TypeCode 列挙型

定義

オブジェクトの型を指定します。

public enum class TypeCode
public enum TypeCode
[System.Serializable]
public enum TypeCode
[System.Serializable]
[System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)]
public enum TypeCode
type TypeCode = 
[<System.Serializable>]
type TypeCode = 
[<System.Serializable>]
[<System.Runtime.InteropServices.ComVisible(true)>]
type TypeCode = 
Public Enum TypeCode
継承
TypeCode
属性

フィールド

Boolean 3

true または false のブール値を表す単純型。

Byte 6

0 から 255 までの値を保持する符号なし 8 ビット整数を表す整数型。

Char 4

0 から 65535 までの値を保持する符号なし 16 ビット整数を表す整数型。 Char 型で使用できる値は、Unicode 文字セットに対応します。

DateTime 16

日時の値を表す型。

DBNull 2

データベースの null (列) 値。

Decimal 15

1.0 × 10 -28 から概数 7.9 × 10 28 までの範囲で、有効桁数が 28 または 29 の値を表す単純型。

Double 14

概数 5.0 × 10 -324 から 1.7 × 10 308 までの範囲で、有効桁数が 15 または 16 の値を表す浮動小数点型。

Empty 0

null 参照。

Int16 7

-32768 から 32767 までの値を保持する符号付き 16 ビット整数を表す整数型。

Int32 9

-2147483648 から 2147483647 までの値を保持する符号付き 32 ビット整数を表す整数型。

Int64 11

-9223372036854775808 から 9223372036854775807 までの値を保持する符号付き 64 ビット整数を表す整数型。

Object 1

別の TypeCode で明示的に表されていない任意の参照または値型を表す一般的な型。

SByte 5

-128 から 127 までの値を保持する符号付き 8 ビット整数を表す整数型。

Single 13

概数 1.5 x 10 -45 から 3.4 x 10 38 までの範囲で、有効桁数が 7 の値を表す浮動小数点型。

String 18

Unicode 文字列を表すシール クラス型。

UInt16 8

0 から 65535 までの値を保持する符号なし 16 ビット整数を表す整数型。

UInt32 10

0 から 4294967295 までの値を保持する符号なし 32 ビット整数を表す整数型。

UInt64 12

0 から 18446744073709551615 までの値を保持する符号なし 64 ビット整数を表す整数型。

次のコード例は、列挙型を使用する方法を TypeCode 示しています。 WriteObjectInfo メソッド内の決定ブロックでは、 TypeCode パラメーターが Object 調べられ、適切なメッセージがコンソールに書き込まれます。

void WriteObjectInfo( Object^ testObject )
{
   TypeCode typeCode = Type::GetTypeCode( testObject->GetType() );
   switch ( typeCode )
   {
      case TypeCode::Boolean:
         Console::WriteLine( "Boolean: {0}", testObject );
         break;

      case TypeCode::Double:
         Console::WriteLine( "Double: {0}", testObject );
         break;

      default:
         Console::WriteLine( "{0}: {1}", typeCode, testObject );
         break;
   }
}
static void WriteObjectInfo(object testObject)
{
    TypeCode    typeCode = Type.GetTypeCode( testObject.GetType() );

    switch( typeCode )
    {
        case TypeCode.Boolean:
            Console.WriteLine("Boolean: {0}", testObject);
            break;

        case TypeCode.Double:
            Console.WriteLine("Double: {0}", testObject);
            break;

        default:
            Console.WriteLine("{0}: {1}", typeCode.ToString(), testObject);
            break;
    }
}
Sub WriteObjectInfo(ByVal testObject As Object)
    Dim typeCode As TypeCode = Type.GetTypeCode(testObject.GetType())

    Select Case typeCode
        Case typeCode.Boolean
            Console.WriteLine("Boolean: {0}", testObject)

        Case typeCode.Double
            Console.WriteLine("Double: {0}", testObject)

        Case Else
            Console.WriteLine("{0}: {1}", typeCode.ToString(), testObject)
    End Select
End Sub

注釈

インターフェイスを GetTypeCode 実装するクラスでメソッドを IConvertible 呼び出して、そのクラスのインスタンスの型コードを取得します。

それ以外の場合は、オブジェクトのGetTypeメソッドを呼び出してオブジェクトをType取得し、オブジェクトのGetTypeCodeメソッドをType呼び出してオブジェクトの型コードを取得します。

適用対象