End Class


'This code produces the following output.
'
'Encoding the entire string:
'System.Text.UTF7Encoding       : 18  23  :7A 61 2B 41 77 59 42 2F 51 4F 79 32 50 2F 63 2F 77 2D
'System.Text.UTF8Encoding       : 12  24  :7A 61 CC 86 C7 BD CE B2 F1 8F B3 BF
'System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :7A 00 61 00 06 03 FD 01 B2 03 FF D8 FF DC
'System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :00 7A 00 61 03 06 01 FD 03 B2 D8 FF DC FF
'System.Text.UTF32Encoding      : 24  32  :7A 00 00 00 61 00 00 00 06 03 00 00 FD 01 00 00 B2 03 00 00 FF FC 04 00
'
'Encoding the characters from index 4 through 6:
'System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
'System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
'System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
'System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
'System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

注釈

変換するデータが、連続したブロック (ストリームから読み取られたデータなど) でのみ使用可能な場合、またはデータの量が大きく、小さいブロックに分割する必要がある場合は、 Decoder Encoder GetDecoder 派生クラスのメソッドまたはメソッドによって提供されるまたはを使用する必要があり GetEncoder ます。

メソッドによって、 GetByteCount Unicode 文字のセットをエンコードするバイト数が決定され、 GetBytes メソッドは実際のエンコーディングを実行します。 メソッドは、 Encoding.GetBytes Encoder.GetBytes 1 つの入力ストリームに対して複数の変換を処理するメソッドとは対照的に、離散変換を必要とします。

とのいくつかのバージョン GetByteCount GetBytes がサポートされています。 これらのメソッドを使用するためのプログラミング上の考慮事項を次に示します。

  • アプリでは、多くの入力文字をコードページにエンコードし、複数の呼び出しを使用してそれらの文字を処理することが必要になる場合があります。 この場合は、使用されているオブジェクトによって保持されている状態を考慮して、呼び出しの間で状態を維持する必要があり Encoder ます。 (たとえば、サロゲートペアを含む文字シーケンスは、上位サロゲートで終了する場合があります。 は、 Encoder 上位サロゲートと結合して、次の呼び出しの開始時に下位サロゲートと組み合わせることができることを覚えています。 Encodingは状態を保持できないため、文字はに送信され EncoderFallback ます)。

  • アプリが文字列入力を処理する場合は、の文字列バージョンを使用する必要があり GetBytes ます。

  • の Unicode 文字バッファーバージョンでは、 GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32) 特にオブジェクトを使用した複数の呼び出しや既存のバッファーへの挿入など、いくつかの高速な手法を使用でき Encoder ます。 ただし、ポインターが必要であるため、このメソッドのバージョンは安全でない場合があることに注意してください。

  • アプリで大量のデータを変換する必要がある場合は、出力バッファーを再利用する必要があります。 この場合、 GetBytes バイト配列をサポートするバージョンが最適な選択肢です。

  • ではなく、メソッドを使用することを検討してください Encoder.Convert GetByteCount 。 変換メソッドは、可能な限り多くのデータを変換し、出力バッファーが小さすぎる場合は例外をスローします。 ストリームを連続エンコードする場合は、この方法が最適な選択肢です。

こちらもご覧ください

適用対象

GetBytes(ReadOnlySpan<Char>, Span<Byte>)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した読み取り専用スパンに格納されている文字のセットをバイトのスパンにエンコードします。

public:
 virtual int GetBytes(ReadOnlySpan<char> chars, Span<System::Byte> bytes);
public virtual int GetBytes (ReadOnlySpan<char> chars, Span<byte> bytes);
abstract member GetBytes : ReadOnlySpan<char> * Span<byte> -> int
override this.GetBytes : ReadOnlySpan<char> * Span<byte> -> int
Public Overridable Function GetBytes (chars As ReadOnlySpan(Of Char), bytes As Span(Of Byte)) As Integer

パラメーター

chars
ReadOnlySpan<Char>

エンコード対象の文字のセットを格納しているスパン。

bytes
Span<Byte>

エンコードされたバイトを格納するバイト スパン。

戻り値

Int32

エンコードされたバイト数。

注釈

変換するデータが、連続したブロック (ストリームから読み取られたデータなど) でのみ使用可能な場合、またはデータの量が大きく、小さいブロックに分割する必要がある場合は、 Decoder Encoder GetDecoder 派生クラスのメソッドまたはメソッドによって提供されるまたはを使用する必要があり GetEncoder ます。

メソッドによって、 GetByteCount Unicode 文字のセットをエンコードするバイト数が決定され、 GetBytes メソッドは実際のエンコーディングを実行します。 メソッドは、 Encoding.GetBytes Encoder.GetBytes 1 つの入力ストリームに対して複数の変換を処理するメソッドとは対照的に、離散変換を必要とします。

とのいくつかのバージョン GetByteCount GetBytes がサポートされています。 これらのメソッドを使用するためのプログラミング上の考慮事項を次に示します。

  • アプリでは、多くの入力文字をコードページにエンコードし、複数の呼び出しを使用してそれらの文字を処理することが必要になる場合があります。 この場合は、使用されているオブジェクトによって保持されている状態を考慮して、呼び出しの間で状態を維持する必要があり Encoder ます。 (たとえば、サロゲートペアを含む文字シーケンスは、上位サロゲートで終了する場合があります。 は、 Encoder 上位サロゲートと結合して、次の呼び出しの開始時に下位サロゲートと組み合わせることができることを覚えています。 Encodingは状態を保持できないため、文字はに送信され EncoderFallback ます)。

  • アプリが文字列入力を処理する場合は、の文字列バージョンを使用する必要があり GetBytes ます。

  • アプリで大量のデータを変換する必要がある場合は、出力バッファーを再利用する必要があります。 この場合、 GetBytes バイト配列をサポートするバージョンが最適な選択肢です。

  • ではなく、メソッドを使用することを検討してください Encoder.Convert GetByteCount 。 変換メソッドは、可能な限り多くのデータを変換し、出力バッファーが小さすぎる場合は例外をスローします。 ストリームを連続エンコードする場合は、この方法が最適な選択肢です。

適用対象

GetBytes(Char[], Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されている文字のセットをバイト シーケンスにエンコードします。

public:
 virtual cli::array <System::Byte> ^ GetBytes(cli::array <char> ^ chars, int index, int count);
public virtual byte[] GetBytes (char[] chars, int index, int count);
abstract member GetBytes : char[] * int * int -> byte[]
override this.GetBytes : char[] * int * int -> byte[]
Public Overridable Function GetBytes (chars As Char(), index As Integer, count As Integer) As Byte()

パラメーター

chars
Char[]

エンコード対象の文字のセットを格納している文字配列。

index
Int32

エンコードする最初の文字のインデックス。

count
Int32

エンコードする文字数。

戻り値

Byte[]

指定した文字のセットをエンコードした結果を格納しているバイト配列。

例外

charsnullです。

index または count が 0 未満です。

または

index および countchars において有効な範囲を表していません。

フォールバックが発生しました (詳細については「.NET での文字エンコード」を参照)

および

EncoderFallbackEncoderExceptionFallback に設定されます。

次の例では、文字配列から3文字をエンコードするために必要なバイト数を決定し、文字をエンコードして、結果のバイトを表示します。

using namespace System;
using namespace System::Text;
void PrintCountsAndBytes( array<Char>^chars, int index, int count, Encoding^ enc );
void PrintHexBytes( array<Byte>^bytes );
int main()
{
   
   // The characters to encode:
   //    Latin Small Letter Z (U+007A)
   //    Latin Small Letter A (U+0061)
   //    Combining Breve (U+0306)
   //    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
   //    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
   //    a high-surrogate value (U+D8FF)
   //    a low-surrogate value (U+DCFF)
   array<Char>^myChars = gcnew array<Char>{
      L'z',L'a',L'\u0306',L'\u01FD',L'\u03B2',L'\xD8FF',L'\xDCFF'
   };
   
   // Get different encodings.
   Encoding^ u7 = Encoding::UTF7;
   Encoding^ u8 = Encoding::UTF8;
   Encoding^ u16LE = Encoding::Unicode;
   Encoding^ u16BE = Encoding::BigEndianUnicode;
   Encoding^ u32 = Encoding::UTF32;
   
   // Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
   PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u7 );
   PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u8 );
   PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u16LE );
   PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u16BE );
   PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u32 );
}

void PrintCountsAndBytes( array<Char>^chars, int index, int count, Encoding^ enc )
{
   
   // Display the name of the encoding used.
   Console::Write( "{0,-30} :", enc );
   
   // Display the exact byte count.
   int iBC = enc->GetByteCount( chars, index, count );
   Console::Write( " {0,-3}", iBC );
   
   // Display the maximum byte count.
   int iMBC = enc->GetMaxByteCount( count );
   Console::Write( " {0,-3} :", iMBC );
   
   // Encode the array of chars.
   array<Byte>^bytes = enc->GetBytes( chars, index, count );
   
   // The following is an alternative way to encode the array of chars:
   // byte[] bytes = new byte[iBC];
   // enc.GetBytes( chars, index, count, bytes, bytes.GetLowerBound(0) );
   // Display all the encoded bytes.
   PrintHexBytes( bytes );
}

void PrintHexBytes( array<Byte>^bytes )
{
   if ( (bytes == nullptr) || (bytes->Length == 0) )
      Console::WriteLine( "<none>" );
   else
   {
      for ( int i = 0; i < bytes->Length; i++ )
         Console::Write( "{0:X2} ", bytes[ i ] );
      Console::WriteLine();
   }
}

/* 
This code produces the following output.

System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

*/
using System;
using System.Text;

public class SamplesEncoding  {

   public static void Main()  {

      // The characters to encode:
      //    Latin Small Letter Z (U+007A)
      //    Latin Small Letter A (U+0061)
      //    Combining Breve (U+0306)
      //    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
      //    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
      //    a high-surrogate value (U+D8FF)
      //    a low-surrogate value (U+DCFF)
      char[] myChars = new char[] { 'z', 'a', '\u0306', '\u01FD', '\u03B2', '\uD8FF', '\uDCFF' };

      // Get different encodings.
      Encoding  u7    = Encoding.UTF7;
      Encoding  u8    = Encoding.UTF8;
      Encoding  u16LE = Encoding.Unicode;
      Encoding  u16BE = Encoding.BigEndianUnicode;
      Encoding  u32   = Encoding.UTF32;

      // Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
      PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u7 );
      PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u8 );
      PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u16LE );
      PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u16BE );
      PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u32 );
   }

   public static void PrintCountsAndBytes( char[] chars, int index, int count, Encoding enc )  {

      // Display the name of the encoding used.
      Console.Write( "{0,-30} :", enc.ToString() );

      // Display the exact byte count.
      int iBC  = enc.GetByteCount( chars, index, count );
      Console.Write( " {0,-3}", iBC );

      // Display the maximum byte count.
      int iMBC = enc.GetMaxByteCount( count );
      Console.Write( " {0,-3} :", iMBC );

      // Encode the array of chars.
      byte[] bytes = enc.GetBytes( chars, index, count );

      // The following is an alternative way to encode the array of chars:
      // byte[] bytes = new byte[iBC];
      // enc.GetBytes( chars, index, count, bytes, bytes.GetLowerBound(0) );

      // Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes( bytes );
   }

   public static void PrintHexBytes( byte[] bytes )  {

      if (( bytes == null ) || ( bytes.Length == 0 ))
        {
            Console.WriteLine( "<none>" );
        }
        else  {
         for ( int i = 0; i < bytes.Length; i++ )
            Console.Write( "{0:X2} ", bytes[i] );
         Console.WriteLine();
      }
   }
}


/* 
This code produces the following output.

System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

*/
Imports System.Text

Public Class SamplesEncoding   

   Public Shared Sub Main()

      ' The characters to encode:
      '    Latin Small Letter Z (U+007A)
      '    Latin Small Letter A (U+0061)
      '    Combining Breve (U+0306)
      '    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
      '    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
      '    a high-surrogate value (U+D8FF)
      '    a low-surrogate value (U+DCFF)
      Dim myChars() As Char = {"z"c, "a"c, ChrW(&H0306), ChrW(&H01FD), ChrW(&H03B2), ChrW(&HD8FF), ChrW(&HDCFF) }

      ' Get different encodings.
      Dim u7 As Encoding = Encoding.UTF7
      Dim u8 As Encoding = Encoding.UTF8
      Dim u16LE As Encoding = Encoding.Unicode
      Dim u16BE As Encoding = Encoding.BigEndianUnicode
      Dim u32 As Encoding = Encoding.UTF32

      ' Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
      PrintCountsAndBytes(myChars, 4, 3, u7)
      PrintCountsAndBytes(myChars, 4, 3, u8)
      PrintCountsAndBytes(myChars, 4, 3, u16LE)
      PrintCountsAndBytes(myChars, 4, 3, u16BE)
      PrintCountsAndBytes(myChars, 4, 3, u32)

   End Sub


   Public Shared Sub PrintCountsAndBytes(chars() As Char, index As Integer, count As Integer, enc As Encoding)

      ' Display the name of the encoding used.
      Console.Write("{0,-30} :", enc.ToString())

      ' Display the exact byte count.
      Dim iBC As Integer = enc.GetByteCount(chars, index, count)
      Console.Write(" {0,-3}", iBC)

      ' Display the maximum byte count.
      Dim iMBC As Integer = enc.GetMaxByteCount(count)
      Console.Write(" {0,-3} :", iMBC)

      ' Encode the array of chars.
      Dim bytes As Byte() = enc.GetBytes(chars, index, count)

      ' The following is an alternative way to encode the array of chars:
      ' NOTE: In VB.NET, arrays contain one extra element by default.
      '       The following line creates the array with the exact number of elements required.
      ' Dim bytes(iBC - 1) As Byte
      ' enc.GetBytes( chars, index, count, bytes, bytes.GetLowerBound(0) )

      ' Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes(bytes)

   End Sub


   Public Shared Sub PrintHexBytes(bytes() As Byte)

      If bytes Is Nothing OrElse bytes.Length = 0 Then
         Console.WriteLine("<none>")
      Else
         Dim i As Integer
         For i = 0 To bytes.Length - 1
            Console.Write("{0:X2} ", bytes(i))
         Next i
         Console.WriteLine()
      End If

   End Sub

End Class


'This code produces the following output.
'
'System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
'System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
'System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
'System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
'System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

注釈

変換するデータが、連続したブロック (ストリームから読み取られたデータなど) でのみ使用可能な場合、またはデータの量が大きく、小さいブロックに分割する必要がある場合は、 Decoder Encoder GetDecoder 派生クラスのメソッドまたはメソッドによって提供されるまたはを使用する必要があり GetEncoder ます。

メソッドによって、 GetByteCount Unicode 文字のセットをエンコードするバイト数が決定され、 GetBytes メソッドは実際のエンコーディングを実行します。 メソッドは、 Encoding.GetBytes Encoder.GetBytes 1 つの入力ストリームに対して複数の変換を処理するメソッドとは対照的に、離散変換を必要とします。

とのいくつかのバージョン GetByteCount GetBytes がサポートされています。 これらのメソッドを使用するためのプログラミング上の考慮事項を次に示します。

  • アプリでは、多くの入力文字をコードページにエンコードし、複数の呼び出しを使用してそれらの文字を処理することが必要になる場合があります。 この場合は、使用されているオブジェクトによって保持されている状態を考慮して、呼び出しの間で状態を維持する必要があり Encoder ます。 (たとえば、サロゲートペアを含む文字シーケンスは、上位サロゲートで終了する場合があります。 は、 Encoder 上位サロゲートと結合して、次の呼び出しの開始時に下位サロゲートと組み合わせることができることを覚えています。 Encodingは状態を保持できないため、文字はに送信され EncoderFallback ます)。

  • アプリが文字列入力を処理する場合は、の文字列バージョンを使用する必要があり GetBytes ます。

  • の Unicode 文字バッファーバージョンでは、 GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32) 特にオブジェクトを使用した複数の呼び出しや既存のバッファーへの挿入など、いくつかの高速な手法を使用でき Encoder ます。 ただし、ポインターが必要であるため、このメソッドのバージョンは安全でない場合があることに注意してください。

  • アプリで大量のデータを変換する必要がある場合は、出力バッファーを再利用する必要があります。 この場合、 GetBytes バイト配列をサポートするバージョンが最適な選択肢です。

  • ではなく、メソッドを使用することを検討してください Encoder.Convert GetByteCount 。 変換メソッドは、可能な限り多くのデータを変換し、出力バッファーが小さすぎる場合は例外をスローします。 ストリームを連続エンコードする場合は、この方法が最適な選択肢です。

こちらもご覧ください

適用対象

GetBytes(String, Int32, Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列内の count で指定した数の文字を、指定した index からバイト配列にエンコードします。

public:
 cli::array <System::Byte> ^ GetBytes(System::String ^ s, int index, int count);
public byte[] GetBytes (string s, int index, int count);
member this.GetBytes : string * int * int -> byte[]
Public Function GetBytes (s As String, index As Integer, count As Integer) As Byte()

パラメーター

s
String

エンコードする文字を含む文字列。

index
Int32

エンコードを開始する文字列内のインデックス。

count
Int32

エンコードする文字数。

戻り値

Byte[]

指定した文字のセットをエンコードした結果を格納しているバイト配列。

次の例では、文字列または文字列の範囲をエンコードするために必要なバイト数を決定し、文字をエンコードして、結果のバイトを表示します。

using namespace System;
using namespace System::Text;
void PrintCountsAndBytes( String^ s, Encoding^ enc );
void PrintCountsAndBytes( String^ s, int index, int count, Encoding^ enc );
void PrintHexBytes( array<Byte>^bytes );
int main()
{
   
   // The characters to encode:
   //    Latin Small Letter Z (U+007A)
   //    Latin Small Letter A (U+0061)
   //    Combining Breve (U+0306)
   //    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
   //    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
   //    a high-surrogate value (U+D8FF)
   //    a low-surrogate value (U+DCFF)
   String^ myStr = L"za\u0306\u01FD\u03B2\xD8FF\xDCFF";
   
   // Get different encodings.
   Encoding^ u7 = Encoding::UTF7;
   Encoding^ u8 = Encoding::UTF8;
   Encoding^ u16LE = Encoding::Unicode;
   Encoding^ u16BE = Encoding::BigEndianUnicode;
   Encoding^ u32 = Encoding::UTF32;
   
   // Encode the entire string, and print out the counts and the resulting bytes.
   Console::WriteLine( "Encoding the entire string:" );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u7 );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u8 );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u16LE );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u16BE );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u32 );
   Console::WriteLine();
   
   // Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
   Console::WriteLine( "Encoding the characters from index 4 through 6:" );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u7 );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u8 );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u16LE );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u16BE );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u32 );
}

void PrintCountsAndBytes( String^ s, Encoding^ enc )
{
   
   // Display the name of the encoding used.
   Console::Write( "{0,-30} :", enc );
   
   // Display the exact byte count.
   int iBC = enc->GetByteCount( s );
   Console::Write( " {0,-3}", iBC );
   
   // Display the maximum byte count.
   int iMBC = enc->GetMaxByteCount( s->Length );
   Console::Write( " {0,-3} :", iMBC );
   
   // Encode the entire string.
   array<Byte>^bytes = enc->GetBytes( s );
   
   // Display all the encoded bytes.
   PrintHexBytes( bytes );
}

void PrintCountsAndBytes( String^ s, int index, int count, Encoding^ enc )
{
   
   // Display the name of the encoding used.
   Console::Write( "{0,-30} :", enc );
   
   // Display the exact byte count.
   int iBC = enc->GetByteCount( s->ToCharArray(), index, count );
   Console::Write( " {0,-3}", iBC );
   
   // Display the maximum byte count.
   int iMBC = enc->GetMaxByteCount( count );
   Console::Write( " {0,-3} :", iMBC );
   
   // Encode a range of characters in the string.
   array<Byte>^bytes = gcnew array<Byte>(iBC);
   enc->GetBytes( s, index, count, bytes, bytes->GetLowerBound( 0 ) );
   
   // Display all the encoded bytes.
   PrintHexBytes( bytes );
}

void PrintHexBytes( array<Byte>^bytes )
{
   if ( (bytes == nullptr) || (bytes->Length == 0) )
      Console::WriteLine( "<none>" );
   else
   {
      for ( int i = 0; i < bytes->Length; i++ )
         Console::Write( "{0:X2} ", bytes[ i ] );
      Console::WriteLine();
   }
}

/* 
This code produces the following output.

Encoding the entire string:
System.Text.UTF7Encoding       : 18  23  :7A 61 2B 41 77 59 42 2F 51 4F 79 32 50 2F 63 2F 77 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 12  24  :7A 61 CC 86 C7 BD CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :7A 00 61 00 06 03 FD 01 B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :00 7A 00 61 03 06 01 FD 03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 24  32  :7A 00 00 00 61 00 00 00 06 03 00 00 FD 01 00 00 B2 03 00 00 FF FC 04 00

Encoding the characters from index 4 through 6:
System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

*/
using System;
using System.Text;

public class SamplesEncoding  {

   public static void Main()  {

      // The characters to encode:
      //    Latin Small Letter Z (U+007A)
      //    Latin Small Letter A (U+0061)
      //    Combining Breve (U+0306)
      //    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
      //    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
      //    a high-surrogate value (U+D8FF)
      //    a low-surrogate value (U+DCFF)
      String myStr = "za\u0306\u01FD\u03B2\uD8FF\uDCFF";

      // Get different encodings.
      Encoding  u7    = Encoding.UTF7;
      Encoding  u8    = Encoding.UTF8;
      Encoding  u16LE = Encoding.Unicode;
      Encoding  u16BE = Encoding.BigEndianUnicode;
      Encoding  u32   = Encoding.UTF32;

      // Encode the entire string, and print out the counts and the resulting bytes.
      Console.WriteLine( "Encoding the entire string:" );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u7 );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u8 );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u16LE );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u16BE );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u32 );

      Console.WriteLine();

      // Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
      Console.WriteLine( "Encoding the characters from index 4 through 6:" );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u7 );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u8 );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u16LE );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u16BE );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u32 );
   }

   public static void PrintCountsAndBytes( String s, Encoding enc )  {

      // Display the name of the encoding used.
      Console.Write( "{0,-30} :", enc.ToString() );

      // Display the exact byte count.
      int iBC  = enc.GetByteCount( s );
      Console.Write( " {0,-3}", iBC );

      // Display the maximum byte count.
      int iMBC = enc.GetMaxByteCount( s.Length );
      Console.Write( " {0,-3} :", iMBC );

      // Encode the entire string.
      byte[] bytes = enc.GetBytes( s );

      // Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes( bytes );
   }

   public static void PrintCountsAndBytes( String s, int index, int count, Encoding enc )  {

      // Display the name of the encoding used.
      Console.Write( "{0,-30} :", enc.ToString() );

      // Display the exact byte count.
      int iBC  = enc.GetByteCount( s.ToCharArray(), index, count );
      Console.Write( " {0,-3}", iBC );

      // Display the maximum byte count.
      int iMBC = enc.GetMaxByteCount( count );
      Console.Write( " {0,-3} :", iMBC );

      // Encode a range of characters in the string.
      byte[] bytes = new byte[iBC];
      enc.GetBytes( s, index, count, bytes, bytes.GetLowerBound(0) );

      // Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes( bytes );
   }

   public static void PrintHexBytes( byte[] bytes )  {

      if (( bytes == null ) || ( bytes.Length == 0 ))
        {
            Console.WriteLine( "<none>" );
        }
        else  {
         for ( int i = 0; i < bytes.Length; i++ )
            Console.Write( "{0:X2} ", bytes[i] );
         Console.WriteLine();
      }
   }
}


/* 
This code produces the following output.

Encoding the entire string:
System.Text.UTF7Encoding       : 18  23  :7A 61 2B 41 77 59 42 2F 51 4F 79 32 50 2F 63 2F 77 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 12  24  :7A 61 CC 86 C7 BD CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :7A 00 61 00 06 03 FD 01 B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :00 7A 00 61 03 06 01 FD 03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 24  32  :7A 00 00 00 61 00 00 00 06 03 00 00 FD 01 00 00 B2 03 00 00 FF FC 04 00

Encoding the characters from index 4 through 6:
System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

*/
Imports System.Text

Public Class SamplesEncoding   

   Public Shared Sub Main()

      ' The characters to encode:
      '    Latin Small Letter Z (U+007A)
      '    Latin Small Letter A (U+0061)
      '    Combining Breve (U+0306)
      '    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
      '    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
      '    a high-surrogate value (U+D8FF)
      '    a low-surrogate value (U+DCFF)
      Dim myStr As String = "za" & ChrW(&H0306) & ChrW(&H01FD) & ChrW(&H03B2) & ChrW(&HD8FF) & ChrW(&HDCFF)

      ' Get different encodings.
      Dim u7 As Encoding = Encoding.UTF7
      Dim u8 As Encoding = Encoding.UTF8
      Dim u16LE As Encoding = Encoding.Unicode
      Dim u16BE As Encoding = Encoding.BigEndianUnicode
      Dim u32 As Encoding = Encoding.UTF32

      ' Encode the entire string, and print out the counts and the resulting bytes.
      Console.WriteLine("Encoding the entire string:")
      PrintCountsAndBytes(myStr, u7)
      PrintCountsAndBytes(myStr, u8)
      PrintCountsAndBytes(myStr, u16LE)
      PrintCountsAndBytes(myStr, u16BE)
      PrintCountsAndBytes(myStr, u32)

      Console.WriteLine()

      ' Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
      Console.WriteLine("Encoding the characters from index 4 through 6:")
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u7)
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u8)
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u16LE)
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u16BE)
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u32)

   End Sub


   Overloads Public Shared Sub PrintCountsAndBytes(s As String, enc As Encoding)

      ' Display the name of the encoding used.
      Console.Write("{0,-30} :", enc.ToString())

      ' Display the exact byte count.
      Dim iBC As Integer = enc.GetByteCount(s)
      Console.Write(" {0,-3}", iBC)

      ' Display the maximum byte count.
      Dim iMBC As Integer = enc.GetMaxByteCount(s.Length)
      Console.Write(" {0,-3} :", iMBC)

      ' Encode the entire string.
      Dim bytes As Byte() = enc.GetBytes(s)

      ' Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes(bytes)

   End Sub


   Overloads Public Shared Sub PrintCountsAndBytes(s As String, index As Integer, count As Integer, enc As Encoding)

      ' Display the name of the encoding used.
      Console.Write("{0,-30} :", enc.ToString())

      ' Display the exact byte count.
      Dim iBC As Integer = enc.GetByteCount(s.ToCharArray(), index, count)
      Console.Write(" {0,-3}", iBC)

      ' Display the maximum byte count.
      Dim iMBC As Integer = enc.GetMaxByteCount(count)
      Console.Write(" {0,-3} :", iMBC)

      ' Encode a range of characters in the string.
      ' NOTE: In VB.NET, arrays contain one extra element by default.
      '       The following line creates the array with the exact number of elements required.
      Dim bytes(iBC - 1) As Byte
      enc.GetBytes(s, index, count, bytes, bytes.GetLowerBound(0))

      ' Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes(bytes)

   End Sub


   Public Shared Sub PrintHexBytes(bytes() As Byte)

      If bytes Is Nothing OrElse bytes.Length = 0 Then
         Console.WriteLine("<none>")
      Else
         Dim i As Integer
         For i = 0 To bytes.Length - 1
            Console.Write("{0:X2} ", bytes(i))
         Next i
         Console.WriteLine()
      End If

   End Sub

End Class


'This code produces the following output.
'
'Encoding the entire string:
'System.Text.UTF7Encoding       : 18  23  :7A 61 2B 41 77 59 42 2F 51 4F 79 32 50 2F 63 2F 77 2D
'System.Text.UTF8Encoding       : 12  24  :7A 61 CC 86 C7 BD CE B2 F1 8F B3 BF
'System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :7A 00 61 00 06 03 FD 01 B2 03 FF D8 FF DC
'System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :00 7A 00 61 03 06 01 FD 03 B2 D8 FF DC FF
'System.Text.UTF32Encoding      : 24  32  :7A 00 00 00 61 00 00 00 06 03 00 00 FD 01 00 00 B2 03 00 00 FF FC 04 00
'
'Encoding the characters from index 4 through 6:
'System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
'System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
'System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
'System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
'System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

注釈

変換するデータが、連続したブロック (ストリームから読み取られたデータなど) でのみ使用可能な場合、またはデータの量が大きく、小さいブロックに分割する必要がある場合は、 Decoder Encoder GetDecoder 派生クラスのメソッドまたはメソッドによって提供されるまたはを使用する必要があり GetEncoder ます。

メソッドによって、 GetByteCount Unicode 文字のセットをエンコードするバイト数が決定され、 GetBytes メソッドは実際のエンコーディングを実行します。 メソッドは、 Encoding.GetBytes Encoder.GetBytes 1 つの入力ストリームに対して複数の変換を処理するメソッドとは対照的に、離散変換を必要とします。

とのいくつかのバージョン GetByteCount GetBytes がサポートされています。 これらのメソッドを使用するためのプログラミング上の考慮事項を次に示します。

  • アプリでは、多くの入力文字をコードページにエンコードし、複数の呼び出しを使用してそれらの文字を処理することが必要になる場合があります。 この場合は、使用されているオブジェクトによって保持されている状態を考慮して、呼び出しの間で状態を維持する必要があり Encoder ます。 (たとえば、サロゲートペアを含む文字シーケンスは、上位サロゲートで終了する場合があります。 は、 Encoder 上位サロゲートと結合して、次の呼び出しの開始時に下位サロゲートと組み合わせることができることを覚えています。 Encodingは状態を保持できないため、文字はに送信され EncoderFallback ます)。

  • アプリが文字列入力を処理する場合は、の文字列バージョンを使用する必要があり GetBytes ます。

  • の Unicode 文字バッファーバージョンでは、 GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32) 特にオブジェクトを使用した複数の呼び出しや既存のバッファーへの挿入など、いくつかの高速な手法を使用でき Encoder ます。 ただし、ポインターが必要であるため、このメソッドのバージョンは安全でない場合があることに注意してください。

  • アプリで大量のデータを変換する必要がある場合は、出力バッファーを再利用する必要があります。 この場合、 GetBytes バイト配列をサポートするバージョンが最適な選択肢です。

  • ではなく、メソッドを使用することを検討してください Encoder.Convert GetByteCount 。 変換メソッドは、可能な限り多くのデータを変換し、出力バッファーが小さすぎる場合は例外をスローします。 ストリームを連続エンコードする場合は、この方法が最適な選択肢です。

適用対象

GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32)

重要

この API は CLS 準拠ではありません。

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字ポインターで始まる文字のセットを、指定したバイト ポインターを開始位置として格納されるバイト シーケンスにエンコードします。

public:
 virtual int GetBytes(char* chars, int charCount, System::Byte* bytes, int byteCount);
[System.CLSCompliant(false)]
[System.Security.SecurityCritical]
public virtual int GetBytes (char* chars, int charCount, byte* bytes, int byteCount);
[System.CLSCompliant(false)]
public virtual int GetBytes (char* chars, int charCount, byte* bytes, int byteCount);
public virtual int GetBytes (char* chars, int charCount, byte* bytes, int byteCount);
[System.CLSCompliant(false)]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public virtual int GetBytes (char* chars, int charCount, byte* bytes, int byteCount);
[System.CLSCompliant(false)]
[System.Security.SecurityCritical]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)]
public virtual int GetBytes (char* chars, int charCount, byte* bytes, int byteCount);
[<System.CLSCompliant(false)>]
[<System.Security.SecurityCritical>]
abstract member GetBytes : nativeptr<char> * int * nativeptr<byte> * int -> int
override this.GetBytes : nativeptr<char> * int * nativeptr<byte> * int -> int
[<System.CLSCompliant(false)>]
abstract member GetBytes : nativeptr<char> * int * nativeptr<byte> * int -> int
override this.GetBytes : nativeptr<char> * int * nativeptr<byte> * int -> int
abstract member GetBytes : nativeptr<char> * int * nativeptr<byte> * int -> int
override this.GetBytes : nativeptr<char> * int * nativeptr<byte> * int -> int
[<System.CLSCompliant(false)>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)>]
abstract member GetBytes : nativeptr<char> * int * nativeptr<byte> * int -> int
override this.GetBytes : nativeptr<char> * int * nativeptr<byte> * int -> int
[<System.CLSCompliant(false)>]
[<System.Security.SecurityCritical>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(false)>]
abstract member GetBytes : nativeptr<char> * int * nativeptr<byte> * int -> int
override this.GetBytes : nativeptr<char> * int * nativeptr<byte> * int -> int

パラメーター

chars
Char*

エンコードする最初の文字へのポインター。

charCount
Int32

エンコードする文字数。

bytes
Byte*

結果のバイト シーケンスの書き込みを開始する位置へのポインター。

byteCount
Int32

書き込む最大バイト数。

戻り値

Int32

bytes パラメーターによって示される位置に書き込む実際のバイト数。

属性

例外

charsnullです。

または

bytesnullです。

charCount または byteCount が 0 未満です。

byteCount が結果のバイト数より少なくなっています。

フォールバックが発生しました (詳細については「.NET での文字エンコード」を参照)

および

EncoderFallbackEncoderExceptionFallback に設定されます。

注釈

GetBytesが結果のバイトを格納するために必要な配列の正確なサイズを計算するには、メソッドを呼び出し GetByteCount ます。 配列の最大サイズを計算するには、メソッドを呼び出し GetMaxByteCount ます。 メソッドは一般に、より GetByteCount 少ないメモリの割り当てを可能にしますが、 GetMaxByteCount メソッドは通常、より高速に実行されます。

変換されるデータがストリームから読み取られたデータ) などの連続したブロック内でのみ使用可能な場合、またはデータの量が非常に大きいので、小さなブロックに分割する必要がある、使用する必要があります、DecoderまたはEncoderオブジェクト、によって提供されるGetDecoderまたはGetEncoderメソッドでは、派生クラスのそれぞれに、します。

メソッドによって、 GetByteCount Unicode 文字のセットをエンコードするバイト数が決定され、 GetBytes メソッドは実際のエンコーディングを実行します。 メソッドは、 GetBytes Encoder.GetBytes 1 つの入力ストリームに対して複数の変換を処理するメソッドとは対照的に、離散変換を必要とします。

とのいくつかのバージョン GetByteCount GetBytes がサポートされています。 これらのメソッドを使用するためのプログラミング上の考慮事項を次に示します。

  • アプリでは、多くの入力文字をコードページにエンコードし、複数の呼び出しを使用してそれらの文字を処理することが必要になる場合があります。 この場合は、使用されているオブジェクトによって保持されている状態を考慮して、呼び出しの間で状態を維持する必要があり Encoder ます。 (たとえば、サロゲートペアを含む文字シーケンスは、上位サロゲートで終了する場合があります。 は、 Encoder 上位サロゲートと結合して、次の呼び出しの開始時に下位サロゲートと組み合わせることができることを覚えています。 Encodingは状態を保持できないため、文字はに送信され EncoderFallback ます)。

  • アプリが文字列入力を処理する場合は、の文字列バージョンを使用する必要があり GetBytes ます。

  • の Unicode 文字バッファーバージョンでは、 GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32) 特にオブジェクトを使用した複数の呼び出しや既存のバッファーへの挿入など、いくつかの高速な手法を使用でき Encoder ます。 ただし、ポインターが必要であるため、このメソッドのバージョンは安全でない場合があることに注意してください。

  • アプリで大量のデータを変換する必要がある場合は、出力バッファーを再利用する必要があります。 この場合、 GetBytes バイト配列をサポートするバージョンが最適な選択肢です。

  • ではなく、メソッドを使用することを検討してください Encoder.Convert GetByteCount 。 変換メソッドは、可能な限り多くのデータを変換し、出力バッファーが小さすぎる場合は例外をスローします。 ストリームを連続エンコードする場合は、この方法が最適な選択肢です。

こちらもご覧ください

適用対象

GetBytes(Char[], Int32, Int32, Byte[], Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字配列に格納されている文字のセットを、指定したバイト配列にエンコードします。

public:
 abstract int GetBytes(cli::array <char> ^ chars, int charIndex, int charCount, cli::array <System::Byte> ^ bytes, int byteIndex);
public abstract int GetBytes (char[] chars, int charIndex, int charCount, byte[] bytes, int byteIndex);
abstract member GetBytes : char[] * int * int * byte[] * int -> int
Public MustOverride Function GetBytes (chars As Char(), charIndex As Integer, charCount As Integer, bytes As Byte(), byteIndex As Integer) As Integer

パラメーター

chars
Char[]

エンコード対象の文字のセットを格納している文字配列。

charIndex
Int32

エンコードする最初の文字のインデックス。

charCount
Int32

エンコードする文字数。

bytes
Byte[]

結果のバイト シーケンスを格納するバイト配列。

byteIndex
Int32

結果のバイト シーケンスを書き込む開始位置のインデックス。

戻り値

Int32

bytes に書き込まれた実際のバイト数。

例外

charsnullです。

または

bytesnullです。

charIndexcharCount、または byteIndex が 0 未満です。

または

charIndex および charCountcharsにおいて有効な範囲を表していません。

または

byteIndexbytes の有効なインデックスではありません。

bytes には、byteIndex から配列の末尾までに十分なサイズがなく、結果のバイトを格納できません。

フォールバックが発生しました (詳細については「.NET での文字エンコード」を参照)

および

EncoderFallbackEncoderExceptionFallback に設定されます。

次の例では、文字配列から3文字をエンコードするために必要なバイト数を決定し、文字をエンコードして、結果のバイトを表示します。

using namespace System;
using namespace System::Text;
void PrintCountsAndBytes( array<Char>^chars, int index, int count, Encoding^ enc );
void PrintHexBytes( array<Byte>^bytes );
int main()
{
   
   // The characters to encode:
   //    Latin Small Letter Z (U+007A)
   //    Latin Small Letter A (U+0061)
   //    Combining Breve (U+0306)
   //    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
   //    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
   //    a high-surrogate value (U+D8FF)
   //    a low-surrogate value (U+DCFF)
   array<Char>^myChars = gcnew array<Char>{
      L'z',L'a',L'\u0306',L'\u01FD',L'\u03B2',L'\xD8FF',L'\xDCFF'
   };
   
   // Get different encodings.
   Encoding^ u7 = Encoding::UTF7;
   Encoding^ u8 = Encoding::UTF8;
   Encoding^ u16LE = Encoding::Unicode;
   Encoding^ u16BE = Encoding::BigEndianUnicode;
   Encoding^ u32 = Encoding::UTF32;
   
   // Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
   PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u7 );
   PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u8 );
   PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u16LE );
   PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u16BE );
   PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u32 );
}

void PrintCountsAndBytes( array<Char>^chars, int index, int count, Encoding^ enc )
{
   
   // Display the name of the encoding used.
   Console::Write( "{0,-30} :", enc );
   
   // Display the exact byte count.
   int iBC = enc->GetByteCount( chars, index, count );
   Console::Write( " {0,-3}", iBC );
   
   // Display the maximum byte count.
   int iMBC = enc->GetMaxByteCount( count );
   Console::Write( " {0,-3} :", iMBC );
   
   // Encode the array of chars.
   array<Byte>^bytes = enc->GetBytes( chars, index, count );
   
   // The following is an alternative way to encode the array of chars:
   // byte[] bytes = new byte[iBC];
   // enc.GetBytes( chars, index, count, bytes, bytes.GetLowerBound(0) );
   // Display all the encoded bytes.
   PrintHexBytes( bytes );
}

void PrintHexBytes( array<Byte>^bytes )
{
   if ( (bytes == nullptr) || (bytes->Length == 0) )
      Console::WriteLine( "<none>" );
   else
   {
      for ( int i = 0; i < bytes->Length; i++ )
         Console::Write( "{0:X2} ", bytes[ i ] );
      Console::WriteLine();
   }
}

/* 
This code produces the following output.

System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

*/
using System;
using System.Text;

public class SamplesEncoding  {

   public static void Main()  {

      // The characters to encode:
      //    Latin Small Letter Z (U+007A)
      //    Latin Small Letter A (U+0061)
      //    Combining Breve (U+0306)
      //    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
      //    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
      //    a high-surrogate value (U+D8FF)
      //    a low-surrogate value (U+DCFF)
      char[] myChars = new char[] { 'z', 'a', '\u0306', '\u01FD', '\u03B2', '\uD8FF', '\uDCFF' };

      // Get different encodings.
      Encoding  u7    = Encoding.UTF7;
      Encoding  u8    = Encoding.UTF8;
      Encoding  u16LE = Encoding.Unicode;
      Encoding  u16BE = Encoding.BigEndianUnicode;
      Encoding  u32   = Encoding.UTF32;

      // Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
      PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u7 );
      PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u8 );
      PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u16LE );
      PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u16BE );
      PrintCountsAndBytes( myChars, 4, 3, u32 );
   }

   public static void PrintCountsAndBytes( char[] chars, int index, int count, Encoding enc )  {

      // Display the name of the encoding used.
      Console.Write( "{0,-30} :", enc.ToString() );

      // Display the exact byte count.
      int iBC  = enc.GetByteCount( chars, index, count );
      Console.Write( " {0,-3}", iBC );

      // Display the maximum byte count.
      int iMBC = enc.GetMaxByteCount( count );
      Console.Write( " {0,-3} :", iMBC );

      // Encode the array of chars.
      byte[] bytes = enc.GetBytes( chars, index, count );

      // The following is an alternative way to encode the array of chars:
      // byte[] bytes = new byte[iBC];
      // enc.GetBytes( chars, index, count, bytes, bytes.GetLowerBound(0) );

      // Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes( bytes );
   }

   public static void PrintHexBytes( byte[] bytes )  {

      if (( bytes == null ) || ( bytes.Length == 0 ))
        {
            Console.WriteLine( "<none>" );
        }
        else  {
         for ( int i = 0; i < bytes.Length; i++ )
            Console.Write( "{0:X2} ", bytes[i] );
         Console.WriteLine();
      }
   }
}


/* 
This code produces the following output.

System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

*/
Imports System.Text

Public Class SamplesEncoding   

   Public Shared Sub Main()

      ' The characters to encode:
      '    Latin Small Letter Z (U+007A)
      '    Latin Small Letter A (U+0061)
      '    Combining Breve (U+0306)
      '    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
      '    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
      '    a high-surrogate value (U+D8FF)
      '    a low-surrogate value (U+DCFF)
      Dim myChars() As Char = {"z"c, "a"c, ChrW(&H0306), ChrW(&H01FD), ChrW(&H03B2), ChrW(&HD8FF), ChrW(&HDCFF) }

      ' Get different encodings.
      Dim u7 As Encoding = Encoding.UTF7
      Dim u8 As Encoding = Encoding.UTF8
      Dim u16LE As Encoding = Encoding.Unicode
      Dim u16BE As Encoding = Encoding.BigEndianUnicode
      Dim u32 As Encoding = Encoding.UTF32

      ' Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
      PrintCountsAndBytes(myChars, 4, 3, u7)
      PrintCountsAndBytes(myChars, 4, 3, u8)
      PrintCountsAndBytes(myChars, 4, 3, u16LE)
      PrintCountsAndBytes(myChars, 4, 3, u16BE)
      PrintCountsAndBytes(myChars, 4, 3, u32)

   End Sub


   Public Shared Sub PrintCountsAndBytes(chars() As Char, index As Integer, count As Integer, enc As Encoding)

      ' Display the name of the encoding used.
      Console.Write("{0,-30} :", enc.ToString())

      ' Display the exact byte count.
      Dim iBC As Integer = enc.GetByteCount(chars, index, count)
      Console.Write(" {0,-3}", iBC)

      ' Display the maximum byte count.
      Dim iMBC As Integer = enc.GetMaxByteCount(count)
      Console.Write(" {0,-3} :", iMBC)

      ' Encode the array of chars.
      Dim bytes As Byte() = enc.GetBytes(chars, index, count)

      ' The following is an alternative way to encode the array of chars:
      ' NOTE: In VB.NET, arrays contain one extra element by default.
      '       The following line creates the array with the exact number of elements required.
      ' Dim bytes(iBC - 1) As Byte
      ' enc.GetBytes( chars, index, count, bytes, bytes.GetLowerBound(0) )

      ' Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes(bytes)

   End Sub


   Public Shared Sub PrintHexBytes(bytes() As Byte)

      If bytes Is Nothing OrElse bytes.Length = 0 Then
         Console.WriteLine("<none>")
      Else
         Dim i As Integer
         For i = 0 To bytes.Length - 1
            Console.Write("{0:X2} ", bytes(i))
         Next i
         Console.WriteLine()
      End If

   End Sub

End Class


'This code produces the following output.
'
'System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
'System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
'System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
'System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
'System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

注釈

が結果のバイトを格納するために必要な配列の正確なサイズを計算するには、 GetBytes メソッドを呼び出す必要があり GetByteCount ます。 配列の最大サイズを計算するには、メソッドを呼び出し GetMaxByteCount ます。 メソッドは一般に、より GetByteCount 少ないメモリの割り当てを可能にしますが、 GetMaxByteCount メソッドは通常、より高速に実行されます。

変換するデータが、連続したブロック (ストリームから読み取られたデータなど) でのみ使用可能な場合、またはデータの量が大きく、小さいブロックに分割する必要がある場合は、 Decoder Encoder GetDecoder 派生クラスのメソッドまたはメソッドによって提供されるまたはを使用する必要があり GetEncoder ます。

メソッドによって、 GetByteCount Unicode 文字のセットをエンコードするバイト数が決定され、 GetBytes メソッドは実際のエンコーディングを実行します。 メソッドは、 Encoding.GetBytes Encoder.GetBytes 1 つの入力ストリームに対して複数の変換を処理するメソッドとは対照的に、離散変換を必要とします。

とのいくつかのバージョン GetByteCount GetBytes がサポートされています。 これらのメソッドを使用するためのプログラミング上の考慮事項を次に示します。

  • アプリでは、多くの入力文字をコードページにエンコードし、複数の呼び出しを使用してそれらの文字を処理することが必要になる場合があります。 この場合は、使用されているオブジェクトによって保持されている状態を考慮して、呼び出しの間で状態を維持する必要があり Encoder ます。 (たとえば、サロゲートペアを含む文字シーケンスは、上位サロゲートで終了する場合があります。 は、 Encoder 上位サロゲートと結合して、次の呼び出しの開始時に下位サロゲートと組み合わせることができることを覚えています。 Encodingは状態を保持できないため、文字はに送信され EncoderFallback ます)。

  • アプリが文字列入力を処理する場合は、の文字列バージョンを使用する必要があり GetBytes ます。

  • の Unicode 文字バッファーバージョンでは、 GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32) 特にオブジェクトを使用した複数の呼び出しや既存のバッファーへの挿入など、いくつかの高速な手法を使用でき Encoder ます。 ただし、ポインターが必要であるため、このメソッドのバージョンは安全でない場合があることに注意してください。

  • アプリで大量のデータを変換する必要がある場合は、出力バッファーを再利用する必要があります。 この場合、 GetBytes バイト配列をサポートするバージョンが最適な選択肢です。

  • ではなく、メソッドを使用することを検討してください Encoder.Convert GetByteCount 。 変換メソッドは、可能な限り多くのデータを変換し、出力バッファーが小さすぎる場合は例外をスローします。 ストリームを連続エンコードする場合は、この方法が最適な選択肢です。

こちらもご覧ください

適用対象

GetBytes(String, Int32, Int32, Byte[], Int32)

派生クラスでオーバーライドされた場合、指定した文字列に含まれる文字のセットを、指定したバイト配列にエンコードします。

public:
 virtual int GetBytes(System::String ^ s, int charIndex, int charCount, cli::array <System::Byte> ^ bytes, int byteIndex);
public virtual int GetBytes (string s, int charIndex, int charCount, byte[] bytes, int byteIndex);
abstract member GetBytes : string * int * int * byte[] * int -> int
override this.GetBytes : string * int * int * byte[] * int -> int
Public Overridable Function GetBytes (s As String, charIndex As Integer, charCount As Integer, bytes As Byte(), byteIndex As Integer) As Integer

パラメーター

s
String

エンコード対象の文字のセットを格納している文字列。

charIndex
Int32

エンコードする最初の文字のインデックス。

charCount
Int32

エンコードする文字数。

bytes
Byte[]

結果のバイト シーケンスを格納するバイト配列。

byteIndex
Int32

結果のバイト シーケンスを書き込む開始位置のインデックス。

戻り値

Int32

bytes に書き込まれた実際のバイト数。

例外

snullです。

または

bytesnullです。

charIndexcharCount、または byteIndex が 0 未満です。

または

charIndex および charCountcharsにおいて有効な範囲を表していません。

または

byteIndexbytes の有効なインデックスではありません。

bytes には、byteIndex から配列の末尾までに十分なサイズがなく、結果のバイトを格納できません。

フォールバックが発生しました (詳細については「.NET での文字エンコード」を参照)

および

EncoderFallbackEncoderExceptionFallback に設定されます。

次の例では、文字列または文字列の範囲をエンコードするために必要なバイト数を決定し、文字をエンコードして、結果のバイトを表示します。

using namespace System;
using namespace System::Text;
void PrintCountsAndBytes( String^ s, Encoding^ enc );
void PrintCountsAndBytes( String^ s, int index, int count, Encoding^ enc );
void PrintHexBytes( array<Byte>^bytes );
int main()
{
   
   // The characters to encode:
   //    Latin Small Letter Z (U+007A)
   //    Latin Small Letter A (U+0061)
   //    Combining Breve (U+0306)
   //    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
   //    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
   //    a high-surrogate value (U+D8FF)
   //    a low-surrogate value (U+DCFF)
   String^ myStr = L"za\u0306\u01FD\u03B2\xD8FF\xDCFF";
   
   // Get different encodings.
   Encoding^ u7 = Encoding::UTF7;
   Encoding^ u8 = Encoding::UTF8;
   Encoding^ u16LE = Encoding::Unicode;
   Encoding^ u16BE = Encoding::BigEndianUnicode;
   Encoding^ u32 = Encoding::UTF32;
   
   // Encode the entire string, and print out the counts and the resulting bytes.
   Console::WriteLine( "Encoding the entire string:" );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u7 );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u8 );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u16LE );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u16BE );
   PrintCountsAndBytes( myStr, u32 );
   Console::WriteLine();
   
   // Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
   Console::WriteLine( "Encoding the characters from index 4 through 6:" );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u7 );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u8 );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u16LE );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u16BE );
   PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u32 );
}

void PrintCountsAndBytes( String^ s, Encoding^ enc )
{
   
   // Display the name of the encoding used.
   Console::Write( "{0,-30} :", enc );
   
   // Display the exact byte count.
   int iBC = enc->GetByteCount( s );
   Console::Write( " {0,-3}", iBC );
   
   // Display the maximum byte count.
   int iMBC = enc->GetMaxByteCount( s->Length );
   Console::Write( " {0,-3} :", iMBC );
   
   // Encode the entire string.
   array<Byte>^bytes = enc->GetBytes( s );
   
   // Display all the encoded bytes.
   PrintHexBytes( bytes );
}

void PrintCountsAndBytes( String^ s, int index, int count, Encoding^ enc )
{
   
   // Display the name of the encoding used.
   Console::Write( "{0,-30} :", enc );
   
   // Display the exact byte count.
   int iBC = enc->GetByteCount( s->ToCharArray(), index, count );
   Console::Write( " {0,-3}", iBC );
   
   // Display the maximum byte count.
   int iMBC = enc->GetMaxByteCount( count );
   Console::Write( " {0,-3} :", iMBC );
   
   // Encode a range of characters in the string.
   array<Byte>^bytes = gcnew array<Byte>(iBC);
   enc->GetBytes( s, index, count, bytes, bytes->GetLowerBound( 0 ) );
   
   // Display all the encoded bytes.
   PrintHexBytes( bytes );
}

void PrintHexBytes( array<Byte>^bytes )
{
   if ( (bytes == nullptr) || (bytes->Length == 0) )
      Console::WriteLine( "<none>" );
   else
   {
      for ( int i = 0; i < bytes->Length; i++ )
         Console::Write( "{0:X2} ", bytes[ i ] );
      Console::WriteLine();
   }
}

/* 
This code produces the following output.

Encoding the entire string:
System.Text.UTF7Encoding       : 18  23  :7A 61 2B 41 77 59 42 2F 51 4F 79 32 50 2F 63 2F 77 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 12  24  :7A 61 CC 86 C7 BD CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :7A 00 61 00 06 03 FD 01 B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :00 7A 00 61 03 06 01 FD 03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 24  32  :7A 00 00 00 61 00 00 00 06 03 00 00 FD 01 00 00 B2 03 00 00 FF FC 04 00

Encoding the characters from index 4 through 6:
System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

*/
using System;
using System.Text;

public class SamplesEncoding  {

   public static void Main()  {

      // The characters to encode:
      //    Latin Small Letter Z (U+007A)
      //    Latin Small Letter A (U+0061)
      //    Combining Breve (U+0306)
      //    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
      //    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
      //    a high-surrogate value (U+D8FF)
      //    a low-surrogate value (U+DCFF)
      String myStr = "za\u0306\u01FD\u03B2\uD8FF\uDCFF";

      // Get different encodings.
      Encoding  u7    = Encoding.UTF7;
      Encoding  u8    = Encoding.UTF8;
      Encoding  u16LE = Encoding.Unicode;
      Encoding  u16BE = Encoding.BigEndianUnicode;
      Encoding  u32   = Encoding.UTF32;

      // Encode the entire string, and print out the counts and the resulting bytes.
      Console.WriteLine( "Encoding the entire string:" );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u7 );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u8 );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u16LE );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u16BE );
      PrintCountsAndBytes( myStr, u32 );

      Console.WriteLine();

      // Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
      Console.WriteLine( "Encoding the characters from index 4 through 6:" );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u7 );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u8 );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u16LE );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u16BE );
      PrintCountsAndBytes( myStr, 4, 3, u32 );
   }

   public static void PrintCountsAndBytes( String s, Encoding enc )  {

      // Display the name of the encoding used.
      Console.Write( "{0,-30} :", enc.ToString() );

      // Display the exact byte count.
      int iBC  = enc.GetByteCount( s );
      Console.Write( " {0,-3}", iBC );

      // Display the maximum byte count.
      int iMBC = enc.GetMaxByteCount( s.Length );
      Console.Write( " {0,-3} :", iMBC );

      // Encode the entire string.
      byte[] bytes = enc.GetBytes( s );

      // Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes( bytes );
   }

   public static void PrintCountsAndBytes( String s, int index, int count, Encoding enc )  {

      // Display the name of the encoding used.
      Console.Write( "{0,-30} :", enc.ToString() );

      // Display the exact byte count.
      int iBC  = enc.GetByteCount( s.ToCharArray(), index, count );
      Console.Write( " {0,-3}", iBC );

      // Display the maximum byte count.
      int iMBC = enc.GetMaxByteCount( count );
      Console.Write( " {0,-3} :", iMBC );

      // Encode a range of characters in the string.
      byte[] bytes = new byte[iBC];
      enc.GetBytes( s, index, count, bytes, bytes.GetLowerBound(0) );

      // Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes( bytes );
   }

   public static void PrintHexBytes( byte[] bytes )  {

      if (( bytes == null ) || ( bytes.Length == 0 ))
        {
            Console.WriteLine( "<none>" );
        }
        else  {
         for ( int i = 0; i < bytes.Length; i++ )
            Console.Write( "{0:X2} ", bytes[i] );
         Console.WriteLine();
      }
   }
}


/* 
This code produces the following output.

Encoding the entire string:
System.Text.UTF7Encoding       : 18  23  :7A 61 2B 41 77 59 42 2F 51 4F 79 32 50 2F 63 2F 77 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 12  24  :7A 61 CC 86 C7 BD CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :7A 00 61 00 06 03 FD 01 B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :00 7A 00 61 03 06 01 FD 03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 24  32  :7A 00 00 00 61 00 00 00 06 03 00 00 FD 01 00 00 B2 03 00 00 FF FC 04 00

Encoding the characters from index 4 through 6:
System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

*/
Imports System.Text

Public Class SamplesEncoding   

   Public Shared Sub Main()

      ' The characters to encode:
      '    Latin Small Letter Z (U+007A)
      '    Latin Small Letter A (U+0061)
      '    Combining Breve (U+0306)
      '    Latin Small Letter AE With Acute (U+01FD)
      '    Greek Small Letter Beta (U+03B2)
      '    a high-surrogate value (U+D8FF)
      '    a low-surrogate value (U+DCFF)
      Dim myStr As String = "za" & ChrW(&H0306) & ChrW(&H01FD) & ChrW(&H03B2) & ChrW(&HD8FF) & ChrW(&HDCFF)

      ' Get different encodings.
      Dim u7 As Encoding = Encoding.UTF7
      Dim u8 As Encoding = Encoding.UTF8
      Dim u16LE As Encoding = Encoding.Unicode
      Dim u16BE As Encoding = Encoding.BigEndianUnicode
      Dim u32 As Encoding = Encoding.UTF32

      ' Encode the entire string, and print out the counts and the resulting bytes.
      Console.WriteLine("Encoding the entire string:")
      PrintCountsAndBytes(myStr, u7)
      PrintCountsAndBytes(myStr, u8)
      PrintCountsAndBytes(myStr, u16LE)
      PrintCountsAndBytes(myStr, u16BE)
      PrintCountsAndBytes(myStr, u32)

      Console.WriteLine()

      ' Encode three characters starting at index 4, and print out the counts and the resulting bytes.
      Console.WriteLine("Encoding the characters from index 4 through 6:")
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u7)
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u8)
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u16LE)
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u16BE)
      PrintCountsAndBytes(myStr, 4, 3, u32)

   End Sub


   Overloads Public Shared Sub PrintCountsAndBytes(s As String, enc As Encoding)

      ' Display the name of the encoding used.
      Console.Write("{0,-30} :", enc.ToString())

      ' Display the exact byte count.
      Dim iBC As Integer = enc.GetByteCount(s)
      Console.Write(" {0,-3}", iBC)

      ' Display the maximum byte count.
      Dim iMBC As Integer = enc.GetMaxByteCount(s.Length)
      Console.Write(" {0,-3} :", iMBC)

      ' Encode the entire string.
      Dim bytes As Byte() = enc.GetBytes(s)

      ' Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes(bytes)

   End Sub


   Overloads Public Shared Sub PrintCountsAndBytes(s As String, index As Integer, count As Integer, enc As Encoding)

      ' Display the name of the encoding used.
      Console.Write("{0,-30} :", enc.ToString())

      ' Display the exact byte count.
      Dim iBC As Integer = enc.GetByteCount(s.ToCharArray(), index, count)
      Console.Write(" {0,-3}", iBC)

      ' Display the maximum byte count.
      Dim iMBC As Integer = enc.GetMaxByteCount(count)
      Console.Write(" {0,-3} :", iMBC)

      ' Encode a range of characters in the string.
      ' NOTE: In VB.NET, arrays contain one extra element by default.
      '       The following line creates the array with the exact number of elements required.
      Dim bytes(iBC - 1) As Byte
      enc.GetBytes(s, index, count, bytes, bytes.GetLowerBound(0))

      ' Display all the encoded bytes.
      PrintHexBytes(bytes)

   End Sub


   Public Shared Sub PrintHexBytes(bytes() As Byte)

      If bytes Is Nothing OrElse bytes.Length = 0 Then
         Console.WriteLine("<none>")
      Else
         Dim i As Integer
         For i = 0 To bytes.Length - 1
            Console.Write("{0:X2} ", bytes(i))
         Next i
         Console.WriteLine()
      End If

   End Sub

End Class


'This code produces the following output.
'
'Encoding the entire string:
'System.Text.UTF7Encoding       : 18  23  :7A 61 2B 41 77 59 42 2F 51 4F 79 32 50 2F 63 2F 77 2D
'System.Text.UTF8Encoding       : 12  24  :7A 61 CC 86 C7 BD CE B2 F1 8F B3 BF
'System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :7A 00 61 00 06 03 FD 01 B2 03 FF D8 FF DC
'System.Text.UnicodeEncoding    : 14  16  :00 7A 00 61 03 06 01 FD 03 B2 D8 FF DC FF
'System.Text.UTF32Encoding      : 24  32  :7A 00 00 00 61 00 00 00 06 03 00 00 FD 01 00 00 B2 03 00 00 FF FC 04 00
'
'Encoding the characters from index 4 through 6:
'System.Text.UTF7Encoding       : 10  11  :2B 41 37 4C 59 2F 39 7A 2F 2D
'System.Text.UTF8Encoding       : 6   12  :CE B2 F1 8F B3 BF
'System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :B2 03 FF D8 FF DC
'System.Text.UnicodeEncoding    : 6   8   :03 B2 D8 FF DC FF
'System.Text.UTF32Encoding      : 8   16  :B2 03 00 00 FF FC 04 00

注釈

が結果のバイトを格納するために必要な配列の正確なサイズを計算するには、 GetBytes メソッドを呼び出す必要があり GetByteCount ます。 配列の最大サイズを計算するには、メソッドを呼び出し GetMaxByteCount ます。 メソッドは一般に、より GetByteCount 少ないメモリの割り当てを可能にしますが、 GetMaxByteCount メソッドは通常、より高速に実行されます。

変換するデータが、連続したブロック (ストリームから読み取られたデータなど) でのみ使用可能な場合、またはデータの量が大きく、小さいブロックに分割する必要がある場合は、 Decoder Encoder GetDecoder 派生クラスのメソッドまたはメソッドによって提供されるまたはを使用する必要があり GetEncoder ます。

メソッドによって、 GetByteCount Unicode 文字のセットをエンコードするバイト数が決定され、 GetBytes メソッドは実際のエンコーディングを実行します。 メソッドは、 Encoding.GetBytes Encoder.GetBytes 1 つの入力ストリームに対して複数の変換を処理するメソッドとは対照的に、離散変換を必要とします。

とのいくつかのバージョン GetByteCount GetBytes がサポートされています。 これらのメソッドを使用するためのプログラミング上の考慮事項を次に示します。

  • アプリでは、多くの入力文字をコードページにエンコードし、複数の呼び出しを使用してそれらの文字を処理することが必要になる場合があります。 この場合は、使用されているオブジェクトによって保持されている状態を考慮して、呼び出しの間で状態を維持する必要があり Encoder ます。 (たとえば、サロゲートペアを含む文字シーケンスは、上位サロゲートで終了する場合があります。 は、 Encoder 上位サロゲートと結合して、次の呼び出しの開始時に下位サロゲートと組み合わせることができることを覚えています。 Encodingは状態を保持できないため、文字はに送信され EncoderFallback ます)。

  • アプリが文字列入力を処理する場合は、の文字列バージョンを使用する必要があり GetBytes ます。

  • の Unicode 文字バッファーバージョンでは、 GetBytes(Char*, Int32, Byte*, Int32) 特にオブジェクトを使用した複数の呼び出しや既存のバッファーへの挿入など、いくつかの高速な手法を使用でき Encoder ます。 ただし、ポインターが必要であるため、このメソッドのバージョンは安全でない場合があることに注意してください。

  • アプリで大量のデータを変換する必要がある場合は、出力バッファーを再利用する必要があります。 この場合、 GetBytes バイト配列をサポートするバージョンが最適な選択肢です。

  • ではなく、メソッドを使用することを検討してください Encoder.Convert GetByteCount 。 変換メソッドは、可能な限り多くのデータを変換し、出力バッファーが小さすぎる場合は例外をスローします。 ストリームを連続エンコードする場合は、この方法が最適な選択肢です。

こちらもご覧ください

適用対象