クラウド通信 API にボットを登録する

Microsoft Graph のクラウド通信 API を使用して、顧客のニーズに対応し、コラボレーションを容易にするボットを構築できます。 この記事では、ボットを登録し、ボットの状態を管理する方法について説明します。

前提条件

作業を開始する前に、次のことを理解しておくと役立ちます。

ボットを登録する

"サービス アプリケーション" と "ボット" という用語は、同じ意味で使用できます。 Azure portalを介してボットを直接作成することも、Azure でホストされていないボットを登録することもできます。 ボットの登録プロセスの詳細については、「 呼び出し元のボットの登録」を参照してください。

後で作業を容易にするには、Azure AD 内のさまざまな 種類のアクセス許可 を理解しておくと役立ちます。 委任されたアクセス許可を持つアプリには、サインインしているユーザーが必要です。 アプリケーションベースのアクセス許可にはサインインユーザーは必要ありません。多くの場合、バックグラウンド サービスとして実行できます。

ボットを登録したら、 Microsoft Teams にボットを追加する場合は、 アプリ スタジオ の使用方法を理解し、必要なメタデータを定義してください。

ボットの状態を管理する

ボットを登録したら、オーディオとビデオベースのメディアを アプリケーションでホストするか、サービスでホストするかを決定します。 大まかに言うと、これには生メディアのライブ ストリームにアクセスするかどうかを決定する必要があります。

次に、ボットが ステートフルかステートレスかを決定できます。

ステートレス ボット

どの仮想マシンでも任意のボット インスタンスを処理できます。つまり、あるマシンがダウンした場合、別のマシンが処理できます。 これにより、回復性の高いソリューションが得られます。

一方、REDIS などの共有キャッシュには、すべての仮想マシンからアクセスできる必要があります。

ステートフル ボット

仮想マシンは、一度に 1 つのボット インスタンスのみを処理できます。 すべての状態が 1 台のコンピューター上にあるため、追加のメモリ チェックや REDIS キャッシュ チェックはありません。

欠点は、ボット インスタンスが 1 台のマシン上にあるため、回復性がそれほど高くないためです。

注:

サービスでホストされるメディア ボットは、ステートフルまたはステートレスにすることができます。 Bot Media SDK を使用するには、アプリケーションでホストされるメディア ボットがステートフルである必要があります。

SDK を使う

C# では、次の SDK を使用できます。 今後、他の言語のサポートを提供します。

アプリケーションでホストされるメディアまたはサービスホスト型メディアを使用して 着信呼び出しに応答 するなど、ステートフル ボットを使用してさまざまなシナリオを実装する方法について説明します。

その他の例については、「 Communications samples リポジトリ」を参照してください。

プライバシーとコンプライアンス

API への要求では、クライアント側で生成された ID (シナリオ ID、要求 ID、その他の相関 ID など) 内のヘッダーまたは要求本文に機密データを送信しないでください。 これらの ID は、診断のためにサーバー側でログに記録されます。

関連項目