Share via


ジェネリック型の型パラメーター (C# プログラミング ガイド)

ジェネリック型またはメソッド定義で、型パラメーターは、ジェネリック型のインスタンスを作成するときにクライアントが指定する特定の型のためのプレースホルダーになります。 「ジェネリックの概要」に記載されている GenericList<T> などのジェネリック クラスは、実際は型でないため、そのままでは使用できません。これは型の設計図のようなものです。 GenericList<T> を使用するには、クライアント コードで構築された型を宣言し、インスタンス化する必要があります。山かっこ内に型引数を指定します。 この特定のクラスの型引数は、コンパイラで認識されるあらゆる型にすることができます。 構築された型インスタンスは、次のようにさまざまな型引数を利用し、いくつでも作成できます。

GenericList<float> list1 = new GenericList<float>();
GenericList<ExampleClass> list2 = new GenericList<ExampleClass>();
GenericList<ExampleStruct> list3 = new GenericList<ExampleStruct>();

GenericList<T> の各インスタンスでは、クラス内のすべての T は実行時に型引数に置換されます。 この置換を使用し、単一クラス定義を使用してタイプ セーフで効率的なオブジェクトを 3 つ作成しました。 この置換が CLR で実行されるしくみについては、「ランタイムのジェネリック」を参照してください。

ジェネリック型パラメーターの名前付け規則については、名前付け規則に関する記事を参照してください。

関連項目