dotnet new install

この記事の対象: ✔️ .NET Core 3.1 SDK 以降のバージョン

名前

dotnet new install - テンプレート パッケージをインストールします。

構文

dotnet new install <PATH|NUGET_ID>  [--interactive] [--add-source|--nuget-source <SOURCE>] [--force] 
    [-d|--diagnostics] [--verbosity <LEVEL>] [-h|--help]

説明

dotnet new install コマンドを使用すると、指定した PATH または NUGET_ID からテンプレート パッケージがインストールされます。 テンプレート パッケージの特定のバージョンまたはプレリリース版をインストールする場合は、<package-name>::<package-version> という形式でバージョンを指定します。 既定では、dotnet new は、バージョンに対して * を渡します。これは最後の安定したパッケージのバージョンを表します。 詳細については、「」のセクションを参照してください。

このコマンドの実行時にテンプレート パッケージのバージョンが既にインストールされていたら、テンプレート パッケージは指定されたバージョンに更新されます。 バージョンが指定されていない場合、パッケージは最新の安定バージョンに更新されます。 .NET SDK 6.0.100 以降では、引数にバージョンが指定されていて、そのバージョンの NuGet パッケージが既にインストールされている場合、再インストールされません。 引数が PATH であり、既にインストールされている場合、再インストールされません。

.NET SDK 6.0.100 より前では、テンプレート パッケージは、.NET SDK のバージョン (パッチ バージョンを含む) ごとに個別に管理されていました。 たとえば、.NET SDK 5.0.100 で dotnet new --install を使用してテンプレート パッケージをインストールした場合、.NET SDK 5.0.100 についてのみインストールされます。 パッケージのテンプレートは、お使いのコンピューターにインストールされている他の .NET SDK バージョンでは使用できません。

.NET SDK 6.0.100 以降では、インストール済みのテンプレート パッケージは、お使いのコンピューターにインストールされている .NET SDK の後続のバージョンで利用できます。 .NET SDK 6.0.100 にインストールされているテンプレート パッケージは、.NET SDK 6.0.101 や .NET SDK 6.0.200 などでも使用できます。 ただし、.NET SDK 6.0.100 より前のバージョンの .NET SDK では、これらのテンプレート パッケージは利用できません。 .NET SDK 6.0.100 以降にインストールされているテンプレート パッケージを以前のバージョンの .NET SDK で使用するには、その .NET SDK バージョンで dotnet new install を使用してインストールする必要があります。

Note

.NET 7 SDK 以降では、構文が dotnet new 変更されました。

  • --list--search--install--uninstall オプションが listsearchinstalluninstall サブコマンドになりました。
  • --update-apply オプションが update サブコマンドになりました。
  • を使用 --update-checkするには、 オプションと共に update サブコマンドを --check-only 使用します。

以前に使用できたその他のオプションは、それぞれのサブコマンドで引き続き使用できます。 -h または --help オプションを使用すると、サブコマンドごとに個別のヘルプを使用できます。dotnet new <subcommand> --help では、サブコマンドでサポートされているすべてのオプションが一覧表示されます。

さらに、dotnet new でタブ補完が使用可能になりました。 インストールされているテンプレート名と、選択したテンプレートによって提供されるオプションの入力候補がサポートされます。 .NET SDK のタブ補完をアクティブにするには、タブ補完を有効にすることに関するページを参照してください。

古い構文の例:

  • 最新バージョンの Azure Web ジョブ プロジェクト テンプレート パッケージをインストールするには:

    dotnet new --install Microsoft.Azure.WebJobs.ProjectTemplates
    

引数

  • <PATH|NUGET_ID>

    テンプレート パッケージをインストールするファイル システム上のフォルダーまたは NuGet パッケージ識別子。 dotnet new は、現在の作業ディレクトリで使用できる NuGet ソースと、 オプションで指定されたソースから NuGet パッケージを --add-source インストールしようとします。 NuGet ソースからテンプレート パッケージの特定のバージョンまたはプレリリース バージョンをインストールする場合は、 形式 <package-name>::<package-version>でバージョンを指定します。

オプション

  • --add-source|--nuget-source <SOURCE>

    既定では、dotnet new install により、現在のディレクトリから NuGet 構成ファイルの階層を使用して、パッケージのインストール元にできる NuGet ソースが決定されます。 --nuget-source を指定した場合は、チェック対象のソースのリストにそのソースが追加されます。
    現在のディレクトリに構成されているソースを確認するには、dotnet nuget list source を使用します。 詳細については、「一般的な NuGet 構成」を参照してください

  • -d|--diagnostics

    診断出力を有効にします。 .NET SDK 7.0.100 以降で使用できます。

  • --force

    別のソースのテンプレート パッケージをオーバーライドする場合でも、指定したソースからテンプレート パッケージをインストールできるようにします。 .NET SDK 7.0.100 以降で使用できます。

  • -h|--help

    インストール コマンドのヘルプを出力します。 .NET SDK 7.0.100 以降で使用できます。

  • --interactive

    コマンドを停止して、ユーザーの入力または操作のために待機させることができます。 たとえば、認証を完了する場合があります。 .NET 5.0 SDK 以降で利用可能です。

  • -v|--verbosity <LEVEL>

    コマンドの詳細レベルを設定します。 使用できる値は、q[uiet]m[inimal]n[ormal]diag[nostic] です。 .NET SDK 7.0.100 以降で使用できます。

  • ASP.NET Core 用の SPA テンプレートの最新バージョンをインストールします。

    dotnet new install Microsoft.DotNet.Web.Spa.ProjectTemplates
    
  • ASP.NET Core 用の SPA テンプレートのバージョン 2.0 がインストールされます。

    dotnet new install Microsoft.DotNet.Web.Spa.ProjectTemplates::2.0.0
    
  • 対話モードを使用して、カスタム NuGet ソースから ASP.NET Core 用の SPA テンプレートのバージョン 2.0 をインストールします。

    dotnet new --install Microsoft.DotNet.Web.Spa.ProjectTemplates::2.0.0 --add-source "https://api.my-custom-nuget.com/v3/index.json" --interactive
    

関連項目