隣接していない出力領域の FILLER と戻り値

戻り値が出力領域から連続していない場合は、戻り値と出力領域の間のフィラーを計算して手動で指定する必要があります。

次の例は、インポート ウィザードに入る元の COBOL のフィラーの計算を示しています (右側のバイト数が図として追加されます)。

01  OUTPUT-AREA.  
           05  SELECTED-OUTPUT-AREA.  
               10  FIELD1                       PIC S9(4)       COMP.     [2 Bytes]  
               10  FIELD2                       PIC S9(9)       COMP.     [4 Bytes]  
           05  DISCONTIG-UNSELECTED-AREA.  
               10  NOTSELECTED                  PIC X(10).                 [10 Bytes]  
               10  ALSO-NOTSELECTED             PIC S9(9)       COMP.     [4 Bytes]  
           05  RETVAL                           PIC S9(9)       COMP.     [4 Bytes]  
  

この場合、戻り値は出力領域に従うため、最後の出力パラメーターにフィラーを追加する必要があります。 このためには、次の手順を実行します。

  1. メソッドのロックを解除します。

  2. 詳細ウィンドウで、[ FIELD2] をクリックします。

  3. [ ファイル ] メニューの [ プロパティ] をクリックし、[ COBOL 定義 ] タブをクリックします。

  4. [ ホストから ] ボックスに、末尾のフィラーとして「14」と入力します。

  5. [OK] をクリックします。

    変更したコードを確認するには、TI Project の [ファイル] メニューの [エクスポート] コマンドを使用します。 その後、メモ帳にコードを表示できます。

    追加されたフィラーを含む出力を次に示します。

01  DISCONTIGCBL-OUTPUT-AREA.  
    05  LL                               PIC S9(4) COMP.         OUTPUT     [2 Bytes]  
    05  ZZ                               PIC S9(4) COMP.         OUTPUT     [2 Bytes]  
    05  FIELD1                           PIC S9(4) COMP.         OUTPUT     [2 Bytes]  
    05  FIELD2                           PIC S9(9) COMP.         OUTPUT     [4 Bytes]  
  
    05  RETVAL                           PIC S9(9) COMP.         OUTPUT     [4 Bytes]  
  

参照

Filler