新しくなったアクション バー

重要

このコンテンツはアーカイブされており、更新されていません。 最新のドキュメントについては、「Dynamics 365 Business Central の新機能と予定されている機能」を参照してください。 最新のリリース計画については、「Dynamics 365 および Microsoft Power Platform のリリース計画」を参照してください。

有効対象 パブリック プレビュー 一般提供
ユーザー向けで、自動的に有効化される 2022 年 9 月 15 日 2022 年 10 月 3 日

ビジネス バリュー

アクション バーのレベル上げされたセクションを使用して、ユーザーが製品について学習するのを支援できるようになりました。 業界、会社、または自分自身のニーズに合わせて調整できます。 製品全体で見つけやすい一貫した方法で使用できるようにしたいアクションを追加して新しいユーザーが製品をすばやく学習できるようにしたり、熟練したユーザーのビジネス固有のニーズに合わせて調整したりします。

機能の詳細

2022 年リリース サイクル 2 に更新した既存のすべてのお客様に対して、アクション バーが更新されて改善されます。

  • アクション バーは、関連するアクションをまとめて保持しやすくなっており、同じアクションが複数のメニューで使用可能になるのを回避しています。 これにより、特に Business Central を初めて使用するユーザーにとっては、煩雑さと混乱が軽減されます。

    その他メニューの下にグループ化された、既にレベル上げされたアクションを示すスクリーンショット。

  • 一部のページで以前に使用可能だった [移動] メニューが廃止され、その内容がエンティティ メニューに統合されました。 エンティティ メニューは、顧客カード上の顧客や販売注文上の注文など、ページに表示されるエンティティの名前を持つものであり、現在のレコードに関連する情報のプライマリ メニューになりました。

    移動およびエンティティ アクション グループの統合を示すスクリーンショット。

  • 特定の位置で分割ボタンを使用できるようになりました。 分割ボタンは、他の Microsoft 製品では、ボタンとメニューを組み合わせたものとしてよく知られています。 このタイプのコントロールでは、左のボタン部分からワンクリックでメニューの最初のアクションにすばやくアクセスし、右のドロップダウン部分から他の関連するアクションにアクセスできます。

    顧客リストの顧客アクション グループに導入された分割ボタンを示すスクリーンショット。

  • ユーザーからのフィードバックとページの使われ方に関する統計に基づいて、特定のアクションがアクション バーのより目立つ位置に表示されるようになりました。 これにより、頻繁に使用されるアクションに到達するまでのクリック数が減り、関連するアクションがより見つけやすくなります。

  • 目的や好みに合わせてメニューをカスタマイズする方法の柔軟性が向上しました。 これは、移動できるアクションと移動先に関する以前の制限が適用されなくなったことを意味します。 これにより、ユーザーによるページのパーソナライズやプロファイルの構成が大きく強化されます。

    アクション バーのレベル上げされた領域内でのアクションおよびアクション グループの移動を示すイメージ。

2022 年リリース サイクル 2 のアクション バーに対するオプションの変更

次の追加の最適化も、アップグレードしたすべてのお客様が利用できますが、更新すればすぐに有効になるわけではありません。 オプションで利用可能なアクション バーの改善をアクティブにするには、開始列の試用するアクションを選択するか、管理者に機能管理ページの有効化対象フィールドですべてのユーザーを選択してもらいます。

  1. ドキュメント、カード、ワークシート、および ListPlus ページでは、他の Microsoft 製品でユーザーが目にするリボンの用語に合わせて、[プロセス] タブの名前が [ホーム] に変更されました。
  2. [投稿] アクションと [リリース] アクションを含むドキュメント ページで、アクションが [ホーム] タブに分割ボタンとして表示されるようになりました。これにより、これらのよく使用されるアクションの見つけやすさとワンクリック アクセスが向上します。 他のいくつかのページでは、特定のアクションがその効果によって強く結び付いている場合に、それらのアクションが分割ボタンにグループ化されています。 たとえば、[修正]、[取消]、[修正クレジット メモの作成] というアクションに対して新しい分割ボタンが作成されます。 これにより、3 つの中で最も頻繁に使用される [修正] にワンクリックでアクセスできます。
  3. ドキュメント、カード、ワークシート、ListPlus のページでは、初めて開いたときにアクション バーがピン留めされた状態で表示されるようになりました。 これにより、アクション バー内の関連するアクションを見つけやすくなり、最初にアクション バーを自分でピン留めしなくても、アクションにワンクリックでアクセスできます。
  4. [明細行] サブページを含むドキュメント ページ、またはサブページを含むその他のページでは、[その他のオプション] をクリックしなくても、サブページのアクションがすぐに表示されるようになりました。

新しい [ホーム] タブ、分割ボタン、自動ピン留め、およびアクション バーの明細行の自動展開を示す画像。

更新された既存のお客様と新規のお客様は、新しくなったアクション バー機能をオフにすることを選択できます。 たとえば、拡張機能に互換性がない場合や、最適化によるユーザー インターフェイスの変更をユーザーに説明するのに時間が必要な場合などです。

メモ

この機能を使用するには、機能管理 ページで機能アップデート: 新しくなったアクション バーが有効になっている必要があり、自分のセッションのみを試すには試用するを選択する必要があります。

関連項目

アクション バーとメニューのパーソナライズ (ドキュメント)