クラス内の let 束縛

クラス定義で let バインドを使用して、F# クラスのプライベート フィールドとプライベート関数を定義することができます。

構文

// Field.
[static] let [ mutable ] binding1 [ and ... binding-n ]

// Function.
[static] let [ rec ] binding1 [ and ... binding-n ]

解説

前の構文は、クラスの見出しと継承宣言の後、メンバー定義の前に使用します。 構文は、クラスの外部の let バインドの場合と似ていますが、クラスで定義されている名前には、クラスに限定されたスコープがあります。 let バインドでは、プライベート フィールドまたは関数が作成されます。データまたは関数を公開するには、プロパティまたはメンバー メソッドを宣言します。

静的でない let バインドは、インスタンス let バインドと呼ばれます。 インスタンス let バインドは、オブジェクトの作成時に実行されます。 静的 let バインドはクラスの静的初期化子の一部であり、型が最初に使用される前に確実に実行されます。

インスタンス let バインド内のコードでは、プライマリ コンストラクターのパラメーターを使用できます。

属性とアクセシビリティ修飾子は、クラス内の let バインドでは使用できません。

次のコード例は、クラス内での何種類かの let バインドを示しています。

type PointWithCounter(a: int, b: int) =
    // A variable i.
    let mutable i = 0

    // A let binding that uses a pattern.
    let (x, y) = (a, b)

    // A private function binding.
    let privateFunction x y = x * x + 2*y

    // A static let binding.
    static let mutable count = 0

    // A do binding.
    do
       count <- count + 1

    member this.Prop1 = x
    member this.Prop2 = y
    member this.CreatedCount = count
    member this.FunctionValue = privateFunction x y

let point1 = PointWithCounter(10, 52)

printfn "%d %d %d %d" (point1.Prop1) (point1.Prop2) (point1.CreatedCount) (point1.FunctionValue)

出力は次のとおりです。

10 52 1 204

フィールドを作成する別の方法

また、val キーワードを使用してプライベート フィールドを作成することもできます。 val キーワードを使用する場合、オブジェクトの作成時にフィールドに値は与えられませんが、代わりに既定値を使用して初期化されます。 詳細については、「明示的なフィールド: val キーワード」を参照してください。

メンバー定義を使用し、キーワード private を定義に追加することで、クラスのプライベート フィールドを定義することもできます。 これは、コードを書き直さずにメンバーのアクセシビリティを変更する必要がある場合に便利です。 詳しくは、「アクセス制御」をご覧ください。

関連項目