Share via


DataTable 内のデータの操作

DataTable 内に DataSet を作成した後で、データベース内のテーブルを使用する場合と同じ操作を実行できます。 テーブル内のデータの追加、表示、編集、および削除を実行したり、エラーとイベントを監視したり、テーブル内のデータを照会したりできます。 DataTable 内のデータを変更するときに、変更が正確かどうかを検証したり、変更を受け入れるか拒否するかをプログラムによって決定したりすることもできます。

このセクションの内容

DataTable へのデータの追加
新しい行を作成してテーブルに追加する方法について説明します。

DataTable 内のデータの表示
元のバージョンのデータや現在のバージョンのデータを含め、行内のデータにアクセスする方法について説明します。

Load メソッド
Load メソッドを使用して、DataTable に行を格納する方法について説明します。

DataTable の編集
提示された変更が検証され、受け入れられるまで行への実際の変更を保留しておく方法も含め、行内のデータを変更する方法について説明します。

行の状態とバージョン
行のさまざまな状態について説明します。

DataRow の削除
テーブルから行を削除する方法について説明します。

行エラー情報
アプリケーション内でのデータに関する問題を解決するために、行ごとのエラー情報を挿入する方法について説明します。

AcceptChange と RejectChange
行への変更を受け入れたり拒否したりする方法について説明します。

関連項目