Button.PostBackUrl プロパティ

定義

Button コントロールがクリックされたときに現在のページからのポスト先となるページの URL を取得または設定します。

public:
 virtual property System::String ^ PostBackUrl { System::String ^ get(); void set(System::String ^ value); };
[System.Web.UI.Themeable(false)]
public virtual string PostBackUrl { get; set; }
[<System.Web.UI.Themeable(false)>]
member this.PostBackUrl : string with get, set
Public Overridable Property PostBackUrl As String

プロパティ値

String

Button コントロールがクリックされたときに現在のページからのポスト先となる Web ページの URL。 既定値は空の文字列 ("") です。この場合、ページはそのページ自体にポストバックされます。

実装

属性

次のコード例では、 プロパティを使用 PostBackUrl してページ間投稿を実行する方法を示します。 ユーザーがコントロールを Button クリックすると、テキスト ボックスに入力された値が、 プロパティで指定されたターゲット ページに PostBackUrl ポストされます。 このサンプルを実行するには、このコード例と同じディレクトリにターゲット ページのファイルも作成する必要があります。 ターゲット ページのコードは、次の例で示します。

<%@ page language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head id="head1" runat="server">
  <title>Button.PostBackUrl Example</title>
</head>
<body>    
  <form id="form1" runat="server">
    
    <h3>Button.PostBackUrl Example</h3>

    Enter a value to post:
    <asp:textbox id="TextBox1" 
      runat="Server">
    </asp:textbox>

    <br /><br />

    <asp:button id="Button1" 
      text="Post back to this page"
      runat="Server">
    </asp:button>

    <br /><br />

    <asp:button id="Button2"
      text="Post value to another page" 
      postbackurl="Button.PostBackUrlPage2cs.aspx" 
      runat="Server">
    </asp:button>

  </form>
</body>
</html>
<%@ page language="VB" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head id="head1" runat="server">
  <title>Button.PostBackUrl Example</title>
</head>
<body>    
  <form id="form1" runat="server">
    
    <h3>Button.PostBackUrl Example</h3>

    Enter a value to post:
    <asp:textbox id="TextBox1" 
      runat="Server">
    </asp:textbox>

    <br /><br />

    <asp:button id="Button1" 
      text="Post back to this page"
      runat="Server">
    </asp:button>

    <br /><br />

    <asp:button id="Button2"
      text="Post value to another page" 
      postbackurl="Button.PostBackUrlPage2vb.aspx" 
      runat="Server">
    </asp:button>

  </form>
</body>
</html>

次のコード例では、 プロパティを使用して、 プロパティを Page.PreviousPage 使用して別のページから投稿された値にアクセスする方法を PostBackUrl 示します。 このページは、前のページから投稿された文字列を取得し、ユーザーに表示します。 このコード例を直接実行しようとすると、フィールドの値が になるため、エラーが text 発生します null。 代わりに、このコードを使用してターゲット ページを作成し、前の例のコードと同じディレクトリにファイルを配置します。 ファイルの名前は、前の例の プロパティに指定 PostBackUrl した値に対応している必要があります。 前の例のコードを実行すると、クロス ページ投稿が発生すると、このページが自動的に実行されます。

重要

この例には、ユーザー入力を受け付けるテキスト ボックスがあります。これにより、セキュリティが脆弱になる可能性があります。 既定では、ASP.NET Web ページによって、ユーザー入力にスクリプトまたは HTML 要素が含まれていないかどうかが検証されます。 詳細については、「スクリプトによる攻略の概要」を参照してください。

<%@ page language="C#" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<script runat="server">
  
  void Page_Load (object sender, System.EventArgs e)
  {
    string text;
    
    // Get the value of TextBox1 from the page that 
    // posted to this page.
    text = ((TextBox)PreviousPage.FindControl("TextBox1")).Text;
    
    // Check for an empty string.
    if (text != "")
      PostedLabel.Text = "The string posted from the previous page is "
                         + text + ".";
    else
      PostedLabel.Text = "An empty string was posted from the previous page.";
  }

</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head id="head1" runat="server">
  <title>Button.PostBackUrl Target Page Example</title>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
    
    <h3>Button.PostBackUrl Target Page Example</h3>
      
    <br />
    
    <asp:label id="PostedLabel"
       runat="Server">
    </asp:label>

    </form>
</body>
</html>
<%@ page language="VB" %>

<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN"
    "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<script runat="server">
  Sub Page_Load(ByVal sender As System.Object, ByVal e As System.EventArgs)
    
    Dim text As String
    
    ' Get the value of TextBox1 from the page that posted
    ' to this page.
    text = CType((PreviousPage.FindControl("TextBox1")), TextBox).Text
       
    ' Check for an empty string.
    If Not (text = "") Then
      PostedLabel.Text = "The string posted from the previous page is " _
                         & text & "."
    Else
      PostedLabel.Text = "An empty string was posted from the previous page."
    End If
    
  End Sub

</script>

<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" >
<head id="head1" runat="server">
  <title>Button.PostBackUrl Target Page Example</title>
</head>
<body>
  <form id="form1" runat="server">
    
    <h3>Button.PostBackUrl Target Page Example</h3>
       
    <br />
    
    <asp:label id="PostedLabel"
       runat="Server">
    </asp:label>

    </form>
</body>
</html>

注釈

PostBackUrlプロパティを使用すると、 コントロールを使用してページ間投稿をButton実行できます。

Note

このプロパティでは、正しく指定されたパスのみが機能します。 たとえば、相対パス (Test/default.aspx)、絶対パス ()、仮想 (~\Test\default.aspxhttps://localhost/WebApp/default.aspx) は正しく機能します。 "/Test/default.aspx" や "\Test\default.aspx" などの正しくない形式のパスは機能しません。 正しいパス の作成については、「ASP.NET Web プロジェクト パス」を参照してください。

コントロールが PostBackUrl クリックされたときに投稿する Web ページの URL に プロパティを Button 設定します。 たとえば、 を Page2.aspx 指定すると、コントロールを含むページが ButtonPage2.aspxポストされます。 プロパティの値 PostBackUrl を指定しない場合、ページはそれ自体にポストバックされます。

重要

サーバー側の検証を使用してコントロールを使用してページ間ポストバックを実行する場合は、ポストバックを処理する前に、ページの IsValid プロパティが true であることを確認する必要があります。 ページ間ポストバックの場合、チェックするページは です PreviousPage。 次の VB コードは、この方法を示しています。

Sub Page_Load(ByVal sender As Object, ByVal e As System.EventArgs) Handles Me.Load
        If Page.PreviousPage.IsValid Then
            ' Handle the post back
        Else
            Response.Write("Invalid")
        End If
End Sub

ページ間転記手法の詳細については、「ASP.NET Web Formsでのクロスページ転記」を参照してください。

このプロパティは、テーマまたはスタイル シート テーマによって設定することはできません。 詳細については、「テーマとスキンの ASP.NET」を参照してくださいThemeableAttribute

適用対象

こちらもご覧ください