nameof 式 (C# リファレンス)

nameof 式を使うと、変数、型、またはメンバーの名前が文字列定数として生成されます。

Console.WriteLine(nameof(System.Collections.Generic));  // output: Generic
Console.WriteLine(nameof(List<int>));  // output: List
Console.WriteLine(nameof(List<int>.Count));  // output: Count
Console.WriteLine(nameof(List<int>.Add));  // output: Add

var numbers = new List<int> { 1, 2, 3 };
Console.WriteLine(nameof(numbers));  // output: numbers
Console.WriteLine(nameof(numbers.Count));  // output: Count
Console.WriteLine(nameof(numbers.Add));  // output: Add

前の例で示されているように、型と名前空間の場合、生成される名前は完全修飾ではありません。

逐語的識別子の場合、次の例に示すように、@ 文字は名前の一部ではありません。

var @new = 5;
Console.WriteLine(nameof(@new));  // output: new

nameof 式はコンパイル時に評価され、実行時には影響を与えません。

nameof 式を使って、引数をチェックするコードの保守性を高めることができます。

public string Name
{
    get => name;
    set => name = value ?? throw new ArgumentNullException(nameof(value), $"{nameof(Name)} cannot be null");
}

C# 11 以降では、メソッドまたはそのパラメーターの属性内にメソッド パラメーターを含む nameof 式を使用できます。 次のコードは、メソッド、ローカル関数、ラムダ式のパラメーターの属性に対してこれを行う方法を示しています。

[ParameterString(nameof(msg))]
public static void Method(string msg)
{
    [ParameterString(nameof(T))]
    void LocalFunction<T>(T param) { }

    var lambdaExpression = ([ParameterString(nameof(aNumber))] int aNumber) => aNumber.ToString();
}

パラメーターを含む nameof 式は、null 許容分析属性または CallerArgumentExpression 属性を使用する場合に便利です。

C# 言語仕様

詳細については、C# 言語仕様Nameof 式のセクションと、C# 11 - 拡張 nameof スコープ機能の仕様を参照してください。

関連項目