EventWaitHandle クラス

定義

スレッドの同期イベントを表します。

public ref class EventWaitHandle : System::Threading::WaitHandle
public class EventWaitHandle : System.Threading.WaitHandle
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public class EventWaitHandle : System.Threading.WaitHandle
type EventWaitHandle = class
    inherit WaitHandle
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type EventWaitHandle = class
    inherit WaitHandle
Public Class EventWaitHandle
Inherits WaitHandle
継承
EventWaitHandle
継承
派生
属性

次のコード例では、メソッド オーバーロードを SignalAndWait(WaitHandle, WaitHandle) 使用して、メイン スレッドがブロックされたスレッドに通知し、スレッドがタスクを完了するまで待機できるようにします。

この例では、5 つのスレッドを開始し、フラグを EventWaitHandle 使用 EventResetMode.AutoReset して作成されたスレッドをブロックし、ユーザーが Enter キーを押すたびに 1 つのスレッドを解放します。 次に、この例では、別の 5 つのスレッドをキューに入れ、フラグでEventResetMode.ManualReset作成したスレッドをEventWaitHandle使用してすべて解放します。

using namespace System;
using namespace System::Threading;

public ref class Example
{
private:
   // The EventWaitHandle used to demonstrate the difference
   // between AutoReset and ManualReset synchronization events.
   //
   static EventWaitHandle^ ewh;

   // A counter to make sure all threads are started and
   // blocked before any are released. A Long is used to show
   // the use of the 64-bit Interlocked methods.
   //
   static __int64 threadCount = 0;

   // An AutoReset event that allows the main thread to block
   // until an exiting thread has decremented the count.
   //
   static EventWaitHandle^ clearCount =
      gcnew EventWaitHandle( false,EventResetMode::AutoReset );

public:
   [MTAThread]
   static void main()
   {
      // Create an AutoReset EventWaitHandle.
      //
      ewh = gcnew EventWaitHandle( false,EventResetMode::AutoReset );
      
      // Create and start five numbered threads. Use the
      // ParameterizedThreadStart delegate, so the thread
      // number can be passed as an argument to the Start
      // method.
      for ( int i = 0; i <= 4; i++ )
      {
         Thread^ t = gcnew Thread(
            gcnew ParameterizedThreadStart( ThreadProc ) );
         t->Start( i );
      }
      
      // Wait until all the threads have started and blocked.
      // When multiple threads use a 64-bit value on a 32-bit
      // system, you must access the value through the
      // Interlocked class to guarantee thread safety.
      //
      while ( Interlocked::Read( threadCount ) < 5 )
      {
         Thread::Sleep( 500 );
      }

      // Release one thread each time the user presses ENTER,
      // until all threads have been released.
      //
      while ( Interlocked::Read( threadCount ) > 0 )
      {
         Console::WriteLine( L"Press ENTER to release a waiting thread." );
         Console::ReadLine();
         
         // SignalAndWait signals the EventWaitHandle, which
         // releases exactly one thread before resetting,
         // because it was created with AutoReset mode.
         // SignalAndWait then blocks on clearCount, to
         // allow the signaled thread to decrement the count
         // before looping again.
         //
         WaitHandle::SignalAndWait( ewh, clearCount );
      }
      Console::WriteLine();
      
      // Create a ManualReset EventWaitHandle.
      //
      ewh = gcnew EventWaitHandle( false,EventResetMode::ManualReset );
      
      // Create and start five more numbered threads.
      //
      for ( int i = 0; i <= 4; i++ )
      {
         Thread^ t = gcnew Thread(
            gcnew ParameterizedThreadStart( ThreadProc ) );
         t->Start( i );
      }
      
      // Wait until all the threads have started and blocked.
      //
      while ( Interlocked::Read( threadCount ) < 5 )
      {
         Thread::Sleep( 500 );
      }

      // Because the EventWaitHandle was created with
      // ManualReset mode, signaling it releases all the
      // waiting threads.
      //
      Console::WriteLine( L"Press ENTER to release the waiting threads." );
      Console::ReadLine();
      ewh->Set();

   }

   static void ThreadProc( Object^ data )
   {
      int index = static_cast<Int32>(data);

      Console::WriteLine( L"Thread {0} blocks.", data );
      // Increment the count of blocked threads.
      Interlocked::Increment( threadCount );
      
      // Wait on the EventWaitHandle.
      ewh->WaitOne();

      Console::WriteLine( L"Thread {0} exits.", data );
      // Decrement the count of blocked threads.
      Interlocked::Decrement( threadCount );
      
      // After signaling ewh, the main thread blocks on
      // clearCount until the signaled thread has
      // decremented the count. Signal it now.
      //
      clearCount->Set();
   }
};
using System;
using System.Threading;

public class Example
{
    // The EventWaitHandle used to demonstrate the difference
    // between AutoReset and ManualReset synchronization events.
    //
    private static EventWaitHandle ewh;

    // A counter to make sure all threads are started and
    // blocked before any are released. A Long is used to show
    // the use of the 64-bit Interlocked methods.
    //
    private static long threadCount = 0;

    // An AutoReset event that allows the main thread to block
    // until an exiting thread has decremented the count.
    //
    private static EventWaitHandle clearCount = 
        new EventWaitHandle(false, EventResetMode.AutoReset);

    [MTAThread]
    public static void Main()
    {
        // Create an AutoReset EventWaitHandle.
        //
        ewh = new EventWaitHandle(false, EventResetMode.AutoReset);

        // Create and start five numbered threads. Use the
        // ParameterizedThreadStart delegate, so the thread
        // number can be passed as an argument to the Start 
        // method.
        for (int i = 0; i <= 4; i++)
        {
            Thread t = new Thread(
                new ParameterizedThreadStart(ThreadProc)
            );
            t.Start(i);
        }

        // Wait until all the threads have started and blocked.
        // When multiple threads use a 64-bit value on a 32-bit
        // system, you must access the value through the
        // Interlocked class to guarantee thread safety.
        //
        while (Interlocked.Read(ref threadCount) < 5)
        {
            Thread.Sleep(500);
        }

        // Release one thread each time the user presses ENTER,
        // until all threads have been released.
        //
        while (Interlocked.Read(ref threadCount) > 0)
        {
            Console.WriteLine("Press ENTER to release a waiting thread.");
            Console.ReadLine();

            // SignalAndWait signals the EventWaitHandle, which
            // releases exactly one thread before resetting, 
            // because it was created with AutoReset mode. 
            // SignalAndWait then blocks on clearCount, to 
            // allow the signaled thread to decrement the count
            // before looping again.
            //
            WaitHandle.SignalAndWait(ewh, clearCount);
        }
        Console.WriteLine();

        // Create a ManualReset EventWaitHandle.
        //
        ewh = new EventWaitHandle(false, EventResetMode.ManualReset);

        // Create and start five more numbered threads.
        //
        for(int i=0; i<=4; i++)
        {
            Thread t = new Thread(
                new ParameterizedThreadStart(ThreadProc)
            );
            t.Start(i);
        }

        // Wait until all the threads have started and blocked.
        //
        while (Interlocked.Read(ref threadCount) < 5)
        {
            Thread.Sleep(500);
        }

        // Because the EventWaitHandle was created with
        // ManualReset mode, signaling it releases all the
        // waiting threads.
        //
        Console.WriteLine("Press ENTER to release the waiting threads.");
        Console.ReadLine();
        ewh.Set();
    }

    public static void ThreadProc(object data)
    {
        int index = (int) data;

        Console.WriteLine("Thread {0} blocks.", data);
        // Increment the count of blocked threads.
        Interlocked.Increment(ref threadCount);

        // Wait on the EventWaitHandle.
        ewh.WaitOne();

        Console.WriteLine("Thread {0} exits.", data);
        // Decrement the count of blocked threads.
        Interlocked.Decrement(ref threadCount);

        // After signaling ewh, the main thread blocks on
        // clearCount until the signaled thread has 
        // decremented the count. Signal it now.
        //
        clearCount.Set();
    }
}
Imports System.Threading

Public Class Example

    ' The EventWaitHandle used to demonstrate the difference
    ' between AutoReset and ManualReset synchronization events.
    '
    Private Shared ewh As EventWaitHandle

    ' A counter to make sure all threads are started and
    ' blocked before any are released. A Long is used to show
    ' the use of the 64-bit Interlocked methods.
    '
    Private Shared threadCount As Long = 0

    ' An AutoReset event that allows the main thread to block
    ' until an exiting thread has decremented the count.
    '
    Private Shared clearCount As New EventWaitHandle(False, _
        EventResetMode.AutoReset)

    <MTAThread> _
    Public Shared Sub Main()

        ' Create an AutoReset EventWaitHandle.
        '
        ewh = New EventWaitHandle(False, EventResetMode.AutoReset)

        ' Create and start five numbered threads. Use the
        ' ParameterizedThreadStart delegate, so the thread
        ' number can be passed as an argument to the Start 
        ' method.
        For i As Integer = 0 To 4
            Dim t As New Thread(AddressOf ThreadProc)
            t.Start(i)
        Next i

        ' Wait until all the threads have started and blocked.
        ' When multiple threads use a 64-bit value on a 32-bit
        ' system, you must access the value through the
        ' Interlocked class to guarantee thread safety.
        '
        While Interlocked.Read(threadCount) < 5
            Thread.Sleep(500)
        End While

        ' Release one thread each time the user presses ENTER,
        ' until all threads have been released.
        '
        While Interlocked.Read(threadCount) > 0
            Console.WriteLine("Press ENTER to release a waiting thread.")
            Console.ReadLine()

            ' SignalAndWait signals the EventWaitHandle, which
            ' releases exactly one thread before resetting, 
            ' because it was created with AutoReset mode. 
            ' SignalAndWait then blocks on clearCount, to 
            ' allow the signaled thread to decrement the count
            ' before looping again.
            '
            WaitHandle.SignalAndWait(ewh, clearCount)
        End While
        Console.WriteLine()

        ' Create a ManualReset EventWaitHandle.
        '
        ewh = New EventWaitHandle(False, EventResetMode.ManualReset)

        ' Create and start five more numbered threads.
        '
        For i As Integer = 0 To 4
            Dim t As New Thread(AddressOf ThreadProc)
            t.Start(i)
        Next i

        ' Wait until all the threads have started and blocked.
        '
        While Interlocked.Read(threadCount) < 5
            Thread.Sleep(500)
        End While

        ' Because the EventWaitHandle was created with
        ' ManualReset mode, signaling it releases all the
        ' waiting threads.
        '
        Console.WriteLine("Press ENTER to release the waiting threads.")
        Console.ReadLine()
        ewh.Set()
        
    End Sub

    Public Shared Sub ThreadProc(ByVal data As Object)
        Dim index As Integer = CInt(data)

        Console.WriteLine("Thread {0} blocks.", data)
        ' Increment the count of blocked threads.
        Interlocked.Increment(threadCount)

        ' Wait on the EventWaitHandle.
        ewh.WaitOne()

        Console.WriteLine("Thread {0} exits.", data)
        ' Decrement the count of blocked threads.
        Interlocked.Decrement(threadCount)

        ' After signaling ewh, the main thread blocks on
        ' clearCount until the signaled thread has 
        ' decremented the count. Signal it now.
        '
        clearCount.Set()
    End Sub
End Class

注釈

このクラスを EventWaitHandle 使用すると、スレッドはシグナリングによって相互に通信できます。 通常、ブロックされていないスレッドがメソッドを EventWaitHandle 呼び出す Set まで、1 つ以上のスレッドがブロックされ、1 つ以上のブロックされたスレッドが解放されます。 スレッドは、(SharedVisual Basic) WaitHandle.SignalAndWait メソッドを呼び出staticすことによって、スレッドに通知EventWaitHandleし、その上でブロックすることができます。

注意

このクラスは EventWaitHandle 、名前付きシステム同期イベントへのアクセスを提供します。

シグナルが送信された状態 EventWaitHandle の動作は、リセット モードによって異なります。 EventWaitHandleフラグを使用して作成されたスレッドはEventResetMode.AutoReset、1 つの待機スレッドを解放した後、シグナルが送信されると自動的にリセットされます。 EventResetMode.ManualReset フラグで作成された EventWaitHandle は、その Reset メソッドが呼び出されるまで、シグナル状態のままです。

自動リセット イベントは、リソースへの排他的アクセスを提供します。 自動リセット イベントが通知を受けたとき、待機中のスレッドがない場合は、スレッドが待機中になるまでシグナル状態のままです。 イベントはスレッドを解放してすぐにリセットされ、以降のスレッドをブロックします。

手動リセット イベントはゲートのようなものです。 イベントが通知されない場合、イベントを待機するスレッドはブロックされます。 イベントが通知されると、すべての待機スレッドが解放され、そのメソッドが呼び出されるまで Reset イベントはシグナル状態のまま (つまり、後続の待機はブロックされません)。 手動リセット イベントは、あるスレッドが他のスレッドを続行する前にアクティビティを完了する必要がある場合に便利です。

EventWaitHandleオブジェクトは、(SharedVisual Basicで) WaitHandle.WaitAll メソッドとWaitHandle.WaitAnystaticに使用できます。

詳細については、同期プリミティブの概要に関する記事の「スレッドの相互作用」または「シグナル」セクションを参照してください。

コンストラクター

EventWaitHandle(Boolean, EventResetMode)

待機ハンドルの初期状態をシグナル状態に設定するかどうか、および、待機ハンドルが自動的にリセットされるかまたは手動でリセットされるかを指定して、EventWaitHandle クラスの新しいインスタンスを初期化します。

EventWaitHandle(Boolean, EventResetMode, String)

この呼び出しの結果として待機ハンドルが作成された場合に待機ハンドルの初期状態をシグナル状態に設定するかどうか、待機ハンドルが自動的にリセットされるかまたは手動でリセットされるか、およびシステムの同期イベントの名前を指定して、EventWaitHandle クラスの新しいインスタンスを初期化します。

EventWaitHandle(Boolean, EventResetMode, String, Boolean)

EventWaitHandle クラスの新しいインスタンスを初期化し、待機ハンドルがこの呼び出しの結果として作成された場合に最初にシグナル状態になるかどうか、リセットは自動または手動か、システムの同期イベントの名前、呼び出しの後の値で名前の付いたシステム イベントが作成されたかどうかを示すブール値変数を指定します。

EventWaitHandle(Boolean, EventResetMode, String, Boolean, EventWaitHandleSecurity)

EventWaitHandle クラスの新しいインスタンスを初期化し、待機ハンドルがこの呼び出しの結果として作成された場合に最初にシグナル状態になるかどうか、リセットは自動または手動か、システムの同期イベントの名前、呼び出しの後の値で名前の付いたシステム イベントが作成されたかどうかを示すブール値変数、および名前の付いたシステム イベントが作成された場合は、そのイベントにアクセス制御セキュリティを適用するかどうかを指定します。

フィールド

WaitTimeout

待機ハンドルがシグナル状態になる前に WaitAny(WaitHandle[], Int32, Boolean) 操作がタイムアウトになったことを示します。 このフィールドは定数です。

(継承元 WaitHandle)

プロパティ

Handle
互換性のために残されています。
互換性のために残されています。

ネイティブ オペレーティング システム ハンドルを取得または設定します。

(継承元 WaitHandle)
SafeWaitHandle

ネイティブ オペレーティング システム ハンドルを取得または設定します。

(継承元 WaitHandle)

メソッド

Close()

現在の WaitHandle によって保持されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 WaitHandle)
CreateObjRef(Type)

リモート オブジェクトとの通信に使用するプロキシの生成に必要な情報をすべて格納しているオブジェクトを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
Dispose()

WaitHandle クラスの現在のインスタンスによって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 WaitHandle)
Dispose(Boolean)

派生クラスでオーバーライドされると、WaitHandle によって使用されているアンマネージド リソースを解放し、オプションでマネージド リソースも解放します。

(継承元 WaitHandle)
Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetAccessControl()

現在の EventWaitHandle オブジェクトによって表される名前付きシステム イベントのアクセス制御セキュリティを表す EventWaitHandleSecurity オブジェクトを取得します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetLifetimeService()
互換性のために残されています。

対象のインスタンスの有効期間ポリシーを制御する、現在の有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InitializeLifetimeService()
互換性のために残されています。

このインスタンスの有効期間ポリシーを制御する有効期間サービス オブジェクトを取得します。

(継承元 MarshalByRefObject)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone(Boolean)

現在の MarshalByRefObject オブジェクトの簡易コピーを作成します。

(継承元 MarshalByRefObject)
OpenExisting(String)

既に存在する場合は、指定した名前付き同期イベントを開きます。

OpenExisting(String, EventWaitHandleRights)

これが既に存在する場合は、必要なセキュリティ アクセスで指定した名前付き同期イベントを開きます。

Reset()

イベントの状態を非シグナル状態に設定し、スレッドをブロックします。

Set()

イベントの状態をシグナル状態に設定し、待機している 1 つ以上のスレッドが進行できるようにします。

SetAccessControl(EventWaitHandleSecurity)

名前付きシステム イベントのアクセス制御セキュリティを設定します。

ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)
TryOpenExisting(String, EventWaitHandle)

既に存在する場合は、指定した名前付き同期イベントを開き操作が成功したかどうかを示す値を返します。

TryOpenExisting(String, EventWaitHandleRights, EventWaitHandle)

既に存在する場合は、必要なセキュリティ アクセスを使って指定した名前付き同期イベントを開き、操作が成功したかどうかを示す値を返します。

WaitOne()

現在の WaitHandle がシグナルを受け取るまで、現在のスレッドをブロックします。

(継承元 WaitHandle)
WaitOne(Int32)

32 ビット符号付き整数を使用して時間間隔をミリ秒単位で指定し、現在の WaitHandle がシグナルを受信するまで、現在のスレッドをブロックします。

(継承元 WaitHandle)
WaitOne(Int32, Boolean)

現在の WaitHandle がシグナルを受信するまで現在のスレッドをブロックします。時間間隔を指定するために 32 ビット符号付き整数を使用し、待機の前でも同期ドメインを終了するかどうかを指定します。

(継承元 WaitHandle)
WaitOne(TimeSpan)

TimeSpan を使用して時間間隔を指定し、現在のインスタンスがシグナルを受信するまで現在のスレッドをブロックします。

(継承元 WaitHandle)
WaitOne(TimeSpan, Boolean)

現在のインスタンスがシグナルを受信するまで現在のスレッドをブロックします。TimeSpan を使用して時間間隔を指定し、待機の前でも同期ドメインを終了するかどうかを指定します。

(継承元 WaitHandle)

明示的なインターフェイスの実装

IDisposable.Dispose()

この API は製品インフラストラクチャをサポートします。コードから直接使用するものではありません。

WaitHandle によって使用されているすべてのリソースを解放します。

(継承元 WaitHandle)

拡張メソッド

GetAccessControl(EventWaitHandle)

指定した handle のセキュリティ記述子を返します。

SetAccessControl(EventWaitHandle, EventWaitHandleSecurity)

指定したイベント待機ハンドルのセキュリティ記述子を設定します。

GetSafeWaitHandle(WaitHandle)

ネイティブ オペレーティング システムの待機ハンドルのためのセーフ ハンドルを取得します。

SetSafeWaitHandle(WaitHandle, SafeWaitHandle)

ネイティブ オペレーティング システムの待機ハンドルのためのセーフ ハンドルを設定します。

適用対象

スレッド セーフ

この型はスレッド セーフです。

こちらもご覧ください