DataGridViewColumnDividerDoubleClickEventArgs クラス

定義

ColumnDividerDoubleClickDataGridView イベントのデータを提供します。

public ref class DataGridViewColumnDividerDoubleClickEventArgs : System::Windows::Forms::HandledMouseEventArgs
public class DataGridViewColumnDividerDoubleClickEventArgs : System.Windows.Forms.HandledMouseEventArgs
type DataGridViewColumnDividerDoubleClickEventArgs = class
    inherit HandledMouseEventArgs
Public Class DataGridViewColumnDividerDoubleClickEventArgs
Inherits HandledMouseEventArgs
継承
DataGridViewColumnDividerDoubleClickEventArgs

次のコード例では、この型の使用方法を示します。 この例では、イベント ハンドラーがイベントの ColumnDividerDoubleClick 発生を報告します。 このレポートは、イベントが発生したタイミングを知るのに役立ち、デバッグに役立ちます。 複数のイベントまたは頻繁に発生するイベントに関するレポートを作成するには、 を Console.WriteLine に置き換えるかShow、複数行TextBoxにメッセージを追加することを検討してください。

コード例を実行するには、 という名前DataGridView1の型DataGridViewのインスタンスを含むプロジェクトに貼り付けます。 次に、イベント ハンドラーが イベントに関連付けられていることを確認します ColumnDividerDoubleClick

private void DataGridView1_ColumnDividerDoubleClick(Object sender, DataGridViewColumnDividerDoubleClickEventArgs e) {

System.Text.StringBuilder messageBoxCS = new System.Text.StringBuilder();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "ColumnIndex", e.ColumnIndex );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Handled", e.Handled );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Button", e.Button );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Clicks", e.Clicks );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "X", e.X );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Y", e.Y );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Delta", e.Delta );
messageBoxCS.AppendLine();
messageBoxCS.AppendFormat("{0} = {1}", "Location", e.Location );
messageBoxCS.AppendLine();
MessageBox.Show(messageBoxCS.ToString(), "ColumnDividerDoubleClick Event" );
}
Private Sub DataGridView1_ColumnDividerDoubleClick(sender as Object, e as DataGridViewColumnDividerDoubleClickEventArgs) _ 
     Handles DataGridView1.ColumnDividerDoubleClick

    Dim messageBoxVB as New System.Text.StringBuilder()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "ColumnIndex", e.ColumnIndex)
    messageBoxVB.AppendLine()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "Handled", e.Handled)
    messageBoxVB.AppendLine()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "Button", e.Button)
    messageBoxVB.AppendLine()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "Clicks", e.Clicks)
    messageBoxVB.AppendLine()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "X", e.X)
    messageBoxVB.AppendLine()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "Y", e.Y)
    messageBoxVB.AppendLine()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "Delta", e.Delta)
    messageBoxVB.AppendLine()
    messageBoxVB.AppendFormat("{0} = {1}", "Location", e.Location)
    messageBoxVB.AppendLine()
    MessageBox.Show(messageBoxVB.ToString(),"ColumnDividerDoubleClick Event")

End Sub

注釈

イベントを処理する方法の詳細については、次を参照してください。処理とイベントの発生します。

コンストラクター

DataGridViewColumnDividerDoubleClickEventArgs(Int32, HandledMouseEventArgs)

DataGridViewColumnDividerDoubleClickEventArgs クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

Button

マウスのどのボタンが押されたかを示す値を取得します。

(継承元 MouseEventArgs)
Clicks

マウス ボタンが押されて離された回数を取得します。

(継承元 MouseEventArgs)
ColumnIndex

ダブルクリックされた列区分線の横にある列のインデックス。

Delta

マウス ホイールの回転回数を表す符号付きの数値に定数 WHEEL_DELTA の値を乗算した値を取得します。 マウス ホイールのノッチ 1 つ分が 1 移動量に相当します。

(継承元 MouseEventArgs)
Handled

このイベントをコントロールの親コンテナーに送るかどうかを取得または設定します。

(継承元 HandledMouseEventArgs)
Location

マウス イベント生成時のマウスの位置を取得します。

(継承元 MouseEventArgs)
X

マウス イベント生成時のマウスの x 座標を取得します。

(継承元 MouseEventArgs)
Y

マウス イベント生成時のマウスの y 座標を取得します。

(継承元 MouseEventArgs)

メソッド

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
ToString()

現在のオブジェクトを表す文字列を返します。

(継承元 Object)

適用対象

こちらもご覧ください