Share via


Power Platform の統合の有効化

One Dynamics One Platform の取り組みの一環として、財務と運用アプリを Microsoft Dataverse や Microsoft Power Platform エコシステムと統合することで、価値を得る顧客が増えています。 ローコード アプリケーションの構築に使用されるか、フロント オフィスとバック オフィスのプロセスとアプリケーションを完全に統合するかは別として、これら 2 つのシステムの統合は、多くの顧客に一般的な要件となっています。

Power Platform 統合は、Microsoft Dynamics Lifecycle Services で有効化された機能です。 これにより、管理者は財務と運用の環境を、新規または既存の環境ベースの Microsoft Power Platform にリンクできます。

Power Platform 統合が確立された後、組織は次のアクションを実行できます:

  • 財務と運用アプリにリンクされた Power Platform 環境を使用して、ローコード アプリおよびフローを作成します。
  • 仮想テーブル、ビジネス イベント、および二重書き込み機能を使用して、財務と運用アプリのデータを Dataverse プラットフォームと統合します。
  • 他の Dynamics 365 アプリケーションを財務と運用アプリにインストールして接続します。
  • アドインをインストールし、財務と運用アプリに接続します。

Power Platform 統合の詳細については、Microsoft Dynamics 365 Community YouTube チャネルの TechTalk をご覧ください。

初期 Power Platform 環境

既定では、Lifecycle Services によって管理されるすべての財務と運用アプリの環境 (サンドボックス環境および運用環境) は、初期 Power Platform 環境を、Dataverse なしで受け取ります。 次の図に示すように、この環境は財務と運用環境にリンクされています。 リレーションシップは一対一です。 時間の経過と共に、財務と運用アプリは Power Platform 管理センターのこの場所に移行されます。 Power Platform 管理センターの環境詳細ページにある財務と運用アプリの URL を参照して、Power Platform 管理センターの環境が Lifecycle Services から環境にリンクされているかどうかを判断します。

Power Platform管理センターの Power Platform 環境は、Lifecycle Services からの財務と運用の環境と同じ名前で作成されます。財務と運用の URL は、財務と運用インスタンスの URL が入力されます。

Lifecycle Services の環境に接続されている Power Platform 環境により、財務と運用アプリの顧客は Microsoft Power Platform を利用できます。 この Power Platform 環境は、削除またはリセットすることはできず、Dataverse データベースを手動で Power Platform 管理センターに追加することもできません。 Dataverse を追加して Microsoft Power Platform 統合機能を完全に有効にするには、財務と運用アプリを新しい Microsoft Dataverse インスタンスと接続する の手順に従います。

または、財務と運用環境に接続する Dataverse を備えた Power Platform 環境が既に組織にある場合があります。 既存の Dataverse インスタンスを再利用するには、財務と運用アプリを既存の Microsoft Dataverse インスタンスと接続する の手順に従います。 この場合、財務と運用環境の作成時に作成された最初の Power Platform 環境は切断され、財務と運用アプリの URL は表示されなくなります。 その時点で、初期環境を削除したり、別の目的に使用したりすることができます。

ライセンスと容量に関する考慮事項

Dynamics 365 Finance または Dynamics 365 Supply Chain Management などの財務と運用アプリのライセンスを購入すると、テナントはさらに 10 ギガバイト (GB) の Dataverse データベース容量を利用できます。 さらに、Power Portal 管理センターの次の図に示すように、購入した各ユーザー ライセンスについて、データベースの容量が増量されます。

Power Platform 管理センターの容量ビュー。

ライセンスを同じように購入すると、Lifecycle Services の 1 つのセルフサービス サンドボックス環境と運用環境を利用できるようになります。 このため、すべての財務と運用アプリの環境に対して初期 Power Platform 環境が自動的に作成されます。 Power Platform 管理センターのすべての初期環境には、Dataverse がありません。 そのため、Power Apps を使用して作成されたアプリと、Power Automate を使用して作成されたフローをプロビジョニングするために、わずか 1 GB のデータベース容量しか使用されません。 Power Platform 統合を設定すると、Dataverse データベースが同じ環境に追加されます。 このデータベースは多くの場合、3 GB 以上消費します。

Lifecycle Services で使用するために顧客が購入する追加のアドオン サンドボックス環境では、追加の Dataverse データベース容量を利用できません。 Power Platform 統合機能を必要とする顧客は、アドオン Dataverse データベース ストレージを購入する必要があります。 Power Platform 管理センターの容量を管理する方法の詳細については、ストレージ領域の解放を参照してください。

シナリオとコア概念

Power Platform 統合のコア概念を理解し、サポートされているシナリオの詳細なリストを表示するには、環境ライフサイクルの操作 - コア概念 を参照してください。

Power Platform の接続は、元に戻すことはできません

財務およびオペレーション アプリケーション Microsoft Dataverse 環境を、元に戻す必要のあるインスタンスに接続またはリンクします。 2 つのシステム間の統合はインフラストラクチャを介して行われ、それらを切断するとデータが失われる可能性があります。 Microsoft Dataverse インスタンスを削除したい場合は、Power Platform 統合が有効な場合の環境削除 に記載の指示に従って下さい。

設定のトラブルシューティング

設定は、Dataverse ベースの環境を配置するさまざまなステージで失敗する可能性があります。

設定が失敗すると、エラー メッセージが表示されます。 次の図は、二重書き込み設定に失敗した場合のエラー メッセージの例を示しています。

二重書き込み設定に失敗した場合のエラー メッセージ。

エラー メッセージに基づいて、ライセンスや容量の問題への対処が必要となる場合があります。 これらの問題が修正されたら、Lifecycle Services の環境の詳細ページの Power Platform 統合セクションにある再開を選択して設定を完了することができます。

クラウド ホスト開発環境の統合を有効にする

クラウドホスト開発環境と、サンドボックスまたは運用環境間のアーキテクチャの違いにより、開発環境を作成した後に Power Platform 統合を設定することはできません。 したがって、クラウドホスト環境の配置時にのみ Power Platform 統合を設定できます。 さらに、新しいクラウドホスト環境は、新しい Power Platform 環境にのみ接続できます。 Lifecycle Services 経由では、どのタイプの既存の環境も接続できません。

実行時に Power Platform 統合ステータスを検証する

Dataverse では、Power Platform 環境の Power Platform 統合ステータスを検証するための RetrieveFinanceAndOperationsIntegrationDetails API が使用できます。 Power Platform 環境が Power Platform 統合を介して財務と運用アプリ環境にリンクされている場合、API 財務と運用アプリ環境の Microsoft Entra テナントと環境の詳細を返します。

API をトラブルシューティング中に使用して、Power Platform 統合が環境で有効になっていることを確認できます。 またプラグイン、クライアント フォーム、または Power Platform 環境にリンクされた財務と運用アプリ環境を認識する必要があるその他のアプリケーションのコーディングする際に API を使用することもお勧めします。

申請

GET [Organization URI]/api/data/v9.1/RetrieveFinanceAndOperationsIntegrationDetails

応答

{
    "Url": "https://contoso.operations.dynamics.com",
    "TenantId": "72ad15fq-3m88-4e15-be25-8751c9bd0764",
    "Id": "b2106f5c-e218-4aac-841a-a59da4738eb4"
}

プロパティ

プロパティ
現物名
タイプ
使用 Description
環境 URL
URL
文字列
読み取り専用
必須
Power Platform 統合を介して Power Platform 環境にリンクされた財務と運用アプリ環境の URL。
テナント ID
TenantId
GUID
読み取り専用
必須
財務と運用アプリ環境と Power Platform 環境の両方が配置されている Microsoft Entra テナントの ID。
環境 ID
ID
GUID
読み取り専用
必須
Power Platform 統合を介して Power Platform 環境にリンクされた財務と運用アプリ環境の ID。

環境が Power Platform 統合を介して財務と運用アプリ環境にリンクされていない場合、API 応答で次のエラーが返されます:

エラー コード メッセージ
0x80048d0b Dataverse インスタンスは、財務と運用と統合されていません。