次の方法で共有


Mailbox

Mailbox 要素は、メールが有効な Active Directory オブジェクトを識別します。

<Mailbox>
   <Name/>
   <EmailAddress/>
   <RoutingType/>
   <MailboxType/>
   <ItemId/>
</Mailbox>

EmailAddressType

属性と要素

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。

属性

なし。

子要素

Element 説明
Name (EmailAddressType)
メールボックス ユーザーの名前を定義します。 この要素は省略できます。
EmailAddress (NonEmptyStringType)
メールボックス ユーザーの簡易メール転送プロトコル (SMTP) アドレスを定義します。 この要素は省略できます。
RoutingType (EmailAddress)
メールボックスに使用されるルーティングを定義します。 既定値は SMTP です。 この要素は省略できます。
MailboxType
メールボックス ユーザーのメールボックスの種類を定義します。 この要素は省略できます。
ItemId
ユーザーの連絡先フォルダーからの受信者の連絡先またはプライベート配布リストのアイテム識別子を定義します。 この要素は省略できます。

親要素

要素 説明
ExpandDL
配布リストを展開する要求を定義します。

この要素の XPath 式を次に示します。 /ExpandDL
ToRecipients
アイテムの受信者の配列を格納します。
CcRecipients
メッセージのコピーを受信する受信者のコレクションを表します。
BccRecipients
電子メールのブラインド カーボン コピー (Bcc) を受信する受信者のコレクションを表します。
ReplyTo
返信を送信する電子メール アドレスの配列を識別します。
Sender
アイテムの送信者を識別します。
From
メッセージが送信された宛先を表します。
開催者
会議の開催者を表します。
DistinguishedFolderId
既定のMicrosoft Exchange Server 2007 フォルダーを識別します。

この要素に対する XPath 式を次に示します:

/CreateItem/ParentFolderId/DistinguishedFolderId
/CreateFolder/ParentFolderId/DistinguishedFolderId
Resolution
解決された 1 つのエンティティが含まれます。
DLExpansion
配布リストに含まれるメールボックスの配列を格納します。
Attendee
予定表アイテムの出席者とリソースを表します。
CreateManagedFolder
管理フォルダーをメールボックスに追加する要求を定義します。
AddDelegate
メールボックスに代理人を追加する要求を定義します。
GetDelegate
メールボックスへの代理人に関する情報を取得する要求を定義します。
RemoveDelegate
メールボックスから代理人を削除する要求を定義します。
UpdateDelegate
メールボックス内のデリゲートを更新する要求を定義します。
ReceivedBy
デリゲート アクセス シナリオのデリゲートについて説明します。
ReceivedRepresenting
デリゲート アクセス シナリオのプリンシパルについて説明します。
メンバー
配布リストのメンバーを表します。

テキスト値

なし。

注釈

EmailAddress (NonEmptyStringType) 要素と ItemId 要素は、メールボックスまたは配布リストを識別します。

EmailAddress (NonEmptyStringType) 要素は、SMTP アドレスによってメールボックスまたは配布リストを識別します。

ItemId 要素は、特定のメールボックスに関連付けられているアイテム識別子によってメールボックスを識別します。

ItemId 要素は、配布リストまたはパブリック連絡先フォルダー内の連絡先にメッセージを送信するために使用できません。 連絡先パブリック フォルダー内の配布リストまたは連絡先にメッセージを送信しようとすると、CreateItem、UpdateItem、または SendItem 操作でこれを使用すると、エラーがスローされます。 ExpandDL 操作を使用して SMTP アドレスを取得し、ItemId 要素ではなく EmailAddress (NonEmptyStringType) 要素を使用してメッセージを送信します。

もう 1 つの要素 である Mailbox (Availability) は、可用性操作に関する情報を提供します。

この要素を記述するスキーマは、Exchange Web サービスをホストする IIS 仮想ディレクトリに置かれています。

要素の情報

名前 Value
Namespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名
型スキーマ
検証ファイル
Types.xsd
空に設定可能
False

関連項目