Share via


Microsoft Entra のセルフサービス パスワード リセットのライセンス要件

ユーザーがデバイスまたはアプリケーションにサインインできないときにヘルプ デスクへの問い合わせと生産性の低下を減らすには、Microsoft Entra ID のユーザーアカウントでセルフサービス パスワード リセット (SSPR) を有効にすることができます。 SSPR を構成する機能には、パスワードの変更、リセット、ロック解除、オンプレミスのディレクトリへの書き戻しが含まれます。 Basic SSPR の機能は Microsoft 365 Business Standard 以上、すべての Microsoft Entra ID P1 または P2 SKU で無料でご利用いただけます。

この記事では、セルフサービス パスワード リセットのライセンスを取得して使用するさまざまな方法について詳しく説明します。 価格と課金の詳細については、Microsoft Entra の価格に関するページを参照してください。

ライセンスのない一部のユーザーは技術的に SSPR にアクセスできる可能性がありますが、このサービスから特典を受けようとするすべてのユーザーにライセンスが必要です。

注意

一部のテナント サービスでは現在、特定のユーザーに特典を制限できません。 サービス特典をライセンス ユーザーに制限するための取り組みを行う必要があります。 これが、対象機能が使用可能になったとき、組織でサービスの中断が発生する可能性を回避するのに役立ちます。

エディションと機能の比較

次の表では、パスワードの変更、リセット、またはオンプレミスの書き戻しのさまざまな SSPR シナリオと、機能が提供される SKU の概要を示します。

機能 Microsoft Entra ID Free Microsoft 365 Business Standard Microsoft 365 Business Premium Microsoft Entra ID P1 または P2
クラウドのみのユーザー パスワードの変更
Microsoft Entra ID のユーザーが自分のパスワードを知っていて、新しいパスワードへの変更を希望する場合。
クラウドのみのユーザー パスワードのリセット
Microsoft Entra ID のユーザーがパスワードを忘れて、リセットする必要がある場合。
オンプレミスの書き戻しを含む、ハイブリッド ユーザーのパスワードの変更またはリセット
Microsoft Entra Connect を使用してオンプレミスのディレクトリから同期されている Microsoft Entra のユーザーが、パスワードを変更またはリセットし、オンプレミスに新しいパスワードを書き戻す場合。

警告

スタンドアロンの Microsoft 365 Basic および Standard ライセンス プランでは、オンプレミスの書き戻しのある SSPR はサポートされていません。 オンプレミスの書き戻し機能には Microsoft Entra ID P1、Premium P2、または Microsoft 365 Business Premium が必要です。

追加のライセンス情報 (コストを含む) については、以下のページをご覧ください。

次のステップ

SSPR の使用を開始するには、次のチュートリアルをご覧ください。