用語集

3270
IBM ホスト (メインフレーム) の情報表示システム。 システムには、ユーザーがホスト機能にアクセスできるようにする端末、プリンター、およびコントローラーが含まれています。

5250
IBM AS/400 コンピューターの情報表示システム。

802.2
トークン リングまたはイーサネット ネットワーク経由の通信に使用される論理リンク制御プロトコル。 802.2 プロトコルは IEEE 標準です。

1 バイト符号なし整数
0 ~ 255 の範囲の正の値を持つ整数データ型。

2 バイト符号付き整数
正または負の値を指定できるオートメーション整数データ型。 最も重要なビットは符号ビットです。負の値の場合は 1、正の値の場合は 0 です。 整数のストレージ サイズは 2 バイトです。 2 バイト符号付き整数の範囲は、-32,768 ~ 32,767 です。

2PC (2PC)
Seetwo-phase commit (2PC)

4 バイト Real
単精度浮動小数点または単精度浮動小数点とも呼ばれます。 単一変数は、負の値の場合は -3.402823E38 から –1.401298E-45、正の値の場合は 1.401298E-45 から 3.402823E38 までの範囲の IEEE 32 ビット (4 バイト) 浮動小数点数として格納されます。 Single の型宣言文字は感嘆符 (!) です。

4 バイト符号付き整数
正または負の値を指定できる Automation 整数データ型。 最も重要なビットは符号ビットです。負の値の場合は 1、正の値の場合は 0 です。 整数のストレージ サイズは 4 バイトです。 4 バイト符号付き整数の範囲は、-2,147,483,648 ~ 2,147,483,647 です。

8 バイトの Real
倍精度浮動小数点または Double とも呼ばれます。 二重データ型変数は、64 ビット (8 バイト) の数値として格納されます。 Double 変数は、負の値の場合、64 ビット (8 バイト) の数値として 1.79769313486232E308 から –4.94065645841247E-45 に格納されます。 正の値の場合は 4.94065645841247E-324 から 1.79769313486232E308、0。 型宣言文字は数値記号 (#)です。

3270 エミュレーター
マイクロコンピューターが 3270 端末として機能し、ホスト システム (メインフレーム) からの情報を表示できるようにするソフトウェア。 Emulatorソフトウェアは、デスクトップコンピュータがホストシステムからマイクロコンピュータに接続されたプリンタに印刷ジョブを送信することを可能にすることもできます。

3270 ターミナル エミュレーション
マイクロコンピュータがホストシステム(メインフレーム)からの情報を表示する3270端末として機能することを可能にするソフトウェアの使用。 エミュレーションソフトウェアは、マイクロコンピュータがホストシステムからマイクロコンピュータに接続されたプリンタに印刷ジョブを送信することを可能にすることもできます。

5250 エミュレーター
マイクロコンピューターが AS/400 システムと対話する 5250 端末として機能できるようにするソフトウェア。

5250 ターミナル エミュレーション
マイクロコンピューターが AS/400 システムと対話する 5250 端末として機能できるようにするソフトウェアの使用。

-A-

A3270
APPC 3270 端末Emulator機能のサーバー・トランザクション・プログラム。

異常終了
異常な終わりのための短い。 プログラムエラーまたはシステム障害が原因のプログラムの早期終了。


Seeatomic、consistent、isolated、Durable (ACID)。

受信確認が必要 (ACKRQD)

Status-Control メッセージのヘッダー内のフィールド。 Status-Control要求にメッセージ ヘッダーに ACKRQD が設定されている場合、受信者は、送信者が追加のメッセージを送信する前に、または要求をさらにStatus-Controlする前に、Status-Control応答を指定する必要があります。

ACKRQD

Seeacknowledgment required (ACKRQD)

® ActiveX データ オブジェクト (ADO)
OLE DB 準拠のデータ ソースと通信して、データへの接続、データの取得、データの操作、およびデータの更新を行うためのデータ アクセス インターフェイス。

ACTLU
システム・サービス制御ポイント (SSCP) によって論理装置 (LU) に送信される SNA コマンドを使用して、セッションをアクティブ化し、セッション・パラメーターを確立します。

ACTPU
この PU によって制御される論理ユニット (LU) を SNA ネットワークで使用できるように、システム・サービス制御ポイント (SSCP) によって送信される SNA コマンドによって物理装置 (PU) がアクティブ化されます。

アダプター
ビデオディスプレイモニタの制御や通信回線へのアクセスなど、特殊な機能を備えた回路基板、ネットワークカード、および同様の拡張デバイスを指します。 ドライバーと同じではありません。

管理アクセス
ユーザーが使用できるアクセスのレベル。 ユーザーは、インターフェイス (Host Integration Server セットアップ、SNA マネージャー、または snacfg コマンド) を使用して構成ファイルの読み取りと変更、サービスと接続の開始と停止、LU のリセットを行う権限を付与または拒否できます。

ADO
参照ActiveX ® データ オブジェクト (ADO)

高度なピア ツー ピア ネットワーク (APPN)
(a) 重要な階層依存関係を回避し、単一障害点の影響を分離する、より大きな分散ネットワーク制御を備える SNA の拡張機能。(b) ネットワーク トポロジ情報を動的に交換して、接続、再構成、アダプティブ ルートの選択を容易にする。(c) ネットワーク リソースの動的定義。(d) 自動リソース登録とディレクトリ参照。 APPN は、エンド ユーザー サービスの LU 6.2 ピアの向きをネットワーク制御に拡張し、LU 2、LU 3、LU 6.2 など、複数の LU の種類をサポートします。

高度なプログラム間通信 (APPC)
ネットワークを介して、または単一のシステム内で、プログラムが相互に直接通信できるようにする手段。 APPC は LU 6.2 と呼ばれる論理ユニットの種類を使用し、トランザクション プログラム (TP) が SNA 環境でピアツーピア通信を行うことができます。

(1) LU 6.2 アーキテクチャとその製品のさまざまな実装を特徴付けする一般的な用語。 (2) LU 6.2 アーキテクチャとその製品実装全体、または特に APPC アプリケーション プログラミング インターフェイスなどの LU 6.2 製品機能を指します。 (3) プログラムがネットワークを介して、または単一のシステム内で相互に直接通信できるようにする方法。 APPC は LU 6.2 と呼ばれる種類の LU を使用し、TP が SNA 環境でピアツーピア通信に参加できるようにします。

AFTP
SeeAPPC File Transfer Protocol (AFTP)

AFTPD
APPC ファイル転送プロトコル機能のサーバー トランザクション プログラム。

aggregation (集約)
新しいオブジェクトの必要なインターフェイスの一部またはすべてをサポートする 1 つ以上の既存のオブジェクトを使用して新しいオブジェクトを構築できるコンポーネント オブジェクトを実装するためのコンポジション手法。

alert
異常なイベントまたはエラーを示すメッセージ。

allocate
(1) オペレーティング システムがプログラムからの要求に応答して、プログラムが使用するメモリを予約するために使用するプロセス。 (2) 高度なプログラム間通信 (APPC) では、会話にセッションを割り当てる動詞。 コントラストと割り当て解除

情報交換用米国標準コード (ASCII : American Standard Code for Information Interchange)
文字、数字、句読点、およびその他の特定の文字に数値を割り当てるコーディング スキーム。

API
Seeapplication プログラミング インターフェイス (API)

APING
(1) APPC 接続テスト機能。 (2) APPC Connectivity Tester 機能のクライアント トランザクション プログラム。

APINGD
APPC Connectivity Tester 機能のサーバー トランザクション プログラム。

APPC
SeeAdvanced Program-to-Program Communications (APPC).

APPC ファイル転送プロトコル (AFTP)
(1) APPC ファイル転送プロトコル機能のクライアント トランザクション プログラム。 (2) クライアントとサーバーコンピューター間でファイルを管理および転送するために使用される特定のコマンドセットを備えた対話型の全画面表示環境。 (3) APPC ファイル転送機能を提供する API。

APPC モード
LU 6.2 タイプ論理ユニット (LU) がセッションを実行する場合に使用されるセッション プロパティのコレクション。 1 つのモードは、多数の LU ペアで同時に使用できます。

APPC モード名
APPC LU-LU セッションで使用される特性のセットを表すために使用される名前。

APPC 動詞
プログラムが APPC にアクセスするメカニズム。 各動詞は、APPC にパラメーターを提供します。 「Advanced Program-to-Program Communications (APPC)」も参照してください

アプリケーション プログラミング インターフェイス (API)
基になるオペレーティング システムまたはサービス プログラムによって提供される特定の関数とサービスを呼び出すためにアプリケーション プログラムでコーディングできるプログラミング言語コンストラクトまたはステートメントのセット。

application requester (AR)
(1) リモート リレーショナル データベース管理システム (DBMS) への要求のソース。 (2) Microsoft OLE DB Provider for DB2、Microsoft .NET Framework Data Provider for DB2、Entity Provider for DB2、BizTalk Adapter for DB2 をサポートする Microsoft Network Client for DB2。

application TP
高度なプログラム間通信 (APPC) を使用してエンド ユーザーのタスクを実行し、SNA 環境内の他のトランザクション プログラム (TP) とデータを交換するアプリケーション プログラム。

APPN
SeeAdvanced Peer-To-Peer Networking (APPN).

AR
Seeapplication リクエスター (AR)

array
同じ組み込みデータ型を持つ、順次インデックス付けされた要素のセット。 配列の各要素には、一意の識別インデックス番号があります。 配列の 1 つの要素に加えられた変更は、他の要素には影響しません。

ASCII
情報交換 (ASCII) の標準コード参照してください

アセンブリ
1 つの実装単位 (1 つまたは複数のファイル) としてビルド、バージョン管理、デプロイされる機能のコレクション。 アセンブリは、.NET Framework アプリケーションの主な構成要素です。 すべてのマネージド型とリソースは、実装ユニット内でのみアクセス可能としてマークされるか、そのユニット外のコードで使用するためにエクスポートされます。 共通言語ランタイムでは、アセンブリによって要求を解決するための名前スコープが確立され、可視性の境界が適用されます。 ランタイムは、すべての型がアセンブリのコンテキストで読み込まれるため、実行中のオブジェクトのアセンブリを特定して見つけることができます。

アセンブリ キャッシュ
アセンブリの side-by-side ストレージに使用されるコンピューター全体のコード キャッシュ。 キャッシュには 2 つの部分があります。 最初に、グローバル アセンブリ キャッシュには、コンピューター上の多くのアプリケーション間で共有されるように明示的にインストールされたアセンブリが含まれています。 次に、ダウンロード キャッシュには、インターネットまたはイントラネット サイトからダウンロードしたコードが格納され、ダウンロードをトリガーしたアプリケーションに分離され、1 つのアプリケーションまたはページに代わってダウンロードされたコードが他のアプリケーションに影響を与えなくなります。 See alsoglobal assembly cache (GAC).

非同期動詞の入力候補
最初の API 呼び出しが直ちに戻る SNA 動詞の処理。処理の完了時にプログラムの通常の操作がブロックされないようにします。 動詞が完了すると、Microsoft® Windows ® メッセージまたはイベントを通じてアプリケーションに通知されます。 非同期動詞の完了と比較します。

atomic、consistent、isolated、Durable (ACID)
Windows ベースのトランザクションに必要な 4 つの主要なプロパティを記述する頭字語。

  • 原子。 各トランザクションは、完全に実行するか、まったく実行しない必要があります。

  • 一貫 した。 トランザクション データベースの構造整合性を維持する必要があります。

  • 分離。 トランザクションは、トランザクションに既に関係しているデータにアクセスできません。

  • 永続的。 トランザクション結果を回復できるようにするには、TP データを安全に格納する必要があります。

Note

メインフレーム ベースのトランザクション プログラム (TP) は、Windows ベースのトランザクションとは異なります。 メインフレーム・ベースの TP は、CICS または IMS 環境に存在し、1 つ以上のメインフレーム・トランザクションを含む COBOL プログラムです。 メインフレーム トランザクションが ACID プロパティを満たす場合と満たされない場合があります。

原子
トランザクションのすべてのアクションが発生するか、何も行われないことを示すトランザクションの機能。

監査
選択した種類のイベント (構成ファイルの変更など) を、Host Integration Server実行しているコンピューターのセキュリティ ログに記録することで、管理者とユーザーのアクティビティを追跡します。

認証
システムにアクセスしようとしているユーザーの ID を特定するプロセス。 たとえば、パスワードは一般的にユーザーの認証に使用されます。

自動パートナー
(割り当てられたモードを使用して) LU と LU のペアをHost Integration Serverによって自動的に生成できるようにする APPC LU とモードの設定。 自動パートナー化を有効にして新しい APPC LU またはモードを作成するたびに、Host Integration Serverは、自動パートナーが有効になっている既存の LU とモードを検索します。 その後Host Integration Server、使用可能なすべての自動パートナーを使用して、リモート LU、ローカル LU、割り当てモードを含む各ペアに、できるだけ多くの一意の LU-LU ペアを作成します。 LU またはモードが作成された後に自動パートナー設定を無効にしても、その LU またはモードは、既に生成されている LU と LU のペアから削除されません。

自動トランザクション
コンポーネントのトランザクション属性に基づいてオブジェクトの COM+ ランタイム環境によって作成されるトランザクション。

Automation
オートメーションは、実行時に COM オブジェクトへの動的バインディングを有効にする COM ベースのテクノロジです。

Automation クライアント
Automation コントローラーとも呼ばれます。 Automation を介して別のアプリケーション (Automation サーバー) のオブジェクト、メソッド、およびプロパティを操作するアプリケーション。

オートメーション オブジェクト
オートメーション インターフェイスを介して他のアプリケーションまたはプログラミング ツールに公開されるオブジェクト。

オートメーション サーバー
オブジェクト、メソッド、およびプロパティをオートメーションを介して他のアプリケーションによって制御できるようにするアプリケーション。

-B-

バックアップ構成ファイル
SNA Manager の [ファイル] メニューの [BackupConfiguration] コマンドを使用して保存された、構成ファイルの追加コピー。 バックアップ構成ファイル名の既定の拡張子は .SNA。

バックアップ サーバー
Host Integration Server実行され、バックアップ サーバーとして指定されているコンピューター。構成ファイルは、Host Integration Serverによってレプリケートされます。 Host Integration Serverプライマリ サーバーがダウンした場合、バックアップ サーバーにある構成ファイルのコピーが読み込まれます。 Host Integration Serverを実行している 1 台以上のコンピューターをバックアップ サーバーとして動作させることができます。

Base
各Host Integration Serverコンポーネントの一部で、そのコンポーネントのコア機能の動作環境を提供します。 Base はコンポーネント間でメッセージを渡し、診断トレースなどのすべてのコンポーネントに共通の機能を提供します。

ベース クライアント
COM+ ランタイム環境の外部で実行されるが、COM+ オブジェクトをインスタンス化するクライアント。

基本プロセス
ベース クライアントが実行されるアプリケーション プロセス。 ベース クライアントは COM+ ランタイム環境の外部で実行され、COM+ アプリケーション オブジェクトをインスタンス化します。

基本的な会話
APPC では、他のローカル アプリケーションにサービスを提供するアプリケーションで一般的に使用される会話の種類です。 基本的な会話では、マップされた会話よりもデータの送信と処理をより高度に制御できます。 マップされた会話も参照してください

基本伝送ユニット (BTU)
SNA ネットワーク経由で送信される情報の標準単位。 BTU は、送信ヘッダー (TH)、要求/応答ヘッダー (RH)、および要求/応答ユニット (RU) で構成されます。 BTU の最大サイズは、MAXDATA= パラメーターによって制御され、Host Integration Serverには最大 BTU 長さパラメーターによって制御されます。

バッチ ジョブ (batch job)
ジョブ入力サブシステムまたは自動スケジューリング・システムを介して実行できる、定義済みのプログラムのシーケンス。 シーケンスの一部として実行される各プログラムは、バッチ ステップと見なされます。 通常、データは、ファイル システム上の一時ファイルまたは永続的なファイルを通じて、あるステップから次のステップに渡されます。

バッチ ステップ
より大きなバッチ ジョブの一部として実行されるアプリケーション プログラム。 通常、データは読み取られ、ファイル システム上の一時ファイルまたは永続的なファイルに書き込まれます。

BBI
Seebegin 角かっこインジケーター (BBI)

BBIUI
Seebegin 基本情報単位インジケーター (BBIUI)

BCI
Seebeginチェーン インジケーター (BCI)

開始基本情報単位インジケーター (BBIUI)
Status-Control メッセージのフラグ 2 のビット 5。 BBIUI は、BBIU を使用したアウトバウンド SNA 要求に対応するStatus-Control・メッセージに設定されます (基本情報ユニットを開始します)。 SNA サーバー コンポーネントの使用のみを目的として提供されます。 アプリケーションで使用を試みてはいけません。

開始角かっこインジケーター (BBI)
Status-Control メッセージのフラグ 1 のビット 4。 BBI は、チェーンが BB (開始角かっこ) を持つ場合に設定されます。 これは、ブラケットが開始されたことを必ずしも示しているわけではないことに注意してください。

begin チェーン インジケーター (BCI)
Status-Control メッセージのフラグ 1 のビット 1。 メッセージがチェーンを開始する場合、BCI が設定されます。

ブロック
呼び出しを発行するプログラムが、呼び出しが完了するまで制御を取り戻さない操作のメソッド。 非同期動詞の完了も参照してください

ブール式
true (0 以外) または false (0) のいずれかを評価できる式。 True と False のキーワードを使用して、それぞれ -1 と 0 の値を指定できます。 フィールド データ型 Yes/No はブール値で、Yes の場合は -1、No の場合は 0 の値です。

有 界
レコードセットまたは配列を参照します。 メソッド内の最後の入力パラメーターまたは最後の出力パラメーターをバインドできます。 つまり、実際のサイズは、デザイン時に指定された要素 (配列内) または行 (レコードセット内) の最大数まで、0 から異なる可能性があります。

ブラケット
2 つの RU 間のトランザクションを構成する、チェーンされた RU のセットとその応答。 1 つの角かっこは、別のブラケットを開始する前に終了する必要があります。

BTU
基本伝送ユニット (BTU)を参照してください

ビジネス ルール
検証の編集、ログオン検証、データベース参照、ポリシー、および企業のビジネスの方法を構成するアルゴリズム変換の組み合わせ。 ビジネス ロジックとも呼ばれます。

byte
8 ビットで構成される情報の単位。 バイト (バイナリ用語) は、直接アクセスできるビットの最小コレクションです。 バイトの整数値の範囲は 0 から 255 です。

-C-

caller
オブジェクトのメソッドを呼び出すクライアント。 オブジェクトの呼び出し元が、必ずしもオブジェクトの作成者であるとは限りません。 たとえば、クライアント A はオブジェクト X を作成し、この参照をクライアント B に渡し、クライアント B はその参照を使用してオブジェクト X のメソッドを呼び出すことができます。この場合、クライアント A は作成者、クライアント B は呼び出し元です。 「creator」も参照してください

catalog
Windowsでは、カタログは、コンポーネント、COM+ アプリケーション、およびロールの構成情報を保持する COM+ アプリケーション データ ストアです。 TI マネージャーを使用してカタログを管理できます。

CDI
変更方向インジケーター (CDI) を参照してください

CEI
Seechain終了インジケーター (CEI)

チェーン
連続して送信され、完全なメッセージを形成する 1 つのエンティティとして扱われる一連の関連メッセージまたはデータ パケット。

変更方向インジケーター (CDI)
Status-Control メッセージのフラグ 1 のビット 6。 チェーンが変更方向 (CD) を運ぶ場合、CDI が設定されます。

チャネル
ホスト システムへのチャネル接続。

characteristics
会話ごとに CPI-C によって保持される内部値のセット。 会話全体または特定の呼び出しの操作に影響を与える可能性があります。

CICS
Customer 情報制御システム (CICS)」を参照してください

class
特定の種類のオブジェクトのインターフェイスを定義する型。 クラスは、オブジェクトのプロパティと、オブジェクトの動作を制御するために使用されるメソッドを定義します。

class factory
IClassFactory インターフェイスを実装するオブジェクト。これにより、特定のクラスのオブジェクトを作成できます。

クラス ID (CLSID)
COM コンポーネントを識別する汎用一意識別子 (UUID)。 各 COM コンポーネントは、他のアプリケーションによって読み込むことができるように、Windows レジストリに CLSID を持っています。

client
Host Integration Serverで利用可能なサービスを使用するコンピューターまたはソフトウェア コンポーネント。 3270 エミュレーターなどのアプリケーションを実行するために、クライアントはHost Integration Server コンピューターを使用して、SNA または TCP/IP ネットワーク上のホストまたはピア システムにアクセスします。

client/server
クライアント アプリケーションがサーバー アプリケーションからサービスを要求する分散アプリケーション モデル。 サーバーは同時に多数のクライアントを持つ場合があり、クライアントは複数のサーバーからデータを要求できます。 アプリケーションには、クライアントとサーバーの両方を指定できます。

CLSID
SeeclassID (CLSID)

同軸ケーブル
2 つの導体間の絶縁を備えた別の導体内の導体で構成されるケーブル。 内部導体は通常、小さな銅管またはワイヤであり、外側導体は通常、銅管または銅編組である。 LAN と 3270 デバイスの接続に使用される一般的なメディアです。 3270 型クラスター コントローラーと周辺機器の間で同軸ケーブルを実行できる最大距離は、5,000 フィート (1,500 m) です。

コード ページ
特定の ASCII または EBCDIC 値を特定の文字に関連付けるテーブル。

COM
SeeComponent オブジェクト モデル (COM)

COM+
SeeComponent Services (COM+) コンポーネントComponent Services (COM+) オブジェクト

COMMAREA
通信に使用され、さまざまなプログラムからアクセスできるメインフレーム内のメモリ領域。 これは、入力パラメーターと戻り値データの両方を含むデータ構造に似ています。

通信用の共通プログラミング インターフェイス (CPI-C)
SNA ネットワークに分散されたアプリケーションが連携して使用できる C 言語ルーチンのセット。 CPI-C を使用すると、ピアとして通信するコンピューター上の分散アプリケーションは、データを交換して、リモート データベースのクエリやリモート ファイルのコピーなどの処理タスクを実行できます。

進化するアプリケーション プログラミング インターフェイス (API) で、さまざまなアプリケーション環境からの需要の高まりに対応し、通信プログラミングの業界標準としてオープン性を実現するための関数を採用します。 CPI-C は、(a) データの送受信、(b) プログラム間の処理の同期、(c) 通信のエラーをパートナーに通知するなどのプログラム間サービスへのアクセスを提供します。

Common Service Verb (CSV)
トレース、文字の変換、およびホストへのネットワーク管理情報の送信方法を提供するアプリケーション プログラミング インターフェイス (API)。 各動詞は、CSV にパラメーターを提供します。

通信コントローラー
ネットワーク経由でデータの送信を指示するデバイス (IBM 3725 フロントエンド・プロセッサーなど)。

COMP-1
内部浮動小数点項目 (単精度) に指定します。 項目の長は 4 バイトです。 符号は左端のバイトの最初のビットに含まれており、指数はそのバイトの残りの 7 ビットに含まれています。 最後の 3 バイトには仮数が含まれます。

COMP-2
内部浮動小数点項目 (倍精度) に指定します。 項目の長は 8 バイトです。 符号は左端のバイトの最初のビットに含まれており、そのバイトの残りの 7 ビットには指数が含まれます。 残りの 7 バイトには仮数が含まれます。

COMP-3
内部 10 進項目に指定します。 ストレージでは、これらの項目はパック 10 進形式で表示されます。 文字位置 (バイト) ごとに 2 桁ありますが、末尾の文字位置 (バイト) は、下位桁と符号で占められます。 項目には、0 ~ 9 桁の数字と、29 桁 (15 バイト) を超えない値を表す記号 (最後の位置) のみを含めることができます。

コンポーネント
コンポーネント オブジェクト モデルまたは特定のインターフェイスを介して指定したサービスセットを提供する.NET Frameworkに基づいて構築された個別のコード単位。 オブジェクトは、クライアントが実行時に要求するコンポーネントを介して提供されます。

コンポーネント オブジェクト モデル (COM)
オブジェクト指向テクノロジに基づくクライアント/サーバー アプリケーションのクロスプラットフォーム開発のためのオープン アーキテクチャ。 クライアントは、オブジェクトに実装されているインターフェイスを介してオブジェクトにアクセスできます。 COM は言語に依存しないため、COM コンポーネントを生成するすべての言語で COM アプリケーションを生成することもできます。

コンポーネント サービス (COM+) コンポーネント
COM+ ランタイム環境で実行されるコンポーネント オブジェクト モデル (COM) コンポーネント。 COM+ コンポーネントは、一般に COM+ アプリケーションと呼ばれます。 COM+ コンポーネントは、オブジェクトを作成するためのクラス ファクトリを実装し、標準のマーシャリングを容易にするためにタイプ ライブラリ内のコンポーネントのすべてのインターフェイスを記述するダイナミック リンク ライブラリ (.dll) ファイルである必要があります。

Component Services (COM+) オブジェクト
COM+ ランタイム環境で実行されるコンポーネント オブジェクト モデル (COM) オブジェクト。

concurrency
複数の作業の実行をインターリーブしてプロセスまたはトランザクションを同時に実行する外観。

構成ファイル
Host Integration Serverのセットアップと構成情報を含むファイル。 サーバー、接続、LU、ユーザー、およびその他の項目を定義します。 SNA マネージャーの起動時に読み込まれる構成ファイルは COM と呼ばれます。CFG。

connection
ワークステーションまたはサーバーと SNA ネットワーク上の他のコンピューターとの間のデータ通信パス。 Host Integration Serverには、さまざまな種類の接続が用意されています。

  • 802.2 (トークン リングまたはイーサネット)

  • 同期データ リンク制御 (SDLC)

  • X.25

  • 分散関数ターミナル (DFT)

  • チャネル

  • ツインアクシャル

    connection オブジェクト
    AFTP では、パートナー コンピューターへの接続 (必ずしもアクティブではない)。

    接続
    (1) 変更を加えずに他のシステムまたはデバイスに接続するシステムまたはデバイスの機能。 (2)様々な機能ユニットを変更せずに取り付ける機能。

    接続オプション
    1 台のコンピューターが他のコンピューターと通信する接続ハードウェアとソフトウェアの種類。

    一貫性
    持続性のあるデータが、データを変更したビジネス ルールによって予期される状態と一致する状態。

    コンス トラクター
    C では、クラスのインスタンスが宣言されるたびに自動的に呼び出される特別な初期化関数。 この関数は、初期化されていないオブジェクトの使用に起因するエラーを防ぎます。 コンストラクターはクラス自体と同じ名前を持ち、値を返すことはできません。

    競合の敗者
    APPC LU-LU セッションでは、最初にパートナー LU のアクセス許可を要求しないと、そのパートナー LU (競合の勝者) との会話を開始できない LU。 「コンテンションの勝者」も参照してください

    競合の勝者
    APPC LU-LU セッションで、パートナー LU (競合損失) との会話を開始できる LU。 2 つの LU 間の並列セッションが使用されている場合は、各 LU が一部のセッションの競合優先となり、他のセッションの競合の敗者になる可能性があります。 「コンテンション・敗者」も参照してください。

    context
    指定された COM+ オブジェクトに暗黙的に関連付けられている状態。 コンテキストには、オブジェクトの作成者の ID や、必要に応じてオブジェクトの作業を含むトランザクションなど、オブジェクトの実行環境に関する情報が含まれます。 オブジェクトのコンテキストは、オペレーティング システムが実行中のプログラムに対して保持するプロセス コンテキストと概念的に似ています。 COM+ ランタイム環境は、各オブジェクトのコンテキストを管理します。

    コントロール ポイント
    ネットワーク リソースを制御し、セッションのアクティブ化を調整するノードまたは他の SNA コンポーネント。

    コントローラー
    ネットワーク経由でデータの送信を指示するデバイス (IBM 3725 フロントエンド・プロセッサーなど)。

    conversation
    ネットワーク ベースのアプリケーションが相互に通信し、処理タスクを実行するためにデータを交換するために使用されるプロセス。 (1) LU 6.2 セッションを使用する 2 つのトランザクション・プログラム間の論理接続。 会話は、セッションを排他的に使用するために角かっこで区切られます。 (2) 特定のタスクを実行する TP 間の相互作用。 各会話には LU-LU セッションが必要です。 TP は複数の会話に同時に関与できます。 「基本的な会話」も参照してくださいマップされた会話

    会話の特性
    会話または特定の呼び出しの全体的な操作を定義する内部 API 値。 Seealsoapplication programming interface (API);会話

    会話 ID
    2 つのトランザクション プログラム (TP) 間の会話の一意識別子。

    CPI-C
    通信用のCommon プログラミング インターフェイス (CPI-C)を参照してください

    作成者
    コンポーネントによって提供されるオブジェクトを作成するクライアント ( CreateObjectCoCreateInstance、または CreateInstance メソッドを使用)。 クライアントがオブジェクトを作成すると、そのオブジェクトのメソッドを呼び出すために使用できるオブジェクト参照が提供されます。 「呼び出し元」を参照してください

    CSV
    SeeCommonService Verb (CSV)

    通貨
    お金を含む計算や、精度が非常に重要な固定小数点計算に役立つ 8 バイトの固定小数点データ型。 このデータ型は、小数点の左側に最大 15 桁、右側に 4 桁の数字を格納するために使用されます。 Microsoft® Visual Basic ® の型宣言文字はアット マーク (@) です。 通貨の範囲は、-922,337,203,685,477.5808 ~ 922,337,203,685,477.5807 です。

    現在のディレクトリ
    オペレーティング システムがプログラムとデータ ファイルを検索し、出力用のファイルを格納する最初のディレクトリ。

    顧客情報制御システム (CICS)
    アプリケーションが端末またはその他のアプリケーションと通信できる IBM メインフレーム上の環境を提供する IBM トランザクション処理プログラム。

-D-

DACTLU
システム・サービス制御ポイント (SSCP) と論理装置 (LU) の間のセッションを非アクティブ化するために送信される SNA コマンド。

DACTPU
システム・サービス制御ポイント (SSCP) と物理装置 (PU) の間のセッションを非アクティブ化するために送信される SNA コマンド。

データ リンク制御 (DLC)
SNA では、リンク間でメッセージを送信し、リンク レベルのフローとエラー回復を管理するプロトコル スタック レイヤー。

データ セットメンバー
名前で取得できる大きなファイルの個別の名前付き要素であるパーティション データ セットのメンバー。

database
(1) 複数のユーザーのオンデマンド データを受け入れ、格納し、提供するための特定の構造を持つデータのコレクション。 (2) 1 つ以上のアプリケーションにサービスを提供するために、データベース スキーマに従って編成された相互に関連するデータのコレクション。 (3) システムに対するデータの基礎の収集。 (4) 企業に対するデータの基礎の収集。

日付
日付と時刻を実数として格納するために使用される 8 バイトの実データ型。 変数は 64 ビット数値として格納されます。 小数点の左側の値は日付を表し、小数点の右側の値は時刻を表します。 Date データ型の範囲は、1000 年 1 月 1 日から 9999 年 12 月 31 日までです。

DCOM
Seedistributed COM (DCOM)

DDM
Seedistributed Data Management (DDM)

deallocate
(1) プログラムによって以前に割り当てられたメモリを解放するためにオペレーティング システムが使用するプロセス。 (2) 高度なプログラム間通信 (APPC) では、会話を終了する動詞。 コントラストと割り当て

10 進数
小数点の前後に出現する桁数として記述された符号付きの正確な数値を格納するデータ型。最大 29 桁です。 最大桁数を使用している場合、使用可能なすべての数字を表すことはできません。

default
何も指定されていない場合に自動的に使用される値。

依存ローカル APPC LU
ピア システムで高度なプログラム間通信 (APPC) を有効にするが、ホスト (メインフレーム) システムを介してのみ有効にするローカル論理ユニット (LU)。 依存 APPC で使用される LU の種類は LU 6.2 です。

DFT
Seedistributed 関数ターミナル (DFT)

digit
COBOL では、0 から 9 までの数字は、他の記号を参照して使用されません。

直接呼び出し元
現在のサーバー プロセスを呼び出すプロセス (ベース クライアントまたはサーバー プロセス) の ID。

直接作成者
現在のオブジェクトを直接作成したプロセス (ベース クライアントまたはサーバー プロセス) の ID。

directory
(1) ディスクまたはディスケットに保管されているファイルのリスト。 ディレクトリには、サイズや最後の変更日などのファイルに関する情報も含まれています。 (2) ファイル システム内のファイルの名前付きグループ。

ディスプレイ エミュレーション
パーソナル・コンピューターが IBM 3278 または 3279 端末をエミュレートできるようにする機能。 「参照」も参照してください。

モデルの表示
いくつかの異なるサイズのディスプレイの 1 つ:

  • モデル 2 は 24 行 x 80 文字

  • モデル 3 は 32 行 x 80 文字です

  • モデル 4 は 43 行 x 80 文字

  • モデル 5 は 27 行 132 文字

    セッションの表示
    ネットワーク化されたパーソナル コンピューターとホストの間の 3270 エミュレーション セッション。 セッションは、3278 または 3279 ディスプレイをエミュレートするために使用されます。 ホスト表示セッションとも呼ばれます。

    DISPLAY 動詞
    Host Integration Serverを実行しているコンピューターの構成情報と現在の動作値を返す APPC 動詞。

    分散 COM (DCOM)
    COM コンポーネントがネットワーク経由で相互に直接通信できるようにするオブジェクト プロトコル。 DCOM は言語に依存しないため、COM コンポーネントを使用するすべての言語で DCOM アプリケーションを生成することもできます。

    分散データ管理 (DDM)
    1 つのシステム上のアプリケーション・プログラムまたはユーザーがリモート・システムに保管されているデータベース・ファイルを使用できるようにするオペレーティング・システムの機能。 通信ネットワークはシステムを接続する必要があり、リモート・システムも DDM を使用している必要があります。

    分散関数ターミナル ( DFT)
    IBM 3270 制御ユニットでサポートされるインテリジェント端末の一種であり、端末の機能の一部は端末によって制御され、一部は制御装置によって制御されます。 複数のセッションを有効にし、ホスト システムまたはホスト システムを介してピア システムに接続します。 多くの場合、DFT 端子は同軸ケーブルを使用して接続されます。

    分散処理
    さまざまなプログラムがデータを使用および共有できるようにするデータ転送メカニズムを使用して、ローカルまたはワイド エリア ネットワークを介してリンクされている個別のコンピューターによって作業が実行される情報処理の形式。

    分散プログラム呼び出し (DPC)
    AS/400 リモート通信モデル。

    分散クエリ プロセッサ (DQP)
    クエリを使用すると、SQLや DB2 など、複数のサーバー上の複数のデータ ソースにアクセスし、ビューを結合したり、データ ウェアハウスを作成したりできます。 DQP では、SQL言語の拡張バージョンがサポートされており、ユーザーは、存在するデータベースでテーブル名を修飾できます。 これにより、複数の分散データベースにまたがるクエリを作成する機能がユーザーに提供されます。

    分散リレーショナル データ アーキテクチャ (DRDA)
    IBM リレーショナル・データベース製品で使用される分散リレーショナル・データベース処理用の接続プロトコル。 DRDA プロトコルは、アプリケーションとリモート データベース間の通信とデータベース間の通信のためのプロトコルで構成されます。 DRDA プロトコルは、リモートおよび分散処理のための接続を提供します。 DRDA プロトコルは、分散データ管理 アーキテクチャに基づいて構築されています。

    分散トランザクション コーディネーター (DTC)
    複数のリソース マネージャーにまたがるトランザクションを調整するトランザクション マネージャー。 複数のリソース マネージャーにまたがる場合でも、個別のコンピューターでも、作業をアトミック トランザクションとしてコミットできます。

    分散作業単位 (DUW)
    AS/400 用 DB2 UDB では、これは、ユーザーまたはアプリケーションが 1 つの作業単位内で、複数のデータベース管理システム (DBMS) 上のデータを読み取りおよび更新できる分散リレーショナル・データにアクセスする方法です。 ユーザーまたはアプリケーションは、DBMS で実行するために、各SQLステートメントを特定の DBMS に転送します。 各SQLステートメントは、1 つの DBMS にのみアクセスできます。

    DL-BASE
    Host Integration Server 3270 エミュレーション プログラムで使用される Base の種類。 1 つのHost Integration Server コンポーネントまたは単一ユーザー アプリケーションをサポートし、初期化、メッセージの送信、メッセージの受信、終了のエントリ ポイントを持ちます。 「Base」も参照してください

    DLC
    Seedataリンク コントロール (DLC)

    [DLL]
    Seedynamic-link ライブラリ (DLL)

    DMOD
    ダイナミック アクセス モジュール (DMOD)を参照してください

    ドキュメント型定義 (DTD)
    ドキュメントに付随することができ、存在する要素および構造的な関係など、基本的にドキュメントの規則を定義します。 DTD は、ドキュメントに含めることのできるタグ、他のタグを含めることのできるタグ、タグの数と順序、タグに設定可能な属性、およびオプションでそれらの属性に設定可能な値を定義します。

    DTD は、受信アプリケーションに受信データに関する組み込みの記述がない場合に、データの検証に役立ちます。 DTD は、XML ファイルのドキュメント型宣言内で宣言されます。 だたし、DTD は XML ではオプションです。

    ダウンストリーム接続
    Host Integration Serverを実行しているコンピューターがホストとクライアント間の通信をサポートできるようにする接続。 このようなクライアントでは、Host Integration Server クライアント/サーバー インターフェイスは使用されませんが、ダウンストリーム接続を使用すると、Host Integration Serverを実行しているコンピューターを介して使用可能なホスト接続にアクセスできます。

    Host Integration Serverには、いくつかの種類のダウンストリーム接続が用意されています。

  • 802.2 (トークン リングまたはイーサネット)

  • SDLC

  • X.25

    ダウンストリーム LU
    Host Integration Serverを実行しているコンピューターを介してホスト接続にアクセスするためにクライアントによって使用される論理ユニット (LU)。 このようなクライアントは、Host Integration Serverクライアント/サーバー インターフェイスを使用しませんが、ダウンストリーム LU を使用することで、Host Integration Serverを実行しているコンピューター上の接続へのアクセスを受け取ることができます。 ダウンストリーム LU はダウンストリーム接続を使用し、クライアントとホストの間で情報を渡します。

    ダウンストリーム システム
    Host Integration Serverを実行しているコンピューターで使用可能なホスト接続にアクセスできる IBM Communications Manager/2 システムなどのクライアント。 このようなクライアントはHost Integration Serverクライアント/サーバー インターフェイスを使用しませんが、ダウンストリーム接続とダウンストリーム LU を使用して、Host Integration Server経由でホストと通信できます。 Host Integration Serverは、ダウンストリーム システムとホストの間で情報を渡します。 Host Integration Serverでは、ダウンストリーム システムは物理ユニットではなく論理ユニットとしてホストに表示されます。

    DPC
    分散されたプログラム呼び出し (DPC)参照してください

    DPL 対応
    IBM 分散プログラム・リンク (DPL) プロトコルと互換性があります。

    DQP
    Distributed クエリ プロセッサ (DQP)」を参照してください

    DRDA
    分散リレーショナル データ アーキテクチャ (DRDA)を参照してください

    DTC
    分散トランザクション コーディネーター (DTC)を参照してください

    [DTD]
    Seedocument 型定義 (DTD)

    二重
    データの送受信を同時に行える。 全二重または 4 線とも呼ばれます。 half-duplexとは対照的です。

    耐久 性
    障害が発生しても存続する状態。

    DUW
    分散作業単位 (DUW) を参照してください

    ダイナミック アクセス モジュール (DMOD)
    Base 間でメッセージを渡すために必要な通信機能を提供する SNA コンポーネント。

    ダイナミック リンク ライブラリ (DLL)
    コンパイル、リンク、およびそれらを使用するプロセスとは別に格納される 1 つ以上の関数を含むバイナリ ファイル。 オペレーティング システムは、プロセスの開始時または実行中に、呼び出し元プロセスのアドレス空間に DLL をマップします。 .dllファイル拡張子を使用します。

-E-

EBCDIC
Extended Binary Code Decimal インターチェンジ コード (EBCDIC)」を参照してください

エビ
かっこインジケーター (EBI)を参照してください

EBIUI
基本情報単位標識 (EBIUI)参照してください。

ECI
Seeendチェーン インジケーター (ECI)

ニレ
Seeenhanced リスナー メッセージ (ELM)

エミュレーション
あるデバイスが別のデバイスを模倣するプロセス。たとえば、パーソナル コンピューターは 3278 端末をエミュレートできます。 ディスプレイ エミュレーションも参照してください

エンド ブラケット インジケーター (EBI)
Status-Control メッセージのフラグ 1 のビット 5。 チェーンにエンド ブラケット (EB) が含まれている場合に設定します。 これは、角かっこが終了したことを示すものではありません。

エンド チェーン インジケーター (ECI)
Status-Control メッセージのフラグ 1 のビット 2。 このメッセージがチェーンを終了するかどうかを設定します。

拡張リスナー メッセージ (ELM)
ヘッダーとそれに続くアプリケーション データで構成される単一のデータ ストリームをホスト アプリケーションに送受信する、合理化されたアプリケーション レベルのプロトコル交換シーケンス。

絵 里
Seeexception response indicator (ERI).

イーサネット
競合ネットワーク用の IEEE 802.3 標準。 イーサネットは、バスまたはスター トポロジを使用し、通信回線トラフィックを規制するために、衝突検出 (CSMA/CD) によるキャリア センス マルチ アクセスと呼ばれるアクセスの形式に依存します。 ネットワーク ノードは、同軸ケーブル、光ファイバ ケーブル、またはツイストペア配線によってリンクされます。 データは、配信と制御の情報と最大 1,500 バイトのデータを含む可変長フレームで送信されます。 イーサネット標準は、1秒あたり10メガビットでベースバンド伝送を提供します。

イベント ログ
Host Integration Serverは、通信ハードウェア (通信アダプターなど) またはソフトウェアを含むイベントをWindowsイベント ログに記録します。 イベントには、通信の確立、セッションの正常な確立、システム コンポーネントの障害、破損または欠落しているファイルの使用の試行、構成の問題、リモート システムからの応答が含まれます。

例外
プログラムの実行中に発生し、通常の制御フロー外でソフトウェアを実行する必要がある異常な状態またはエラー。

例外要求 (EXR)
中間コンポーネントがエラーを検出し、最終的な宛先もエラーを認識するように要求を変更した要求。

例外応答インジケーター (ERI)
要求に対して指定された応答。 応答は、要求を処理できない場合、または処理中にエラーが発生した場合にのみ発行する必要があります。

交換 ID (XID)
SNA ネットワーク上のノード間で交換され、ノードが相互に認識し、通信のためのリンクおよびノード特性を確立できるようにする識別子。 Host Integration Serverでは、0 の XID の形式 (ノード ID などの基本情報のみを含む) と形式 3 の XID (ネットワーク名やコントロール ポイント名など、より詳細な情報を含む) の 2 種類の XID を交換できます。 「Format 0 XID」も参照してください形式 3 XID

EXR
Seeexception request (EXR)

拡張バイナリ コード化 10 進インターチェンジ コード (EBCDIC)
IBM がメインフレームおよび AS400 コンピューターと共に使用するために開発したコーディング方式で、英字、数値、句読点、および伝送制御文字にバイナリ (数値) 値を割り当てる標準的な方法です。

XML (Extensible Markup Language)
デザイナーが標準のハイパーテキスト マークアップ言語 (HTML) の機能を超えてカスタマイズされたタグを作成できるようにする、World Wide Web Consortium (W3C) によって開発された仕様。 HTML では定義済みのタグのみを使用してページ内の要素を記述しますが、XML を使用すると、ページの開発者がタグを定義できます。 製品や期限などの事実上すべてのデータ項目のタグは、特定のアプリケーションに使用できます。 そのため、Web ページがデータベース レコードとして機能するようになります。

拡張スタイルシート言語 (XSL)
拡張マークアップ言語 (XML) ドキュメントのスタイル シート形式。 XSL は、カスケード スタイル シート (CSS) を使用してハイパーテキスト マークアップ言語 (HTML) の表示を定義するのと同じ方法で XML の表示を定義するために使用されます。

-F-

障害の分離
システム内の他のコンポーネントに障害を反映するのではなく、コンポーネント内の障害の影響を含みます。

フォールト トレランス
システムがエラー、障害、または環境条件の変化 (電力の損失など) から回復する機能。 真のフォールト トレランスは、バックアップ ファイルによるデータ損失の復元などの手動の復旧手段とは対照的に、ユーザー タスクやファイルを中断することなく、完全に自動回復を実現します。

ファイル転送
コンピューターとの間でデータ ファイルを送受信するプロセス。

塗りつぶしの種類
プログラムが論理レコードの形式でデータを受け取るか、指定したデータの長さとして受け取るかを示す値。

フロー
動詞は、ある LU から別の LU に流れます。

FMHI
機能管理ヘッダー インジケーター (FMHI)を参照してください

FMI
関数管理インターフェイス (FMI)を参照してください

書式 0 XID
ノードに関する最小限の情報を提供する XID の種類。 フォーマット 0 の XID の長さは固定です。 これらは 3270 および LUA 通信に使用でき、高度なプログラム間通信 (APPC) には使用できません。 「XID (XID)形式 3 XID」も参照してください

形式 3 XID
Format 0 XID よりもノードに関する詳細情報を提供する XID の種類。 書式 3 の XID の長さは可変長です。 これらは 3270 および LUA 通信に使用でき、高度なプログラム間通信 (APPC) に使用できる XID の唯一の種類です。 「alsoexchange id (XID)」を参照してください形式 0 XID

全二重
データの送受信を同時に行える。 双方向または 4 線とも呼ばれます。 half-duplexとは対照的です。

全二重伝送
双方向の電子通信が同時に行われます。 二重伝送または4線伝送とも呼ばれます。 half-duplex 伝送とは対照的です。

完全修飾 LU 名
ネットワーク内の宛先 (通常はユーザー) を一意に識別する 2 部構成のネットワーク アドレス (network.lu)。

関数管理ヘッダー インジケーター (FMHI)
制御情報を伝達するためのエンド ユーザー データを含む要求に挿入されるヘッダー。

関数管理インターフェイス (FMI)
アプリケーションに SNA データ・フローへの直接アクセスと、状況メッセージによる SNA 制御フローに関する情報を提供するインターフェース。 これは、3270 エミュレーション アプリケーションの要件に特に適しています。

-G-

GAC (GAC)
Seeglobal アセンブリ キャッシュ (GAC)

グローバル アセンブリ キャッシュ (GAC)
コンピューター上の多数のアプリケーション間で共有するためにインストールされたアセンブリを格納するマシン全体のコード キャッシュ。 グローバル アセンブリ キャッシュにデプロイされるアプリケーションには、厳密な名前が必要です。

group
1 つ以上のWindows ユーザー アカウントのセット。

-H-

半二重
一度に 1 方向の通信のみが可能で、データの受信またはデータの送信は可能ですが、両方を同時に実行することはできません。 2 線とも呼ばれます。 全二重のコントラスト

半二重伝送
一度に 1 方向のみで行われる双方向の電子通信。 2線式伝送とも呼ばれます。 全二重伝送とは対照的です。


Seehost環境 (HE)

HIDX
ホスト統合デザイナー XML (HIDX) メタデータ ファイルは、Microsoft ADO.NET Provider for Host Files および Microsoft BizTalk Adapter for Host Files を使用して、メインフレーム z/OS、midrange i5/OS、オフライン ホスト ファイルのレコードをエンコードおよびデコードするために使用されます。

高レベル言語アプリケーション プログラミング インターフェイス (HLLAPI)
3270 エミュレーションを使用して IBM メインフレームと通信する IBM パーソナル・コンピューター (または互換性のあるコンピューター) でプログラマー・オペレーター・アプリケーションを開発および実行できるようにする API。

HIP
Seehostによって開始される処理 (HIP)

HLLAPI
Seehighレベルの言語アプリケーション プログラミング インターフェイス (HLLAPI)

ホスト環境 (HE)
Windows プラットフォームへの要求を開始するWindows以外のソフトウェア プラットフォームのネットワークとハードウェアの特性を定義するオブジェクト。 ホスト環境は、ホスト環境名、ホスト ID、ネットワーク トランスポートの種類、データ変換情報、既定のメソッド解決条件、およびセキュリティ資格情報のマッピングで構成されます。

Host Integration Server
パーソナル・コンピューターが、TCP/IP または SNA ネットワーク上の IBM メインフレーム、AS/400 などのリモート・コンピューター、またはその他のパーソナル・コンピューターと通信できるようにする Microsoft® ソフトウェア・プログラム。

ホストの応答時間
ホスト コンピューターがクライアント コンピューターから送信されたメッセージに応答するのにかかる時間。 ホストの応答時間は、パーソナル コンピューターがメッセージを送信した瞬間から、クライアント コンピューターがホストからデータを受信するか、ホストがクライアント コンピューターのキーボードのロックを解除するか、ホストがクライアント コンピューターにより多くのデータを送信できるようにするイベントまで測定されます。

ホスト システム
コンピューター システム (通常はメインフレーム) であり、コンピューターとそれに接続されているコンピューターの間の相互作用を制御します。 ホスト システムは、ターミナル エミュレーションまたは APPC 用のソフトウェアを実行しているコンピューターにHost Integration Serverすることによって、オペレーティング システムとアプリケーションを利用できるようにします。

SNA 用語では、ホストは ACTPU コマンドを送信してHost Integration Serverし、Host Integration Serverを使用して PU-SSCP セッションを設定できます。

ホストアドレス指定可能プリンター
LU タイプ 1 または 3 として構成された論理装置 (LU) に関連付けられた装置として定義され、ホスト印刷とローカル印刷をサポートできるプリンター。

ホストによって開始される処理 (HIP)
Microsoft 以外のソフトウェア プラットフォーム (通常はメインフレームまたは AS/400 などのミッドレンジ コンピューター) で、Windows サーバー プラットフォーム上のプログラムにプログラムにアクセスして統合できます。

ホット バックアップ
(1) サービスを中断することなく、システムをオンラインおよびオフラインにする機能。 (2) 1 つのリソース (Host Integration Server ソフトウェアを実行しているサーバーなど) がセッションを自動的に処理できない場合に、そのリソースがセッションを自動的に処理できる構成。 このようなサーバーは、複数のサーバーからの RU を含むプールを介して、3270、LUA、またはダウンストリーム セッションのホット バックアップを提供できます。 Host Integration Serverソフトウェアを実行しているサーバーは、複数のサーバーで同じ LU 名を使用することで、5250 ターミナル エミュレーションのホット バックアップを提供できます。

-I-

I フレーム
Information フレーム (I フレーム)」参照してください

identity
そのアプリケーションを使用する権限を持つユーザー アカウントを指定する COM+ アプリケーション プロパティ ページ。 これを対話型ユーザー (現在ログオンしているユーザーを承認する場合)、特定のユーザー アカウント、またはWindows ドメイン内のユーザーのグループに設定できます。

IEEE
電気電子エンジニア(IEEE)の詳細を参照してください。

暗黙的な受信モード
Host Integration Serverがセッションを開始する要求を受信したときに使用するプロパティを定義するモードで、要求で指定されたモードはHost Integration Serverによって認識されません。 暗黙的な受信モードにより、リモート システムでセッションを開始する際の柔軟性が向上します。

セッションを確立するには、受信ローカル LU 名をHost Integration Serverで認識する必要があります。 次に、受信リモート LU を明示的に認識するか、暗黙的に処理する必要があります (暗黙的な着信リモート LU が構成されている場合)。 リモート LU が明示的に認識されているが、モードが認識されない (LU-LU ペアの一部として) 場合、Host Integration Serverは、暗黙的な着信モードのプロパティを使用して、正しい名前の新しいモード定義を内部的に作成します。 または、リモート LU が暗黙的に処理される場合、Host Integration Serverは、内部的にモードを作成することによって、モードも暗黙的に処理します。

暗黙的な着信モードは、暗黙的な着信リモート LU として使用されるすべてのリモート LU に対して構成する必要があることに注意してください。 暗黙的な受信モードは、明示的にのみ使用されるリモート RU に対して構成できます (ただし、構成する必要はありません)。

暗黙的な着信リモート LU
Host Integration Serverがローカル LU とのセッションを開始する要求を受信したときに使用するプロパティを定義するリモート APPC LU。要求で指定されたリモート LU は、Host Integration Serverによって認識されません。 リモート システムを使用してセッションを開始する際の柔軟性を高める暗黙的な受信リモート LU。

セッションを確立するには、ローカル LU 名をHost Integration Serverで認識する必要があることに注意してください。 ローカル LU 名が認識されても、リモート LU 名がローカル LU のパートナーとして認識されない場合、Host Integration Serverは、暗黙的な着信リモート LU のプロパティを使用して、正しい名前の新しいリモート LU 定義を内部的に作成します。

SNA マネージャーでは、リモート APPC LU を暗黙的な着信リモート LU として使用する前に、暗黙的な着信モードを構成する必要があります。

IMS
Information Management Systems (IMS)」を参照してください

独立したローカル APPC LU
ホスト (メインフレーム) システムを使用せずにピア システムで高度なプログラム間通信 (APPC) を有効にするローカル論理ユニット (LU)。 独立した APPC で使用される LU の種類は LU 6.2 です。 独立した LU にはホスト・システムは必要ありませんが、1 つを介して動作することができます。

IND$FILE
パーソナル・コンピューターからホスト、およびホストからパーソナル・コンピューターにファイルを転送できるようにする IBM ファイル転送プログラム。 これは、CICS、VM/CMS、および MVS/CICS の 3 つのホスト環境で動作します。

情報フレーム (I フレーム)
SNA ネットワーク経由で送信される情報の標準単位。 802.2 または SDLC 通信の場合、I フレームは BTU と同等です。 基本伝送ユニット (BTU)も参照してください

情報管理システム (IMS)
IBM Corporation によって作成および販売されたトランザクション処理モニター。

インプロセス コンポーネント
クライアントのプロセス空間で実行されるコンポーネント。 これは通常、ダイナミック リンク ライブラリ (DLL) です。

instance
特定のコンポーネント クラスのオブジェクト。 各インスタンスには、独自のプライベート データ要素またはメンバー変数があります。 コンポーネント インスタンスはオブジェクトと同義です。

電気電子学会 (IEEE)
ローカル エリア ネットワーク上の通信で使用される 802.x プロトコルの標準を維持する組織。

整数
整数を保持する基本的な Automation データ型。 整数変数は、–32,768 から 32,767 までの 16 ビット (2 バイト) の数値として格納されます。 型宣言文字はパーセント記号 (%) (ANSI 文字 37) です。 Microsoft® Visual Basic ® では、整数を使用してブール値 (TrueFalse/) の値格納できます。

interface
コンポーネント オブジェクトへのアクセスを提供する、論理的に関連する操作またはメソッドのグループ。

インターネット プロトコル (IP) ルーティング ネットワーク
IP ルーターと呼ばれるデバイスを介して IP パケットがネットワーク全体に伝達される TCP/IP ワイド エリア ネットワーク。

呼び出し可能
別のプログラムによって開始されるプログラムの機能を示します。 たとえば、別の TP (呼び出し元 TP) からの要求に応じて、呼び出し可能な APPC トランザクション プログラム (TP) を開始できます。

呼び出されたプログラム
呼び出しまたは動詞によってアクティブ化されたプログラム。 「プログラムの作成も参照してください

呼び出された TP
次の方法で開始されるホスト トランザクション プログラム (TP) です。

  • もう 1 つの (呼び出し元の) TP。

  • TI ランタイム環境と COM+ に含まれる Microsoft Distributed Transaction Server (DTS) と組み合わせて動作するトランザクション インテグレーター Automation サーバー。

    呼び出しプログラム
    呼び出しまたは動詞を使用して別のプログラムをアクティブにするプログラム。 呼び出し元のプログラムまたはクライアントとも呼ばれます。 詳細については、invoked プログラムも参照してください

    TP の呼び出し
    別の TP との会話を開始する TP。 呼び出し側 TP は、呼び出し可能 TP を読み込むようリモート・ノードに指示することによって、もう一方の TP を開始します。

    IP ルーティング ネットワーク
    「Internet Protocol (IP) ルーティング ネットワークを参照してください

    分離
    並列で実行されている 2 つのトランザクションによって、コンカレンシーが存在しないという錯覚が生じる特性。 システムが一度に 1 つのトランザクションを実行しているようです。

-J-

用語はありません。

-K-

用語はありません。

-L-

LAN
SeelocalArea Network (LAN)


Seelocal環境 (LE)

リースされた SDLC 回線
SDLC を使用した専用の通信回線。 「Synchronous Data Link Control (SDLC)」も参照してください

リンク サービス
特定の通信アダプター (802.2、SDLC、X.25、DFT、Channel、または Twinax) のデバイス ドライバーと通信するHost Integration Serverのソフトウェア コンポーネント。

listener
アプリケーションに関連付けられているローカル環境。ローカル環境は、アプリケーションへの要求について TCP/IP または SNA ネットワークを監視します。

負荷分散
ネットワーク 全体のパフォーマンスを向上させるためにネットワーク タスクを実行する複数のサーバー間での処理負荷の分散。

ローカル アカウント
通常のアカウントが信頼されたドメインに含まれていないユーザーのローカル ドメインで指定されたアカウント。 ローカル アカウントを使用して対話形式でログオンすることはできません。 1 つのドメインで作成されたローカル アカウントは、信頼されたドメインでは使用できません。

ローカル エリア ネットワーク (LAN : Local Area Network)
これらのリソースを共有できる方法でケーブルで相互接続されたハードウェア (コンピューターと周辺機器) とソフトウェア (プログラムとデータ ファイル) で構成される高速通信システム。 接続されたデバイスは、建物やキャンパスなどの限られた地理的領域内に配置されます。

ローカル環境 (LE)
Windows以外のソフトウェア プラットフォームからの受信要求を受け入れるWindows コンピューター上のエンドポイントを定義するオブジェクト。 ローカル環境は、ローカル環境名、ネットワーク トランスポートの種類、ネットワーク トランスポート クラス、およびエンドポイント ID で構成されます。

ローカル LU
APPC または CPI-C 会話では、ローカル側の論理装置 (LU)。 パートナ LUリモート LU のコントラスト。

ローカル LU エイリアス
ローカル論理装置 (LU) がローカル・トランザクション・プログラム (TP) に認識される名前。

ローカル ノード
SNA ネットワーク上のクライアントや他のノードと対話するHost Integration Serverのソフトウェア コンポーネント。

ローカル プリンター
パーソナル コンピューターに直接接続されているプリンター。

ローカル プログラム
CPI-C では、会話のローカル側のプログラム。 パートナー プログラムとのコントラスト

local TP
Advanced Program-to-Program Communications (APPC) または Common Programming Interface for Communications (CPI-C) の会話では、ローカル側のトランザクション プログラム (TP)。 withpartner TPリモート トランザクション プログラムコントラスト。 「ローカル LU」も参照してください

地域
ベースとその中のコンポーネント。つまり、Host Integration Server実行可能プログラムです。

locality, partner, index (LPI)
接続の各端を識別するために使用される LPI アドレス。 これには、ローカリティ (L)、パートナー (P)、インデックス (I) の 3 つのコンポーネントがあります。

論理ユニット (LU)
(1) ユーザーがネットワーク リソースにアクセスし、相互に通信できるようにする、ネットワークアクセス可能なユニットの一種。 (2)ユーザ、プログラム、またはダウンストリームシステムがホストまたはピアコンピュータとのセッションを確立するために必要なすべての構成情報を含むプリセットユニット。 alsoLU エイリアスを参照してくださいLU 名LU プール

論理ユニット アプリケーション (LUA)
従来の LU アプリケーション、またはこれらのアプリケーションが使用するインターフェイス。 LUA を使用すると、ワークステーションは LU 0、1、2、または 3 プロトコルを使用してホスト アプリケーションと通信できます。

LPI
Seelocality、partner、index (LPI)

LPI アドレス
2 つのパートナー間の接続の各端を識別するために使用されます。 L はローカリティを識別し、P はローカリティ内のパートナーを識別し、私はパートナー内の論理エンティティを識別する、という 3 つのコンポーネントを持つことができます。 Seealsolocality;パートナー

LU
参照単位 (LU)

LU エイリアス
同じ組織単位 (OU) 内のトランザクション プログラム (TP) に対する APPC または CPI-C 論理ユニット (LU) を識別する文字列。 LU エイリアスは、Host Integration Serverによってローカルでのみ使用されますが、ホスト メインフレーム システムの OU 内の任意のプログラムでも使用できます。 「名前」も参照してください

LU 名
3270 または LUA 通信の場合、論理ユニット (LU) を識別する名前。 独立 APPC または CPI-C の場合、(ネットワーク名と共に使用される) SNA ネットワーク上の他のコンポーネントに対して LU を識別する名前。 従属 APPC または CPI-C の場合、WINDOWS イベント ビューアーなどのローカル・ソフトウェアに対する LU を識別する名前。 別名も参照してください

LU プール
グループとして使用できるのと同じ種類の論理ユニット (LU) の数。 プールをアドレス指定するユーザーまたは LU アプリケーションは、そのセッションに対してのみプール内の次に使用可能な LU に接続します。 「データ単位 (LU)」も参照してください

LU の種類
論理ユニットの種類。 2 つの LU 間の通信を特徴付けする SNA プロトコルのサブセット。

LU タイプ 0
SNA 用に特別なアプリケーションを構築できる、最小限の制約を持つ論理ユニット プロトコル。

LU タイプ 1
プリンターと通信し、3270 SNA 文字ストリング (SCS) 定義に準拠したデータを送信する、ホスト・アプリケーションによって使用される論理ユニット・プロトコル。

LU タイプ 2
SNA 3270 データ・ストリームを使用して、3270 タイプの表示端末と通信するホスト・アプリケーションによって使用される論理ユニット・プロトコル。

LU タイプ 3
プリンターと通信し、3270 データ ストリーム互換 (DSC) であるデータを送信するホスト アプリケーションによって使用される論理ユニット プロトコル。

LU タイプ 6.2
SNA 環境でピアとして通信する 2 つのアプリケーションまたはトランザクション プログラム (TP) によって使用される論理ユニット プロトコル。 LU 6.2 はノード タイプ 2.1 と組み合わせて動作し、独立した LU を使用して高度なプログラム間通信 (APPC) を提供します。 LU 6.2 はノード タイプ 2.0 でも動作し、APPC に依存 LU を提供します。

LU-LU セッション
特定の接続で 2 つの論理ユニット (LU) 間の論理的な双方向交換を一定の時間にわたって行います。

LUA
参照単位アプリケーション (LUA)

-M-

MAC アドレス
802.2 接続のメディア アクセス制御 (MAC) レイヤーで使用される 12 バイトの 16 進数アドレス。 これは、HOST INTEGRATION SERVERとの 802.2 接続の場合は、VTAM MACADDR= パラメーターとリモート・ネットワーク・アドレス・パラメーターに対応します。

管理オブジェクト
管理情報を管理または提供する TI コンポーネント。 通常、管理オブジェクトは、エラーまたはメッセージがWindowsイベント ログに報告または配置された場合にのみ表示されます。

マップされた会話
送信側プログラムが一度に 1 つの論理レコードを送信し、受信側プログラムが一度に 1 つのレコードを受信する会話。 「conversation」も参照してください

marshaling
スレッドまたはプロセスの境界を越えてインターフェイス メソッド パラメーターをパッケージ化して送信するプロセス。

メンバー サーバー
構成ファイルを含まないサーバー。 1 つ以上のサーバーをメンバー サーバーとして動作させることができます。 その他の種類のサーバーは、プライマリ サーバーとバックアップ サーバーです。

method
オブジェクトに対して動作するプロシージャ (関数)。

Microsoft .NET
Microsoft® .NET は、情報、ユーザー、システム、およびデバイスを接続するための一連のソフトウェア テクノロジです。 この新しい世代のテクノロジは、インターネット経由で相互に接続できる小規模な構成要素アプリケーションや、他の大規模なアプリケーションである Web サービスに基づいています。

mode
LU 6.2 タイプ論理ユニット (RU) がセッションを実行する場合に使用されるセッション・プロパティーのコレクション。 モードは、多数の LU ペアで同時に使用できます。

モード名
セッションのイニシエーターが、トラフィックペーシング値、メッセージ長の制限、同期ポイントと暗号化のオプション、トランスポート ネットワーク内のサービス クラスなど、セッションに必要な特性を指定するために使用される名前。

model
いくつかの異なるサイズのディスプレイの 1 つ:

  • モデル 2 は 24 行 x 80 文字です

  • モデル 3 は 32 行 x 80 文字です

  • モデル 4 は 43 行 x 80 文字です

  • モデル 5 は 27 行 132 文字

    メッセージング指向ミドルウェア
    メッセージング指向ミドルウェア (MOM) は、アプリケーション データをメッセージとして送受信することで、さまざまなシステムで実行されているアプリケーションを接続する一連の製品です。 例としては、RPC、CPI-C、メッセージ キューがあります。

    multidrop
    1 つのプライマリ ノードが、同じ物理伝送メディア経由で複数のセカンダリ ノードと同時に通信する接続。

    複数のセッション
    CPI-C では、異なるパートナー RU を持つ 2 つ以上の同時セッション。 SeealsoLU-LU セッション

    複数の仮想Storage (MVS)
    大規模な IBM メインフレーム コンピューター用のオペレーティング システム。 MVS/370、MVS/XA 製品、および MVS/ESA 製品を意味します。

    MVS
    「Multiple Virtual Storage (MVS)」を参照してください

-N-

NAU
Seenetworkaddressable unit (NAU)

NC
Seenetworkcontrol (NC)

NCP
SeeNetworkControl Program (NCP)

.NET Framework
次世代のアプリケーションと XML Web サービスを構築および実行するための不可欠な Microsoft® Windows ® コンポーネント。

NetView
IBM ホスト (メインフレーム) 上で実行されるレポート システム。ホストとパーソナル コンピューターの間でアラートやその他の情報を送受信し、ホストに接続するその他のネットワーク アドレス指定可能なユニットを転送します。

NetView アラート
異常なイベントまたは障害を示すメッセージがNetView報告システムに送信されます。

ユーザー アラートのNetView
3270 ユーザーがNetViewを介してホスト・システム・オペレーターに送信されたメッセージ。テープの取り付けやプリンターでのフォームの変更などのアクションを要求します。 ユーザー アラートとも呼ばれます。

network
コンピューター システム、コントローラー、ターミナル、ソフトウェアが相互に通信できるようにする方法で接続されています。

ネットワーク アドレス可能ユニット (NAU)
SNA ネットワーク内を流れるすべての情報の送信元または宛先である SNA 環境内の基本的な機能エンティティ。 NAU には、論理ユニット (LU)、物理ユニット (PU)、またはシステム サービス制御ポイント (SSCP) を指定できます。

ネットワーク制御 (NC)
明示的および仮想ルーティングを制御するために使用される SNA 定義の要求と応答のセット。

ネットワーク制御プログラム (NCP)
単一ドメイン、複数ドメイン、相互接続されたネットワークの通信コントローラーをサポートする IBM プログラム。

ネットワーク管理ベクター トランスポート (NMVT)
ネットワークまたはシステム管理情報を含む SNA メッセージ。

ネットワーク名
SNA ネットワークを識別する名前。 ネットワーク名は、制御ポイント名 (制御ポイントまたはノードを識別するため) または LU 名 (APPC LU、特に独立したローカル APPC LU を識別するために) のいずれかである他の ID と組み合わせて使用されます。 ネットワーク名と制御ポイント名の組み合わせは、ネットワーク修飾コントロール ポイント名と呼ばれることもあります。 LU 名を持つネットワーク名の組み合わせは、完全修飾ネットワーク名と呼ばれることもあります。

NMVT
SeeNetwork Management Vector Transport (NMVT)

node
(1) SNA 機能を実装するサーバー、コントローラー、ワークステーション、プリンター、またはその他のプロセッサ。 SNA は、ネットワークを制御および管理する機能を持つホスト サブエリア ノードという 3 種類のノードを定義します。ネットワークを介してデータ フローをルーティングおよび制御する通信コントローラー サブエリア ノード。および周辺機器ノード。プリンター、ワークステーション、クラスター コントローラー、分散プロセッサを含みます。

(2) ナビゲーション ツリー上の分岐。

node type 2.1
LU タイプ 6.2 と連携してピアツーピア通信をサポートし、論理ユニット (RU) がホストから独立して機能できるようにする、インテリジェント端末やパーソナル・コンピューターなどの SNA コンポーネント。

null
データが見つからないか不明であることを示す値。

-O-

object
コンポーネント オブジェクト モデル (COM) コンポーネントのランタイム インスタンス。 オブジェクトは、コンポーネントのクラス ファクトリによって作成されます。 オブジェクトはインスタンスと同義です。

オブジェクト変数 (object variable)
オブジェクトへの参照を含む変数。

に応じて発生します。
可変長テーブルを指定するコード構文。 これは、可変数の要素を含む配列の COBOL バージョンです。

発生
固定時間
固定長テーブルを指定するコード構文。 これは配列の COBOL バージョンです。

オープン トランザクション管理アーキテクチャ (OTMA)
SNA プロトコルを使用せずに複数の仮想Storage (MVS) アプリケーションと効率的に通信するために IMS によって使用される、高性能のコネクションレス・プロトコル。

オペレーターが読み込んだ TP
オペレーターが手動で読み込んで開始する呼び出し可能トランザクション・プログラム (TP)。

元の呼び出し元
アクティビティを開始するベース クライアントの ID。

元の作成者
現在のオブジェクトを作成したベース クライアントの ID。 元の呼び出し元と元の作成者は、元の作成者が別のベース クライアントにオブジェクトを渡した場合にのみ異なります。 呼び出し元も参照してください

OS/390
IBM S/390 ファミリーのエンタープライズ・サーバー用の IBM オペレーティング・システム。

OS/400
IBM AS/400 の IBM オペレーティング・システム。

OTMA
トランザクション管理アーキテクチャ (OTMA)を参照してください

プロセス外コンポーネント
クライアントとは別のプロセス空間で実行されるコンポーネント。

-P-

受信カウントのペースを設定する
ローカル LU が応答を送信する前にパートナー LU から受信するローカル論理ユニット (LU) のフレームの最大数。

送信数のペースを設定する
パートナー LU から SNA ペーシング応答を受信せずに送信するローカル論理ユニット (LU) の最大フレーム数。

パケット
パケット交換ネットワーク上の基本ユニットとして使用される固定最大サイズの伝送単位。 パケットには、ヘッダーとデータの両方が含まれています。

データ通信では、データと制御信号を含む一連の 2 進数が、複合全体として送信および切り替えられます。 データ、制御信号、および場合によってはエラー制御情報は、特定の形式で配置されます。

パケットの切り替え
送信元と送信先の間で現在使用可能な最適なルートに沿って、コンピューター ネットワーク内のステーションを介して小さな単位の情報 (パケット) を中継するメッセージ配信手法。 パケット交換ネットワークは、高速かつ効率的であると見なされます。 パケット交換ネットワークで使用されるプロトコルは X.25 です。 「X.25」も参照してください

並列セッション
LU 6.2 タイプ論理ユニット (RU) のペア間の複数の同時セッションにより、複数の操作を同時に実行できます。

parameter
システム、プログラム、または関数の実行方法を制御するために、プログラム、オペレーティング システム、または API への入力として使用される変数。

パーティション分割データ セット (PDS)
パーティションに分割された直接アクセス ストレージ内のデータ セット (メンバーと呼ばれます)、それぞれにプログラム、プログラムの一部、またはデータを含めることができます。

パートナー
ロケールのアドレス指定可能なコンポーネント。つまり、メッセージを送信できるコードです。 「locality」も参照してください

パートナー LU
APPC または CPI-C 会話では、左端の LU。 パートナー LU は、パートナートランザクション プロセッサにサービスを提供します。 割り当て LUとは対照的です。「LU のリモート」も参照してください

パートナー LU エイリアス
パートナー・トランザクション・プログラム (TP) に対するパートナー論理単位 (LU) を識別する名前。

パートナー LU 名
LU 6.2 セッション上の他の LU に対するパートナー論理ユニット (LU) を識別する名前。

パートナー プログラム
CPI-C の場合、CPI-C 呼び出しを受け取るプログラム。

パートナーの TP
相互に通信するように構成された同じノードまたは別個のノード上に存在する 2 つのトランザクション・プログラム (TP)。 パートナー TP はパートナー RU を使用します。

password
システムおよびシステム内に格納されている情報にアクセスする前に、ユーザー、プログラム、またはコンピューターオペレーターがセキュリティ要件を満たすために指定する必要がある文字の文字列。

path
(1) SNA では、データが 1 つの LU から別の LU に移動する必要がある一連のノードと通信リンク。 (2) ファイルの場所を識別するフォルダーのシーケンス。 (3) ローカリティ内の DMOD がそれらの間でメッセージを正常に渡すことができるとき、2 つのロケール間にパスが存在します。 これらのロケール内のパートナー間に接続を確立するには、2 つのロケール間にパスが存在する必要があります。 ダイナミック アクセス モジュール (DMOD)も参照してくださいローカリティ

パターンマッチング文字
1 つ以上の文字を表すために使用できるアスタリスク (*) や疑問符 (?) などの特殊文字。 パターンマッチング文字は、任意の文字または文字セットで置き換えることができます。 ワイルドカード文字と同義語。

PC のサポート
パーソナル・コンピューター・ユーザーが AS/400 の情報にアクセス、共有、および保管するのに役立つ IBM プログラムのセット。

PDS
Seepartitioned データ セット (PDS)

ピア システム
他のコンピューターと等しいパートナーとして通信し、両方のコンピューターが通信を制御するメインフレーム、ミッドレンジ、またはパーソナル コンピューター。

ピアツーピア
ホストが処理の大部分を行い、交換を制御するホスト端末通信とは対照的に、2 つのシステムが交換の処理と制御を共有する等しいパートナーとして通信する通信の種類。

永続的仮想回線 (PVC)
X.25 接続で使用される回線の種類。この回線は常にアクティブであり、宛先アドレスは事前設定されています。

アクセス許可
特定の種類のファイル、フォルダー、またはその他のオブジェクトへのアクセスを許可または拒否する設定。 たとえば、読み取りアクセス許可を付与するが、Domain Admins の File1.ext の書き込みアクセス許可を拒否すると、Admins グループのメンバーは File1.ext を読み取ることができますが、変更することはできません。

物理ユニット (PU)
通信リンク デバイスなど、特定のデバイスの使用と管理に必要なサービスを提供するネットワーク アドレス指定可能なユニット。 PU は、ハードウェア、ソフトウェア、マイクロコードの組み合わせで実装されます。

PIC S9(4) COMP 整数
2 バイトのストレージを占有する符号付き算術演算を表す 16 ビット COBOL データ型。 これは通常、Microsoft® Visual Basic ® の Integer データ型と、32 ビットを参照する場合の C の短整数に似ています。 –9999 から +9999 または –32768 から +32767 までの値を受け取ることができます。 これは、C のショートに似ています。

PIC S9(9) COMP 整数
4 バイトのストレージを占有する符号付き算術演算を表す 32 ビット COBOL 割り当てステートメント。 コンパイラ オプションに応じて、-999999999 から +999999999 または -2147483648 から +2147483647 の値を受け取ることができます。 これは C の長整数に似ています。

PIC X
1 つの COBOL EBCDIC 文字を指定します。

PIC X 翻訳なし
バイナリ データのように処理される文字列。 EBCDIC から Unicode、または Unicode から EBCDIC への変換はありません。

PICTURE 句
基本項目の一般的な特性と編集要件を指定します。 PICTURE 文字ストリングは、記号として使用される COBOL 文字で構成され、最大 30 文字を含めることができます。

パイプ
あるプロセスが別のプロセスに情報を渡すために使用できるメモリの一部。

PLU
Seeprimary 論理ユニット (PLU)

プール
LU プールを参照してください。

プール
オブジェクトやデータベース接続など、事前に割り当てられたリソースのコレクションを使用したパフォーマンスの最適化。 プールすると、リソースの割り当てが効率的になります。

1 次論理装置 (PLU)
SNA セッションでは、セッションアクティブ化要求を送信したノード上の LU。

プライマリ データベース
プライマリ構成ファイルを格納するように指定されたサーバー。 1 つのサブドメインにアクティブなプライマリ サーバーは 1 つだけ存在できます。 「backup サーバー」も参照してください

プリンター エミュレーション
3287 または 4224 プリンターをエミュレートしてホスト データを印刷するパーソナル コンピューター型プリンターの機能。

プリンター セッション
パーソナル・コンピューターに接続されたホストとローカル・エリア・ネットワーク・プリンターの間の 3270 エミュレーション・セッション。 プリンターは、ホスト・システムが通常使用するプリンターのタイプをエミュレートします。

プライベート アセンブリ
アセンブリと同じディレクトリ構造内のクライアントだけが使用できるアセンブリ。 「アセンブリ」も参照してください

ProgID
プログラミング識別子 (ProgID)を参照してください

プログラム識別子 (ProgID)
COM コンポーネントを識別する名前。 たとえば、ProgID は Bank.MoveMoney です。

プログラムによるセキュリティ
要求された操作の実行がクライアントに許可されているかどうかを判断するためにコンポーネントによって提供される手続き型ロジック。 セキュリティの宣言も参照してください

protocol
(1) 通信を実現する機能単位の動作を決定するセマンティックルールと構文ルールのセット。 (2) Open Systems 相互接続アーキテクチャにおいて、通信機能を実行する上で同じ層内のエンティティの動作を決定する一連のセマンティックおよび構文ルール。 (3) SNA において、ネットワークの管理、データの転送、およびネットワーク コンポーネントの状態の同期に使用される要求と応答の意味、およびシーケンス規則。

proxy
別のスレッドや別のプロセスなど、別の実行環境で実行されているアプリケーション オブジェクトをクライアントが呼び出すために必要なパラメーター マーシャリングと通信を提供するインターフェイス固有のオブジェクト。 プロキシはクライアントと共に配置され、呼び出されているアプリケーション オブジェクトに配置されている対応するスタブと通信します。 TI の場合、TI ランタイム環境はメインフレーム トランザクション プログラム (TP) へのプロキシとして機能します。

PU
Seephysicalunit (PU)

PU 2.0
SNA ネットワークにおいて、IBM 3274 コントロール・ユニットに似たコントローラーおよび端末タイプのリソースを定義するコンポーネント。

PU 2.1
SNA ネットワークにおいて、論理装置 (LU) タイプ 6.2 と連携してピアツーピア通信をサポートするインテリジェント端末やパーソナル・コンピューターなどのコンポーネントにより、LU がホストから独立して機能できるようにします。

PVC
Seepermanent 仮想回線 (PVC)

-Q-

QLLC
修飾された論理リンク制御 (QLLC)を参照してください

修飾論理リンク制御 (QLLC)
X.25 ネットワーク経由で SNA セッションを実行できるようにするプロトコル。

キューに入った TP
一度に 1 つの着信割り当てコマンドのみで開始できる呼び出し可能トランザクション・プログラム (TP)。 キューに入っている TP の実行中に到着する受信割り当てコマンドは、プログラムを再び起動しませんが、プログラムが別の RECEIVE_ALLOCATE を発行するか、実行が完了するまでキューに入れられます。

-R-

競合状態
フィードバック回路が、カオス出力動作を生み出す方法で内部回路プロセスと対話する条件。


Seeremote環境 (RE)

レコード レベルの入出力 (RLIO)
IBM Distributed データ管理 アーキテクチャのプロトコル。

リモート コンポーネント
別のコンピューター上のクライアントによって使用されるコンポーネント。

リモート環境 (RE)
メインフレーム上の領域、またはキャプチャや再生などの診断ツールの場合、シミュレートされたリージョンを記述するプロパティのコレクション。 TI マネージャーを使用して、これらのプロパティを表示および変更できます。

リモート LU
APPC または CPI-C 会話では、リモート・エンドの論理装置 (LU)。 割り当て LUとは対照的です。 トランザクション・プログラムも参照してください。

リモート ネットワーク アドレス
802.2 接続の場合、リモート ホスト、ピア、またはダウンストリーム システムを識別する 12 桁の 16 進数アドレス。 Host Integration Serverのリモート・ネットワーク・アドレスは、PORT 定義の VTAM MACADDR= パラメーターに対応しています。

リモート ノード
(1) 接続のもう一方の端にあるノード。 (2) セッションのもう一方の端にある論理ユニット (LU) を含むノード。 (3) 会話のもう一方の端にあるトランザクション プログラム (TP) を含むノード。

リモート ノード ID
リモート ノードの識別に使用できる識別子の種類の 1 つ。 リモート ノード ID は 8 桁の 16 進数です。 最初の 3 桁はブロック番号と呼ばれ、VTAM パラメーター IDBLK に対応します。 最後の 5 桁はノード番号と呼ばれ、VTAM パラメーター IDNUM に対応します。

リモート プロシージャ コール (RPC)
あるプロセスが別のプロセスで実行される関数を呼び出す標準。 プロセスは、同じコンピューター上でも、ネットワーク内の別のコンピューターでもかまいません。

リモート トランザクション プログラム
高度なプログラム間通信 (APPC) または通信用共通プログラミング・インターフェース (CPI-C) 会話では、リモート・エンド上のトランザクション・プログラム (TP)。 割り当て TP とは対照的です。 LU のリモートも参照してください

リモート作業単位 (RUW)
(1) アプリケーションがリレーショナル データベースとは異なるシステム上にあるSQL分散処理の形式で、1 つのアプリケーション サーバーが、すべてのリモート作業単位要求を単一の論理作業単位内で処理します。 (2) SQLステートメントのリモート準備と実行を可能にする作業単位。

レポート プログラム ジェネレーター (RPG)
ビジネス データ処理用のアプリケーション プログラムを記述するために設計された列指向プログラミング言語。 RPG では、制御コードやフィールド名などの特定の情報をプログラム・ステートメントの特定の列に入れなければなりません。

要求ユニット インターフェイス (RUI)
プログラムが従来の RU の制御を取得および解放できるようにする基本的なインターフェイス。 また、RU (要求/応答ヘッダー)、伝送ヘッダー (THs)、および要求/応答ユニット (RU) データの読み取りと書き込みも行います。 Session レベル インターフェイス (SLI)とは対照的です。

要求/応答ユニット (RU)
SNA では、SNA プロトコルのセッション、データ・フロー、および機能管理の側面を制御するメッセージ。

リソース ディスペンサー
プロセス内で非評価リソースを同期および管理するのに役立つサービス。 このサービスにより、COM+ オブジェクトによる効率的な共有が可能になります。 たとえば、データベース接続のプールを管理する OLE DB サービス コンポーネントです。

リソース ディスペンサー マネージャー
リソース ディスペンサーのコレクション間で動作を調整するダイナミック リンク ライブラリ (.dll) ファイル。

リソース マネージャー
永続データを管理するシステム サービス。 サーバー アプリケーションでは、リソース マネージャーを使用して、手持在庫の記録、保留中の注文、売掛金など、アプリケーションの永続的な状態を維持します。 リソース マネージャーは、トランザクション マネージャーと協力して、(2 フェーズ コミット プロトコルを使用して) 原子性と分離性を保証するアプリケーションを提供します。 Microsoft® SQL Server ™ は、リソース マネージャーの例です。

応答時間モニター (RTM)
ホストが 3270 のディスプレイ セッション中に応答するのにかかる時間を監視する 3270 およびNetView機能。

RLIO
レコード レベルの入出力 (RLIO)を参照してください

role
一連のコンポーネントのユーザーのクラスを定義するシンボリック名。 各ロールは、コンポーネントでインターフェイスを呼び出すユーザーを定義します。

root
ディレクトリ構造の最上位ノード。

ルート ディレクトリ
他のすべてのファイルとサブディレクトリが存在するドライブ上の最初のディレクトリ。

RPC
Seeremote プロシージャ 呼び出し (RPC)

RPG
SeeReportProgram Generator (RPG).

RTM
SeeResponse Time Monitor (RTM)

RU
Seerequest/response unit (RU)

RUW
Seeremote作業単位 (RUW)

-S-

SAA
Systems アプリケーション アーキテクチャ (SAA)」を参照してください

安全なリファレンス
現在のオブジェクトのコンテキストの外部に渡しても安全な現在のオブジェクトへの参照。

SAP アドレス
Seeserviceアクセス ポイント (SAP) アドレス

SC
Seesession コントロール (SC)

schema
XML ファイルの構造を定義したもの。 スキーマには、構造体内のレコードとフィールドに関連するプロパティ情報が含まれています。 「ドキュメント型定義 (DTD)」も参照してください

SDLC
Synchronous Data Link Control (SDLC)」参照してください

セキュリティ ID (SID : Security ID)●セキュリティ ID (sid:securityid)○
ログオンしているユーザーをセキュリティ システムに識別する一意の名前。 SID は、1 人のユーザーまたはユーザーのグループを識別できます。

セキュリティ キー
セッションがアクティブ化されたときにセキュリティを検証するために 2 つの APPC 論理ユニット (RU) によって使用される識別子。 セキュリティ キーは、パスワードと同様の機能を実行しますが、TP 会話レベルではなく LU-LU セッション レベルで実行します。

セキュリティ ログ
このようなイベントに対して監査を設定するときに、セキュリティに関連するイベントが記録される場所。 たとえば、サーバーで構成ファイルが変更されるたびにセキュリティ ログ エントリを作成するように監査を設定できます。 イベント ログも参照してください

セキュリティ パスワード
会話セキュリティを使用するときに呼び出されたプログラムにアクセスするために、セキュリティ ユーザー ID と共に必要なパスワード。

セキュリティ ユーザー ID
会話セキュリティを使用するときに呼び出されたプログラムにアクセスするために必要なユーザー ID (ユーザー名とも呼ばれます)。

セマフォ
共有システム リソースへのアクセスを制御するために使用されるフラグ変数。

server
(1) ネットワーク経由でワークステーションに共有サービスを提供する機能単位。たとえば、ファイル サーバー、プリント サーバー、メール サーバーなどです。 (2) ネットワークにおいて、他の局に設備を提供するデータ局。たとえば、ファイル サーバー、プリント サーバー、メール サーバーなどです。

サーバー プロセス
Windowsで COM+ アプリケーション コンポーネントをホストするプロセス。 たとえば、TI を使用するには、TI コンポーネント (タイプ ライブラリ) を COM+ アプリケーションにドロップして、クライアント アプリケーションが呼び出すことができる Automation サーバーを作成できます。 クライアント アプリケーションが TI Automation サーバーでメソッドを呼び出すと、Windowsランタイム環境は TI ランタイム環境と共に TI Automation サーバーをサロゲート サーバー プロセスに読み込み、メインフレーム トランザクションを自動化し、結果をクライアント アプリケーションに返します。

サービス アクセス ポイント (SAP) アドレス
SNA ネットワーク内の 802.2 接続上の特定のサービスへのアクセスを示す値。 リモート SAP アドレス・パラメーターは、Host Integration Server内の 802.2 接続に使用され、PU 定義の SAPADDR= という名前の VTAM パラメーターに対応します。

サービス TP
APPC を使用して SNA 機能に関連するサービスを実行するトランザクション・プログラム (TP)。 TP も参照してくださいトランザクション プログラム (TP)

セッション
(1) 接続がアクティブであり、通信が可能な期間。 (2) アクティブ化された場合に通信を行うことを許可するリソースのセット。 (3) ネットワークアーキテクチャにおいて、機能ユニット間のデータ通信を目的として、接続の確立、保守、リリース中に行われるすべての活動。 (4) アクティブ化し、さまざまなプロトコルを提供するように調整し、要求に応じて非アクティブ化できる 2 つのネットワークアクセス可能ユニット (NAU) 間の論理接続。 各セッションは、セッション中に交換されたすべての伝送に付随する伝送ヘッダー (TH) で一意に識別されます。 LU セッションも参照してください

セッション制御 (SC)
セッションとデータ フローのアクティブ化と非アクティブ化、およびエラーの後のデータ フローの受信を担当する、ハーフ セッションの送信制御コンポーネントのサブコンポーネント。

セッション レベル インターフェイス (SLI)
ホスト LU 0、LU 1、LU 2、および LU 3 アプリケーション・プログラムを使用して SNA セッションの開始と終了を容易にする上位レベルのインターフェース。 SLI は、アプリケーション・プログラムが論理メッセージ・レベルでデータ・トラフィックを制御することを許可します。 WithRequest ユニット インターフェイス (RUI)と対照的です。

セッションの制限
2 つの APPC RU 間でアクティブにできる並列セッションの最大数。 LU-LU セッションが確立されると、2 つの RU 間でセッション制限がネゴシエートされます。

重大度レベル
監査またはエラー メッセージの重大度を示す数値。 監査メッセージは情報を提供し、重大度は 6、8、または 10 です。 エラー メッセージの重大度は 12 または 16 で、修正が必要な問題を示します。

共有アセンブリ
複数のアプリケーションが参照できるアセンブリ。 アセンブリを共有するには、暗号化された厳密な名前を使用して明示的にアセンブリを作成する必要があります。 Seealsoassembly;プライベート アセンブリ

SID
SeesecurityID (SID)

side information table
CPI-C において、2 つのプログラムが通信するために必要な初期設定情報を保管する表。 表はオペレーティング・システム・メモリー内にあり、システム管理者はシンボリック宛先名にアクセスして保守します。 テーブルは、Host Integration Serverの構成ファイルから派生します。

単一セッション
高度なプログラム間通信 (APPC) 論理ユニット (RU) のペア間の 1 つのセッションの制限。関連付けられているトランザクション プログラム (TP) を一度に 1 つの操作に制限します。

SLI
SeeSession Level Interface (SLI)

SNA
SeeSystemsNetwork Architecture (SNA)

SNA サービス TP
APPC を使用して SNA 機能に関連するサービスを実行するトランザクション・プログラム (TP)。

SNA サブドメイン
SNA Server バージョン 2.11 および SNA Server バージョン 3.0 以降では、Windows サーバー ドメインに複数の SNA サブドメインを含めることができます。

Windows サーバー ドメイン:

  • 複数の SNA サブドメインを含めることができます。

  • 各サーバーが独自のサブドメインに設定されている場合は、複数のプライマリ サーバーを含めることができます。

    Host Integration Serverに関して、各サブドメインは次のとおりです。

  • 1 つのプライマリ サーバーが含まれています。

  • 最大 14 台のバックアップ サーバーを含めることができます。

  • 他の Windows Server ドメインからHost Integration Serverを実行しているコンピューターを含めることはできません。

    Host Integration Serverセットアップでは、サーバーが属するサブドメインの名前を指定する必要があります。 SNA サブドメインの 1 つは、すべてのサーバーが動作するWindows サーバー ドメインと同じ名前を持つことができます。

    各サブドメインにはプライマリ サーバーを 1 つだけ含めることができるため、低速ブリッジまたはルーターに SNA サブドメインを実装することはお勧めしません。 1 つのサブドメイン内の複数のサーバーが、ワイドエリア ネットワーク上で不要なトラフィックを生成する可能性があります。

    Snabase
    SNA ワークステーション プロセス。 これは、ユーザーが SNA ネットワークに参加したいパーソナル コンピューターや、動的読み込みを実行するパーソナル コンピューター上に常に存在します。

    SNALink
    ハードウェア コンポーネントをHost Integration Server システムに統合するサポート ソフトウェアをリンクします。 SNALink は、Host Integration Server システムのインストール時に定義されます。 SNALink は、サーバーからの物理接続を 1 つだけサポートできます。

    ソース TP 名
    ホスト システムは、監視、レポート作成などの要求のソースを特定しようとします。 ソースは TP 名である必要があります。 MSTX は、通常はコンポーネント サービス プロセスであるため、既定です。

    SSCP
    システム・サービス制御ポイント (SSCP)参照してください

    string 式
    連続する文字のシーケンスに評価される任意の式。

    スタブ
    別のスレッドや別のプロセスなど、別の実行環境で実行されているクライアントからの呼び出しをアプリケーション オブジェクトが受信するために必要なパラメーター マーシャリングと通信を提供するインターフェイス固有のオブジェクト。 スタブはアプリケーション オブジェクトと共に配置され、それを呼び出すクライアントと位置する対応するプロキシと通信します。 TI の場合、TI ランタイム環境がプロキシとして機能します。

    サブディレクトリ
    ファイル システム階層内の別のディレクトリ内に含まれるディレクトリ。

    サブドメイン
    1 つの構成を共有するHost Integration Serverを実行しているコンピューターのコレクション。 サブドメインには 1 つのプライマリ サーバーが含まれており、1 つ以上のバックアップ サーバーを含めることもできます。 サブドメイン内のすべてのサーバーは、同じWindows ドメインに属している必要があります。 「backup サーバー」も参照してくださいプライマリ サーバー

    SVC
    Seeswitched仮想回線 (SVC)

    スイッチド SDLC 回線
    SNA ネットワーク上の SDLC 接続に使用される標準電話回線。 回線は、手動、電話番号を格納するモデム、またはソフトウェアから電話番号文字列を受け入れるモデムのいずれかによってダイヤルされます。

    スイッチド仮想回線 (SVC)
    X.25 接続で使用される回線の種類。この回線は常にアクティブではありませんが、呼び出され、動的にクリアされます。 回線が呼び出されると、宛先アドレスが指定されます。

    同期データ リンク制御 (SDLC)
    標準の電話回線 (交換回線) または専用回線での同期データ転送を管理するために使用されるリンク サービスの種類。

    同期送信
    データ文字とビットが一定のレートで送信され、送信側と受信側が同期される伝送。 これにより、各バイトを囲む個々の開始ビットと停止ビットが不要になります。 SDLC と X.25 の両方で同期送信が使用されます。

    同期動詞の入力候補
    処理が完了するまでプログラムの操作がブロックされる SNA 動詞の処理。 動詞の完了とは対照的です。

    システム管理者
    コンピューター システムの構成、構成の維持、ユーザーの問題の診断、および管理を行うユーザー。 Host Integration Serverの場合、このユーザーは LAN 管理者または TI 開発者でもかまいません。

    システム サービス制御ポイント (SSCP)
    (1) 依存ノードのネットワーク サービスを提供するホスト システム ネットワーク コンポーネント。 (2) ネットワーク上の RU と RU の間の通信フローを制御および維持するのに役立つ SNA ネットワーク コンポーネント。 複数の CSP が連携して通信を調整できます。

    システム アプリケーション アーキテクチャ (SAA)
    開発者がアプリケーションを標準化し、プログラムの変更とユーザーの再トレーニングを最小限に抑えながら、異なるオペレーティング環境で機能するように、IBM によって作成されたガイドライン。

    システム ネットワーク アーキテクチャ (SNA)
    ネットワークを介して情報ユニットを送信し、その構成と操作を制御するための論理構造、形式、プロトコル、および操作シーケンスの説明

-T-

TCP/IP
転送制御プロトコル/インターネット プロトコル (TCP/IP)」を参照してください

ターミナル
データ通信チャネルを介してデータを送受信できるデバイス。 Host Integration Serverには、3278 および 3279 端末のエミュレーションが含まれています。

番目
Seetransmissionヘッダー (TH)

スレッド
オペレーティング システムが CPU 時間を割り当てる基本エンティティ。 スレッドは、アプリケーションのコードの任意の部分 (現在別のスレッドによって実行されている部分を含む) を実行できます。 プロセスのすべてのスレッドは、プロセスの仮想アドレス空間、グローバル変数、およびオペレーティング システム リソースを共有します。

TI
トランザクション インテグレーター (TI)を参照してください

トークン リング
802.2 プロトコルを使用する LAN の種類。このプロトコルでは、トークンがネットワークの周囲のリングで渡され、ネットワーク上のコンピューターがトークンを持っている場合にのみデータを送信できます。

TP
Seetransactionプログラム (TP)

トレース ファイル
API への呼び出し、API のアクティビティ、通信リンクと内部フローのアクティビティなど、SNA ネットワーク上の内部アクティビティのレコードを含むファイル。

トレース メッセージ
スタートアップやシャットダウンなど、さまざまな COM+ アクティビティの現在の状態を含むメッセージ。

tracing
API への呼び出しを含む、アプリケーション プログラミング インターフェイス (API)、通信リンク、内部フローのアクティビティを追跡するアクション。 トレースでは、トレース ファイルにアクティビティの履歴が格納されます。

transaction
システムに入力されたデータ (銀行口座への顧客預金など) によって、特定のアクション (口座残高の更新など) がトリガーされます。

COM ベースのシステムで、全体またはメインフレーム COBOL トランザクション プログラム (TP) のセクションとして成功または失敗するアトミック作業単位。 メインフレーム・ベースのトランザクションは、特定のタスクまたは一連のタスクを完了するトランザクション・プログラム (TP) 内の COBOL コードのセクションです。

メインフレーム トランザクションは、ACID (アトミック、一貫性、分離、および持続性) トランザクションである場合とそうでない場合があります。 メインフレーム・ベースの TP は、1 つ以上のトランザクション (COBOL コードのセクション) を含む実際の COBOL プログラム・ファイルです。 Windows ベースのトランザクションは、常に Microsoft 分散トランザクション コーディネーター (DTC) によって調整される ACID トランザクションです。

システムに入力されたデータ (銀行口座への顧客預金など) は、すべて発生する必要がある、またはすべて発生してはならない特定のアクションまたは一連のアクション (口座残高の更新など) をトリガーします。つまり、それらはユニットとして機能します。 このユニットは、Windows ベースの用語でトランザクションと呼ばれます。

TI コンポーネントの各メソッドは、メインフレーム TP で 1 つのメインフレーム トランザクションを呼び出します。 呼び出された後、メインフレーム トランザクションは、同じ TP または別の TP 内の他のトランザクションを呼び出すことができます。

トランザクション コンテキスト
クライアントが 1 つのトランザクションに 1 つ以上のオブジェクトを動的に含めることを許可するために使用されるオブジェクト。

トランザクション ID
特定の CICS または IMS アプリケーション (トランザクション・プログラム) を呼び出すために使用される ID。CICS では、これはトランザクションの名前です。 トランザクション ID (TRANID) の長さは最大 4 文字です。 許容される文字は、A から Z、a から z、 0 から 9、ドル記号 ($)、at sign (@)、ピリオド (.)、スラッシュ (/)、ハイフン (-)、アンダースコア (_)、アンパサンド (&%)、疑問符 (?)、感嘆符 (!)、コロン (:)、縦棒 (|)、引用符 (")、等号 (=)、キャレット (^)、コンマ (、セミコロン (;)、記号 ()、およびより大きい記号 (<>) より大きい。

トランザクション インテグレータ (TI)
メインフレームまたはミッドレンジ のコンピューター トランザクション プログラムをコンポーネント ベースおよび.NET Framework アプリケーションと統合できるWindowsサーバー ベースのプログラム。

トランザクション マネージャー
トランザクション マネージャーは、トランザクション オブジェクトを作成し、そのアトミック性と持続性を管理します。 アプリケーションは、トランザクション マネージャーの BeginTransaction メソッドを呼び出して、トランザクション オブジェクトの作成を要求します。

トランザクション プログラム (TP)
COBOL ベースのメインフレーム・トランザクション・プログラム・ファイル。 Advanced Program-to-Program Communications (APPC) を使用して、ピアツーピアで別の TP とデータを交換するアプリケーション プログラム。 TI のコンテキスト内では、TP は、TI Automation サーバーが自動化するメインフレームベースの CICS または IMS プログラム・ファイルです。 TP には、メインフレーム側で管理される 1 つ以上のトランザクションを含めることができます。 1 つの TI Automation サーバー内の各メソッドは、1 つの TP を呼び出します。 その TP は、TI Automation サーバーによって渡された情報を使用して、TP 内で実行するメインフレーム トランザクションを決定します。 TP 内の各メインフレーム トランザクションは、他のトランザクションを呼び出すことができます。 これは、メインフレーム COBOL アプリケーション開発者がシステムをどのように設計したかによって異なります。

(1) APPC または CPI-C を使用してピアツーピアで別の TP とデータを交換するアプリケーション・プログラム。 (2) SNA ネットワーク内のトランザクションを処理するプログラム。 トランザクション・プログラムには、アプリケーション・トランザクション・プログラムとサービス・トランザクション・プログラムの 2 種類があります。 「conversation」も参照してください

伝送制御プロトコル/インターネット プロトコル (TCP/IP)
ワイド エリア ネットワーク (WAN) 間の通信を提供するために、多くの学術、軍事、科学、および商業組織が使用するトランスポート プロトコル。 TCP/IP は、さまざまなオペレーティング システム (VMS、UNIX、Windows など) を含む相互接続されたネットワーク間の通信を提供します。

送信ヘッダー (TH)
パス制御ネットワーク (PCN) 内を流れ、ルーティング、シーケンス処理、ブロック、ルート ペーシングに関する PCN 固有のデータを含むメッセージ ユニットへのヘッダー プレフィックス。

ツインアクシャル
ピア システムへの twinaxial 接続。

ツイストペアケーブル
2本のペアワイヤで、各ワイヤが1インチあたり2回以上ねじれ、ノイズを取り消すのに役立ちます。

2 フェーズ コミット (2PC)
複数のサーバーに適用されるトランザクションが、すべてのサーバーで完了するか、まったく完了しないようにするプロトコル。 2 フェーズ コミットは、トランザクション マネージャーによってコーディネートされ、リソース マネージャーによってサポートされています。

タイプ ライブラリ
公開されているオブジェクト、プロパティ、およびメソッドの Automation の説明を含むファイル (または別のファイル内のコンポーネント)。 オブジェクト ライブラリ (.olb) ファイルには、タイプ ライブラリが含まれています。 スタンドアロン ファイルとして配布されるタイプ ライブラリでは、ファイル拡張子 .tlb が使用されます。 TI コンポーネントは、タイプ ライブラリ (.tlb ファイル) の例です。

-U-

宇田
Seeuniversal データ アクセス (UDA)

UDT
Seeuser定義型 (UDT)

unbounded
レコードセットまたは配列を参照します。 TI では、レコードセット内の行または配列内の要素が一度に 1 つずつ送信されます。 したがって、メインフレーム アプリケーション プログラムは、すべてのデータが送信されるまで、複数の受信または送信を発行する必要があります。

このタイプのパラメーターまたは戻り値は、 LU 6.2 を使用する CICS および LU 6.2 モデルのみを 使用する IMS に対しては非バインドとして定義できます。 レコードセット内の行数または配列内の要素の数は、実行時の前に決定されません (つまり、有界)。 無制限のパラメーターまたは戻り値は、Automation メソッド内の任意の場所で実行できます。 ただし、この型のパラメーターまたは戻り値は、他のすべてのデータの後に常にメインフレームとの間で送受信されます。 TI では、最大で 1 つの無制限入力パラメーターと 1 つの無制限出力パラメーター、または 1 つの無制限の入力/出力パラメーターがサポートされます。

ユニバーサル データ アクセス (UDA)
企業全体の情報へのアクセスを提供する Microsoft データ アクセス方法。 ユニバーサル データ アクセスは、リレーショナルや非リレーショナルなど、さまざまな情報ソースへの高パフォーマンス アクセスと、ツールと言語に依存しない使いやすいプログラミング インターフェイスを提供します。

ユーザー アラート
3270 ユーザーがNetViewを通じてホスト・システム・オペレーターに送信されたメッセージ。テープの取り付けやプリンターでのフォームの変更などのアクションを要求します。

ユーザー識別子
システムに対してユーザーを一意に識別する文字の文字列。

ユーザー名
Windows ユーザー アカウントを識別する名前 (ユーザー ID とも呼ばれます)。

ユーザー定義型 (UDT)
プログラムで定義されているデータ型。 一般に、ユーザー定義データ型には、使用されているプログラミング言語によって定義されるさまざまなデータ型が含まれています。 COBOL では、UDT は RECORDS (つまり、下位レベルの数値を含む宣言) と呼ばれます。

-V-

可変長文字列
文字情報を保持する基本的なデータ型。 String 変数には、約 65,535 バイト (64 KB) を含めることができます。固定長または可変長のいずれかです。 通常、文字列は 1 バイトあたり 1 文字です。ただし、TI では、1 文字あたり 16 ビットを占有する Unicode BSTR 文字列がサポートされています。 固定長文字列は特定の長さであると宣言され、可変長文字列は最大 64 KB の任意の長さにすることができ、ストレージ オーバーヘッドは少なくなります。

VCB
Seeverbコントロール ブロック (VCB)

Verb
ある LU から別の LU にコマンドを実行して、データを交換し、タスクを実行します。 「APPC 動詞」も参照してください

動詞制御ブロック (VCB)
実行する動詞を識別し、動詞で使用する情報を提供し、実行が完了したときに動詞によって返される情報を含む変数で構成される構造体。

ブドウ
SeeVIrtual NEtworking System (VINES).

VIrtual NEtworking System (VINES)
バンヤン・システムズ社のネットワークソフトウェア製品のコレクションには、StreetTalkと呼ばれるアドレス指定システムが含まれています。

仮想通信アクセス方法 (VTAM)
メインフレーム アプリケーションと、メインフレームに接続するターミナルとコンピューター間の通信を制御する IBM メインフレーム プログラムのセット。

VTAM
仮想通信アクセス方式 (VTAM)参照してください

-W-

WAN
SeewideArea Network (WAN)

ワイド エリア ネットワーク (WAN)
通信サービスを提供し、LAN よりも大きな地理的領域でリソースを共有できるようにする、ハードウェア (コンピューターと周辺機器) とソフトウェア (プログラムとファイル) で構成される高速通信システム。 ローカル エリア ネットワーク (LAN)とのコントラスト

ワイルドカード文字
パターンマッチング文字のシノニム

Windows開始処理 (WIP)
Windows サーバー プラットフォームは、Microsoft 以外のサーバー プラットフォーム (通常はメインフレームまたは AS/400 などのミッドレンジ コンピューター) 上のプログラムにアクセスし、プログラムと統合できます。

WIP
Windows開始処理 (WIP)」を参照してください

-X-

X.25
パケット交換ネットワーク経由の通信に使用される CCITT 標準。 X.25 では、修飾論理リンク制御 (QLLC) と呼ばれるプロトコルが使用されます。

XID
Seeexchange id (XID)

XML
Extensible マークアップ言語 (XML)」を参照してください

XML スキーマ定義 (XSD)
W3C XML Schema Working Group により、スキーマの定義に使用するように提案された言語です。 スキーマは、構造を適用し、他の XML ドキュメント内で有効に使用できるデータの種類を制約する場合に役立ちます。 独自の言語と構文を必要とする DTD とは異なり、XSD はその言語に XML 構文を使用します。 XSD は XDR の機能に非常に似ていますが、それを拡張したものです。 W3C では、XML スキーマを定義するための標準として XSD の使用が推奨されるようになりました。

[XSD]
SEEXML スキーマ定義 (XSD)」参照してください

XSL
Extensible スタイルシート言語 (XSL)」参照してください

-Y-

用語はありません。

-Z-

用語はありません。

関連項目

アプリケーションの統合 (プラン)