教員向け - Minecraft: Education Edition を入手する

次の記事では、教師が学校でMinecraft: Education Editionを取得して配布する方法について説明します。 Minecraft: Education Editionは誰でも試用でき、サブスクリプションは、IT 管理者が Microsoft 管理 センターで直接、ボリューム ライセンス契約やパートナー リセラーを通じて購入できます。

Minecraft: Education Edition を無料でお試しください

Minecraft: Education Edition は、誰でも無料で試すことができます。 無料試用版は完全に機能しますが、プレイを継続するには有料ライセンスが必要になるまでのログイン数 (教師は 25、学生は 10) によって制限されます。

詳しい情報と作業を開始するには、Minecraft: Education Edition アプリをこちらからダウンロードしてください。

教師と生徒用 Minecraft: Education Edition を購入する

教師は、IT 管理、Microsoft 管理 センターを通じて学生のライセンスを直接購入する必要があります。または、Office 365 サブスクリプションがある場合は、学校のライセンス (ボリューム ライセンス 契約を通じて) に既にアクセスできる場合があります。

M:EE は多くのボリューム ライセンス契約に含まれていますが、それらのライセンスを割り当て、管理できるのは学校の管理者のみです。 Office 365 アカウントをお持ちの場合は、M:EE を直接購入する前に、学校の管理者または IT 管理者に確認してください。

トラブルシューティング

アプリのインストールで問題が発生した場合は、 サポート ページでさらにサポートを受けることができます。

関連トピック

Minecraft: Education Edition を入手する IT 管理者向け - Minecraft: Education Edition を入手する