チュートリアル: Microsoft ID プラットフォームにシングルページ アプリケーションを登録する

Microsoft ID プラットフォームを操作するには、作成したアプリケーションを Microsoft Entra ID に認識させる必要があります。 このチュートリアルでは、Microsoft Entra 管理センター上のテナントでシングルページ アプリケーション (SPA) を登録する方法を示します。

このチュートリアルの内容:

  • テナントにアプリケーションを登録する
  • アプリケーションにリダイレクト URI を追加する
  • アプリケーションの一意識別子を記録する

前提条件

  • アクティブなサブスクリプションが含まれる Azure アカウント。 無料でアカウントを作成できます
  • この Azure アカウントには、アプリケーションを管理するためのアクセス許可が必要です。 以下のいずれの Microsoft Entra ロールにも、必要なアクセス許可が含まれています。
    • アプリケーション管理者
    • アプリケーション開発者
    • クラウド アプリケーション管理者

アプリケーションとレコードの識別子を登録する

登録を完了するには、アプリケーションに名前を指定し、サポートされているアカウントの種類を指定して、リダイレクト URI を追加します。 登録すると、アプリケーションの [概要] ペインに、アプリケーションのソース コードに必要な識別子が表示されます。

  1. Microsoft Entra 管理センターにサインインします。

  2. 複数のテナントにアクセスできる場合は、上部のメニューの [設定] アイコン を使い、[ディレクトリとサブスクリプション] メニューからアプリケーションを登録するテナントに切り替えます。

  3. [ID]>[アプリケーション]>[アプリ登録] の順に進み、[新規登録] を選択します。

  4. アプリケーションの名前 (identity-client-spa など) を入力します。

  5. [サポートされているアカウントの種類] で、 [この組織のディレクトリ内のアカウントのみ] を選択します。 さまざまなアカウントの種類の詳細については、[選択に関するヘルプ] オプションを選択します。

  6. 登録 を選択します。

    Screenshot that shows how to enter a name and select the account type in the Azure portal.

  7. 登録が完了すると、アプリケーションの [概要] ペインが表示されます。 アプリケーションのソース コードで使用するディレクトリ (テナント) IDアプリケーション (クライアント) ID を記録します。

    Screenshot that shows the identifier values on the overview page on the Azure portal.

    Note

    サポートされているアカウントの種類は、「アプリケーションによってサポートされるアカウントを変更する」を参照して変更することができます。

プラットフォーム リダイレクト URI を追加する

アプリの登録に対してアプリの種類を指定するには、次の手順に従います。

  1. [管理] で、 [認証] を選択します。
  2. [プラットフォーム構成] ページで、[プラットフォームの追加] を選択し、[SPA] オプションを選択します。
  3. [リダイレクト URI] には、「http://localhost:3000」と入力します。
  4. [構成] を選択して変更を保存します。

次のステップ