次の方法で共有


初めてのアプリを構築する

このチュートリアルでは、Windows 上の Visual Studio 2022 または Visual Studio 2022 for Mac で初めての .NET Multi-platform App UI (.NET MAUI) アプリを作成して実行する方法について説明します。 これは、開発環境が正しく設定されていることを確認するのに役立ちます。

前提条件

  • Visual Studio 2022 17.8 以降で、.NET Multi-platform App UI ワークロードがインストールされています。 詳細については、インストール を参照してください。

アプリを作成する

このチュートリアルでは、Visual Studio 2022 で初めての .NET MAUI アプリを作成し、Android エミュレーターで実行します。

Windows で iOS 用の .NET MAUI アプリを開発するには、Mac ビルド ホストが必要です。 特に iOS をターゲットにする必要がなく、Mac がない場合は、代わりに Android または Windows から開始することを検討してください。

このチュートリアルでは、Visual Studio で初めての .NET MAUI アプリを作成し、iOS シミュレーターで実行します。

このチュートリアルでは、Visual Studio 2022 で初めての .NET MAUI アプリを作成し、Windows で実行します。

  1. Visual Studio 2022 を起動します。 [スタート] ウインドウで、[新しいプロジェクトの作成] をクリックして新しいプロジェクトを作成します。

    新しいソリューション。

  2. [新しいプロジェクトの作成] ウィンドウの [すべてのプロジェクトの種類] ドロップダウンで [MAUI] を選択し、[.NET MAUI アプリ] テンプレートを選択し、[次へ] ボタンをクリックします。

    テンプレートを選択します。

  3. [新しいプロジェクトの構成] ウィンドウで、プロジェクトの名前を指定し、適切な場所を選んで、[次へ] ボタンをクリックします。

    プロジェクトを構成します。

  4. [追加情報] ウィンドウで、対象とする .NET のバージョンを選択し、[作成] ボタンをクリックします。

    追加情報。

  5. プロジェクトが作成され、その依存関係が復元されるまで待ちます。

    復元された依存関係。

  1. Visual Studio のツール バーで、[デバッグ ターゲット] ドロップダウンを使用して [Android エミュレーター] を選択し、[Android エミュレーター] エントリを選択します。

    .NET MAUI 用の Android Emulator デバッグ ターゲットを選択します。

  2. Visual Studio のツール バーで [Android エミュレーター] ボタンを押します。

    Android Emulator ボタン。

    Visual Studio は、既定の Android SDK と Android エミュレーターのインストールを開始します。

  3. [Android SDK - ライセンス契約] ウィンドウで、[同意する] ボタンを押します。

    最初の Android SDK ライセンス契約ウィンドウ。

  4. [Android SDK - ライセンス契約] ウィンドウで、[同意する] ボタンを押します。

    2 番目の Android SDK ライセンス契約ウィンドウ。

  5. [ユーザー アカウント制御] ダイアログで、[はい] ボタンを押します。

    [Android SDK ライセンス ユーザー アカウント制御] ダイアログ。

  6. [ライセンスの同意] ウィンドウで、[同意する] ボタンを選びます。

    Android デバイス ライセンス ウィンドウ。

    Visual Studio によって Android SDK と Android Emulator がダウンロードされるのを待ちます。

  7. Visual Studio のツール バーで [Android エミュレーター] ボタンを押します。

    Android Emulator ボタン。

    Visual Studio では、既定の Android エミュレーターの作成が開始されます。

  8. [ユーザー アカウント制御] ダイアログで、[はい] ボタンを押します。

    [Android デバイス マネージャー ユーザー アカウント制御] ダイアログ。

  9. [新しいデバイス] ウィンドウで、[作成] ボタンを押します。

    新しい Android デバイス ウィンドウ。

    Visual Studio によって Android エミュレーターがダウンロード、解凍、作成されるのを待ちます。

  10. [Android Device Manager] ウィンドウを閉じます。

    Android デバイス マネージャー ウィンドウ。

  11. Visual Studio ツール バーで、Pixel 5 - API 34 (Android 14.0 - API 33) ボタンを押して、アプリをビルドして実行します。

    Pixel 5 API 34 エミュレーター ボタン。

    Visual Studio で Android エミュレーターが起動し、アプリがビルドされて、エミュレーターにデプロイされます。

    警告

    Android エミュレーターのパフォーマンスを最大化するには、ハードウェア アクセラレーションを有効にする必要があります。 これを行わないと、エミュレーターの実行速度が遅くなります。 詳細については、「Android エミュレーター (Hyper-V と AEHD) でハードウェア アクセラレーションを有効にする方法」を参照してください。

  12. Android エミュレーターで実行中のアプリで、[ここをクリック] ボタンを数回押し、ボタンのクリック数が増加していることを確認します。

    Android エミュレーターで稼働しているアプリ。

トラブルシューティング

アプリのコンパイルに失敗した場合は、「Troubleshooting known issues」をご覧ください。問題の解決策が見つかる可能性があります。 問題が Android エミュレーターに関連する場合は、「Android Emulator のトラブルシューティング」をご覧ください。

  1. Visual Studio のツール バーで、[デバッグ ターゲット] ドロップダウンを使用して [フレームワーク] を選択し、次に net8.0-windows エントリを選択します。

    .NET MAUI 用の Windows Machine デバッグ ターゲットを選択します。

  2. Visual Studio ツール バーで、[Windows マシン] ボタンを押してアプリをビルドして実行します。

    Visual Studio ボタンで .NET MAUI アプリを実行します。

    開発者モードを有効にしていない場合は、Visual Studio で有効にするように求められます。 [Windows の開発者モードを有効にする] ダイアログで、[開発者向け設定] をクリックして設定アプリを開きます。

    [Windows 開発者モード] ダイアログを有効にします。

    設定アプリで [開発者モード] をオンにして、免責事項に同意します。

    Windows 11 設定アプリの [開発者モード] トグル。

    設定アプリを閉じ、[Windows の開発者モードを有効にする] ダイアログを閉じます。

  3. 実行中のアプリで、[ここをクリック] ボタンを数回押し、ボタンのクリック数が増加していることを確認します。

    Windows で稼働している .NET MAUI アプリ。

トラブルシューティング

アプリのコンパイルに失敗した場合は、「Troubleshooting known issues」をご覧ください。問題の解決策が見つかる可能性があります。

  1. Visual Studio で、IDE を Mac ビルド ホストとペアリングします。 詳細については、「iOS 開発のために Mac とペアリングする」をご覧ください。

  2. Visual Studio のツールバーで、[デバッグ ターゲット] ドロップダウンを使用して [iOS シミュレーター] を選択し、次に特定の iOS シミュレーターを選択します。

    Visual Studio iOS Simulator デバッグ ターゲット。

  3. Visual Studio ツールバーで、選択した iOS シミュレーターの [開始] ボタンを押して、アプリをビルドして実行します。

    Visual Studio iOS Simulator デバッグ ターゲットの選択。

    Visual Studio はアプリをビルドし、Windows 用のリモート iOS シミュレーターを起動し、リモート シミュレーターにアプリをデプロイします。 Windows 用のリモート iOS シミュレーターの詳細については、「Remote iOS Simulator for Windows」をご覧ください。

  4. 実行中のアプリで、[ここをクリック] ボタンを数回押し、ボタンのクリック数が増加していることを確認します。

    Mac の iOS Simulator で稼働している .NET MAUI アプリ。

トラブルシューティング

アプリのコンパイルに失敗した場合は、「Troubleshooting known issues」をご覧ください。問題の解決策が見つかる可能性があります。

Mac Catalyst を対象とする .NET MAUI アプリは、Visual Studio 2022 for Mac でのみ起動とデバッグができます。

次のステップ

このチュートリアルでは、初めての .NET Multi-platform App UI (.NET MAUI) アプリを作成して実行する方法について説明しました。

.NET MAUI を使用してアプリを構築する際の基礎については、「.NET MAUI アプリを作成する」をご覧ください。 または、完全な .NET MAUI トレーニング コースについては、「.NET MAUI を使用してモバイルおよびデスクトップ アプリを構築する」をご覧ください。