次の方法で共有


Year

Year 要素は、年に応じて変化するタイム ゾーンを定義するために使用されます。 この要素は省略できます。 この要素は、Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1 (SP1) で導入されました。

<Year/>

string

属性と要素

以下のセクションで、属性、子要素、親要素について説明します。

属性

なし。

子要素

なし。

親要素

要素 説明
StandardTime
バイアス (UTC) 要素によって表される協定世界時 (UTC) に対する時刻からのオフセットを表します。
DaylightTime
夏時間が観測されるリージョンのバイアス (UTC) 要素によって表される協定世界時 (UTC) に対する時間からのオフセットを表します。

テキスト値

Year 要素は、1 年を表す文字列を受け取ります。 年の形式は YYYY です。

注釈

この要素を記述するスキーマは、クライアント アクセス サーバーの役割がインストールされている 2007 Microsoft Exchange Server実行されているコンピューターの EWS 仮想ディレクトリにあります。

要素の情報

名前 Value
Namespace
https://schemas.microsoft.com/exchange/services/2006/types
スキーマ名
型スキーマ
検証ファイル
Types.xsd
空に設定可能
False

関連項目