ユーザーを削除する

名前空間: microsoft.graph

ユーザーを削除します。

ユーザー リソースを削除すると、一時的なコンテナーに移動され、30 日以内であれば復元できます。 それ以降、これらのユーザーは完全に削除されます。 詳細については、「deletedItems」を参照してください。

この API は、次の国内クラウド展開で使用できます。

グローバル サービス 米国政府機関 L4 米国政府機関 L5 (DOD) 21Vianet が運営する中国

アクセス許可

この API の最小特権としてマークされているアクセス許可またはアクセス許可を選択します。 アプリで必要な場合にのみ、より高い特権のアクセス許可またはアクセス許可を使用します。 委任されたアクセス許可とアプリケーションのアクセス許可の詳細については、「 アクセス許可の種類」を参照してください。 これらのアクセス許可の詳細については、 アクセス許可のリファレンスを参照してください

アクセス許可の種類 最小特権アクセス許可 特権の高いアクセス許可
委任 (職場または学校アカウント) User.ReadWrite.All 注意事項なし。
委任 (個人用 Microsoft アカウント) サポートされていません。 サポートされていません。
アプリケーション User.ReadWrite.All 注意事項なし。

呼び出し元のユーザーには、次のMicrosoft Entraロールのいずれかを割り当てる必要があります。

  • ユーザー管理者
  • 特権認証管理者
  • グローバル管理者

委任されたシナリオで特権管理者ロールを持つユーザーを削除するには、アプリに Directory.AccessAsUser.All 委任されたアクセス許可が割り当てられている必要があります。また、「 機密性の高いアクションを実行できるユーザー」に示されているように、呼び出し元のユーザーに高い特権管理者ロールが必要です。

アプリのみのシナリオでは、 User.ReadWrite.All アプリケーションのアクセス許可は、特権管理ロールを持つユーザーを削除するための十分な特権ではありません。 アプリには、機密性の高い アクションを実行できるユーザーに関するページに示されているように、より高い特権を持つ管理者ロールが割り当てられている必要があります。

HTTP 要求

DELETE /users/{id | userPrincipalName}

要求ヘッダー

ヘッダー
Authorization ベアラー {token}。 必須です。 認証と承認の詳細については、こちらをご覧ください。

要求本文

このメソッドには、要求本文を指定しません。

応答

成功した場合、このメソッドは 204 No Content 応答コードを返します。 応答本文では何も返されません。

要求

要求の例を次に示します。

DELETE https://graph.microsoft.com/v1.0/users/{user-id}

応答

次の例は応答を示しています。

HTTP/1.1 204 No Content