Share via


Tlbexp.exe (タイプ ライブラリ エクスポーター)

タイプ ライブラリ エクスポーターは、共通言語ランタイム アセンブリで定義されている型を記述するタイプ ライブラリを生成します。

このツールは、Visual Studio と共に自動的にインストールされます。 ツールを実行するには、、Visual Studio 開発者コマンド プロンプトまたは Visual Studio Developer PowerShell を使用します。

コマンド プロンプトに次のように入力します。

構文

tlbexp assemblyName [options]  

パラメーター

引数 説明
assemblyName タイプ ライブラリをエクスポートする対象のアセンブリ。
オプション 説明
/asmpath:directory アセンブリを検索する場所を指定します。 このオプションを使用する場合は、現在のディレクトリを含め、参照アセンブリの検索場所を明示的に指定する必要があります。

asmpath オプションを使用すると、タイプ ライブラリ エクスポーターは、グローバル アセンブリ キャッシュ (GAC) 内のアセンブリを検索しません。
/help このツールのコマンド構文とオプションを表示します。
/names:filename タイプ ライブラリにおける大文字の使用スタイルを指定します。 filename 引数はテキスト ファイルです。 このファイルには、タイプ ライブラリ内の名前に対する大文字の使用スタイルを 1 行に 1 つずつ指定します。
/nologo Microsoft 著作権情報を表示しません。
/oldnames 型名が競合している場合は、Tlbexp.exe は装飾された型名をエクスポートします。 バージョン 2.0 より前の .NET Framework では、これが既定の動作であることに注意してください。
/out:file 生成するタイプ ライブラリ ファイルの名前を指定します。 このオプションを省略した場合、アセンブリ名に拡張子 .tlb を付加した名前のタイプ ライブラリが生成されます。このアセンブリ名は実際のアセンブリ名ですが、アセンブリを含むファイルの名前と必ずしも同じである必要はありません。
/silence:warningnumber 指定された警告を表示しません。 このオプションは、 /silent オプションと共に使用することはできません。
/silent 成功メッセージを表示しません。 このオプションは、 /silence オプションと共に使用することはできません。
/tlbreference:typelibraryname Tlbexp.exe はレジストリを参照せずに、タイプ ライブラリの参照を明示的に解決します。 たとえば、アセンブリ B がアセンブリ A を参照する場合は、レジストリで指定されているタイプ ライブラリを参照するのではなく、このオプションを使用してタイプ ライブラリの参照を明示的に指定できます。 Tlbexp.exe はバージョン チェックを実行して、タイプ ライブラリとアセンブリのバージョンが同じであることを確認します。バージョンが異なる場合は、エラーを生成します。

tlbreference オプションを指定しても、ComImportAttribute 属性の適用先のインターフェイスが別の型に実装される場合には、レジストリが参照されます。
/tlbrefpath:path 参照タイプ ライブラリの絶対パス。
/win32 このオプションを指定すると、64 ビットのコンピューターでコンパイルする場合、Tlbexp.exe は 32 ビットのタイプ ライブラリを生成します。
/win64 このオプションを指定すると、32 ビットのコンピューターでコンパイルする場合、Tlbexp.exe は 64 ビットのタイプ ライブラリを生成します。
/verbose 詳細出力モードを指定します。このモードでは、タイプ ライブラリを生成する必要のある参照先アセンブリがある場合は、その一覧を表示します。
$ このツールのコマンド構文とオプションを表示します。

Note

Tlbexp.exe のコマンド ライン オプションでは、大文字と小文字が区別されません。また、これらのオプションは任意の順序で指定できます。 オプションを一意に識別するために十分である場合は、オプションの一部を指定するだけでもかまいません。 たとえば、/n を指定した場合は /nologo/o:outfile.tlb と指定した場合は /out:outfile.tlb であると見なされます。

Remarks

Tlbexp.exe は、アセンブリで定義されている型の定義を含む、タイプ ライブラリを生成します。 Visual Basic 6.0 などのアプリケーションは、このツールで生成されたタイプ ライブラリを使用して、アセンブリ内で定義されている .NET 型にバインドできます。

重要

Tlbexp.exe を使用して Windows メタデータ (.winmd) ファイルをエクスポートすることはできません。 Windows ランタイム アセンブリのエクスポートはサポートされていません。

アセンブリ全体が一度に変換されます。 Tlbexp.exe を使用しても、アセンブリで定義されている型のサブセットに関する型情報は生成できません。

Tlbexp.exe を使用して、タイプ ライブラリ インポーター (Tlbimp.exe) でインポートしたアセンブリからタイプ ライブラリを生成することもできません。 代わりに、Tlbimp.exe でインポートした元のタイプ ライブラリを参照する必要があります。 しかし、Tlbimp.exe でインポートしたアセンブリを参照するアセンブリから、タイプ ライブラリをエクスポートすることはできます。 後の例を参照してください。

Tlbexp.exe は、生成したタイプ ライブラリを現在のディレクトリ、または出力ファイルとして指定したディレクトリに格納します。 単一のアセンブリから複数のタイプ ライブラリが生成されることもあります。

Tlbexp.exe はタイプ ライブラリを生成しますが、生成したタイプ ライブラリの登録は行いません。 これは、タイプ ライブラリの生成と登録を両方とも行うアセンブリ登録ツール (Regasm.exe) とは対照的です。 タイプ ライブラリを生成して COM に登録するには、Regasm.exe を使用します。

/win32 オプションまたは /win64 オプションを指定しないと、Tlbexp.exe はコンパイルを実行するコンピューターのタイプ (32 ビット コンピューターまたは 64 ビット コンピューター) に応じて、32 ビットまたは 64 ビットのタイプ ライブラリを生成します。 クロス コンパイルを行う場合は、32 ビット コンピューター上で /win64 オプションを使用して 64 ビットのタイプ ライブラリを生成したり、64 ビット コンピューター上で /win32 オプションを使用して 32 ビットのタイプ ライブラリを生成したりできます。 32 ビットのタイプ ライブラリでは、SYSKIND 値は SYS_WIN32 に設定されます。 64 ビットのタイプ ライブラリでは、SYSKIND 値は SYS_WIN64 に設定されます。 すべてのデータ型変換 (たとえば、IntPtrUIntPtr などのポインター-サイズ データ型) は、適切に変換されます。

MarshalAsAttribute 属性を使用して、SafeArraySubType または VT_UNKNOWNVT_DISPATCH 値を指定すると、Tlbexp.exe は後続で使用される SafeArrayUserDefinedSubType フィールドをすべて無視します。 たとえば、次のようなシグネチャがあるとします。

[return:MarshalAs(UnmanagedType.SafeArray, SafeArraySubType=VarEnum.VT_UNKNOWN, SafeArrayUserDefinedSubType=typeof(ConsoleKeyInfo))] public Array StructUnkSafe(){return null;}  
[return:MarshalAs(UnmanagedType.SafeArray, SafeArraySubType=VarEnum.VT_DISPATCH, SafeArrayUserDefinedSubType=typeof(ConsoleKeyInfo))] public Array StructDispSafe(){return null;}  

次のタイプ ライブラリが生成されます。

[id(0x60020004)]  
HRESULT StructUnkSafe([out, retval] SAFEARRAY(IUnknown*)* pRetVal);  
[id(0x60020005)]  
HRESULT StructDispSafe([out, retval] SAFEARRAY(IDispatch*)* pRetVal);  

Tlbexp.exe は SafeArrayUserDefinedSubType フィールドを無視することに注意してください。

アセンブリ内にあるすべての情報をタイプ ライブラリに含めることはできないので、エクスポート プロセス中、Tlbexp.exe によって一部のデータが破棄される場合があります。 変換処理、およびタイプ ライブラリに出力される各情報のソースの識別については、「アセンブリからタイプ ライブラリへの変換の要約」を参照してください。

タイプ ライブラリ エクスポーターは、TypedReference オブジェクトがアンマネージ コードで意味を持たない場合でも、VARIANT パラメーターが TypedReference であるメソッドをエクスポートします。 TypedReference パラメーターを持つメソッドをエクスポートしても、タイプ ライブラリ エクスポーターは警告やエラーを生成しません。作成されたタイプ ライブラリを使用するアンマネージ コードは、正しく動作しません。

使用例

myTest.dll 内で見つかったアセンブリと同じ名前を持つタイプ ライブラリを生成するコマンドを次に示します。

tlbexp myTest.dll  

clipper.tlb という名前を持つタイプ ライブラリを生成するコマンドを次に示します。

tlbexp myTest.dll /out:clipper.tlb  

Tlbexp.exe を使用してインポートしたアセンブリを参照するアセンブリから、Tlbimp.exe を使用してタイプ ライブラリをエクスポートする例を次に示します。

まず、Tlbimp.exe を使用してタイプ ライブラリ myLib.tlb をインポートし、myLib.dll として保存します。

tlbimp myLib.tlb /out:myLib.dll  

上記の例で作成した Sample.dll, を参照する myLib.dll を C# コンパイラでコンパイルするコマンドを次に示します。

CSC Sample.cs /reference:myLib.dll /out:Sample.dll  

Sample.dll を参照する myLib.dll 用のタイプ ライブラリを生成するコマンドを次に示します。

tlbexp Sample.dll  

関連項目