FMI の概念

ローカル ノードにより、次の図に示すように、パス制御、伝送制御、データフロー制御 (DFC) の SNA レイヤーと、論理ユニット (LU) サービスが提供されます。 SNA レイヤーの観点から見ると、プレゼンテーション サービスと DFC の間に関数管理インターフェイス (FMI) があります。 つまり、SNA のプロトコル処理のほとんどは、ローカル ノードによって実行されます。 特に、ローカル ノードの DFC レイヤーは、チェーン、ブラケット、休止の各プロトコルに関連付けられた状態変化を担当します。

FMI は、インターフェイスを介して送信されるメッセージの観点から定義されます。 これは、Microsoft® Host Integration Server 内 2 つのコンポーネント間 (たとえば、ローカル ノードと 3270 エミュレーター間) でメッセージを送信するメカニズムを定義する DL-BASE/Dynamic Access Module (DMOD) インターフェイスの定義とは論理的に異なることに注意してください。

FMI は LU の種類 0、1、2、3 によって使用されますが、LU の種類 6.2 には使用されません。 これにより、システム サービス制御ポイント (SSCP)-LU セッションと、メイン プライマリ論理ユニット (PLU)-SLU セッションへのアクセスが提供されます (これらのセッションの詳細については、セッションと接続に関するページを参照してください)。アプリケーションから FMI を使用して複数のセッション、つまり複数の LU に同時にアクセスすることができます。

Image that shows an emulator communicating with the local node, which communicates with the link service.
リンク サービスと通信するローカル ノードと通信するエミュレーター。

この例では、クライアント上の 3270 エミュレーターは、ローカル エリア ネットワーク (LAN) を介して、サーバー上のローカル ノードとメッセージを交換することで通信します。 メッセージの内容と形式は FMI で定義されています。 DMOD はメッセージの転送に使用されますが、メッセージの解釈は行いません。 ローカル ノードには、メッセージの書式を設定する SNA サービスが用意されています。 リンク サービスとデータ リンク制御 (DLC) ドライバーは、ローカル ノードと DLC アダプターの間でデータを転送する役割を果たします。

このセクションの内容