次の方法で共有


Microsoft Fabric でウェアハウスの所定の場所に復元

適用対象: Microsoft Fabric のウェアハウス

Microsoft Fabric には、復元ポイントから以前の特定の時点にウェアハウスを復元する機能が用意されています。

  • 所定の場所への復元で、偶発的な破損が発生した場合にウェアハウスを既知の正常な状態に復元し、ダウンタイムとデータ損失を最小限に抑えることができます。
  • 所定の場所への復元は、開発とテストの目的で、ウェアハウスを既知の正常な状態にリセットするのに役立ちます。
  • 所定の場所への復元は、データベースのリリースまたは移行が失敗したため、変更を以前の状態にすばやく元に戻すのに役立ちます。

所定の場所への復元は、以前の既知の正常な状態へのウェアハウスの復元を可能にする、データ復旧の重要な部分です。 復元では、既存のウェアハウスから復元ポイントを使用して、既存のウェアハウスが上書きされます。

また、T-SQL OPTION 構文を使用して、過去に表示されたとおりにウェアハウス内のデータにクエリを実行することもできます。 詳細については、「過去に存在していたデータに対してクエリを実行する」を参照してください。

Note

復元ポイントと所定の場所への復元機能は現在プレビュー段階です。

復元ポイントとは

復元ポイントとは、OneLake 内のデータ ファイルを参照しながら、メタデータのみをコピーして作成されたウェアハウスの復旧ポイントです。 メタデータはコピーされますが、Parquet ファイルとして保存されているウェアハウスの基礎となるデータはコピーされません。 これらの復元ポイントを使用して、以前の時点のウェアハウスを復旧できます。

ウェアハウスのすべての復元ポイントを表示するには、ファブリック ポータルで [設定] ->[復元ポイント] に移動します。

システムによって作成された復元ポイント

システム作成の復元ポイントの作成は、ウェアハウスの組み込み機能です。 ただし、自動システム作成の復元ポイントを作成するには、ウェアハウスがアクティブ状態である必要があります。

システム作成の復元ポイントは その日を通して作成され、30 日間使用できます。 システム作成の復元ポイントは 8 時間ごとに自動的に作成されます。 システムによって作成された復元ポイントは、新しいウェアハウスですぐに使用できない場合があります。 まだ使用できない場合は、ユーザー定義の復元ポイントを作成

特定の時点で、最大 180 個のシステム作成復元ポイントを使用できます。

Warehouse では、8 時間の復元ポイントの目標 (RPO) がサポートされています。

ウェアハウスが一時停止されている場合、システム作成の復元ポイントは、ウェアハウスが再開されるまで作成できません。 ウェアハウスを一時停止する前に、ユーザー定義の復元ポイントを作成する必要があります。 ウェアハウスをドロップする前に、システム作成の復元ポイントは自動的には作成されません。

復元ポイントは回復のためのサービス レベル アグリーメント (SLA) を維持するために使用されるため、システム作成の復元ポイントは削除できません。

ユーザー定義の復元ポイント

Warehouse を使用すると、ワークスペース管理者は、ウェアハウスに大きな変更を加える前後に、復元ポイントを手動で作成できます。 これにより、復元ポイントの論理的な一貫性が保証され、ワークロードの中断やユーザー エラーが発生した場合に、データ保護と迅速な復旧時間が提供されます。

特定のビジネスまたは組織の復旧戦略に合わせて、任意の数のユーザー定義の復元ポイントを作成できます。 ユーザー定義の復元ポイントは、30 カレンダー日間使用でき、保持期間の有効期限が切れた後に自動的に削除されます。

復元ポイントの作成と管理の詳細については、「 ファブリック ポータルで復元ポイントを管理する」を参照してください。

復元ポイントの保持期間

復元ポイントの保持期間の詳細は次のとおりです。

  • ウェアハウス は、30 カレンダー日の保持期間の有効期限が切れた時点で、システム作成の復元ポイントとユーザー定義の復元ポイントの両方を削除します。
  • 復元ポイントの経過時間は、復元ポイントが取得された時点 (Microsoft Fabric 容量が一時停止された時点を含む) からのカレンダーの絶対日数によって測定されます。
  • Microsoft Fabric 容量が一時停止されている場合、システム作成およびユーザー生成の復元ポイントを作成できません。 復元ポイントの作成が進行中にファブリック容量が一時停止されると、復元ポイントの作成が失敗します。
  • 復元ポイントが生成された後、容量が再開されるまで 30 日を超えて一時停止が続いた場合、復元ポイントは、合計 180 個のシステム作成の復元ポイントに達するまで存在し続けます。
  • 任意の時点で、復元ポイントが 30 日間の保持期間に達していない限り、ウェアハウスは最大 180 個のシステム作成の復元ポイントを格納できることが保証されています。
  • ウェアハウス用に作成されるすべてのユーザー定義の復元ポイントは、30 カレンダー日の既定の保持期間まで保存されます。

復旧ポイントと復元のコスト

ストレージの課金

システム作成の復元ポイントとユーザー定義の復元ポイントの両方を作成すると、ストレージが消費されます。 OneLake の復元ポイントのストレージ コストには、Parquet 形式で格納されているデータ ファイルが含まれます。 復元プロセス中にストレージ料金は発生しません。

コンピューティングの請求

コンピューティング料金は、復元ポイントの作成と復元中に発生し、Microsoft Fabric 容量を消費します。

ウェアハウスの所定の場所への復元

ファブリック ポータル で、ウェアハウスをインプレースで復元しますを使用します。

復元すると、現在のウェアハウスは復元されたウェアハウスに置き換えられます。 ウェアハウスの名前は同じままで、古いウェアハウスが上書きされます。 エクスプローラー内のオブジェクト、モデリング、クエリ インサイト、セマンティック モデルを含むすべてのコンポーネントは、復元ポイントの作成時に存在していたとおりに復元されます。

各復元ポイントは、復元ポイントの作成時に UTC タイムスタンプを参照します。

復元を要求した後にエラー 5064 が発生した場合は、復元をもう一度再送信してください。

セキュリティ

  • 管理、メンバー、または投稿者のワークスペース ロールのメンバーは、ユーザー定義の復元ポイントを作成、削除、または名前変更できます。

  • ワークスペース管理者、メンバー、共同作成者、またはビューアーの ワークスペース ロール を持つユーザーは、システムで作成された復元ポイントとユーザー定義の復元ポイントの一覧を表示できます。

  • データ ウェアハウスは、ワークスペース管理者の ワークスペース ロール を持つユーザーのみが、システム作成またはユーザー定義の復元ポイントから復元できます。

制限事項

  • Microsoft Fabric ワークスペース内または全体で、別の名前の新しいウェアハウスを作成するために復旧ポイントを復元することはできません。
  • 復元ポイントは、既定の 30 カレンダー日の保持期間を超えて保持することはできません。 この保持期間は現在構成できません。

次のステップ