SelectionChangedEventArgs クラス

定義

SelectionChanged イベントのデータを提供します。

public ref class SelectionChangedEventArgs : System::Windows::RoutedEventArgs
public class SelectionChangedEventArgs : System.Windows.RoutedEventArgs
type SelectionChangedEventArgs = class
    inherit RoutedEventArgs
Public Class SelectionChangedEventArgs
Inherits RoutedEventArgs
継承
SelectionChangedEventArgs

次の例では、ListBoxを作成し、SelectionChangedイベントをサブスクライブします。 で選択した項目を検索するために使用 SelectionChangedEventArgs されます ListBox

<WrapPanel Width="500" Orientation="Horizontal" Name="rectanglesPanel">
  <WrapPanel.Resources>
    <Style TargetType="Rectangle">
      <Setter Property="Height" Value="20"/>
      <Setter Property="Width" Value="20"/>
      <Setter Property="Margin" Value="5"/>
    </Style>
  </WrapPanel.Resources>
</WrapPanel>

<ListBox Name="myListBox" HorizontalAlignment="Left" SelectionMode="Extended" 
      Width="265" Height="55" Background="HoneyDew" SelectionChanged="myListBox_SelectionChanged"
      ItemsSource="{Binding Source={StaticResource Colors}}" IsSynchronizedWithCurrentItem="true">
</ListBox>
void myListBox_SelectionChanged(object sender, SelectionChangedEventArgs args)
{

    BrushConverter converter = new BrushConverter();

    // Show Rectangles that are the selected colors.
    foreach (string color in args.AddedItems)
    {
        if (GetRectangle(color) == null)
        {
            Rectangle aRect = new Rectangle();
            aRect.Fill = (Brush) converter.ConvertFrom(color);
            aRect.Tag = color;
            rectanglesPanel.Children.Add(aRect);
        }
    }

    // Remove the Rectangles that are the unselected colors.
    foreach (string color in args.RemovedItems)
    {
        FrameworkElement removedItem = GetRectangle(color);
        if (removedItem != null)
        {
            rectanglesPanel.Children.Remove(removedItem);
        }
    }
}

FrameworkElement GetRectangle(string color)
{
    foreach (FrameworkElement rect in rectanglesPanel.Children)
    {
        if (rect.Tag.ToString() == color)
            return rect;
    }

    return null;
}
Private Sub myListBox_SelectionChanged(ByVal sender As Object, ByVal args As SelectionChangedEventArgs)

    Dim converter As BrushConverter = New BrushConverter()
    Dim color As String

    ' Show Rectangles that are the selected colors.
    For Each color In args.AddedItems

        If GetRectangle(color) Is Nothing Then
            Dim aRect As Rectangle = New Rectangle()
            aRect.Fill = CType(converter.ConvertFrom(color), Brush)
            aRect.Tag = color
            rectanglesPanel.Children.Add(aRect)
        End If

    Next

    ' Remove the Rectangles that are the unselected colors.
    For Each color In args.RemovedItems

        Dim removedItem As FrameworkElement = GetRectangle(color)
        If Not removedItem Is Nothing Then
            rectanglesPanel.Children.Remove(removedItem)
        End If

    Next

End Sub

Private Function GetRectangle(ByVal color As String) As FrameworkElement
    Dim rect As FrameworkElement
    For Each rect In rectanglesPanel.Children
        If rect.Tag.ToString() = color Then
            Return rect
        End If
    Next

    Return Nothing
End Function

コンストラクター

SelectionChangedEventArgs(RoutedEvent, IList, IList)

SelectionChangedEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

AddedItems

選択された項目の一覧を取得します。

Handled

ルーティング イベントがルートをたどる際のイベント処理の現在の状態を示す値を取得または設定します。

(継承元 RoutedEventArgs)
OriginalSource

親クラスによって Source が調整される前の、純粋なヒット テストで判断される元の報告ソースを取得します。

(継承元 RoutedEventArgs)
RemovedItems

選択されなかった項目の一覧を取得します。

RoutedEvent

この RoutedEventArgs インスタンスに関連付けられている RoutedEvent を取得または設定します。

(継承元 RoutedEventArgs)
Source

イベントを発生させたオブジェクトへの参照を取得または設定します。

(継承元 RoutedEventArgs)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InvokeEventHandler(Delegate, Object)

適切な型のキャストを実行して、SelectionChangedEventHandler イベントのタイプ セーフな SelectionChanged デリゲートを呼び出します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
OnSetSource(Object)

派生クラスでオーバーライドした場合、インスタンスの Source プロパティの値が変更されるたびに、通知コールバックのエントリ ポイントを提供します。

(継承元 RoutedEventArgs)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください