FrameworkElement.Triggers プロパティ

定義

この要素に直接、または子要素で設定されているトリガーのコレクションを取得します。

public:
 property System::Windows::TriggerCollection ^ Triggers { System::Windows::TriggerCollection ^ get(); };
public System.Windows.TriggerCollection Triggers { get; }
member this.Triggers : System.Windows.TriggerCollection
Public ReadOnly Property Triggers As TriggerCollection

プロパティ値

TriggerCollection

厳密に型指定された Trigger オブジェクトのコレクション。

注釈

注意

このプロパティは、表示されているコレクション構文を使用するか、コレクション オブジェクトにアクセスし、Add などのさまざまなメソッドを使用して、拡張アプリケーション マークアップ言語 (XAML) でのみ設定できます。 コレクション オブジェクト自体にアクセスするプロパティは読み取り専用であり、コレクション自体は読み取り/書き込みです。 プロパティはルート要素にのみ存在します。それを見つけたり、他の場所に設定しようとすると、例外がスローされます。

このプロパティでは、この要素で使用されているスタイルの一部として存在するトリガーを確認することはできません。 マークアップまたはコード内でコレクションにリテラルに追加されたトリガーのコレクションのみが報告されます。 通常、要素には、(例えばテンプレートを使用して) このような要素が既定で存在しません。コントロール合成から得られるトリガーは、代わりにスタイルで確立される方が一般的です。

動作の観点から (およびどの効果がどの要素の宣言された Triggers コレクションから来たかを確立しようとしています)、トリガー条件とトリガー効果の両方がこの要素にあるか、論理ツリー内の子要素にある可能性があります。 などの Loaded 有効期間イベントを使用してこのコレクションを取得する場合、子要素のトリガーがまだ完全に読み込まれていない可能性があり、コレクションは実際の実行時よりも小さくなります。

要素に対して確立されたトリガーのコレクションでは、プロパティ トリガー (Trigger) ではなく、 のみがサポートEventTriggerされることに注意してください。 プロパティ トリガーが必要な場合は、これらをスタイルまたはテンプレート内に配置し、そのスタイルまたはテンプレートを、プロパティを介して直接、または暗黙的なスタイル参照を介して Style 間接的に要素に割り当てる必要があります。

XAML プロパティ要素の使用

<object>  
  <object.Triggers>  
    oneOrMoreTriggers  
  </object.Triggers>  
</object>  

XAML 値

oneOrMoreTriggers
1 つ以上の定義済 EventTrigger み要素。 このような各トリガーには、有効なストーリーボード アクションと参照が含まれている必要があります。 このコレクションは、ページのルート要素でのみ確立できることに注意してください。 詳細については、「ストーリーボードの概要」を参照してください。

適用対象

こちらもご覧ください