FM プロファイル 4

関数管理 (FM) プロファイル 4 は、LU タイプ 0 または 1 を使用するプライマリ論理ユニットセカンダリ論理ユニット (PLU-SLU) セッションでサポートされています。 このプロファイルでは、次のセッション規則が使用されます。

  • PLU と SLU が即時応答モードを使用する。

  • PLU と SLU では、次のデータ フロー制御 (DFC) コマンドがサポートされています (アスタリスク [*] は、FM プロファイルによって許可されるコマンドで、一度も送信Host Integration Server)。

    • キャンセル

    • SIGNAL

    • LUSTAT

    • QEC

    • QC

    • RELQ

    • 追跡*

    • SHUTD

    • SHUTC

    • RSHUTD*

    • BIDRTR (角かっこが使用されている場合にのみ許可)

  • 許可される長さのチェックされた圧縮

    次の FM 使用法フィールドでは、プロファイル 4 のオプションを定義します。

  • チェーンの使用 (PLU と SLU)

  • 要求制御モードの選択 (PLU および SLU)

  • チェーン応答プロトコル (PLU および SLU)

  • FMH-1 SCB (文字列制御バイト) 圧縮インジケーター (PLU および SLU)

  • EB インジケーターの送信 (PLU および SLU)

  • FM ヘッダー使用

  • 角かっこの使用と状態のリセット

  • ブラケット終了規則

  • 代替コード セットの許可インジケーター

  • 通常フロー送信/受信モード

  • 復旧責任

  • [Contention winner/loser]/(勝者/負け者)

  • 半二重フリップフロ リセット状態

参照

転送サービスと機能管理プロファイル