不要な using ディレクティブを削除する (IDE0005)

プロパティ
ルール ID IDE0005
Title 不要なインポートを削除する
カテゴリ スタイル
Subcategory 不要なコード規則
該当言語 C# および Visual Basic

概要

この規則は、次の不要なコンストラクトにフラグを設定します。 不要な場合、次のコンストラクトは、コードのセマンティクスを変更することなく削除できます。

注意

ビルド時にこの規則を有効にするには、プロジェクトに対して XML ドキュメント コメントを有効にする必要があります。 詳細については、dotnet/roslyn issue 41640 を参照してください。

オプション

この規則には、関連付けられているコード スタイル オプションはありません。

// Code with violations
using System;
using System.IO;    // IDE0005: Using directive is unnecessary
class C
{
    public static void M()
    {
        Console.WriteLine("Hello");
    }
}

// Fixed code
using System;
class C
{
    public static void M()
    {
        Console.WriteLine("Hello");
    }
}
' Code with violations
Imports System.IO   ' IDE0005: Imports statement is unnecessary
Class C
    Public Shared Sub M()
        Console.WriteLine("Hello")
    End Sub
End Class

' Fixed code
Class C
    Public Shared Sub M()
        Console.WriteLine("Hello")
    End Sub
End Class

警告を抑制する

単一の違反だけを抑制する場合は、ソース ファイルにプリプロセッサ ディレクティブを追加して無効にしてから、規則を再度有効にします。

#pragma warning disable IDE0005
// The code that's violating the rule is on this line.
#pragma warning restore IDE0005

ファイル、フォルダー、またはプロジェクトのルールを無効にするには、構成ファイルでその重要度を none に設定します。

[*.{cs,vb}]
dotnet_diagnostic.IDE0005.severity = none

すべてのコード スタイル規則を無効にするには、構成ファイルでカテゴリ Style の重要度を none に設定します。

[*.{cs,vb}]
dotnet_analyzer_diagnostic.category-Style.severity = none

詳細については、「コード分析の警告を抑制する方法」を参照してください。

こちらもご覧ください