次の方法で共有


Watermark

Watermark 要素は、メールボックス イベント キュー内のイベント ブックマークを表します。

<Watermark/>

WatermarkType

属性と要素

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。

属性

なし。

子要素

なし。

親要素

要素 説明
PullSubscriptionRequest
プルベースのイベント通知サブスクリプションへのサブスクリプションを表します。
PushSubscriptionRequest
プッシュベースのイベント通知サブスクリプションへのサブスクリプションを表します。
GetEvents
プル クライアントがサーバーに通知を要求するために使用する操作を表します。
CopiedEvent
アイテムまたはフォルダーがコピーされるイベントを表します。
CreatedEvent
アイテムまたはフォルダーが作成されるイベントを表します。
DeletedEvent
アイテムまたはフォルダーが削除されるイベントを表します。
ModifiedEvent
アイテムまたはフォルダーが変更されるイベントを表します。
MovedEvent
ある親フォルダーから別の親フォルダーにアイテムまたはフォルダーを移動するイベントを表します。
NewMailEvent
メールボックス内の新しいメール アイテムによってトリガーされるイベントを表します。
StatusEvent
メールボックスで新しいアクティビティが発生しなかったことを示す通知を表します。
SubscribeResponseMessage
Subscribe 要求の状態と結果を格納します。

テキスト値

この要素の使用方法によっては、テキスト値が必要な場合や省略可能な場合があります。

注釈

Subscribe 要求に透かしが含まれている場合、サブスクリプションは透かしから前方に作成されます。 Subscribe 要求にメールボックス イベント テーブルに見つからない透かしが含まれている場合は、 ErrorInvalidWatermark クライアント アプリケーションにエラーが返されます。 これは、透かしが古すぎて、イベント テーブルの 30 日間のウィンドウから削除された場合、またはイベント テーブルに透かしが存在しなかった場合に発生する可能性があります。 これは、たとえば、別のデータベース内のメールボックスの別のサブスクリプションから透かしを取得した場合に発生する可能性があります。

この要素を記述するスキーマは、クライアント アクセス サーバーの役割がインストールされている MicrosoftExchange Server 2007 を実行しているコンピューターの EWS 仮想ディレクトリにあります。

要素の情報

名前 Value
Namespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名
型スキーマ
検証ファイル
Types.xsd
空に設定可能
False

関連項目

サブスクライブ操作

GetEvents 操作

Unsubscribe 操作