XPathNavigator クラス

定義

XML データ内を移動したり XML データを編集したりするためのカーソル モデルを提供します。

public ref class XPathNavigator abstract : System::Xml::XPath::XPathItem, ICloneable, System::Xml::IXmlNamespaceResolver, System::Xml::XPath::IXPathNavigable
public ref class XPathNavigator abstract : System::Xml::XPath::XPathItem, System::Xml::IXmlNamespaceResolver, System::Xml::XPath::IXPathNavigable
public ref class XPathNavigator abstract : ICloneable
public abstract class XPathNavigator : System.Xml.XPath.XPathItem, ICloneable, System.Xml.IXmlNamespaceResolver, System.Xml.XPath.IXPathNavigable
public abstract class XPathNavigator : System.Xml.XPath.XPathItem, System.Xml.IXmlNamespaceResolver, System.Xml.XPath.IXPathNavigable
public abstract class XPathNavigator : ICloneable
type XPathNavigator = class
    inherit XPathItem
    interface ICloneable
    interface IXmlNamespaceResolver
    interface IXPathNavigable
type XPathNavigator = class
    inherit XPathItem
    interface IXmlNamespaceResolver
    interface IXPathNavigable
type XPathNavigator = class
    interface ICloneable
type XPathNavigator = class
    inherit XPathItem
    interface ICloneable
    interface IXPathNavigable
    interface IXmlNamespaceResolver
Public MustInherit Class XPathNavigator
Inherits XPathItem
Implements ICloneable, IXmlNamespaceResolver, IXPathNavigable
Public MustInherit Class XPathNavigator
Inherits XPathItem
Implements IXmlNamespaceResolver, IXPathNavigable
Public MustInherit Class XPathNavigator
Implements ICloneable
継承
XPathNavigator
継承
XPathNavigator
派生
実装

注釈

名前空間のSystem.Xml.XPathクラスはXPathNavigator、XML 情報項目を XQuery 1.0 および XPath 2.0 データ モデルのインスタンスとしてナビゲートおよび編集するためのカーソル モデルを定義する抽象クラスです。

XPathNavigatorオブジェクトは、インターフェイス (クラスなどXPathDocumentXmlDocument) をIXPathNavigable実装するクラスから作成されます。 XPathNavigator オブジェクトによって作成された XPathDocument オブジェクトは読み取り専用 XPathNavigator ですが、オブジェクトによって XmlDocument 作成されたオブジェクトは編集できます。 XPathNavigatorオブジェクトの読み取り専用または編集可能な状態は、クラスのXPathNavigatorプロパティをCanEdit使用して決定されます。

XPath データ モデルを使用した XML データの処理の詳細については、「XPath データ モデルを 使用した XML データの処理」トピックを参照 してください。

重要

クラスを使用した結果として発生する XPathNavigator 例外 (クラスなど XPathException ) には、信頼されていないシナリオでは公開すべきでない機密情報が含まれている場合があります。 信頼されていないシナリオでこの機密情報が公開されないように、例外を適切に処理する必要があります。

注意 (実装者)

クラスから XPathNavigator 継承する場合は、次のメンバーをオーバーライドする必要があります。

コンストラクター

XPathNavigator()

XPathNavigator クラスの新しいインスタンスを初期化します。

プロパティ

BaseURI

派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードのベース URI を取得します。

CanEdit

XPathNavigator で、基になる XML データを編集できるかどうかを示す値を取得します。

HasAttributes

現在のノードに属性があるかどうかを示す値を取得します。

HasChildren

現在のノードに子ノードがあるかどうかを示す値を取得します。

InnerXml

現在のノードの子ノードを表すマークアップを取得または設定します。

IsEmptyElement

派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードが終了要素タグのない空の要素かどうかを示す値を取得します。

IsNode

現在のノードが XPath ノードかどうかを表す値を取得します。

LocalName

派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードの名前空間プレフィックスなしの Name を取得します。

Name

派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードの限定名を取得します。

NamespaceURI

派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードの名前空間 URI を取得します。

NameTable

派生クラスでオーバーライドされた場合、XmlNameTableXPathNavigator を取得します。

NavigatorComparer

XPathNavigator オブジェクトの等価性を比較するために使用される IEqualityComparer を取得します。

NodeType

派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードの XPathNodeType を取得します。

OuterXml

現在のノードとその子ノードの開始タグおよび終了タグを表すマークアップを取得または設定します。

Prefix

派生クラスでオーバーライドされると、現在のノードに関連付けられている名前空間プリフィックスを取得します。

SchemaInfo

スキーマ検証の結果、現在のノードに割り当てられているスキーマ情報を取得します。

TypedValue

現在のノードを、最も適切な .NET 型にボックス化変換したオブジェクトとして取得します。

UnderlyingObject

ストアに対する "仮想化された" XML ビューを提供する XPathNavigator 実装で使用し、基になるオブジェクトへのアクセスを提供します。

Value

派生クラスでオーバーライドされると、この項目の文字列値を取得します。

Value

派生クラスでオーバーライドされた場合、項目の string 値を取得します。

(継承元 XPathItem)
ValueAsBoolean

現在のノードの値を Boolean として取得します。

ValueAsDateTime

現在のノードの値を DateTime として取得します。

ValueAsDouble

現在のノードの値を Double として取得します。

ValueAsInt

現在のノードの値を Int32 として取得します。

ValueAsLong

現在のノードの値を Int64 として取得します。

ValueType

現在のノードの .NET Type を取得します。

XmlLang

現在のノードの xml:lang スコープを取得します。

XmlType

現在のノードの XmlSchemaType 情報を取得します。

XmlType

派生クラスでオーバーライドされた場合は、項目の XmlSchemaType を取得します。

(継承元 XPathItem)

メソッド

AppendChild()

現在のノード下に存在する子ノードのリストの末尾に 1 つまたは複数の新しい子ノードを作成するために使用する XmlWriter オブジェクトを返します。

AppendChild(String)

指定された XML データ文字列を使用して、現在のノード下に存在する子ノードのリストの末尾に新しい子ノードを作成します。

AppendChild(XmlReader)

指定された XmlReader オブジェクトの XML コンテンツを使用して、現在のノード下に存在する子ノードのリストの末尾に新しい子ノードを作成します。

AppendChild(XPathNavigator)

指定された XPathNavigator のノードを使用して、現在のノード下に存在する子ノードのリストの末尾に新しい子ノードを作成します。

AppendChildElement(String, String, String, String)

指定された値と共に指定した名前空間プレフィックス、ローカル名、および名前空間 URI を使用して、現在のノード下に存在する子ノードのリストの末尾に新しい子要素ノードを作成します。

CheckValidity(XmlSchemaSet, ValidationEventHandler)

XPathNavigator 内の XML データが、提供された XML スキーマ定義言語 (XSD) スキーマに準拠していることを検証します。

Clone()

派生クラスでオーバーライドされると、この XPathNavigator と同じノードに配置される新しい XPathNavigator を作成します。

ComparePosition(XPathNavigator)

現在の XPathNavigator の位置と指定された XPathNavigator の位置を比較します。

Compile(String)

XPath 式を表す文字列をコンパイルし、XPathExpression オブジェクトを返します。

CreateAttribute(String, String, String, String)

指定された値で指定した名前空間プレフィックス、ローカル名、および名前空間 URI を使用して、現在の要素ノードに属性ノードを作成します。

CreateAttributes()

現在の要素に新しい属性を作成するために使用する XmlWriter オブジェクトを返します。

CreateNavigator()

XPathNavigator のコピーを返します。

DeleteRange(XPathNavigator)

現在のノードから指定されたノードまでの範囲にある兄弟ノードを削除します。

DeleteSelf()

現在のノードとその子ノードを削除します。

Equals(Object)

指定されたオブジェクトが現在のオブジェクトと等しいかどうかを判断します。

(継承元 Object)
Evaluate(String)

指定された XPath 式を計算し、型指定された結果を返します。

Evaluate(String, IXmlNamespaceResolver)

指定された IXmlNamespaceResolver オブジェクトを使用して XPath 式の名前空間プレフィックスを解決することにより、指定された XPath 式を計算して、型指定された結果を返します。

Evaluate(XPathExpression)

XPathExpression を計算し、型指定された結果を返します。

Evaluate(XPathExpression, XPathNodeIterator)

提供されたコンテキストを使用して XPathExpression を計算し、型指定された結果を返します。

GetAttribute(String, String)

指定したローカル名および名前空間 URI に関連付けられた属性の値を取得します。

GetHashCode()

既定のハッシュ関数として機能します。

(継承元 Object)
GetNamespace(String)

指定したローカル名に対応する名前空間ノードの値を返します。

GetNamespacesInScope(XmlNamespaceScope)

現在のノードのスコープ内の名前空間を返します。

GetType()

現在のインスタンスの Type を取得します。

(継承元 Object)
InsertAfter()

現在選択されているノードの後に新しい兄弟ノードを作成するために使用する XmlWriter オブジェクトを返します。

InsertAfter(String)

指定された XML 文字列を使用して、現在選択されているノードの後に新しい兄弟ノードを作成します。

InsertAfter(XmlReader)

指定された XmlReader オブジェクトの XML の内容を使用して、現在選択されているノードの後に新しい兄弟ノードを作成します。

InsertAfter(XPathNavigator)

指定された XPathNavigator オブジェクトのノードを使用して、現在選択されているノードの後に新しい兄弟ノードを作成します。

InsertBefore()

現在選択されているノードの前に新しい兄弟ノードを作成するために使用する XmlWriter オブジェクトを返します。

InsertBefore(String)

指定された XML 文字列を使用して、現在選択されているノードの前に新しい兄弟ノードを作成します。

InsertBefore(XmlReader)

指定された XmlReader オブジェクトの XML の内容を使用して、現在選択されているノードの前に新しい兄弟ノードを作成します。

InsertBefore(XPathNavigator)

指定された XPathNavigator のノードを使用して、現在選択されているノードの前に新しい兄弟ノードを作成します。

InsertElementAfter(String, String, String, String)

指定された値と共に指定した名前空間プレフィックス、ローカル名、および名前空間 URI を使用して、現在のノードの後に新しい兄弟要素を作成します。

InsertElementBefore(String, String, String, String)

指定された値と共に指定した名前空間プレフィックス、ローカル名、および名前空間 URI を使用して、現在のノードの前に新しい兄弟要素を作成します。

IsDescendant(XPathNavigator)

指定した XPathNavigator が、現在の XPathNavigator の子孫かどうかを判断します。

IsSamePosition(XPathNavigator)

派生クラスでオーバーライドされると、現在の XPathNavigator が、指定された XPathNavigator と同じ位置にあるかどうかを判断します。

LookupNamespace(String)

指定したプリフィックスの名前空間 URI を取得します。

LookupPrefix(String)

指定された名前空間 URI に対して宣言されたプレフィックスを取得します。

Matches(String)

現在のノードが、指定された XPath 式と一致するかどうかを判断します。

Matches(XPathExpression)

現在のノードが指定した XPathExpression と一致するかどうかを判断します。

MemberwiseClone()

現在の Object の簡易コピーを作成します。

(継承元 Object)
MoveTo(XPathNavigator)

派生クラスでオーバーライドされると、XPathNavigator を、指定された XPathNavigator と同じ位置に移動します。

MoveToAttribute(String, String)

XPathNavigator を、ローカル名および名前空間 URI が一致する属性に移動します。

MoveToChild(String, String)

XPathNavigator を、指定されたローカル名と名前空間 URI を持つ子ノードに移動します。

MoveToChild(XPathNodeType)

XPathNavigator を、指定された XPathNodeType の子ノードに移動します。

MoveToFirst()

XPathNavigator を現在のノードの最初の兄弟ノードに移動します。

MoveToFirstAttribute()

派生クラスでオーバーライドされると、XPathNavigator を現在のノードの最初の属性に移動します。

MoveToFirstChild()

派生クラスでオーバーライドされると、XPathNavigator を現在のノードの最初の子ノードに移動します。

MoveToFirstNamespace()

XPathNavigator を現在のノードの最初の名前空間ノードに移動します。

MoveToFirstNamespace(XPathNamespaceScope)

派生クラスでオーバーライドされると、XPathNavigator を、指定された XPathNamespaceScope と一致する最初の名前空間ノードに移動します。

MoveToFollowing(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI を持つ要素に、XPathNavigator をドキュメント順に移動します。

MoveToFollowing(String, String, XPathNavigator)

指定されたローカル名と名前空間 URI を持つ要素から指定された境界に、XPathNavigator をドキュメント順に移動します。

MoveToFollowing(XPathNodeType)

指定された XPathNavigator の次の要素に、XPathNodeType をドキュメント順に移動します。

MoveToFollowing(XPathNodeType, XPathNavigator)

指定された XPathNavigator の次の要素から指定された境界まで、XPathNodeType をドキュメント順に移動します。

MoveToId(String)

派生クラスでオーバーライドされると、指定された String と値が一致する型 ID の属性を持つノードに移動します。

MoveToNamespace(String)

XPathNavigator を、指定された名前空間プレフィックスを持つ名前空間ノードに移動します。

MoveToNext()

派生クラスでオーバーライドされると、XPathNavigator を現在のノードの次の兄弟ノードに移動します。

MoveToNext(String, String)

XPathNavigator を、指定されたローカル名と名前空間 URI を持つ次の兄弟ノードに移動します。

MoveToNext(XPathNodeType)

XPathNavigator を、指定された XPathNodeType に一致する現在のノードの次の兄弟ノードに移動します。

MoveToNextAttribute()

派生クラスでオーバーライドされると、XPathNavigator を次の属性に移動します。

MoveToNextNamespace()

XPathNavigator を次の名前空間ノードに移動します。

MoveToNextNamespace(XPathNamespaceScope)

派生クラスでオーバーライドされると、XPathNavigator を、指定された XPathNamespaceScope と一致する次の名前空間ノードに移動します。

MoveToParent()

派生クラスでオーバーライドされると、XPathNavigator を現在のノードの親ノードに移動します。

MoveToPrevious()

派生クラスでオーバーライドされると、XPathNavigator を現在のノードの前の兄弟ノードに移動します。

MoveToRoot()

XPathNavigator を、現在のノードが属しているルート ノードに移動します。

PrependChild()

現在のノード下に存在する子ノードのリストの先頭に新しい子ノードを作成するために使用する XmlWriter オブジェクトを返します。

PrependChild(String)

指定された XML 文字列を使用して、現在のノード下に存在する子ノードのリストの先頭に新しい子ノードを作成します。

PrependChild(XmlReader)

指定された XmlReader オブジェクトの XML コンテンツを使用して、現在のノード下に存在する子ノードのリストの先頭に新しい子ノードを作成します。

PrependChild(XPathNavigator)

指定された XPathNavigator オブジェクト内のノードを使用して、現在のノード下に存在する子ノードのリストの先頭に新しい子ノードを作成します。

PrependChildElement(String, String, String, String)

指定された値と共に指定した名前空間プレフィックス、ローカル名、および名前空間 URI を使用して、現在のノード下に存在する子ノードのリストの先頭に新しい子要素を作成します。

ReadSubtree()

現在のノードとその子ノードが格納された XmlReader オブジェクトを返します。

ReplaceRange(XPathNavigator)

現在のノードから指定されたノードまでの範囲内にある兄弟ノードを置き換えます。

ReplaceSelf(String)

現在のノードを指定された文字列の内容に置き換えます。

ReplaceSelf(XmlReader)

現在のノードを指定された XmlReader オブジェクトの内容に置き換えます。

ReplaceSelf(XPathNavigator)

現在のノードを指定された XPathNavigator オブジェクトの内容に置き換えます。

Select(String)

指定された XPath 式を使用して、ノード セットを選択します。

Select(String, IXmlNamespaceResolver)

名前空間プレフィックスを解決するように指定された IXmlNamespaceResolver オブジェクトと共に指定した XPath 式を使用して、ノード セットを選択します。

Select(XPathExpression)

指定した XPathExpression を使用して、ノード セットを選択します。

SelectAncestors(String, String, Boolean)

指定されたローカル名と名前空間 URI を持つ現在のノードのすべての先祖ノードを選択します。

SelectAncestors(XPathNodeType, Boolean)

一致する XPathNodeType を持つ現在のノードのすべての先祖ノードを選択します。

SelectChildren(String, String)

指定されたローカル名と名前空間 URI を持つ現在のノードのすべての子ノードを選択します。

SelectChildren(XPathNodeType)

一致する XPathNodeType を持つ現在のノードのすべての子ノードを選択します。

SelectDescendants(String, String, Boolean)

指定されたローカル名と名前空間 URI を持つ現在のノードのすべての子孫ノードを選択します。

SelectDescendants(XPathNodeType, Boolean)

一致する XPathNodeType を持つ現在のノードのすべての子孫ノードを選択します。

SelectSingleNode(String)

指定された XPath クエリを使用して、XPathNavigator 内の単一のノードを選択します。

SelectSingleNode(String, IXmlNamespaceResolver)

名前空間プレフィックスを解決するために指定された XPathNavigator オブジェクトと共に、指定された XPath クエリを使用して IXmlNamespaceResolver オブジェクト内の単一のノードを選択します。

SelectSingleNode(XPathExpression)

指定された XPathNavigator オブジェクトを使用して、XPathExpression 内の単一のノードを選択します。

SetTypedValue(Object)

現在のノードの型指定された値を設定します。

SetValue(String)

現在のノードの値を設定します。

ToString()

現在のノードのテキスト値を取得します。

ValueAs(Type)

項目の値を、指定した型にして返します。

(継承元 XPathItem)
ValueAs(Type, IXmlNamespaceResolver)

現在のノードの値を指定された Type として取得し、指定された IXmlNamespaceResolver オブジェクトを使用して名前空間プレフィックスを解決します。

WriteSubtree(XmlWriter)

現在のノードとその子ノードを、指定された XmlWriter オブジェクトにストリーム転送します。

明示的なインターフェイスの実装

ICloneable.Clone()

現在の XPathNavigator オブジェクトの新しいコピーを作成します。

適用対象

こちらもご覧ください