会社名を取得する

名前空間: microsoft.graph

重要

Microsoft Graph の /beta バージョンの API は変更される可能性があります。 実稼働アプリケーションでこれらの API を使用することは、サポートされていません。 v1.0 で API を使用できるかどうかを確認するには、バージョン セレクターを使用します。

Dynamics 365 Business Central で企業オブジェクトを取得します。

この API は、次の国内クラウド展開で使用できます。

グローバル サービス 米国政府機関 L4 米国政府機関 L5 (DOD) 21Vianet が運営する中国

アクセス許可

この API の最小特権としてマークされているアクセス許可またはアクセス許可を選択します。 アプリで必要な場合にのみ、より高い特権のアクセス許可またはアクセス許可を使用します。 委任されたアクセス許可とアプリケーションのアクセス許可の詳細については、「 アクセス許可の種類」を参照してください。 これらのアクセス許可の詳細については、 アクセス許可のリファレンスを参照してください

アクセス許可の種類 最小特権アクセス許可 特権の高いアクセス許可
委任 (職場または学校のアカウント) Financials.ReadWrite.All 注意事項なし。
委任 (個人用 Microsoft アカウント) サポートされていません。 サポートされていません。
アプリケーション Financials.ReadWrite.All 注意事項なし。

HTTP 要求

GET /financials/companies

オプションのクエリ パラメーター

このメソッドは、応答をカスタマイズするための OData クエリ パラメーターをサポートします。

要求ヘッダー

ヘッダー
Authorization ベアラー {token}。 必須です。 認証と承認の詳細については、こちらをご覧ください。

要求本文

このメソッドには、要求本文を指定しません。

応答

成功した場合、このメソッドは 200 OK 応答コードと応答本文の companies オブジェクトを返します。

要求

次の例は要求を示しています。

GET https://graph.microsoft.com/beta/financials/companies

応答

次の例は応答を示しています。

: ここに示す応答オブジェクトは、読みやすさのために短縮されている場合があります。

HTTP/1.1 200 OK
Content-Type: application/json

{
    "id": "id-value",
    "systemVersion": "17806",
    "name": "CRONUS US",
    "displayName": "CRONUS USA, Inc.",
    "businessProfileId": ""
}