バッファー ヘッダーの形式

次の表は、バッファー ヘッダーの最初に常に発生する共通フィールドの一覧です。 その後に、特定のメッセージに固有のフィールドが続きます。 個々のメッセージ形式の詳細については、「 FMI メッセージ形式」を参照してください

フィールド Type 説明
nxtqptr PTRBFHDR バッファーがキュー内にある場合、このフィールドはキュー内の次のバッファーのヘッダーをポイントします (キュー内の最後のバッファーである場合は NULL)。 バッファーがキューに入ってない場合、このフィールドはそれ自体をポイントします。 SNA サーバー バッファー管理ルーチンは、このフィールドを使用してバッファーの破損を確認します。
hdreptr PTRBRBT 関連付けられたバッファー要素のチェーン内の最初のバッファー要素へのポインター。 メッセージがバッファー ヘッダーだけで構成されている場合は NULL。
numelts CHAR ヘッダーからチェーンされたバッファー要素の数。 メッセージがバッファー ヘッダーだけで構成されている場合は 0。
msgtype CHAR メッセージの種類。 詳細については、「FMI メッセージ形式」の個々のメッセージ の説明を参照してください
srcl CHAR ソースの局所性。 詳細については、「 LPI アドレス」を参照してください
srcp CHAR ソース パートナー。 詳細については、「 LPI アドレス」を参照してください
srci INTEGER ソース インデックス。 詳細については、「 LPI アドレス」を参照してください
destl CHAR 宛先の局所性。 詳細については、「 LPI アドレス」を参照してください
destp CHAR 宛先パートナー。 詳細については、「 LPI アドレス」を参照してください
desti INTEGER 宛先インデックス。 詳細については、「 LPI アドレス」を参照してください

注意

Open(PLU) 要求の opresid など、2 バイトを占有するフィールドは、通常、ソフトウェアが実行されるプロセッサによって使用される通常の向きに関係なく、最下位バイト アドレスの算術的に最も有意なバイトで表されます。 つまり、2 バイトの値は0x1234バイト アドレス0x12バイト アドレスを持つ場合です。 ただし、次のフィールドは例外です。

  • バッファー ヘッダーの srci フィールドと desti フィールドは、それらを割り当てるアプリケーションのローカル形式で格納されます (割り当てアプリケーションだけがこれらの値を解釈する必要があります)。

  • 要素の開始フィールドと終了フィールドは、常に低バイトの高バイトの向き (Intel プロセッサの通常の向き) で格納されます。