Window.WindowState プロパティ

定義

ウィンドウが元のサイズに戻されているか、最小化されているか、最大化されているかを示す値を取得または設定します。

public:
 property System::Windows::WindowState WindowState { System::Windows::WindowState get(); void set(System::Windows::WindowState value); };
public System.Windows.WindowState WindowState { get; set; }
member this.WindowState : System.Windows.WindowState with get, set
Public Property WindowState As WindowState

プロパティ値

WindowState

ウィンドウが元のサイズに戻されているか、最小化されているか、最大化されているかを判断する WindowState。 既定値は、Normal (元のサイズに戻されている) です。

注釈

ウィンドウを最小化または最大化する前に、そのサイズと場所が .RestoreBounds その後ウィンドウが復元されると、そのサイズと場所の値は 、次 RestoreBoundsの値と共に復元されます。

プロパティが WindowState 変更されると、 StateChanged 発生します。

注意

ウィンドウがブラウザーでホストされている場合、このプロパティを設定または取得することはできません。

依存プロパティ情報

識別子フィールド WindowStateProperty
に設定されたメタデータ プロパティ true BindsTwoWayByDefault

適用対象

こちらもご覧ください