Share via


FSLogix サポート ツール

Note

現在のバージョン: 2.6 (2020 年 10 月 28 日)

FSLogix によって作成されたさまざまなログとデータの収集は困難な場合があります。 FSLogix サポート ツールは、プロセスを簡略化し、必要なすべてのログが 1 回の操作で収集されるようにするために作成されました。 FSLogix サポート ツールは、次のデータを収集します。

  • 既定の項目:
    • テキスト ベースのログ ファイル
    • イベント ログ
    • レジストリ設定
      • クラウド キャッシュ ドライバー (Frxccd)
      • クラウド キャッシュ サービス (Frxccds)
      • FSLogix 構成とセッション データ (frxReg)
      • HKEY_CURRENT_USER Office
      • HKEY_CURRENT_USER ソフトウェア ポリシー
      • HKEY_CURRENT_USER Windows ポリシー
      • HKEY_LOCAL_MACHINE ソフトウェア ポリシー
      • HKEY_LOCAL_MACHINE Windows ポリシー
      • OneDrive
      • ProfileList
      • WindowsSearch
    • さまざまなシステム情報
      • 環境変数 (環境)
      • フィルター ドライバー (fltmcOutput)
      • ファイル共有権限 (folderPermissions)
      • FSLogix 情報 (frxinfo)
      • グループ ポリシー結果 (gpresult)
      • ドライブとボリューム (mountvol)
      • システム情報 (msinfo)
      • アプリとプログラム (ProgramList)
      • サポート ツールからのログ (SupportToolLog)
      • システム情報 (systeminfo)
      • タスク マネージャー (tasklist)
      • Windows アップデート (updateHistory)
    • HTML レポート (logAnalysis)
      • エラー分析
      • エラーの内訳
  • オプション項目:
    • ルール セット ファイル
    • クラッシュ またはメモリ ダンプ ファイル

Note

FSLogix Apps RuleEditorまたは Java RuleEditor がインストールされている場合、ルール セットも収集されます。

FSLogix サポート ツールをダウンロードして抽出する

通常、サポート ツールは、問題が発生している特定の仮想マシンで使用されます。 問題の仮想マシン上で FSLogix サポート ツールをダウンロードするか、問題の仮想マシンにコピーします。

  1. FSLogix サポート ツールの .zip ファイルを見つけます

  2. ファイルを右クリックし、[すべて展開...] を選択します。

    support tool zip

    図 1: サポート ツールの zip ファイル

単一のコンピューターで FSLogix コンテンツを収集する

Note

ログを収集する前に、問題のある仮想マシンがログ記録を有効にして構成されていて、ログが存在することを確認してください。

  1. 前のセクションから FSLogix サポート ツールが抽出された先のフォルダーを見つけます

  2. Support Tool(1).exe開いて実行します。

    support tool extracted

    図 2: 抽出されたサポート ツールの内容

  3. 指定されたボックスに会社名を入力します。

  4. [ルール ファイルの収集] と [ダンプ ファイルの収集] を選択します。

  5. [FSLogix コンテンツの収集] を選択します。

    FSLogix Support Tool

    図 3: FSLogix サポート ツール

    Note

    FSLogix コンテンツの収集には時間がかかります。

    support tool progress

    図 4: FSLogix サポート ツールの進捗状況バー

  6. 完了すると、サポート ツールはコンテンツを C:\ProgramData\FSLogix\Supportファイルに圧縮します。

    support tool complete

    図 5: FSLogix サポート ツールの完了

    support tool completed zip

    図 6: FSLogix サポート ツールの完成した zip ファイル

  7. 収集されたデータは、Microsoft サポート リクエスト開くときに使用できます。

複数のコンピューターで FSLogix コンテンツを収集する

Note

リモート コンピューターからデータを収集するには、ツールを実行しているアカウントにローカル 管理者権限が必要です。

  1. Support Tool(1).exe がある場所と同じディレクトリに servers.txt という名前のファイルを作成します。

  2. servers.txt ファイルに、収集する各コンピューターの NETBIOS 名または FQDN 名を入力します (それぞれ別の行に)。

    server text file

    図 7: サーバー テキスト ファイル

  3. 前のセクションの単一のコンピューターの場合の手順 2 から 7 に従います。

  4. 完了すると、リモート コンピューターから収集されたデータは、圧縮された収集ファイル内の Remote Servers フォルダーに格納されます。

    support tool remote servers

    図 3: FSLogix サポート ツールのリモート サーバー

ヒント

サポート ツールが完了したら、SupportToolLog.txt ファイルを確認して、リモート サーバー情報が収集されたことを確認します。