方法: 値を返さないプロシージャを呼び出す (Visual Basic)

Sub プロシージャから呼び出し元コードに対しては値が返されません。 これは、スタンドアロンの呼び出し元ステートメントを使用して明示的に呼び出します。 式内でその名前を使用するだけでは呼び出せません。

Sub プロシージャを呼び出すには

  1. Sub プロシージャの名前を指定します。

  2. プロシージャ名の後にかっこを使用して引数リストを囲みます。 引数がない場合は、必要に応じてかっこを省略できます。 ただし、かっこを使用すると、コードが読みやすくなります。

  3. 引数リストの引数をコンマで区切ってかっこ内に配置します。 引数の指定は必ず、Sub プロシージャで定義されている対応するパラメーターと同じ順序で行ってください。

    次の例では、Visual Basic AppActivate 関数を呼び出して、アプリケーション ウィンドウをアクティブにします。 AppActivate は、ウィンドウ タイトルを唯一の引数として受け取ります。 呼び出し元のコードには値が返されません。 メモ帳プロセスが実行されていない場合、この例では ArgumentException がスローされます。 Shell プロシージャでは、アプリケーションが指定されたパスにあることを前提としています。

    Dim notepadID As Integer
    ' Activate a running Notepad process.
    AppActivate("Untitled - Notepad")
    ' AppActivate can also use the return value of the Shell function.
    ' Shell runs a new instance of Notepad.
    notepadID = Shell("C:\WINNT\NOTEPAD.EXE", AppWinStyle.NormalFocus)
    ' Activate the new instance of Notepad.  
    AppActivate(notepadID)
    

関連項目