次の方法で共有


Microsoft Entra ID を使用した FIDO2 認証のサポート

Microsoft Entra ID を使用すると、パスワードレス認証にパスキーを使用できます。 この記事では、Microsoft Entra ID とパスキーを使用したパスワードレス認証をサポートしているネイティブ アプリケーション、Web ブラウザー、オペレーティング システムについて説明します。

Note

Microsoft Entra ID は現在、FIDO2 セキュリティ キーおよび Microsoft Authenticator に格納されているデバイス バインド パスキーをサポートしています。 Microsoft は、パスキーを使用した顧客とユーザーの保護に取り組んでいます。 職場アカウント用の同期パスキーとデバイス バインド パスキーの両方に投資しています。

ネイティブ アプリケーションのサポート

認証ブローカーでのネイティブ アプリケーションのサポート (プレビュー)

Microsoft アプリケーションは、オペレーティング システム用に認証ブローカーがインストールされているすべてのユーザーに対して、プレビュー段階の FIDO2 認証のネイティブ サポートを提供します。 FIDO2 認証は、認証ブローカーを使用するサード パーティ製アプリケーションのプレビューでもサポートされています。

次の表に、オペレーティング システムごとにサポートされている認証ブローカーを示します。

OS 認証ブローカー FIDO2 をサポートしています
iOS Microsoft Authenticator
macOS Microsoft Intune ポータル サイトl 1
Android2 Authenticator または ポータル サイト

1macOS でポータル サイトを認証ブローカーとして有効にするには、Microsoft エンタープライズ シングル サインオン (SSO) プラグインが必要です。 macOS を実行するデバイスは、モバイル デバイス管理への登録を含む SSO プラグインの要件を満たしている必要があります。 FIDO2 認証の場合は、最新バージョンのネイティブ アプリケーションを実行していることを確認します。

2Android での FIDO2 のネイティブ アプリケーションサポートが開発中です。

ユーザーが認証ブローカーをインストールしている場合、Outlook などのアプリケーションにアクセスするときにセキュリティ キーを使ってサインインすることを選択できます。 FIDO2 でサインインするようにリダイレクトされ、認証が成功した後、サインインユーザーとして Outlook にリダイレクトされます。

認証ブローカーを使用しない Microsoft アプリケーションのサポート

ユーザーが iOS、macOS、Android で認証ブローカーを持っていない場合、FIDO2 認証を使用して Microsoft ネイティブ アプリケーションにサインインすることは、現時点ではサポートされていません。

認証ブローカーを使用しないサード パーティ製アプリケーションのサポート

ユーザーが認証ブローカーをまだインストールしていない場合でも、MSAL 対応アプリケーションにアクセスする際は、セキュリティ キーを使用してサインインできます。 MSAL 対応アプリケーションの要件の詳細については、「開発するアプリで FIDO2 キーを使用したパスワードレス認証をサポートする」を参照してください。

Web ブラウザー サポート

次の表は、FIDO 2 による Microsoft Entra ID と Microsoft アカウント認証のブラウザー サポートを示しています。 コンシューマーは、Xbox、Skype、Outlook.com などのサービスの Microsoft アカウントを作成します。

OS Chrome Edge Firefox Safari
Windows N/A
macOS
ChromeOS 該当なし 該当なし 該当なし
Linux 該当なし
iOS
Android 該当なし

Note

Authenticator のパスキーは、Android デバイス上の Google Chrome や Microsoft Edge などのブラウザーでは動作しません。 ブラウザーからの Authenticator パスキーを使用した作成とサインインのサポートは、Android プラットフォームで使用可能になる API の更新に依存します。

各プラットフォームの Web ブラウザー サポート

次の表は、各プラットフォームでサポートされている転送を示しています。 サポートされているデバイスの種類には、USB、近距離無線通信 (NFC)、Bluetooth Low Energy (BLE) などがあります。

Windows

ブラウザー USB NFC BLE
Edge
Chrome
Firefox

ブラウザーの最小バージョン

Windows でのブラウザーの最小バージョン要件は次のとおりです。

Browser 最小バージョン
Chrome 76
Edge Windows 10 バージョン 19031
Firefox 66

1Chromium ベースの新しい Microsoft Edge では、すべてのバージョンが FIDO2 をサポートしています。 Microsoft Edge レガシでのサポートは 1903 で追加されました。

macOS

ブラウザー USB NFC1 BLE1
Edge 該当なし 該当なし
Chrome 該当なし 該当なし
Firefox2 該当なし 該当なし
Safari2 該当なし 該当なし

1NFC と BLE のセキュリティ キーは、Apple の macOS ではサポートされていません。

2これらの macOS ブラウザーでは、生体認証や PIN の設定を求めるメッセージが表示されないため、新しいセキュリティ キーの登録は機能しません。

ChromeOS

ブラウザー1 USB NFC BLE
Chrome

1ChromeOS または Chrome ブラウザーでは、セキュリティ キーの登録はサポートされていません。

Linux

ブラウザー USB NFC BLE
Edge
Chrome
Firefox

iOS

ブラウザー1 Lightning NFC BLE2
Edge 該当なし
Chrome 該当なし
Firefox 該当なし
Safari 該当なし

1iOS ブラウザーでは、生体認証や PIN の設定を求めるメッセージが表示されないため、新しいセキュリティ キーの登録は機能しません。

2BLE セキュリティ キーは、iOS by Apple ではサポートされていません。

Android

ブラウザー1 USB NFC BLE2
Edge
Chrome
Firefox

1Microsoft Entra ID を使用したセキュリティ キーの登録は、Android ではまだサポートされていません。

2BLE セキュリティ キーは、Google の Android ではサポートされていません。

既知の問題

PowerShell のサポート

Microsoft Graph PowerShell は FIDO2 をサポートします。 Edge の代わりに Internet Explorer を使用する一部の PowerShell モジュールでは、FIDO2 認証を実行できません。 たとえば、SharePoint Online または Teams 用の PowerShell モジュールや、管理者の資格情報を必要とする PowerShell スクリプトでは、FIDO2 に対するダイアログは表示されません。

回避策として、ほとんどのベンダーは FIDO2 セキュリティ キーに証明書を配置できます。 証明書ベースの認証 (CBA) は、すべてのブラウザーで機能します。 これらの管理者アカウントに対して CBA を有効にできる場合は、一時的に FIDO2 ではなく CBA を要求できます。

次のステップ

パスワードなしのセキュリティ キー サインインを有効にする