Share via


Microsoft Graph でクラウド コミュニケーション API を操作する

Microsoft Graph のクラウド コミュニケーション API により、アプリとサービスのコア コミュニケーション機能が使用可能になり、自分および組織と他のユーザーの対話に新たな次元が付け加わります。 この API を使用して、呼び出しの作成および受信、会議座標の作成および取得を行うことができます。

クラウド コミュニケーション API を使用して、通話の参加者のように動作し、ユーザーの代わりに会議を作成および取得するサービス アプリケーション (ボット) を構築できます。 この API は、呼び出し機能と、オンライン会議を作成および取得する機能を提供します。 この API でサービス アプリケーション (ボット) を使用できます。ボットは、たとえば VoIP 通話や Microsoft Teams 会議の参加者として機能できます。

重要

Cloud Communications API を使用して、アプリケーションがアクセスする通話や会議、またはそのメディア コンテンツから派生したデータからメディア コンテンツを記録したり、保持したりすることはできません。 データ保護および通信の秘密に関する領域の法律および規制を必ず遵守してください。 詳細については、利用規約 を確認して、法律顧問にご相談ください。

承認

クラウド コミュニケーション API へのアクセスには、次のいずれかのアクセス許可が必要です。 これらのアクセス許可は管理者が承認する必要があります。

シナリオ アクセス許可
通話レコード CallRecords.Read.All
通話 Calls.JoinGroupCallAsGuest.All、Calls.JoinGroupCall.All、Calls.Initiate.All、Calls.InitiateGroupCall.All、Calls.AccessMedia.All
会議 OnlineMeetings.ReadWrite.All、OnlineMeetings.Read.All
プレゼンス Presence.Read、Presence.Read.All

一般的なユース ケース

次の表に、クラウド コミュニケーション API の一般的な用途の一部を示します。

ユース ケース REST リソース 関連項目
1-1 およびグループ通話の作成と参加 通話 通話の方法
IVR 通話 IVR の方法
通話コントロール (参加者) 参加者
会議 オンライン会議 会議の方法
通話レコードの取得 callRecord Webhook サブスクリプション
プレゼンス プレゼンス

共通プロパティ

リソース プロパティ
通話 通話プロパティ
参加者 参加者プロパティ
オンライン会議 オンライン会議プロパティ
callRecord callRecord プロパティ
プレゼンス プレゼンス