<disableStackOverflowProbing> 要素

スタックオーバーフロー プローブが無効であるかどうかを指定します。

configuration
  runtime
    <disableStackOverflowProbing>

構文

<disableStackOverflowProbing enabled="true"|"false" />

属性

属性 説明
enabled 必須の属性です。

スタックオーバーフロー プローブが無効であるかどうかを指定します。

enabled 属性

[値] 説明
true スタックオーバーフロー プローブが有効です。
false スタックオーバーフロー プローブが無効です。

親要素

要素 説明
configuration 共通言語ランタイムおよび .NET Framework アプリケーションで使用されるすべての構成ファイルのルート要素です。
runtime ランタイム初期化オプションに関する情報を含んでいます。

解説

<disableStackOverflowProbing> は、スタックオーバーフローのプローブが無効であるかどうかを指定します。 Thread(ParameterizedThreadStart, Int32) を呼び出して Thread を構築するときに、非常に小さいスタック サイズを指定する場合は、必要に応じてスタックオーバーフローのプローブを無効にします。 スタックの制約が重大な場合、プローブ自体がスタックオーバーフローの原因になる可能性があります。

こちらもご覧ください